日々Change。今日の怒りも、恐れも、悲しみも、明日は夢と希望と喜びに。

少々高くても、日本の商品を買いましょう。力を合わせて日本の復興のために。

「柘榴坂の仇討」桃旗推薦良い映画です。

2014-09-25 23:44:14 | 日記
「たそがれ清兵衛」「雨あがる」「蝉しぐれ」「武士の家計簿」とか
ちょっとした時代劇、良いのが多いですよね。

あたりかどうかわからないけど、
ずっと気になっていてそろそろ封切りが終わるかとあわてて見てきました。

「柘榴坂の仇討」

この十年で見た時代劇で最高のような気がする。

映画にうるさい私の突っ込みがほぼゼロ。perfect!

時代が僕の好きな幕末と維新だし、脚本も演出もすべて良かった。
良い映画を見ると、後味よろしいな。
生きててよかったって大げさに思いますよ。

さあ、いよいよ来週から大好きなイーストウッドの映画が見れる。
コメント

間違った記事を放置していた朝日新聞の最高責任者がどうして抜本的改革が出来るの!

2014-09-12 19:04:51 | 桃旗、こんな社会へ言いたい!
朝日新聞の社長が
自らの進退については
「編集部門の抜本的改革のおおよその道筋をつけた上で、
速やかに進退について判断する」と述べた。

30年近く間違った記事を
国際的に日本の威信を大きく傷つけた大問題の記事を
平気で放置していた最高責任者に
抜本的改革の指揮、指導なんてしてほしくない!
おかしいだろ!

新しい指導者のもとで、責任を取り実行するべきだ。
コメント

朝日新聞さん、なんて白々しく卑怯な逃げ方だ。 あくまでも謝罪も責任もとらないつもりか。

2014-09-12 18:28:27 | 桃旗、こんな社会へ言いたい!
朝日新聞が福島原発事故の吉田証言についての謝罪のついでに、
従軍慰安婦記事の訂正に付いて言及し、

つまり、記事が間違っていたと訂正はしても
謝罪をしていないことの批判にたいして。

強制連行はなくても
自由が奪われた強制性があったことが重要

との主張。

なんて白々しく卑怯な逃げ方だ。
あくまでも謝罪も責任もとらないつもりか。

自由が奪われた強制性って
当時韓国人が日本の兵隊相手にしていた売春組織じゃないか。
今だに自国韓国でも、日本でも、アジア全域でも
やっているのは韓国人が一番多いって話だが。

北朝鮮がハイ拉致をやりました、認めました。
もう解決済みです。
と同じじゃないか。
認めて解決じゃないでしょ。
賠償なり、実行者の処罰なり、責任を取るべきでしょ。

朝日新聞の30年近い行為は
拉致問題に等しいと思うよ。
全社を挙げて日本の威信快復に何十年かかろうが
する責任がある。

コメント

ガンバの宇佐見選手。守備せえよ。90分走れよ。でないとWカップ行けないどw。

2014-09-06 07:20:31 | ガンバ大阪・日本代表、がんばれ!
新生ジャパン、ビールセット準備して楽しみ感満載で観戦。

アギーレジャパンの「攻撃も守備も出来て90分走り回れる選手」。
あ~我がガンバには遠藤を筆頭におらん!
一人、倉田だけかな。

ってことでガンバのいない日本代表。しゃーないわ。

珍しいよね、相手が親善メンバーでなく、完璧な代表メンバーなんて。
見る側はうれしい。
最高のプレーが見れるんだから。

相変わらずマスコミはずれてるな。
同じレベルの目線、当然勝てておかしくないつもり?

結局、活躍したのは普段から走れる人だったな。
いきなり走ったって身に付くわけないよね。

本田選手なんておかげで技術が不安定になって、
正確なキックなんて出来ない。

先日のミランでのゴール、珍しく早かったですね。
走れましたね。
でも、アギーレのいう、90分間走れ無いもんね。
鍛えてないので、そんなことすれば技術が不安定になる。

それよりCKのキッカーがいない!
岡崎選手ではねぇ。

走れる人で正確なキッカーいないのか?


Jリーグみんな走り出すやろなwww。
FWも必死で守備しだすやろな。

ダイナミックなスピード感満載のサッカーが見れるようになるな。

ガンバの宇佐見選手!
守備せえよ。
走れよ。
でないとWカップ行けないどw。
コメント

山登りは自分の我がままを許してくれない。だから・・・行く。

2014-09-01 17:51:33 | 日記
集中力がなくなった。
正確に言うと集中力を持続する力がなくなった。

あらゆることにすぐ飽きてしまう。
好きなことでも30分も続けられない。

読書も好きな趣味のたぐいも、続かない、練習しない。
一冊の文庫本を読み切るのに三週間以上かかる。

これって年齢からくるものか。
それを納得すると、自覚すると、
自分で自分をおとしめてしまうんだろうな。

ただ、面白いのは山登りだけは・・・
飽きてしまおうが、嫌になろうが、
行った限りは帰るのに同じ時間歩かねばならない。

自分の身体に、どうだ!?

と言う思いで、
昨日も一昨日も六甲さん(摩耶山)に行ったよ。
コメント