復活!やまがたの四季と暮らし

東北地方を転勤し現在は仙台勤務の週末山形県人。
前タイトル名「山形弁で青森暮らし」から継続のブログです。

熊野大社で三羽の兎を探す

2010年12月31日 07時26分02秒 | くらし
宮内駅に行ったついでに、熊野大社にも行ってみます。

うさぎ繋がりで、ここの本殿裏にある彫刻にはうさぎが三羽隠し彫りされてますから。

いままで二羽までは見つけてましたが、気になる最後の一羽を探してみます。
三羽全て見つけると、幸せになり願いが叶うと言われていますんで。


熊野大社の拝殿正面




授与所で貰ったパンフレット裏に三羽の兎伝説が載ってます。
一緒に兎を見つける手引書も頂けますから、初めて訪れる人には必須アイテム。
ただ、全て教えてしまうとご利益が無くなるため、二羽だけのおおよその位置を
記してあります。
ですから、二羽までは比較的簡単に探せますが、最後の三羽目は難しい。





本殿裏の波に兎の彫刻
建物ギリギリ下から見上げていますが、後ろは山の斜面ですから位置どりは狭い場所。
上ばっかり見てウロウロしていると、雪で滑りますからコケない様に注意が必要。
正面に劣らず彫刻がリッパ、裏にも鳳凰が彫ってある。





一羽目
手引書を持っていれば、比較的簡単に探せます。





二羽目
ちょっと苦労しますが、手引書があれば解ります。





三羽目?
たぶんこれだと思います。
顔がよく解る他の二羽と比べると、彫られた感じが違うし長年の風雪で木目の色具合に
変化が無くなり探しずらい。
時間を掛けて他も見渡しましたが、それらしい物は他に無かったのでこれでしょう。
三羽を見つけましたから、これからいい事があるように期待します。
アップの写真を見ても場所は何処にあるかなかなか解らないと思います。
なにぶん、三羽を全て人から教えてもらうと、ご利益が無くなるそうですから!







熊野大社拝殿
茅葺の屋根と彫刻がすばらしくて重圧感があります。
















授与所で頂いたパンフレットを転載
境内に三羽の白兎が出てきています。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うさぎの駅長「もっちぃ」に会う | トップ | 冬の夜空はオリオン座が似合う! »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
三羽のウサギ (もののはじめのiina)
2017-07-04 08:16:38
三羽のウサギを、ずいぶん粘って探しましたが、それらしい2羽までしか見つからなかったです。

1,2羽は、ほぼ同じ場所でしたょね ?

3羽目は、写真では場所がよく分かりません?
後から、別のグループを誘導した宿の方らしき人がヒントは、1ポイントではなく全体から推し測って見つけるなんて言ってました・・・。

ヒントは波にウサギです (復活やまがたの四季と暮らし)
2017-07-05 11:58:54
最後の三羽目がなかなか難しいです。
社務所の関係者や巫女さんは絶対ここだと教えてくれません。(当たっていても)
人に教えてもらうと幸せの御利益が無くなりますから。
全体から推し測って探すは正しいと思います。
ヒントは波に兎。
全体から波を探す事でしょうか?(益々解らない?)
けっして、三羽目は心の目で見える訳ではないと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

くらし」カテゴリの最新記事