RED a knot

V系、スポーツ観戦、マンガ大好き社会人のブログです。特にDIR EN GREY、MERRY、浦和レッズが好きです。

「THE XING OF DELUHISM」

2018-10-11 00:00:20 | V系 


"BRAVEMAN RECORDS Presents DELUHI 結成10周年記念:限定復活LIVE「THE XING OF DELUHISM」"
2019年4月12日(金)マイナビBLITZ赤坂
OPEN 17:30 / START 18:30

DELUHI
ベスト・アルバム
『DELUHISM:X』
2018.12.19 ON SALE!!
BMCD-021/¥3,000(税別)
 
1. Overture -Yggdalive-
2. Rebel:Sicks, Shadow:Six
3. flow snow
4. WAKE UP!
5. NO SALVATION
6. リヴィングデッド
7. Freedom
8. Ivory and Irony
9. Remember the rain
10. F.T.O
11. Baby play
12. HYBRID TRUTH
13. 未発表曲(※)
14. Orion once again -09 remix-
15. Freedom -09 remix-

 2011年に解散したDELUHIですが来年の4月に一夜限りの限定復活をする事を発表しました。仕事終わりにこのニュースを観て電車の中で思わず声を上げてしまいそうな位テンション上がりましたよ。結成10年を記念してのライブになるみたいですけどまだ結成から10年しか経ってなかったんですね。活動は4年位でしたっけか。活動期間も楽曲数も決して多くはないバンドでしたが残したインパクトは絶大でした。

 当時は好きなバンドでしたし解散ライブにも行きました。DELUHI好きだった頃が1番V系に力を入れて聴いてた上にこのブログも毎日更新して1番力を入れて書いてた時代なのであの頃の好きだったバンドが復活すると言うのは感慨深いものがあります。Ledaが最後のMCで「DELUHIは僕の宝です。」と言ってたのをよく覚えてますがLedaの宝物がまた陽の目を浴びる日が来てくれた事が本当に嬉しいです。

 会場は平日とは言えマイナビBLITZ赤坂ですか。解散ライブの渋公ワンマンはチケットがすぐにソールドアウトしてしまいましたのでチケットが取れるか不安ですがこのライブは本当に見逃したくないので頑張ってチケットを確保しようと思います。

 嬉しいニュースが聴けて本当良かったです。今夜はDELUHIを聴きながら眠りにつこうと思います。
コメント (1)

DIR EN GREY/The Insulated World

2018-10-10 00:00:40 | 音源紹介
 DIR EN GREYの記念すべき10枚目のオリジナルアルバム。前作ARCHE以来約4年ぶりとベストアルバムリリースがあったとは言え彼等の中では前作からスパンの空いたリリースとなりました。

 シングルの詩踏みと人間を被る、更にはライブにて先行で披露されていたRanunculusとValues of Madnessのを聴いてのイメージだとARCHE以上にメロディアスな楽曲が多くなるかと思ってたんですよ。ただ一通り聴いてみますと荒々しさを重視しちょいとパンク寄りの楽曲が多いかなと言う感想になりましたね。とは言え激しさ一辺倒にならずに彼等独特の濃い世界観は失わないメッセージ性の強い楽曲が多いです。相変わらず門は狭いですが好きな人にはたまらない楽曲を揃えてきてると思います。

 個人的な印象としてはTHE MARROW OF A BONEとDUM SPIRO SPEROを足して2で割った様なアルバムって感じですかね。個人的にはこの2枚のアルバムはメッチャ好みのアルバムって訳では無いんですけどThe Insulated Worldに関してはこの2枚程聴き始めた時の苦手意識は無いんですよね。その理由はメロディーの完成度の高さですかね。激しい分メロディアスな部分は拘って作って来てるのかなと思います。特にRanunculusは別格ですね。鬼葬ツアーで聴き始めた時から名曲オーラは半端無く出てましたが改めて音源で聴くとその美しいメロディーに引き寄せられるものがあります。後はFollowersも美しさと激しさを兼ね備えた名曲ですね。この2曲と理由の再録の3曲でお腹いっぱいになれるレベルです。

 後の激しい曲は聴きながら模索してますがその辺りはライブで聴いてからの判断になりますかね。音源でピンとこない曲でもライブで聴いて好きになった曲は多々ありますから。とは言えそのライブが来年の3月まで行われないと言うのが寂しい所。唯でさえ会場少なくなってる上に年末年始を迎える今の時期に会場を抑えるのも大変なのでしょう。

 過去のアルバムと比べるハードな曲はよりハードに、メロディアスな曲はよりメロディアスにと拘ってる分他のアルバムよりもシンプルさは出てると思います。DIR EN GREY初心者にオススメするなら今作よりもベストアルバム「VESTIGE OF SCRATCHES」をオススメしますがそれでもRanunculus1曲だけでも聴く価値はあると思います。下にMVも貼っておきますので興味があれば是非聴いてみて下さい。では最後に簡単にではありますが1曲ずつ紹介していこうと思います。

軽蔑と始まり・・・薫原曲。去年のDUMツアーで先行披露されてた楽曲。1曲目からいきなりゴリゴリのスピード感溢れるナンバーを持ってきましてインパクトは抜群でした。サビで若干叫ぶ様な歌う部分はありますが基本的のはシャウト一辺倒で進みます。

Devote My Life・・・Toshiya原曲。1曲目の流れを消さない事を意識した様な激しい楽曲ですね。スピード感は軽蔑と始まりにやや劣りますがこちらはよりシャウトに力強さを感じさせます。

人間を被る・・・薫原曲でシングル曲。京さんの歌は再録されてまして個人的にはアルバムVerの方が好きです。メロディアスだけど捉えにくさのある楽曲でしたがライブで化けた感がありアルバムの中でも存在感のある曲になってると思います。
DIR EN GREY - 人間を被る 'Ningen wo Kaburu' (Unrestricted Promotion Edit Ver.)


Celebrate Empty Howls・・・薫原曲。速くなったり遅くなったりと変則的なリズムの楽曲。終盤に若干メロディアスな部分はありますが基本的には叫ぶ事の多い曲。

詩踏み・・・薫原曲でシングル曲。サビはメロディアスでそれ以外は激しく攻めるの彼等王道の楽曲ですね。こちらも再録されてましてアルバムの雰囲気に合わせた感じになってますが人間を被るとは対照的にシングルにあった鋭さが失われまして個人的にはシングルの方が好きです。
DIR EN GREY – 詩踏み (Promotion Edit Ver.) (CLIP)


Rubbish Heap・・・Die原曲。詩踏み同様にサビのみメロディアスで後は激しく系統の楽曲ですが詩踏み以上にキャッチーで美しいメロディーでありながらそのサビが1回のみと言うアルバムっぽさが強く出てる曲ですね。

赫・・・Die原曲。歌モノではありますがキャッチーさよりも世界観重視の楽曲。淡々と暗く綺麗なメロディーを歌い上げていくのが印象的な曲ですね。

Values of Madness・・・Toshiya原曲。4月に行われた真世界ツアーで披露された楽曲。人間を被るリリース時にシングル候補に上がった曲の様でそれも納得の今作と言うか近年のDIRには殆ど無いレベルのポップなメロディーを聴かせてくれます。この曲をシングルにしない辺りは良くも悪くも彼等らしいですかね。

Downfall・・・薫原曲。今作随一の激しい楽曲でライブで重宝されそうです。ハードな部分だけ切り取ると今作を象徴する様な楽曲かな。

Followers・・・薫原曲。激しく美しいメロディーが売りのロックバラード。京さんが切なく力強く歌い上げるサビのメロディーがたまらないです。Ranunculusの影に隠れてしまいそうですが充分に主役を張れそうな楽曲です。

谿壑の欲・・・薫原曲。「けいがくのよく」と読むみたいです。DUM色の強いミディアムテンポで妖しげな雰囲気の楽曲。途中シャウトもありますが掴みにくい楽曲。

絶縁体・・・薫原曲。7分を超える今作一の長さを誇る大作。暗い世界観の中に淡々と歌う場面有、ゴリゴリシャウト有、壮大で美しいメロディー有とある意味彼等のやりたい事を全て取り入れた楽曲。

Ranunculus・・・薫原曲。去年の鬼葬ツアーで披露された今作のリード曲。美しく透明感のあるメロディーが響き渡る超名曲。ain't afraid to dieの儚さとTHE FINALの悲痛さを兼ね備えた2曲とも大好きな俺にとっては最高レベルの楽曲。ロックバンドが作るバラードが好きな人には是非聴いて貰いたい楽曲です。
DIR EN GREY - 「Ranunculus」(Promotion Edit Ver.) (CLIP)


 ここからは完全生産限定盤に収録されてる再録曲についても紹介していきます。

鬼眼・・・3rdアルバム「鬼葬」より再録された楽曲。原曲に比べるとメロディアス要素は薄れて激しさを重視した仕上がりになってますね。サビもがなる様に歌う仕様に切り替わってます。

THE DEEPER VILENESS・・・6thアルバム「THE MARROW OF A BONE 」より再録された楽曲。原作がシャウト一辺倒でしたがより凶暴凶悪に生まれ変わってますね。今後はライブで重宝されるのでしょうか。

理由・・・2ndアルバム「MACABRE」より再録された楽曲。再録曲で1番楽しみにしてた楽曲。原曲の様にV系要素は薄れてますが今の彼等が歌う力強く切ないメロディーで生まれ変わってるのが堪りません。最後のサビ前のCメロの高音や今作より追加された最後のサビ後の淡々と歌い上げるDメロがツボです。
コメント

10月参戦予定ライブ

2018-10-01 20:16:53 | 企画物(その他)
 それでは10月に行く予定のライブを紹介します。10月は現時点で1本です。

 10/18 「MUD FRIENDS 2000~2018」 at Zepp Tokyo

 MUCC、Psycho le Cému、Waiveの3マンに行って来ます。Waiveが結構好きでしてこのタイミング逃すといつ行けるかわからなそうなので行く事にしました。MUCCは勿論の事Psycho le Cémuもそこそこ聴く機会の多いバンドの1つ
なのでかなり楽しみです。MUCCと言うよりはムック時代の曲をメインにやりそうな雰囲気ですけどね。2000年代のV系シーンを盛り上げたバンド達のライブを堪能しようと思います。

 31日が休みでしてlynch.、MERRY、DIAURAのどれかのライブに行こうかなと思ってます。今の雰囲気的にはlynch.なんですけど来月のTDCホールのワンマンに行く上に会場が大阪なのがちょっとネックなんですよね。となるとハロウィンのMERRYかyo-kaバースデーライブのDIAURAのどちらかになりますがどっちにしようかな。じっくり考えてから決めようと思います。

 浦和の応援は20日の鹿島戦と24日の天皇杯準々決勝鳥栖戦に行くつもりです。どちらも来期のACL出場権を確保するには大事な試合になりますね。特に鹿島にはここ数年嫌な思い出しか残ってませんのでそろそろ苦手意識を払拭したい所です。

 8、9月に比べるとイベントは少なめですが面白そうなものばかりなので楽しんで来ようと思います。
コメント

9/23 浦和レッズVSヴィッセル神戸 at 埼玉スタジアム2002

2018-09-24 00:00:54 | レッズ























久々に入場者数5万人超えとなった試合で4-0と圧勝。大半がお目当てだったと思われるイニエスタは欠場した中で勝点3と普段の神戸戦よりも約25000人分のチケット代も得る事が出来て良い事尽くめの試合でしたね。リーグ戦で5万人超えの試合で勝利出来たのはいい2015年の神戸戦以来でした。去年のACL決勝を乗り越えて大観衆での試合に勝てないジンクスは払拭しつつありますね。








久々のゴールラッシュは4ゴールとも異なる選手が決めると言う展開でした。1点目はハイボールを長澤が上手く落とした所からの青木のミドル、2点目は柏木→興梠のホットラインが久々に見れましたね。柏木の縦パスを興梠が上手く抜け出して難しい体勢から決めてくれました。エースの7試合ぶりのゴールが決まったのは大きいですね。

3点目は高橋峻希のパスミスを拾った武藤のループ、4点目はこれまたこぼれ球を柏木が上手く拾いクロスを送ると長澤がヘッドで押し込むと言う形でした。ファブリシオ不在は全員で埋めるんだと言う気持ちが強く伝わるゴールショーを魅せて貰えて大満足です。


これで神戸を抜いて8位に浮上。残留争いには巻き込まれず尚且つACL出場圏内の3位東京との勝点差を5に縮められる理想的な展開となりました。セレッソを除けば東京含めて出場圏内を争うクラブとの直接対決が残ってるだけに可能性は充分有り得ると思います。勝ち続けて3位に滑り込んで貰いたいですね。また選手を熱くサポート出来る様に今日の様な5万人集められれば理想ですね。鹿島戦や東京戦は5万人超えてほしいな。DIRのツアーも年内は終了しましたのでここからは浦和の応援優先で行こうと思います。天皇杯含めて行ける試合は行ける様にします。
コメント

TOUR19 The Insulated World

2018-09-21 00:00:33 | V系 
DIR EN GREY TOUR19 The Insulated World

2019年3月15日(金)【神奈川県】CLUB CITTA' -「a knot」only- [開場/開演 18:15/19:00]
2019年3月20日(水)【東京都】Zepp Tokyo [開場/開演 18:15/19:00] ≪ALBUM発売記念LIVE≫
2019年3月29日(金)【宮城県】東京エレクトロンホール宮城(宮城県民会館) [開場/開演18:15/19:00]
2019年3月31日(日)【北海道】Zepp Sapporo [開場/開演 17:15/18:00]
2019年4月4日(木)【福岡県】Zepp Fukuoka [開場/開演 18:15/19:00]
2019年4月6日(土)【愛媛県】松山市総合コミュニティセンター [開場/開演 17:15/18:00]
2019年4月12日(金)【広島県】広島JMSアステールプラザ・大ホール [開場/開演 18:15/19:00]
2019年4月15日(月)【東京都】新木場STUDIO COAST [開場/開演 18:15/19:00]
2019年4月16日(火)【東京都】新木場STUDIO COAST [開場/開演 18:15/19:00]
2019年4月19日(金)【愛知県】Zepp Nagoya [開場/開演 18:15/19:00]
2019年4月25日(木)【大阪府】なんばHatch [開場/開演 18:15/19:00]
2019年4月26日(金)【大阪府】なんばHatch [開場/開演 18:15/19:00]

 先日のツアーで発表されたDIR EN GREYの最新ツアー。26日にリリースされるアルバム「The Insulated World」を提げたツアーとなりますが彼等にしては珍しくアルバムのタイトルをそのままツアータイトルに使用してますね。

 初日のチッタから始まりツアーファイナルはHatchと愛媛を除けばいつも通りの土地と会場が並んでますかね。Zepp Fukuokaって復活したんですね。知らなかったわ。

 初日のチッタは行きたいのと後は新木場どちらかですかね。まぁちょっと先の話過ぎるので予定立てるのが難しいです。何とか初日のチッタだけでチケットを確保して後は行けそうな箇所のチケットを後から探す流れになりそうです。

 いよいよアルバムのリリースが来週に迫ってきましてテンションも上がってきます、ガッツリ聴きまくって春先に備えてこうと思います。
コメント