RC-NET(レイプクライシス・ネットワーク) BLOG.

RC-NET STAFFによる、日常の些細な出来事から、お知らせまでいろいろなぶろぐ。

HPのURLが変更されました

2019-04-01 19:46:35 | 映画/小説/ドラマ

新しいホームページのURLは、

 

http://rapecrisis-net.org

 

です。

ブックマークなどの変更をよろしくお願いします!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みなさんのおすすめ本は??

2018-03-30 19:05:04 | 映画/小説/ドラマ

たまには日常の出来事を。

最近、東京ー青森の移動のためのバスとか、飛行機とか、新幹線とか、主にネットがいまいち繋がらない所では、Kindleで読書してるのですが、

ハリーポッター熱再燃。

ハリー・ポッターと賢者の石 - Harry Potter and the Philosopher's Stone (ハリー・ポッターシリーズ)
Yuko Matsuoka
Pottermore from J.K. Rowling

いい話だよねぇ。

ハリーポッターと言えば、ひたすら、ハリーがトラウマと対峙し続ける話なわけですが、その過程での恐怖感、無力感、怒り、恥、何度も何度もやりすぎたり揺れ動かされたり、そして勇気を持って立ち向かったり、一人ではないと気付いたり、周囲や過去にエンパワーされたり、取り戻して、失って、築いて…

サバイバーね!

ハリー、サバイブしてるね!!

と、思いながら、移動のときどころか、寝る前ベッドの中とかですらハリーポッター読んでます。

 

みなさんが好きな本は何ですか?

久しぶりに、サバイバーズブックガイドとか、出来たら面白いなぁ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

LGBTへの性暴力はSOGIハラか?

2018-03-08 14:32:17 | 映画/小説/ドラマ

先に書いた #MeToo を諦めないという記事に続き、WeToo Japanが公開した動画についてを書いてみます。

ここに動画は張り付けません。なぜなら、その動画を見て私自身がとても精神的に不安定になったからです。つらくなったからです。

特に、“LGBTはSOGIハラというのを受けていて”という趣の、松中権さんの発言については涙が出てきました。

WeTooになったから、サバイバーを出さないでもいいことになったんだよね。LGBTは別枠で、LGBTという人たちも、SOGIハラがあるからMeToo応援してるんだよね。

SOGIとは、性的指向/性自認の英語の頭文字をとったもので、SOGIESC(性的指向、性自認、性表現、性的特徴)の一部、要は、LGBTのみならず、あらゆる人間の性の構成要素をしめしたもので、そうした各個人の性についてのハラスメントを指す言葉がSOGIハラなわけだけど、例えば性暴力というのを考えた時に、それがSOGI(誰が好きか、自分の性別を何と思っているか)への暴力だと言うことが出来ますか?私は、違うと思う。

例えば、SOGIを理由とした性暴力が起きた、というケースを考えてみましょう。

「レズビアン/ゲイだと言っているけど、男/女を知らないからそんなこと言ってるんだ」とレイプされたとしましょう。

「トランスとか言ってるけど、お前が女/男だと思い知らせてやる」と、レイプされたとしましょう。

これを「矯正レイプ」という言葉で示すことを、WHOを始めとした国際機関は反対し、「嫌悪を理由としたレイプ」というようにすべきだという発信を最近はしています。

もちろん「SOGIを理由とした」は検討はずれで、「嫌悪を理由とした」です。また、レイプを始めとする性暴力をハラスメントと言い換える必要性はありません。

LGBTはSOGIハラを受けているのではなく、ここで正しく言うのであれば、「LGBTも、性暴力被害にあっています」です。

 

LGBTIを取り巻く性暴力被害については、より慎重に考え発信する必要があります。

なぜなら、サバイバーたちが声をあげにくい、という土台を変えて行きたいということであるならば、まず、「より声をあげにくい人たちは誰か」を考えなければならないからです。

男性、LGBTたちが安心して性被害について相談出来る場所はどこだ?

警察に行って、男性、LGBTは差別されない?

陰茎主義の刑法は、果たしてインターセックスの性器やトランスジェンダーの性器をどう「ジャッジ」する?

ペニバンやバイブ、手指での被害は、いつまでレイプとは言われないままなの?

その人の性生活を裁判で取り扱うことは、いつまで許される?

まだまだ沢山の問題があります。これは全て、「SOGIハラ」に回収されるのですか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寄付募集から1週間。寄付が必要な理由。

2017-10-09 13:53:33 | 映画/小説/ドラマ

冊子作成のための寄付のお願いをUPしてから1週間。もう少しで10万円に!
みなさん、ご協力ありがとうございます。
現在で、最小ロットでの作成に着手出来るかな…という状態です。
ここからは、部数と内容を徐々にグレードアップしていけるかどうかがかかっております。
ぜひ、ご協力をお願いします。

一部の専門家だけじゃなく、みんなが見やすいものにしたいなと思っています。

先日も書きましたが、この事についての周知をお願いしだしてから、これまでよりも多くのセクマイレイプサバイバーたちから連絡が来るようになりました。
「自分だけだと思ってた」
「コミュニティの中で友達に話したらハッテンの延長のような扱いで笑い者にされた。孤独だった」
「自分は"被害者"とは扱われないんだと思っていた」
どれだけの「見えない」「見られようともしない」「数にならない」被害があるのかと思います。

もし、この企画に寄付をしてくれた方がこの文章を見ていて、可能な方にはぜひやって欲しいことがあります。

「自分はこの冊子作成のために寄付をした」
ということを、周りの人やSNSで伝えてください。

寄付をくださった中には、自分自身が当事者で、言う事は出来ないけど寄付で応援したい、ということをおっしゃってくださった方も複数いらっしゃいます。
みなさんに「声をあげて」というつもりはないです。

「声をあげられる人」は、当事者だけではありません。

LGBTIQレイプサバイバーについて考えて、行動を起こしている人がいるということが、きっと、誰かの勇気や希望に繋がることがあります。

ぜひ、社会全体で、声をあげましょう。

それが、「サバイバーにとって生きやすい社会」を作る、最初の一歩だと思います。

今回助成金を取る、ではなく皆さんからの寄付を募ることで冊子を作りたいと思ったのも、一部企業へのプレゼンではなく、社会に対するプレゼンでこの冊子を作れたら、という想いからでした。

今後、そうした想いについてもブログでUPしていけたらと思っています。

ご寄付はまだまだ募集しています!
よろしくお願いいたします。

達成金額(10/9現在)93,000円
(残り必要金額 297,000円)


ーーーーーーーーーーー

性暴力サバイバーの支援活動をご支援下さい。

寄付をする;活動資金のサポートをお願いします

会員になる;団体会員(1万円)維持会員(5千円)賛助会員(3千円)

郵便振替 00980-8-194971 レイプクライシス・ネットワーク

ゆうちょ普通預金 14190-82780161 レイプクライシス・ネットワーク

※会員希望の方、寄付をお考えの方は、会員限定ウェブラジオ等の配信をさせていただきますので必ず入会について rc-net@goo.jp までメールアドレス等連絡先をお知らせください。


ーオススメ本ーーーーーーーーーーーーーーーー

男の子を性被害から守る本
Jane A.W. Satullo,Pat A. Bradway,Roberta Russell,三輪 妙子
築地書館
 
 
 
 
Hate Crime Victimization (English Edition)
U.S. Department of Justice
メーカー情報なし
 
 
Violence against LGBT people
クリエーター情報なし
メーカー情報なし
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11/18<熊本開催>男性・LGBTに対応する 性暴力被害者支援相談員養成講座

2017-10-05 12:31:07 | 映画/小説/ドラマ

今年の6月に、刑法の改正が実施され、「強姦罪」が「強制性交等罪」と名称を変え、被害の対象を女性のみに限定していたものから、男性も被害者として法的に認められるようになりました。現実的に「性暴力被害」にあうのは女性だけではなく、女性を始め、あらゆる性別・性自認、性指向、性表現の人たちが被害にあいます。しかし、私たちの社会には、様々な被害者・サバイバーが持っているバックグラウントについての理解があるとは言えません。

性別や性指向等を理由に暴力被害を訴えでることが出来ない人がいます。相談しても様々な偏見や差別、誤解の中、傷つきを増す人もいます。そうした中、この講座では男性やLGBTIQの性暴力被害について相談を受けることが出来る人材を育成するための初級講座になります。ぜひ一緒に勉強しましょう。

 

日時:2017年11月18日(土)9:30〜17:00

場所:未来会議室

(熊本市中央区下通 1 丁目12−27CORE21 下通ビル 5F )

対象:性暴力被害相談に関わる方、行政・教育機関、福祉職、弁護士、対人支援職等、関心のある方 

定員:20 名(先着順) 

参加費:8000円(お申込み後に振込先のお知らせを送らせていただきます)

申し込み:rc-net@goo.jp までメールで以下の情報をお知らせください

(お名前(振込み講座名義と違うお名前の方は、参加費照合のため口座名もお知らせください。)、ある場合はご所属、そしてこの講座に期待することを記載お願いします)


<プログラム内容>

️ 性の健康と権利

ジェンダー/セクシュアリティに関する理解と個々への尊重をベースとした人権課題に関する講座

️ ジェンダー規範という暴力

「規定された性」の中で当事者たちは特にどういった事柄に困難を抱えることが多いのか、事例を含め解説する講座

️ ヘイトクライム

暴力の一要因であるヘイトクライム(憎悪犯罪)について理解し、当事者たちが直面する困難への理解を深める講座

️ レイプトラウマ症候群

性暴力被害にあった「その後の不自由」に関して、RTSを軸として解説する講座

️ リソースの探し方

的確な情報検索を即座にする能力を身に付けるためコミュニティを知り、的確な情報提供が出来るようにするワーク

️ 事例検討

グループ毎にそれぞれの事例についての対応を考え、相談対応を実践するワーク

 

※昼休憩(12:00〜13:00)、午後は15:00〜15:20の休憩を挟みます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加