RED a knot

V系、スポーツ観戦、マンガ大好き社会人のブログです。特にDIR EN GREY、MERRY、浦和レッズが好きです。

DIR EN GREY TOUR19 This Way to Self-Destruction at KBSホール ー「a knot」onlyー

2019-09-16 00:00:00 | ライブレポ









DIR EN GREY TOUR19 This Way to Self-Destruction at KBSホール ー「a knot」onlyー
SET LIST
1.絶縁体
2.人間を被る
3.Downfall
4.Rubbish Heap
5.Devote My Life
6.Merciless Cult
7.赫
8.谿壑の欲
9.Celebrate Empty Howls
10.軽蔑と始まり
11.Values of Madness
12.Ranunculus
13.The World of Mercy

EN
14.凱歌、沈黙が眠る頃
15.Followers
16.THE DEEPER VILENESS
17.詩踏み
18.Schweinの椅子

DIR EN GREYの秋ツアーの初日に行って来ました。新曲のThe World of Mercyやライブ初お披露目となった絶縁体の事とかを書かなきゃとも思いますが今日に関してはラストのSchweinの椅子に全てを持ってかれました。

mode of GAUZEツアー以来のお披露目となったSchweinの椅子。イントロ流れた瞬間からえっマジでやるのみたいなざわめいた空気の中でだんだんテンションが上がって皆でコーラス叫んでサビのDNAのコールは今までに無い位の大きさで会場内に響き渡ってて最高の空間に入れたなと思いました。

実は本日の会場となった京都KBSホールでライブを観るのは11年ぶりなんですよね。加えて初めて遠征して観に行った思い出の会場なのですがその時のセトリが前触れもないG.D.S→羅刹国→第三帝国始まりと言う激アツセトリだったんですよ。なので今日のライブも楽しみにしてましたが11年前に匹敵するインパクトを残す曲を披露してくれましたね。次に行く時にまた期待値が上がってしまいましたわ(笑)

既存曲はMerciless Cultと凱歌、沈黙が眠る頃が聴けただけでも満足なのに加えてSchweinの椅子ですからね。この2曲も好きな曲だしmode ofツアー以来のお披露目だったので聴けて嬉しかったです。Mercilessはサビ前のオイ!オイ!コールはテンション上がったし凱歌のイントロのDieのギターを立てながらの演奏も久々に観れて良かったです。

新曲のTHE WORLD OF MERCYは静かに歌う→疾走パート→サビ→疾走パートのDIRの長尺曲では王道的な流れでしたね。メロディーはVINUSHKAやDIABOLOSと比べると弱めというのが初見の感想ですが音源とライブで聴き込んでどう変わるかですね。最初の疾走パート前のShinyaのドラムがツボでした。後締めのポーズがRanunculusと一緒でしたね。

ではSchweinと新曲以外の感想を箇条書きで書いていきます。

・今回はバックにThe Insulated Worldのジャケの顔がデカデカと貼り出されてるだけで映像を一切使用してなかったな。Ranunculusもいつもの映像無しで初めてライブで聴いたと思います。

そしてそのRanunculusですが京さん歌ってる時にメッチャ感情こもってましたね。2回目のサビとかは歌うと言うよりは殆ど泣き叫んでる感じで歌ってました。

人間を被るを演奏してる時のメンバーとファンの一体感が良かったですね。今までで観た中で1番カッコ良かったと思います。
イントロでいきなり京都煽りがきて京都府民でもなんでもないけど久々に京さんの京都煽りが聴けて良かったです。

Downfall歌ってる時に京さんがいつもの1つになれるかの煽りの後に「俺についてこい!」と叫んでたのがカッコ良かったです。

・Values of Madnessの途中でToshiyaがShinyaの前に来てましたね。そして最後は4人が前に並んで演奏する姿が観れたのが良かったです。

気付いたのはこんな感じですかね。色々実りの多いライブでした。ここ最近浦和は勝てないし仕事はイライラする事が多かったのですが今日のライブでかなり発散する事が出来ました。次は11月の新木場2DAYSに行きます。久々の2DAYS参戦なので新曲ガッツリ聴き込みあわよくばもう一度Schweinの椅子が聴ける事を期待しながら待とうと思います。

こんな感じでレポ終了です。参戦された方々お疲れ様でした。レポ読んでくれた方々ありがとうございました。



コメント

10周年

2019-08-06 22:40:00 | 日記
2019年8月6日をもちまして当ブログは開設10周年を迎えました。ブログ始めた時は10年も書いていけるとは思いませんでした。
 
まぁ数年前は10周年を迎える時は色々書こうかなとも思ったんですけど最近はめっきり書く気力というのが湧かなくなっちゃいましたね。Twitterを筆頭とした他のSNSへの気楽な更新に慣れてしまうと中々長文を書こうという意欲は減ってきてますね。事実最近はライブと浦和の試合の感想書くのが手一杯になってますし。数年前までよく毎日更新してたなと思ってますわ。
 
 
10年前のブログを読み返したりしてるんですけど今だったらTwitterで書くようなしょうもない事までブログに書いてたんですね。懐かしいですわ。正直読み返したく無いものもありますけど1つ1つ大切な思い出となっているのも事実です。昔のライブレポとか読み返してるとこんな事あったなーってのを思い出しながら読む事が出来ますからね。
 
 
10年前の聴いてる音楽って大半がV系バンドだった訳ですけど年を重ねてくうちにアニソン、邦楽ロック、ちょっとメタル、ちょっと洋楽、ちょっとJ-POPと幅広いジャンルの音楽を聴くようになりました。これも10年間ブログを続けてきた中でブログやTwitterを通して色んな方とやり取り出来たおかげかなと思ってます。こんな自分に10年前より音楽の奥深さを教えて下さった読者、フォロワーの皆様本当にありがとうございました。
 
 
以前よりも幅広い音楽を聴く様になりましたが根っこの部分と言うか原点となるのはやはりV系な訳なんですよね。そして入れ替わりの激しいV系界隈の中でこの10年間立ち止まらずにこのブログと歩み続けてきたのはDIR EN GREY、lynch.、摩天楼オペラの3バンドだけなんですよね。この3バンドも10年間で紆余曲折な出来事が沢山あった訳ですけど精力的に活動して熱いライブとカッコ良い楽曲を作ってきてくれましたからね。本当この3バンドを応援し続けてきて良かったなと心から思ってます。これからも彼等含めて応援してるバンド、アーティストの末長い活躍を願ってます。勿論もう1つの愛すべき存在である浦和レッズも末永く応援し続けていくつもりです。
 
 
10年前は色んな方が頻繁にブログを更新してましたがSNS勢力の強い現在では当ブログ同様に更新頻度がメッキリ減るもしくは更新していなかったりブログそのものを消してしまった方も多くいらっしゃいます。まぁ長文書くというのはは結構な労力を必要としますからね。更新されない方に関しては残念には思う部分もありますがブログの更新の労力を知ってる身としてはその決断は尊重すべきだなとも思ってます。
 
 
当ブログはこれから更新の頻度は減る事はあれど増える事は無いと思います。とは言え思い入れはかなり強く持ってますので更新を止めると言う事は極力しない様にするつもりです。好きでなければ入院してる状態でも更新する事は無かったと思いますし。事前告知無く1か月以上更新が滞ったら俺の身に何かあったんだなと察して下さい(苦笑)
 
 
次にこういう文章を書くのは15周年記念の日になりますかね。5年後の2024年8月6日も元気にブログが更新出来る様に健康に気をつけて生きていくつもりです。改めてですが10年前から読んでる読者の皆様は勿論今日たまたま初めて読んだ読者の皆様含め読んで頂いてる全ての読者の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。これからも「RED a knot」を宜しくお願い致します。
コメント

Rosalie 8/4 Roselia 単独ライブ「Wasser」at 富士急ハイランド・コニファーフォレスト

2019-08-05 00:00:00 | ライブレポ
 
 
 
 
 
 
Rosalie 8/4 Roselia 単独ライブ「Wasser」at 富士急ハイランド・コニファーフォレスト
SET LIST
SE.
1.Determination Symphony
2.R
3.BRAVE JEWEL
4.Sanctuary
5.残酷な天使のテーゼ
6.ETERNAL BLAZE
7.This game
8.Ringing Bloom
9.Re:birth day
10.FIRE BIRD
11.BLACK SHOUT
12.Neo-Aspect
 
EN
13.LOUDER
14.熱色スターマイン
 
Roseliaのワンマンに行って来ました。2月の武道館ライブは入院してて行けなかったので彼女達のライブを観るのは去年5月のゆりしぃラストライブ以来でした。しかし富士急ハイランドまで遠かったです。往復6時間、交通費4000円かかりました。一昨年のlynch.野音、去年のELLEGARDENマリンに続いて3年連続の野外ワンマン参戦でしたが今年は室内そこまで酷い暑さも無かったので1番過ごしやすかったかなと思いました。
 
ぶっちゃけライブは不完全燃焼でした。隣のハゲ男が俺が1番嫌いな自分に酔いしれるタイプの熱唱系の男でしたわ。皆が歌う箇所以外も汚い声で歌う歌うで非常に不愉快でした。お前の汚い歌声のFIRE BIRD、BLACK SHOUT、LOUDERを聴く為に俺はチケット代、交通費、ブレード代の計約2万を払ったんじゃないんだよと強く言いたかったです。まぁ見た目サイコパスそうだったので関わるのはやめましたが。
 
まぁ良い所を書いていくと今回ツボだった新曲2曲が聴けた事です。FIRE BIRDはタイトル通りステージに炎つけまくりの熱い展開でヘドバンもできましたしRinging Bloomは志崎さんの美しいピアノとサビ前の儚い歌声も堪能出来て良かったです。既存曲だとRとSanctuaryが聴けたのも嬉しかったですね。Rはコーラスの掛け合いやメンバー全員歌う流れが聴いてて楽しめましたしSanctuaryは今日のライブタイトルのWasser(ドイツ語で水)にかけてステージ上の下から上に水を出す演出が綺麗で良かったです。
 
メンバーで楽しみにしてた志崎さんは生で観るとより美しい方でしたね。てか髪型がメッチャ好みでした。Ringing BloomやThis gameのイントロのピアノを演奏する姿も良かったけど個人的にはLOUDERでスクリーンに志崎さんが単独で映された時に演奏しながらカメラ目線でキメ顔してる姿がかなりツボでした。やっぱ個人的なRoseliaの推しはゆりしぃから志崎さんに変更ですわ(笑)後はキャラ崩し選手権ではまだ慣れてないのかキャラ崩れまくりでしたね。
 
同じくほぼぼ初めましてのゆっきーもちょっとクール目のゆりしぃとタイプは違うけどハツラツとした感じのステージングが好感持てたましたね。くどはると真ん中で2人で背中合わせで演奏してる姿や相羽さんと肩を組んで演奏してる姿はカッコ良かったです。
 
くどはるは安定のお姫様みたいな見た目からのはっちゃけキャラが楽しかったですね。BRAVE JEWELの演奏終わりの色っぽい表情と多分Re:birth dayだったと思うけど投げキッスをしてる姿が印象に残りました。めぐちぃもパワフルなドラムはカッコ良かったな。戦慄迷宮での謎のハイテンションにはビビったけど(笑)
 
相羽さんは2日間歌ってるはずだけどパワフルな歌声とクールな煽りを何度も聴かせてくれましたね。キャラ崩し選手権では安定の天然っぷりを発揮してたのも良かったです。後は5人ともスタートのWasserを意識した青い衣装も後半の白い夏っぽい衣装どちらも可愛かったです。
 
ラストの熱色スターマインで夏っぽく花火の演出もあって最後まで熱いステージングを魅せてくれたと思います。それだけに横に居たハゲだけが残念でしたわ。11月の幕張2マンに行くか迷ってましたが今日が不完全燃焼だったので初日だけですが参加する事にしました。その部分を差し引いても2月に観れなかった分今日何とか行けて良かったです。11月も頑張ってチケット取って楽しみにしようと思います。
 
こんな感じでレポ終了です。参戦された方々お疲れ様でした。レポ読んでくれた方々ありがとうございました。
コメント

7/31 浦和レッズVS鹿島アントラーズ at 埼玉スタジアム2002

2019-08-01 00:00:00 | レッズ
 
 
 
 
 
前半のエヴェルトン、興梠そして後半の長澤の決定機が決まってればここまでしんどい試合にならなかったと思いますが鹿島相手に終了間際に追い付いての引き分けと言う結果は悪くないかなとは思います。
 
 
興梠の33歳最初のゴールはチームを救う見事な同点ゴールとなりました。古巣鹿島相手にようやく綺麗な形でゴールを決めてくれましたね。鹿島守備陣の厳しいマークに苦しんでましたが大事な場面で決めてくれて嬉しかったです。アシストした山中、囮になった杉本の動きも良かったと思います。
 
久々に関根のプレーを見ましたが躍動感溢れるドリブルは健在でしたね。交代するまで前半は左サイド、後半は右サイドでチャンスを作ってくれました。関根と代わって出場した山中もアシストと言う形で結果を残してくれましたのでサイドの選手層が厚みを増しましたね。ここからハードスケジュールが続くだけに結果を残してくれる選手が増えるのは有難い限りです。
 
ここから40日間で10試合こなすハードスケジュールとなりますがまずは悪くないスタートが切れたかなと思ってますが大事なのは次の名古屋戦をきっちり勝ち切る事です。大槻さんにはしっかりコンディションの良い選手を見極めて臨んで貰いたいです。何にせよ今日は本当暑かった。あの暑い中戦い抜いた選手の皆様お疲れ様でした!
コメント

メリー 7/28 東京圏沿線GIG #1 敷かれたレール ~銀座線編~ at 浅草花劇場

2019-07-29 00:00:00 | ライブレポ
 
 
 
メリー 7/28 東京圏沿線GIG #1 敷かれたレール ~銀座線編~ at 浅草花劇場
SET LIST
1.楽器隊&ホーン隊セッション
2.Toxicosis Island
3.MASS CONTROL
4.BLUESCAT
5.Zombie Paradise〜地獄の舞踊曲〜
6.F.J.P
7.Carnival
8.T.O.P
9.Kamome Kamome
10.躊躇いシャッフル
11.【人間曲芸坐】
12.sheeple
13.Black Flag symptom
14.The Cry Against ME
15.オリエンタルBLサーカス
16.最後の晩餐
 
EN
17.匿名希望
18.[human farm]
19.Friction XXXX
20.Charile
21.愛国弐
22.不均衡キネマ
23.楽器隊&ホーン隊セッション
 
EN2
24.消毒
 
ツアーは変わりましたが先月に続いてメリーのワンマンに行って来ました。会場となった浅草花劇場には初めて来ましたが外観は花やしき含めた周りの歴史ある建物と並べても違和感はありませんでしたが会場内は最近作られたのかそれとも改装したのかわかりませんがメッチャ綺麗でした。ステージは勿論トイレも綺麗でこれまで観てきたライブハウスの中でも1、2を争うレベルで綺麗だったと思います。
 
今回のツアーはメリーのメンバープラスでホーン隊と呼ばれるサックス、トロンボーン、トランペットのメンバーも参加した8人体制で臨んでるみたいです。最初と最後にはセッションしてメリーの楽曲にも参加して更に演奏してない時は一緒に拳をあげたり頭振ったりと丸でメリーメンバーかの様にライブの盛り上げに貢献してたと思います。特にトロンボーンの女性の方は元バンギャなんじゃないかって位ノリノリでした。色んな試みを仕掛けるメリーらしい楽しい演出で良いと思います。ラストの不均衡キネマはホーン隊の演奏含めていつもより前奏が長めでどんどん盛り上げていく雰囲気を作る流れになってたのが良かったですね。
 
セトリは個人的にはBLUESCAT、T.O.P、Black Flag symptom、Friction XXXX、Charile、愛国弐が聴けたのが嬉しかったですね。メリーメンバーのFrictionを久しく聴けてなかったので今日聴けて良かったです。逆に千代田線デモクラシー、絶望、ジャパモダを披露しない珍しいライブでした。てか千代田線はお披露目されて以降のライブでやらなかったの今日が初めてかもしれないですね。それ以外の曲だとアンコールでガラがアコギを演奏しての匿名希望を披露って流れは良かったです。
 
MCらしいMCも無くメンバーが動く場面は少なかったんですけど愛国弐で4人が前に揃って演奏する姿はテンション上がりましたね。ここで結生と健一が入れ替わって演奏してる場面もありました。ラストのセッション終了後にはテツさんがベースを両腕で持ち上げた時に少しシャツがめくれてお腹が見えた時にテツさんファンから悲鳴に近い歓声が上がってましたね(笑)そして最後に残ったガラは何度もマイクを通さずに浅草!と煽って満足そうにありがとうと言ってはけていきました。
 
五輪との兼ね合いでライブハウスを探すのが大変な状況の中で先月の日本橋ホール、今回の浅草花劇場と綺麗で見やすい会場を見つける辺りメリーの関係者が会場確保に尽力を尽くしたのでしょう。会場綺麗だし土地柄を考えると借りるだけでも場所代がかかりそうだけどライブ開催の為に相当頑張ったんだと思います。ありがとうございました。綺麗な会場で熱いライブが観れて良かったです。
 
今回のツアーは日程時に今日しか行けないんですけど参加出来て良かったです。次は周年ライブですかね。どのバンドと対バンするのかわかりませんが楽しみに待つ事にします。
 
コメント