プレリズ大合唱♪♪

プレイ&リズム希望丘から、元気いっぱいなお知らせです!

サンタ に おいのり しているよ 🤶🎅

2022-01-12 15:05:43 | 日記
明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
今回は、昨年の12月に行なわれた活動の紹介をしていきます。



12月最初の活動は【クッキング】です。季節に合わせて『スノーボールクッキー』を作りました。

本来はアーモンドプードルの入るクッキーですが、アレルギーのあるお子様に配慮して、バターと小麦粉、砂糖のみのシンプルなクッキーにしました。
焼きあがってから粉砂糖がかかったクッキーを見て、「雪みたいだね!」と楽しい表情を浮かべていました。






【ダダアート】では、『ビル』をテーマに作品を作りました。

1枚の厚紙を折って、細長い四角柱の形にしてから、別の厚紙に貼り合わせることで、ビルの形にします。
身近な題材のため、皆さんイメージを持ちやすい様子。「これはサミットなんだよ」「エレベータで上まで行くんだ」など、お話をしながらユニークなビルを完成させていました。






また、【工作】も行ないました。今月はクリスマスをテーマに『クリスマス飾り』を作りました。

初めに、3枚の厚紙を三角形に組み合わせたものに、ツリーと煙突の飾りを貼ります。
厚紙の上部には穴が空いており、そこにはストローが通してあります。そこにタコ糸を通して、糸の片端には重りとなるビー玉を、もう片端にはサンタの恰好をした雪だるまを付けました。
最後にツリー・煙突にシールやキラキラの折り紙飾りを貼って完成です。





糸にぶら下がった雪だるまを下方向に引き、手を離すと、重りに引っ張られて雪だるまが上方向に上がっていく仕組みになっています。


クリスマスの歌を歌いながら、「サンタさんが来た!」と、繰り返し遊んでいました。



そして、いよいよ待ちに待った【クリスマス会】です。皆で『ビンゴゲーム』や『クリスマスの歌の合奏』をしました。

ビンゴゲームのマスにはサンタクロースやトナカイなどの絵を用いており、お子様達も段々とクリスマス気分が盛り上がっていきます。
続いて合奏で楽しく楽器を鳴らしていると、突然のサプライズ!!
サンタさんの登場です。

素敵なお菓子のプレゼントを貰ったお子様達は、一緒に写真も撮って大満足。
スタッフに「見て!プレゼントを貰っちゃった」と嬉しそうに報告をしたり、大事そうに自分のかばんの中にしまったり、どのお子様も笑顔溢れる1日なりました。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

🍂 枯れ葉 の ダンス 🍂

2021-12-25 15:29:53 | 日記
木枯らしに誘われるように木々は葉を落とし、真冬の寒さへと移り変わっていきました。
体調にはしっかりと万全を尽くしていきたいものですね。



さて、11月初めのプログラムは【お菓子屋さん】です。
お子様達には、お菓子屋さんでお買い物をする前に、チケットを作ってもらいました。

プレリズのお菓子屋さんには、チョコレートやお煎餅といった4種類のお菓子があるのですが、その中から2個(同じお菓子も可)を選んでお買い物することが出来ます。
「何にしようかな?」「僕はチョコレート好きだから、2つともチョコレートにしようかな」と、ご自分が買うお菓子を決めていました。

悩みながら選んだお菓子のチケットを好きなお菓子と交換してもらい、皆さん大満足。「ありがとう(ございます)」とお礼の言葉も伝えることが出来ました。




続いて行なわれた【ダダアート】では、『帽子』をテーマに作品を作りました。
初めに、切り込みの入った円形の厚紙を、円錐状にします。


そこに飾りを貼って、オリジナルの帽子に仕上げました。
皆さん、自分なりの帽子のイメージがある様子で、「強い帽子を作る!」「おしゃれな帽子を作りたいな」と、どうしたら理想の帽子になるのか考えながら、作っていました。

完成した帽子を被り、「どう?格好いいでしょ!」と、ポーズを取るお子様の姿も見られました。




また、【クッキング】も行ないました。今回作ったのは『さつまいもタルト』です。
10月のかぼちゃタルト同様、今回も麺棒を使って、さつまいもを潰しながら、生地を作っていきます。

皆さん、慣れた手つきで、「このくらいかな?」とさつまいもの状態を確認しながら上手にさつまいもを潰すことが出来ました。






最後に行なわれた【工作】では、芸術の秋をテーマに『マラカス』を作りました。

プラスチックのコップを2個、口部で重ね合わせて作ります。コップの中にはビーズやボタンなど、音の鳴る材料を入れました。


コップの外側にキラキラ折り紙やカラーセロハンで作った飾りを貼ったら完成です。
中に入っている材料や振り方の違いで、鳴る音にも違いが生まれます。お子様達は、マラカスを振る方向を変えてみたり、力の加減を変えてみたり、色々と試しながら楽しんでいました。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

👻 ぼくらは ハロウィン・モンスター 🧛‍♂️

2021-11-22 15:33:57 | 日記
徐々に深まる秋は至る所に満ち溢れ、目に映る色鮮やかな木々や吹き抜ける風、枯れ葉が舞う音など、様々な形で私達の五感に語り掛けてくれます。


10月最初の活動では、【ダダアート】を行ないました。今回のテーマは『塔』です。
円筒型の厚紙に飾りを付け、オリジナルの塔を完成させます。
厚紙には四角い穴が複数くり抜かれており、お子様達はそれを窓に見立てていました。

一見無造作に貼られているように見える作品でも、お子様達に話を聞いてみると、塔を上るための階段や梯子であったり、塔に入るための扉であったり、しっかりとしたイメージを持って作られていることが分かります。
また、「この塔は海の近くに立っていて…」など、作り上げた塔の背景まで考えて、お話してくれるお子様もいました。




続いて行なわれた【クッキング】では、『小豆クッキー』を作りました。
クッキーの材料にゆで小豆を加えて作るのですが、作業としては他の種類のクッキーと変わらないため、お子様達は慣れた手つきで、上手に作ることが出来ました。
〈つぶあん〉が苦手という1人のお子様は、後日「食べてみたら美味しかったよ」と笑顔で教えてくれました。


さらに『かぼちゃタルト』も作りました。
初めに、あらかじめ蒸しておいたかぼちゃを麺棒で潰します。
「こっちがまだ潰れていないよ」「ここも潰してみよう」と、皆さんゲームのような感覚で、楽しみながら作業を行なっていました。




1つの大きな型で作るタルトがどんな出来上がりになるのか、お子様達は興味津々。
焼きあがったタルトが「どうなったかな?」と、楽しみな様子で確認しに来ていました。




また、今月は芸術の秋をテーマに【アート】活動も行ないました。
画用紙にお絵描きをしていくのですが、初めにクレヨンを使い、次に絵の具を塗り重ねることで、クレヨンが絵の具を弾いて、それぞれの画材の質感の残った作品になります。
お子様達の中には自由に描くことが苦手な方もいるため、『顔』をテーマにして描いてもらいました。
クレヨンが好きなお子様や絵の具を繰り返し塗り重ねるお子様、あるいはテーマの『顔』の描写にこだわるお子様など、個性的な作品が次々に生まれていきます。
絵の具がクレヨンに弾かれる様子を見て「次はこうしたらもっと良くなるかも?」と考え、2枚目、3枚目と作品作りに取り組むお子様もいました。






10月の最後の活動は【ハロウィンプログラム】です。
ハロウィンプログラムでは、まず初めにカラーポリ袋を使って『ハロウィンの衣装』を作りました。

あらかじめ首を出す部分を切り取り、ポリ袋をポンチョ型にしたものを用意しておき、お子様達には自由に飾りを付けてもらいました。
羽根飾りやシール、お化けの飾りやキラキラのモールなど、好きな組み合わせを選んで、自分だけの衣装に仕上げていきます。
大小のお化け飾りを貼って「お母さんのお化けが赤ちゃんを抱っこしてるところだよ」と教えてくれたり、モールを使って文字を完成させたりと、個性が光る素敵な衣装が出来上がりました。




衣装作りの後には、優しいお化けさんからお菓子も貰って、「楽しかったね!!」と大盛り上がりでした。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

🎑 秋は こっそり やってきた 🎑

2021-10-08 15:37:18 | 日記
10月に入ってなお、暑さが残る日が続きますが、吹き抜ける風には爽やかさが感じられるようになりました。
先日まで青々としていた木々には少しずつ黄葉が見られ、秋の深まりの予感に気持ちも弾みます。



9月初めの活動は【ダダアート】です。
幼児グループは『橋』を、小中高生グループは『星』をテーマに、それぞれ作品を作りました。
幼児グループの橋では、初めに工作用紙を折って三角柱の形を作ります。
これを別の厚紙に貼って形を作っていくのですが、厚紙の下側に貼ることで橋脚に見立てたり、反対に上側に貼って主塔やケーブルの部分を表現するなど、ユニークな橋の数々が生まれました。






一方、小中高生グループの星でも、工作用紙を三角柱の形に折る作業から始まります。
橋作りでは別の厚紙に三角柱を貼って形を作りましたが、こちらの星作りでは、三角柱通しを貼り合わせて、星の形を作っていきました。
一般的な星形だけでなく、三角形や横長の星など、思い思いの形が出来上がります。
カラー段ボールやシールなどで飾り付けをする時には「この星には海があって…」「ここにはビルを建てよう」など、より細かい点にも気を配って作品を仕上げていました。






続いて行なわれた【クッキング】では、『おからココアクッキー』を作りました。
今回のクッキーでは、小麦粉の代わりに、生おからと片栗粉を使って作ります。
生地がややしっとりとしている分、普段のクッキーに比べてまとまりが弱いのが特徴ですが、お子様達は上手に力を加減しながら形を作ることが出来ました。






今月はもう1種類、『メープルマドレーヌ』も作りました。
こちらは、ホットケーキミックスとメープルシロップの入った、甘い香りのマドレーヌになります。
生地を混ぜている間、お子様からは「ホットケーキ(の匂い)だ」「ホットケーキ大好き!!」と声が挙がり、期待に胸を膨らませています。
生地を型に移す作業では、スタッフからの説明を良く聞いて、「(焼くと)膨らむから、(型に生地を)入れすぎないように」と自分自身に言い聞かせながら、慎重に量を調節していました。






【壁絵工作】も行ないました。
今回は『秋』がテーマになります。
初めになす形に切られた画用紙に顔写真を貼り、そのなすを赤や黄色に色づく葉っぱ型の台紙に貼ります。葉っぱの上には、なす以外の飾りとして、梨やキノコ、さつまいもなど、秋の味覚を散りばめました。
「僕、なす大好き!」「私はおいもが好き」など、お友達同士で楽しくお話をしながら、作品を作っていました。




  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

静かな 静かな 夕暮れの空  (夏休み活動紹介 第3弾) 🌇

2021-09-25 16:40:33 | 日記
今年も夏休みプログラムでは、昭和女子大学の学生さんにボランティアに来ていただきました。
また、授業の一環として、プログラムも提供していただきました。



【魚釣り】では、初めに厚紙で作った魚にシールで飾り付けをしました。
上手にシールが貼れたら、マットの上に魚を並べて、魚釣りの開始です。
釣り竿は割りばしに付けた紐の先に磁石を付けたものを使いました。魚の厚紙にはクリップが付けてあり、磁石にくっつけることで魚を釣ることが出来ます。
お子様達は「大きな魚が釣れた!」「全部釣っちゃおう」と、繰り返し魚を釣って遊んでいました。






【マーブリング】では、水の入った容器の中に数種類の色の絵の具を入れ、マーブル模様になったものを、紙に写し取ります。
同じ色の組み合わせでも、1回1回出来上がる模様はすべて異なります。お子様達は、どんな模様が出来上がるのかわくわくしながら、作品を作っていました。






【クッキング】では、『タコ焼き型カステラ』を作りました。
タコ焼き器にカステラ生地を流し込み、焼くことで、まん丸のかわいいカステラになります。
カステラの中には、マシュマロかチョコレートを選んで入れました。
お子様達は、ホットケーキミックスや牛乳を混ぜて、カステラ生地を作ってもらいました。
ボランティアの方がカステラを焼いている間、「頑張れー!」と応援してくれるお子様もいました。




仕上げにチョコレートソースとチョコスプレーをトッピングすることで、タコ焼きそっくりの見た目のカステラが出来上がりました。焼きたてのカステラを食べたお子様からは、「すごく美味しかったよ」と、嬉しそうな声が聞こえてきました。




さらに、【お楽しみプログラム】として、流れる音楽に合わせて歩くスピードを変えたり、動きを止めたりする、リズム遊びも行ないました。
突然変わるリズムに初めは戸惑いながらも、何度か繰り返すうちにお子様達も、少しずつ動きが付いていけるようになりました。
音楽と一緒に楽しみながら身体を動かして、気持ちもリフレッシュ出来たようです。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする