RED a knot

V系、スポーツ観戦、マンガ大好き社会人のブログです。特にDIR EN GREY、浦和レッズが好きです。

sukekiyo 2/20 TOUR2024「冷たい沈黙」-漆黒の儀- at Zepp DiverCity

2024-02-20 23:00:00 | ライブレポ



sukekiyo 2/20 TOUR2024「冷たい沈黙」-漆黒の儀- at Zepp DiverCity
SET LIST
1.Margaret
2.グロス
3.愛した心臓
4.Candis
5.Valentina
6.MOAH
7.口に林檎
8.aftermath
9.訪問者X
10.論外な生き物として
11.変わってくれませんでしょうか?
12.夢見ドロ
13.Scarlet
14.ただ、まだ、私。
15.白濁
16.憂染
17.呼吸

仕事終わりにsukekiyoのワンマンに行って来ました。彼等のライブを観るのは1年半ぶり位ですかね。最新アルバムの出来が良かったのと京都でのライブのセトリがツボでしたので、チケットを探して行く事にしました。

1曲目から楽しみにしてたMargaretがきてテンション上がりましたね。sukekiyoの楽曲で1番ポップな曲と言っても過言では無いと思います。曲の雰囲気に合わせてステージをキラキラ光らせる演出をしてたのが良かったですね。

CandisからMOAHまでの歌謡曲パートは京さんがノリノリで踊りながら歌ってましたね。何処かでsukekiyoは京さんを80年代のアイドルに仕立てたいバンドと書いてあったのを見かけましたがそれも納得できるなと思いながら眺めてました。CandisとMOAHはスクリーンにMVが映し出されてましたね。

個人的に良かったと感じたのはaftermath。ライブで聴けたのは1stワンマン以来でしたが、ステージ上に俺の好きな瑠璃光院の青紅葉の様な演出が映し出されてたのがツボでした。基本緑色でしたが、終盤には紅葉色、桜色、雪っぽい白色等様々な色を眺めることができました。

訪問者Xは決して好きなタイプの曲ではありませんが、MVの京さんがカッコ良いなと思いながら観ていました。Scarletの終盤の未架のドラムが個人的にはかなりツボでした。

そして今回の目玉である締めのただ、まだ、私。→白濁→憂染→呼吸の流れ。これぞsukekiyoの十八番とも言える歌モノ4曲の流れは激アツでした。

ただ、まだ、私。は映像は流さず、メンバーの演奏にスポットを当てる演出でしたけど、京さんが歌い終わると天井から吊らされていたミラーボールが光り出してステージ上をキラキラと鮮やかに映す演出があって良かったです。白濁は音源には無いライブアレンジの前奏が良かったです。Candisでもありましたね。

憂染と呼吸を歌う前は京さんがちょっと涙ぐんでましたね。呼吸を歌う前の10秒くらい何も音も鳴らさない無の状態があってその時の独特の緊張感がたまらなかったです。京さんの高音パートもメッチャ綺麗に歌い上げてましたね。個人的にはRanunculusも呼吸の様シンプルな感じで歌って欲しかったんですけどね。まぁ当たり前ですけどDIRとsukekiyoでは方向性が違うので仕方ないのですが。後は匠は呼吸の時は途中までピアノを演奏して終盤はギターに切り替えるのですね。忙しさ全開でした。Utaも途中までアコギで演奏してましたね。



終演後にはエンドロールが流れた後に告知がありましてベストアルバムのリリースと8月のツアーが発表されました。ベストアルバムは再録とかあるんですかね。ツアーはベストアルバムからの選曲だと嬉しいのですがどうでしょう。ツアーファイナルのリキッドルームは行くと思います。職場から向かうにも自宅に帰るにもお台場より恵比寿の方が圧倒的に楽なのでね。

急遽行く事に決めたライブですが、sukekiyoならではの独特の世界観を堪能出来て良かったです。ベストアルバムとツアー楽しみに待ってます。



沖縄2024

2024-02-18 18:50:00 | 日記


先週の月曜から2泊3日で昨年に続き沖縄旅行へ行って来ました。去年は3人で行きましたが、今年は1人増えて4人で行って来ました。


相変わらず海が綺麗でした。去年は曇り空ばかりでしたが、今年は天気にも恵まれほぼほぼ晴れというのが嬉しかったですね。暑くて2月の半ばなのに昼間は半袖1枚で過ごせる気候でした。海の見えるバス停にも巡り合えてテンション上がりました。3日目の朝は誰も居ない海辺を見ながらランニングもして来ました。

海以外の景色も綺麗なものが沢山見れました。辺戸岬や残波岬に行きましたが、俺の好きなDr.コトー診療所や劇場版のヴァイオレット・エヴァガーデンに出てきそうな美しい景色を見ることができて嬉しかったです。

ホテルは去年同様部屋のバルコニーにジェットバスが着いたホテルにお世話になりました。良いことではありませんが、夜景を眺めながらお酒やアイスを食べつつ入るお風呂は格別な気分を味わえました。


勿論美味しいものも沢山食べて来ました。ステーキ、あぐー豚のトンカツ、沖縄そばに加え沖縄居酒屋にも行って来ました。どれも美味しかったんですけど特に締めの卵かけご飯が絶品でした。去年も行ったパニラニのパンケーキも食べれて良かったです。

ただ1番美味しかったのがファミリーマートで売ってたロー選手のケイジャンチキンサンド。プロバスケ選手とのコラボ商品らしいんですけど、これにハマりすぎて3日で4個も食べてしまいました。これ本当に美味しいのでこれから沖縄行く方には是非食べてもらいたいです。

3日間本当に楽しい日々を過ごせました。また来年行けたら行きたいですね。最後に珍しく自撮りを載せておきます(笑)












2024年1月によく聴いていた曲

2024-02-04 09:00:00 | 企画物(マイベスト)
毎月できるかはわかりませんが、各月毎によく聴いてた曲を紹介していこうと思います。まずは1月から。

DIR EN GREY/アクロの丘
アクロの丘 (Akuro No Oka)


再録3曲の中ではダントツで良かったのはアクロの丘ですね。原曲の良さを維持しつつ哀愁感とノスタルジックを増した仕上がりが素晴らしいです。

DIR EN GREY/Unknown・・・Despair・・・a Lost
Dir en grey - Unknown... Despair... a Lost (PV)


先日のツアーで聴けた激レア曲。脈や業も良かったけど曲として好きなのはアンノウンなんですよね。原曲で聴けたのも嬉しかったです。結構前にチケット取ってたけど行けなかったa knot限定ライブで披露されてて結構ショックでしたので、そのショックを払拭できて良かったです。

fripSide/Flower of bravery
fripSide - Flower of Bravery


fripSideフェスで聴くことができて嬉しかった曲。色々なしがらみがある中でライブで聴くのは難しいと思ってたので、本当嬉しかったです。まぁnaoボーカルの1期曲はどれもテンション上がりました。

fripSide/Alice in Rosso
fripSide - Alice in Rosso


不満出まくりの2期セトリで唯一賞賛を浴びた曲。イントロがメッチャカッコ良いですよね。ジョルノのちょっと機械的に歌う高音のサビのメロディーも◎です。

fripSide/Invisible Wings
fripSide/Invisible Wings(Official Music Video/Full)


3期からは最新アルバムのタイトル曲を。曲としてはまあまあソロのDistance to starry skyの方が好きですが、ツインボーカルとして活動しますからね。デジタルチックかつ疾走感溢れる曲調で過去のfripSideと3期の良さを上手くバランスが取れた名曲ですね。

ACIDMAN/輝けるもの
ACIDMAN - 輝けるもの ( 映画『ゴールデンカムイ』主題歌 )


邦楽ロックのお手本の様なパワフルな楽曲。良い意味で最近のACIDMANらしくない力強さを感じますね。大型タイアップを勝ち取り気合が入ってるなという部分が強く感じられる曲です。

See-Saw/去り際のロマンティクス
See-Saw 「去り際のロマンティクス」MV(Short Ver.)


久々復活のSee-Saw。石川さんの妖艶な歌声と梶浦さんの幻想的なメロディーが重なり合うのは最高ですね。カップリングのあんなに一緒だったのにのライブテイクも最高です。

sukekiyo/呼吸
呼吸 -Kokyu-


Margaretとは真逆のsukekiyoお得意の哀愁バラード。sukekiyoのこの手の歌モノに外れは無いですね。DIRでこういうストレートな歌モノを作る機会が減ってるだけに貴重な一曲です。今年はライブ行けるかな。



先日の映画紹介もそうですけど、今年はもっと頑張ってブログの更新頻度を高めようと思ってます。どれだけ続けられるかわかりませんけど暖かく見守って頂ければ幸いです。





2024年映画鑑賞①「サイレントラブ」

2024-01-27 21:15:00 | 映画
サッカーやライブ程のレベルではありませんがここ数年映画を観る機会が増えています。

多分アホみたいに観に行ったるろ剣の影響も
あると思いますが、割と巨大スクリーンで観るのが好きなんでしょうね。ちなみに昨年、一昨年観に行った作品は下記の物になります。

2022年
名探偵コナン ハロウィンの花嫁
流浪の月
シン・ウルトラマン
へルドッグス
スラムダンク
Dr.コトー診療所

2023年
名探偵コナン黒鉄の魚影
シン・仮面ライダー
水は海に向かって流れる
アナログ
ゴジラ-1.0
SUNRISE TO SUNSET

基本邦画のみで共に6本と2ヶ月に1回のペースで観てますね。これを趣味と呼べるレベルにして良いのかわかりませんが、せっかくなので今年から観に行った映画を簡単に紹介しようと思います。





2024年1作目はサイレントラブを観てきました。浜辺美波と久石譲の楽曲目当てですね。まぁ8割位前者が理由ですが(笑)ネタバレ入るので改行します。




















もっと切なく穏やかなストーリーかと思ったら予想以上に重かったですね。仮面ライダーやゴジラもそうでしたけど浜辺美波は割と悲惨な目に遭う役が多いですよね。後半からバイオレンス場面が多く特に物語終盤に野村周平がボコボコにされるシーンとかは観るのしんどかったです。後山田涼介の台詞が終盤の手紙を読み上げる場面のみってのが驚きでしたね。

2人が帰り道一緒になるまでの親密な関係になる部分が省略化されてたり山田涼介の過去の掘り下げとかもっとやって欲しかったなと思いましたけど、最後の最後に2人が再会する場面が非常に良かったです。もっとあーゆうやり取りを取り入れて欲しかったんですけど、重い場面を乗り越えてこそのラスト1分の再会の場面に繋がるのかなとも思いました。久石譲さんの音楽も良かったです。

次に観る映画も決まってましたけど、今日の公開前予告で気になる作品があったので、それも観に行こうかなとも考えてます。結構予告を大事にしてるんですよね。こんな感じで今年から映画の感想も書いていきたいと思いますので宜しくお願いします。

DIR EN GREY 1/21 "PSYCHONNECT" at GORILLA HALL OSAKA -「a knot」 only-

2024-01-21 21:45:00 | ライブレポ





DIR EN GREY 1/21 "PSYCHONNECT" at GORILLA HALL OSAKA -「a knot」 only-
SET LIST
SE.GAUZE-mode of adam-
1.残
2.Schweinの椅子
3.OBSCURE
4.ZOMBOID
5.Eddie
6.現、忘我を喰らう
7.304号室、白死の桜
8.FILTH
9.ゆらめき
10.脈
11.蜜と唾
12.Unknown...Despair...a Lost
13.業

EN
14.アクロの丘
15.Followers
16.Values of Madness
17.秒「」深
18.CHILD PREY 

DIR EN GREYのa knot限定PSYCHONNECTツアーの大阪2日目に行って来ました。今日で1周年を迎えたゴリラホールですが非常に見やすいし駅からも結構近いしと良い会場でしたね。ロッカーの数を増やすかクロークをつけると増えると更に良いと思いました。

川崎同様残からのスタートでしたけど音源で聴いてからライブで聴くとより熱くなれますね。Schweinの椅子は大好きなのでメッチャテンション上がりましたし、コーラスメッチャ叫びました。薫が上手に来て、4人が前に出て来て演奏する場面はカッコ良かったです。京さんから「お前らと俺らは1つだろー!?」「心も身体も1つだろ!?」序盤から熱い煽りも聞けて熱くなりました。

久々の304号室はしみじみと聴けました。京さんが304号室と歌うところを歌わせて京さんが指で304と作ってたのが可愛かったですね。

2024年にFILTH→ゆらめき→脈と言う初期のシングル曲の流れが聴けると言うのも感慨深いですね。FILTHでは京さんの投げキッスが見れて、脈ではShinyaの前でToshiyaとDieが向かい合って演奏する姿が見れました。蜜と唾の時にはDieが「1・Sad・Sexually・2・Sad・Sexually」の時に指で1、2とカウントをしてましたね。

そして今日の目玉はUnknown...Despair...a Lost→の流れですよね。原曲Verで聴けたというのが最高でした。Dieが普通に歌う系のコーラス入ってるのも良かった。去年のJEALOUSと惨劇の夜に続いて初期の名曲を原曲の形でライブで聴く事が出来て本当幸せでした。ただ個人的には有難いけど蜜と唾含めて再録Verがライブで披露される可能性は限りなく低くなったと思います。

アンコールは川崎では披露されなかったアクロの丘からスタート。ANDROGYNOS以来のライブでのアクロの丘は良かったです。Shinyaのドラムが好きなんですよね。ホールツアーでは恐らく映像込みで披露されるでしょうからより壮大な世界観が見れそうで楽しみです。Followersは最後のサビ前に京さんがフロアをじっと見つめながら前まで出て来て、歌って最後はフロアに歌わせてましたね。

秒「」深→チャイプレのラスト2曲は超楽しかったですね。秒「」深の時に京さんがフロアの何人かに「お前良いな!」的な事言って褒めてましたね。後はメッチャ煽ってくれて、チャイプレのラスサビ前には京さんのお前ら暴れる時が来たぞ!みたいなシンプルな煽りがメッチャカッコ良かったです。Dieも演奏やめてメッチャ笑顔でフロアに水を撒いてました。

終演後はShinyaを除けば割と長めにファンサしてくれましたね。京さんが手拍子をしながら笑顔でメッチャ踊ってました。あのメイクと髪型で笑顔を見せられると中々ホラーチックでしたね(笑)ダブルアンコールを求める声もありましたが、「皆様と同じで僕らもまだDIR EN GREYのライブ見たいですけど今日はおしまいです。また春からツアーあるのでそこで必ずまた会いましょう!」と言うアナウンスが流れて終了となりました。

異なるテーマのa knot限定ライブは最高でしたね。日々進化し続けるDIR EN GREYですが、個人的にやはりDir en greyの楽曲の方が思い入れもあるし、好きな曲も多いので川崎も大阪もいつも以上に楽しめたと思います。春ツアーは久々のホールでのライブとなりますので、ホールならではの熱い選曲と演出を期待して待つことにします。改めてメジャーデビュー25周年おめでとうございます!これからも末永く応援し続けますので身体に気を付けて頑張って下さい。欧州ツアー後のホールツアー楽しみに待ってます。