RED a knot

V系、スポーツ観戦、マンガ大好き社会人のブログです。特にDIR EN GREY、MERRY、浦和レッズが好きです。

メリー 9/19 「5 Sheep Last Tour【FINAL】そして、遠い夢のまた夢」at 日比谷野外大音楽堂

2020-09-20 00:00:00 | ライブレポ








メリー 9/19 「5 Sheep Last Tour【FINAL】そして、遠い夢のまた夢」at 日比谷野外大音楽堂
SET LIST
1.Happy life
2.群青
3.オリエンタルBLサーカス
4.迷彩ノ紳士
5.sheeple
6.平日の女-A面-
7.傘と雨
8.路地裏哀歌
9.高層ビルの上でラストダンス
10.【人間曲芸坐】
11.ハーメルン
12.F.J.P
13.ジャパニーズモダニスト
14.千代田線デモクラシー
15.エムオロギー

EN1
16.首吊りロンド
17.さよなら雨(レイン)
18.バイオレットハレンチ
19.T.O.P
20.そして、遠い夢のまた夢

EN2
21.Happy life

メリーの現体制での最後のライブを観に行って来ました。2月以来7ヶ月ぶりのライブ観戦となりました。入場前の細かいチェックや声は出せない環境下ではありましたが始まってしまえばライブ会場での生歌と演奏を聴けるのは格別でしたね。音源は勿論配信でも味わえないあの臨場感は最高でした。また少しずつライブに行ける機会が増やしていきたいですね。

さて今日のライブの感想を書いていきますかね。観客の入りとしてはキャパの半分もしくは3分の1位には収まってたと思います。前の方の高額なチケットを買われた方々は間を開けずに密集しててどうかなと思いましたが前方以外は席の間隔を開けた座席作りになってましたね。席がど上手過ぎて機材の関係でネロの演奏は殆ど観れませんでした。

心配された天気もライブ序盤にパラパラと降っただけで大振りにはならなかっです。結生がメリーは今日の様な曇りが似合うバンドだと言ってましたね。

セトリは健一曲メインの構成になるのかなと思ったら今までの新旧の楽曲を織り交ぜた構成になってました。久々にバイハレと群青が聴けたのは嬉しかったですね。路地裏哀歌とかメッチャ久々に聴きましたがほぼ同じ様な曲調のさよなら雨をやるならやらなくても良いんじゃないかなとも思ってしまいました(苦笑)

ソーシャルディスタンス的な問題もあってか客側に歌わす事が出来ないのでオリエンタルの締めやジャパモダの父よからの合唱も無くガラが歌ってました。F.J.Pの煽りループも無しでしたね。ジャパモダはガラがアカペラで歌ってて中々カッコ良かったです。しかし今日のガラの髪型はパンチあり過ぎてビックリしました。バイハレの時には久々に墨汁を飲むパフォーマンスをやって顔が真っ黒になってました。終盤に披露されたそして、遠い夢のまた夢を歌い終わると深々とお辞儀する姿が強く印象に残りましたね。

健一は最後まで健一らしく言葉よりも演奏で語る職人気質さ全開って感じでした。挨拶も本当に簡単に感謝の言葉を述べただけだったと思います。話すの苦手だからメンバーにも迷惑掛けたって感じの話もしてましたかね。終盤のバイハレで上手に来て演奏してくれたので近くで観る事が出来て良かったです。オーラスのHappy lifeでは4人が下手側に固まって並んで演奏する姿が印象に残りました。テツさんはアンコールの時には感極まってあまり話せずに最後はデカい声でメンバーコールをすると言うよくわからない流れになっちゃってました(笑)

正直行くか迷ったけど最後に大好きだった5人のメリーのライブを観れて良かったです。健一は19年間お疲れ様でした。1回だけ参加したインストで溺愛の水槽が大好きですと伝えた時の困った様な笑顔は忘れません。今後の活躍、幸運を心から願ってます。

さて今後に関しては気まぐれなので気が変わるかもしれませんが少なくとも今までみたいに積極的にメリーを応援はしないと思います。今後4人で活動するのかそれとも新しいギターを加えるのかはわかりませんが今の5人のメリーが好きだったので中々新体制で頑張って応援していこうという気持ちにならないんですよね。

今までも好きなバンドのメンバー脱退ってありましたけど個人的にはあまり気にせずに応援していけたんですよね。ただメリーに関してはここ1、2年のゴタゴタの多さで急激に冷めた中での健一の脱退でしたので何かもういいやって感じになっちゃったんですよね。

今日のライブもHappy lifeを2回やった時点でうわ無いわと思いました。。今のメリーとしてHappy lifeが大切で最後はこの曲で終わると言う気持ちもわかるんですけどそれなら1曲目は他の曲でいいだろとしか思えませんでした。過去にも梟や千代田線を2回やるってライブありましたけど今日は現体制での最後のライブなんだから1曲でも披露する曲増やすべきだと個人的には感じました。

その辺りの価値観にもついていけないしこれ以上更なるゴタゴタで失望もしたくないので最後に5人のライブを観れた今日を機に距離を置こうと思います。Beautiful Freaksで彼等にハマってから約9年、沢山の良い思い出を作らせて貰ってありがとうございました。袂を分かつ形にはなりますがこれからの活躍を心から願ってます。


コメント

lynch. 9/11 LIVE'20「DECIDE THE CASE」CASE OF 2004-2012

2020-09-11 21:55:00 | ライブレポ







lynch. 9/11 LIVE'20「DECIDE THE CASE」CASE OF 2004-2012

SET LIST
SE.INTRODUCTION
1.LAST NITE
2.I'm sick, b'cuz luv u.
3.I BELIEVE IN ME
4.JUDGEMENT 
5.THE FATAL HOUR HAS COME
6.EVILLY
7.lizard
8.melt
9.forgiven
10.AMBIVALENT IDEAL
11.59.
12.-273.15℃
13.ALL THIS I'LL GIVE YOU
14.MIRRORS
15.pulse_
16.ADORE

EN
17.A GLEAM IN EYE

lynch.の配信ライブ2日目です。本日は04-12年の楽曲です。個人的にはこの頃の楽曲の方が思い入れは強いので楽しみにしてました。

ある程度予想はしていたとは言え1曲目のLAST NITEのイントロ聴いた瞬間はテンション上がりましたね。配信とは言え久々にライブで聴けて嬉しかったです。葉月の声が少し苦しそうだったのが印象に残りました。歌い終わると少しずつ文字が出てきて最後は画面にデカデカと本日のライブタイトルが映し出されると言う演出はDIRっぽい演出だなと思いました。

そこから畳み掛ける様にI'm sick→I BELIEVE IN ME→JUDGEMENTへ続く流れは熱かったですね。この辺は葉月風に言うと古代の人達の胸熱な流れだったと思います。I'm sickでは昔の映像を少し使用する演出があって懐かしいなと思いながら観てました。JUDGEMENTではイントロで大きな爆発音を使用する演出がありましたり

FATALの途中で葉月が誰の事が好きですかと言った後にメンバー全員の顔だけが映される演出があって面白かったです。昨日はレア曲的なものはありませんでしたけど今日はlizardをやると言うレアな選曲があって驚きました。forgivenは好きな曲なので聴けて嬉しかったです。何度も言いますがラストの葉月と悠介のコーラスは本当に最高です。

59→絶対零度と数字タイトルの並びは斬新でしたね。ドラム晁直!!の紹介からのMIRRORSは楽しすぎた2月の男限定ライブのラストを思い出しました。葉月の横で気合の入った表情でギターソロを演奏する玲央さんがカッコ良かったです。

2日連続のSOXしようぜ!を経てラストは「俺らの思いを受け取ってくれますか!?俺らとお前らの絆を歌います!」と言ってのADOREはたまりませんでしたね。これも予想出来た流れとは言え涙腺に響きました。葉月の俺らとお前らの絆を歌いますって言葉は久々に聴きましたね。ADOREのラストで5分割に映る演出を魅せて更に泣かせてくれました。

アンコール前にはついに次のライブの発表があり10/25に野音でのワンマンライブの告知がありました。久々の告知が聞けてメッチャ嬉しかったです。50%の動員という事なので1300人位ですかね。頑張ってチケット取らないと。前回の野音には居なかった明徳の気合の入った言葉も聴けて良かったです。悠介は昨日も今日もつまらなかった。皆さんがいてこそのライブと言ってくれて嬉しかったですね。野音でやりたいを連呼しましょうとも言ってました。



ラストは今日は04-12年の曲縛りだけど2020年にリリースした曲をやりますと言ってのA GLEAM IN EYEを披露して締めとなりました。上のはライブ前に書いた俺のツィートです。ほぼほぼ
予想出来た展開でしたけどそれでも泣けるものですね。素晴らしかったです。歌い終わった後の葉月の笑顔が強く印象に残りました。

最後は悠介が僕らは今遠距離恋愛中だけど野音で久々に愛し合いましょうとらしい言葉を残して去っていって終了となりました。

2日目の方がやはり熱いセトリでしたが2日ともlynch.らしいカッコ良いライブが観れて本当に良かったです。これからも末長く応援し続けようと改めて誓いました。野音のワンマンは絶対に行きます!


コメント

lynch. 9/10 LIVE'20「DECIDE THE CASE」CASE OF 2013-2020

2020-09-10 21:40:00 | ライブレポ



lynch. 9/10 LIVE'20「DECIDE THE CASE」CASE OF 2013-2020
SET LIST
SE.AVANT GARDE
1.GALLOWS
2.Don't Give Up
3.XERO
4.INVINCIBLE
5.CREATURE
6.DAMNED
7.IDOL
8.UNELMA
9.MELANCHOLIC
10.D.A.R.K
11.THE OUTRAGE SEXUALITY
12.BARRIER
13.VANISH
14.OBVIOUS
15.pulse_
16.EVOKE

EN
17.MOON

lynch.の配信ライブの初日をフルで観る事が出来ました。どんな雰囲気になるんだろうと思いながら観てましたがSE始まってメンバーが全員出てきた時は久々にlynch.のライブが観れるんだなと言うのを実感してちょっと泣きそうになりました。

初っ端はやはりGALLOWS。頭からLUNA SEAやDIR EN GREYがライブで使用するメンバーを5分割で映す演出を観せてくれてよりテンションを上げる事が出来ました。その後はDon't Give Up、XEROとまだ見ぬ新曲達を惜しみなく披露してくれました。早く会場で新曲達を聴いてみたいものです。

出来るだけ普段のライブ通りの雰囲気を出そうって感じがかなり出てましたね。葉月もGALLOWSのサビは歌ってくださいと叫び、INVINCIBLEを歌う前に家で頭振って下さいと普段通りの煽りを見せてくれました。後は曲によって(OUTRAGEやOBVIOUS)スクリーンに映像を使用する演出があったり、CREATUREの時には炎を使用したり、メンバー2人を抜粋して映す演出もあって色々工夫してるなと思いながら眺めてました。

曲単位で1番印象に残ったのはD.A.R.Kですかね。静寂の中からの葉月の強烈なシャウトでの始まりは映像越しとは言え久々に聴くとインパクトがありました。

年代的にやらないと思ってたpulse_をやって映像越しにヤりたいを連発する姿は中々面白かったです。また会いましょうと叫んでからの本編ラストのEVOKEへの流れは熱かったですね。また5分割にメンバーが映し出される演出もあってまた泣きそうになりました。

最後はメンバーが一言ずつ挨拶。拍手するお客さんがいないので喋ってないメンバーが拍手をすると言う今のご時世でしか観れないものもお目にかかれました。配信ライブがゴールにはしたくないと言う話と玲央の力強くライブハウスで会いましょうと言い切った言葉が印象に残りました。

lynch.のライブを観るのは2月の男限定ライブ以来でしたが約1時間半たっぷり楽しむ事が出来ました。メンバーの元気そうな姿も観れて良かったです。生で観たいと言う思いは強くありますが葉月の言う通りそれが望めない環境な以上繋ぎ止めていかなければいけませんのでこう言う推しの配信ライブは極力観れればなと思ってます。

明日は本来行く予定でした初期曲が並ぶセトリになるので今日以上に楽しみです。今からワクワクしてます。明日は残念ながら仕事な訳ですが何とか早めに切り上げてスマホからでもスタートから観れる様に頑張って働いてこようと思います。






コメント

33th SINGLE 「落ちた事のある空」

2020-08-08 21:00:00 | DIR EN GREY SINGLE HISTORY
DIR EN GREY - NEW DIGITAL SINGLE『落ちた事のある空』(Promotion Edit Ver.) (CLIP)

 2020年8月3日にリリースされたDIR EN GREY初のデジタルシングル。現時点では配信のみですがぴあアリーナ2DAYSのチケットを返金しない場合、返礼品として本作のパッケージ盤が送付と言う形にもなっておりますので当ブログではインディーズ期含めて33枚目のシングルと言う扱いにさせて頂きます。

 タイトル曲の落ちた事のある空はShinyaの重たいドラムから京さんのシャウトで始まる楽曲。ざっくり言えばサビだけメロディアス且つサビ以外はシャウト、デスボ多用のDIR王道系の曲にあてはまります。ただメロディーの部分がサビのみではなくAメロやCメロっぽい大サビも含まれていまして、パターン化されていない良く言えばドラマティック、悪く言えばクセのある曲に仕上がってます。

 サビも含めてメロディーは荒々しい感じよりは退廃的と言うかちょっと哀愁感漂う雰囲気が出てるのが良いですね。欲を言えばメロディーが曲の中盤で終わり後はガラウルパートに入って終わってしまうので最後にもう1度サビの入る展開なら尚良かったのですが

 アルバムリリース後1発目の曲が激しめの曲をリリースしてきましたので今後はクレバー、激闇、詩踏み同様ライブでは本編、アンコ問わず終盤に披露される核となる曲に仕上がる可能性が高そうです。

 カップリング曲のCLEVER SLEAZOIDは2005年にリリースされた曲を再構築したものです。Hydra程原曲は破壊してませんが5割程原曲の面影を残しつつ残り5割を「The Insulated World」風味を入れて再構築した感じですかね。

 歌詞に日本語が多用されてますね。全体的にシャウトパートがガラウルに切り替えられ締めのシャウトパートが長くなってる辺りが大きく変わってる箇所でしょうか。原曲よりも重さと荒々しさが増した感じですが原曲にあった鋭さが影を潜めてしまってるのが残念。激闇や詩踏みもアルバムVerになると同じ様鋭さが無くなって重さ重視に仕上がってしまうんですよね。個人的には原曲の方が好きです。

 Followersのは今年の2月にロンドンで行われたワンマンの際のライブテイクとなります。とにかく京さんのクリーンボイスが美しいです。この日は調子が良かったんだなと言うのがわかります。正直歌モノのライブテイクってあまりハマらなくて原曲程好きになれない事が多いんですけどこのテイクは原曲並に好きです。海外公演という事とあってか日本では歌わない最後のサビパートも力強く歌っている点も良いなと思いました。

 ライブは従来通りのやり方が当面出来ない上に今後いつ再開出来るかもわからない厳しい状況ですが、そんな中で新曲をリリースしてくれるのは本当有難い事です。しかもコロナ騒動関係に影響されてない彼等らしい攻めた楽曲って言うのが改めてブレないバンドだなと言う事を再認識出来ました。1日も早く落ちた事のある空をライブで聴ける日が戻って来てほしいものです。
 
コメント

DIR EN GREY AUDIO LIVESTREAM“The Insulated World -The Screams of Alienation-” 2020.7.24 [DAY2]

2020-07-24 21:00:00 | SET LIST





DIR EN GREY AUDIO LIVESTREAM“The Insulated World -The Screams of Alienation-” 2020.7.24 [DAY2]
SET LIST
SE.
1.絶縁体
2.軽蔑と始まり
3.Downfall
4.Celebrate Empty Howls
5.Devote My Life
6.Values of Madness
7.Rubbish Heap
8.赫
9.dead tree
10.THE BLOSSOMING BEELZEBUB
11.人間を被る
12.谿壑の欲
13.Ranunculus
14.The World of Mercy

EN1
15.DIABOLOS
16.CONCEIVED SORROW
17.ザクロ

EN2
18.Followers
19.落ちた事のある空
20.冷血なりせば
21.朔-saku-
22.詩踏み
23.Sustain The Untruth

さて昨日に引き続き本来であれば開催される予定だったDIR EN GREYのぴあアリーナ2DAYSの2日目のセトリの感想を書いていきます。

今日は絶縁体からのスタートでしたね。序盤は「The Insulated World」のスピード系の楽曲を惜しみなく披露していく展開でしたね。会場に居たら序盤から首が落とされまくりの展開でしたでしょう。


中盤にはdead treeを披露してくれました。昨日のVINUSHKA同様大きなライブで披露される事の多い楽曲ですね。前の曲の赫からの退廃的な雰囲気の楽曲の繋ぎが非常に良かったです。

本編のラスト2曲はツアーでお馴染みのRanunculus→The World of Mercyの核となる2曲で締め。この2曲はライブならではの雰囲気が全開に出されるので京さんの叫びやShinyaの美しい締めのポーズを生で拝みたかったです。Mercyの締めの際にはデカデカと今回のツアータイトルのロゴが映し出されてました。

今更ですが最後の最後まで本編に組み込まれなかった2曲ですが詩踏みは今のDIRの代表曲の1つだし、Followersは良くも悪くも特別な雰囲気と存在感のある曲だから本編の世界観には組み込まないのかなと思いました。




そして今日のハイライトは間違いなく1回目のアンコール扱いの3曲でしょう。DIABOLOS→コンシブ→ザクロの流れはヤバすぎます。実際に会場に居たら涙無しでは見れなかったかもしれません。

特にコンシブはアンプラアレンジは混ぜててるしザクロはmode of MACABREで圧巻の表現力を魅せてくれましたので大きな会場ではさぞかし化けたでしょうね。何故会場で聴けなかったのかが本当に悔やまれますわ。




闇に落とされた1回目のアンコールでしたが2回目のアンコールはFollowersで救われ新曲を堪能してからは冷血→朔→詩踏みと言うお馴染みの流れでいつもの雰囲気にに戻す様な展開でした。

朔はこれでヴィザ、ウロボロス、DUM、ARCHE、そして今回のインサレと大きな会場でのツアーファイナルでは欠かさず披露された唯一の曲になりましたね。やはりこの曲が代表曲の1つなのでしょう。

俺の愛してやまないTHE FINALもARCHEまでは同じく披露されてましたが今回は披露無しでした。ここが唯一残念なポイントでしたかね。詩踏み披露時には薫がコーラスツィートをして盛り上がりに一役買っていました。

オーラスはSustainでした。この時には3月に行われた無観客ライブの時の映像が使用されててテンション上がりましたね。





最後には「落ちた事のある空」のリリース日が8月3日になる旨が告知されて終了と言う流れでした。やっと配信日が決まって良かったです。CLEVER SLEAZOIDの再録共々メッチャ楽しみにしてます。

素晴らしいセトリでしたが本音を言えば会場で体験したかったですがこんな状況であれば仕方ないです。京さんの言葉を励みにまた彼等のライブを観に行ける日が1日も早く戻って来る事を心から願ってます。2日間メッチャ楽しめました。メンバー、関係者の皆様ありがとうございました。


コメント