日々Change。今日の怒りも、恐れも、悲しみも、明日は夢と希望と喜びに。

少々高くても、日本の商品を買いましょう。力を合わせて日本の復興のために。

【Movie】 僕達急行~A列車でいこう~

2012-04-28 01:41:01 | 美術・読書・映画・テレビ


メモをみると今日で最終日。忘れてた行かなきゃ。
もちろんウオーキングで梅田まで。

森田芳光監督の「僕達急行~A列車でいこう~」
僕が好きな本当に数少ない日本映画の監督である。
昨年暮れに亡くなられて、
もう、この人の映画が見れないのかとすごく落胆したものだ。

この映画、遺作になった訳だけれども
出演者一同、発表会見にしても遺作という思い空気は無く、
映画の内容のせいか、明るい会見で好感が持てた。
鉄道オタクの若者がその趣味のお陰で営業に成功すると言う
これだけの話。

この人のユーモアのセンスを僕は大好きだ。
そして、小津安次郎の特長ではないが彼の映画の台詞の間とか、
ちょっと時代性を感じたりする。






と言ってもやはり
脚本にしろ台詞にしろ、彼独得の面白さ、
細かい所に監督のユーモアが散らばっている。

面白いです、本当に楽しめる。

これを見て発見したけれど、僕はかなり鉄道オタクだと思う。
本人気がつかなかったが、
あまり詳しくもないのでオタクとは思っていなかったけれど、
わざわざ、遠回りして乗りにいったり、
鉄道の人の気がつかない部分をいつまでも見てたり、感動してたりする。
長男が小さい頃、仕事の撮影のロケハンを兼ねて小さなローカル線や
お気に入りの踏切に連れて行ったりしていた事もある。
最初の勤めた会社が中津にあり、大阪駅に入ってくる列車が見えるので
よく仕事の手を止めて眺めたり、客車の屋根に雪が積もっていると
北陸の空を思ったりしたものだ。
新大阪駅のそばの事務所の時には、徹夜明けの朝に
列車の汽笛や、連結器の音が響く風景に幸せを感じた。
ただ、スペック的な事など、覚えようとはせず、詳しくないので、
オタクとは言えず、まあ、中途半端なのだろう。

そう言えば、そんな中途半端で詳しくないが
感動する程好きな趣味が山ほどある。

ジャズ、フォーク、グループサウンズ、カントリー、ロック
映画、陶芸、絵画、写真、書道、
スキー、サッカー、ラグビー、ヨット、カヌー、登山
旅行、鉄道、飛行機、船、城、

あまりにも広く、浅い。書いても無駄か、
どれも人を驚かせる程詳しいものは何にもない。
なんか、落ち込んでしまうな。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【グルメ】沖縄料理 てぃーあんだ 扇町本店

2012-04-27 18:02:12 | グルメ
沖縄料理初体験 4月26日



地下鉄扇町駅の出口を出て5m程の所にある
てぃーあんだ 扇町本店
この店、他にも支店があるようです。
予約をしてからHPを見てると大阪の沖縄料理店では
一番人気でした。楽しみです。


とりあえずビールで、沖縄と言えばオリオンビール。
なんの天ぷらだったか?わすれたw。


 
ラフテー、豚ですよね、これ美味しい。島らっきょう、シンプル。大人の味やね

 
ビールが無くなったので、コーヒー泡盛にしました。紹興酒を粗目で飲むのと
味似てますね。やや甘いです。
ナーベラチャンプル、ヘチマのチャンプルです。



なんか化繊のマットをほどいたら出てきた糸みたいな「生海ぶどう」
水槽(生け簀)で飼われてましたw。
薄い塩味だけの珍味ですね。採れやすいのか結構沢山入ってました。


あと、
「豆腐よう」「沖縄そば」「焼き飯みたいなもの」とか
結構、4人でシェアしたので沢山の種類が頂けました。
お酒は皆さんがあまり飲まなかったので私も
生の小とコーヒー泡盛の2杯だけでお茶飲んでました。

 
沖縄のアイスらしいです。ブルーシールアイスの塩ちんすこう。
この画像はHPから拝借しましたが、こんなに沢山入っていませんでした。
だから、普通のバニラアイスの味でした。がっかり。
サーターアンダキーをお土産に買ってもらいました。
揚げたドーナツのようなものですが、甘さが絶妙。
部分的に甘さが集合したかりかりの部分があったり、
このドーナツ系でいままでで一番美味しかったです。


結局、今回のグルメは写真を撮り忘れ、沢山食べて何を食べたか解らなく、
ブログが身の入っていないようなものになってしまいました。

沖縄料理って別に美味しいと言うものでもなく、
もちろん、まずくはありません。普通の家庭料理の味と言うか、
材料が沖縄独得で、それに伴って調理も変わるのかな。
そう言う意味での楽しみの料理ですね。

●桃シュラン ランク 桃1つ半
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

画期的な原子力に代わる、人間発電。橋下市長採用して。

2012-04-26 01:39:42 | 世の中(災害)支援アイデア
桃旗お得意(?)のアイデアメッセージ

人間発電。どや。
自然エネルギーが叫ばれて久しく
原発いらんキャンペーンの一巻。

人間発電?
つまりやね、人間だって飯を食ってエネルギーに変換して
動いとる訳ですわ。
これは一種の内なる発想、思考の転換ですわ。

エネルギーに変換して動いてる、
いわば、人間は人間の身体の中で発電しとるのです。

なのにわざわざ、化石燃料をエネルギーに変換して動かしてる
エスカレーターやら、エレベーターに乗っとる訳です。

これ、究極のムダでしょう。

動きもしないのに人間は
毎日毎日、燃料たる飯を食わんといかんのです。
だったら、動力にしましょう。
歩きましょう、階段登りましょう。
山だってケーブル乗らずに、山登りしましょう。

登れない人は頂上を味わう必要ないのです。
甘やかす必要無いのです。

マンションだって、エレベーター設置しても、
階段作らねばならない。
大型店舗で、エスカレーター付けても階段作ってる。
ムダでしょう。階段だけで良いです。
歩く歩道、いりません。

人間発電利用すると、10%は今のエネルギーの代替えになり
もう、原子力いらんでしょう。

階段登れない年寄りどうする。って?
国で法律作るのです。

1階に住めるのは60代以上。
40代は何階、20代は最上階。
そして、身障者は等級によって、1階、2階と住み分けるのです。
年とともに引っ越しをしてそれ相当の所に住むのです。

年寄りばかりの団地とか、そう言うものも解消されます。
都市は各年代層が住んでバランスが採れるのです。
歩く事を強いられて、日本中が健康になります。
メタボで金儲けを企む薬品会社はもうけられませんw。

50階のビルはどうする?
あのね、金剛山に3000回登山の年寄りもたくさんおるんです。
その方は毎日登っています。
4km歩いて学校に通てる田舎の子もいっぱいおるんです。
だいたい、誰が都会は便利なものと決めたんです。

不健康になるタバコ吸いながら、健康サプリを飲んでるの
おかしくないですか。
世の中そんなヘンテコリンがあたりまえになりすぎ。
目を覚ませ!
50階、1時間もあれば帰れます。

なんの設備投資もいらない「人間発電」。
考え方の転換だけ。すごいアイデアと思わん?
金を使わず、知恵を使う、一時の関西のTV番組の制作みたいやろ。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱり、神仏に信仰の礼はしません。

2012-04-25 01:39:00 | 日記
この前のブログの
「桃旗が神仏に礼をしない訳。」の続きになるけど。

京都亀岡暴走事故。
腹が立つね、どこに向ければ良いか解らんけど。

い眠り運転。脇見運転。精神異常運転。
これみんな、わざわざ、人の集団に向っていくのはなぜ?
この種の事故がどれほどあるか。

あと、5mか知らんけど、それたら誰もいない所で
本人様だけが怪我して落着でしょ。

神様、仏様、教えて欲しいわ。
これはどう言う運命の落としどころですか?
ほんと、世の中神も仏も無いわ。
あっ、無いからこんな事故が起こるのか。

だったら、神社もお寺もいらないのに。
結局、現代に残った、歴史的建築物や仏像の価値だけやね。
救われると言われて、救われない事実になぜ信仰はあるんだろ。
なぜ神や仏を信用しなくならないのか。
これやから、桃旗は坊主といって信用しないし、
お参りもしないのです。
(個人として立派なお坊さんはいます。あたりまえか。)

宗教って一種の人の心に付け入る、脅迫ビジネスやから。
あの人は信仰が足りなかったからあんな事故に遭遇した。
あなたはこうしないと天罰が下る。
行いが悪いと(その宗教に対して)地獄に堕ちる。
と脅迫的に言われれば、より信仰し、よりお布施をする。
全てをなげうっても、のめり込むのだろう。
つくづく人の弱さを感じてしまう。

信仰が強いからと言って、善人ですか?
僕の知る限りでは、傲慢で自信家の人が多いと思う。

親鸞だって、たんに学問として心の中のお勉強をしたのであって、
その時代の拝むことや信仰は、今のものとは意味が違うと思う。
実際、女性を断つと気が散って信仰出来ないと
妻帯を許されたという、もっと、人間的な人だったんだから。

葬式で金を儲け出すビジネスも親鸞の死んだ後で、
親鸞の教えの中には無いんだから。
あの、オウムだって何百年も経っていれば、
信者が何十万人にもなって、一つの良識ある宗教になっていた筈だ。

宗教の起こりなど、考えを同じくした一方通行の集団で
武力で社会を同じ考えに染めようとするものだから
どんな宗教も起こりは暴力的なオウムと同じだろう。

時が普遍的なものへと近づけ権力と高尚をもたせる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

原発考えるまでもなく、不要だよ。

2012-04-24 20:41:40 | 自分が思う事、言いたい事!
原発、辞める方向しか未来はないと思うけど
相変わらず、がたがたしてるね。

使用済み廃棄物どうするの。全く解決のめどないじゃない。
なのに動かすの?
震災に対する備え、何も変わっていないじゃない。
なのに動かしたいの?
コスト、他のエネルギーよりかかってるじゃん。

今年の夏の電力って、
もめる前に新しい電力に手をつければどうなんだ。
今年の夏の電力は
みんな我慢すれば良いんじゃない。
無いものは無いとして、節電すれば良いだけじゃない。

必要な病院なり、工場なり、優先して
自動販売機など僻地にだけのこして、停止。
コンビニなんて、半分の明かりで十分。

北朝鮮を見てみ、
どうでもなるよ。

未来の無い原発なんて不要に決まってるじゃん。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

女性は卒業したなんて上から目線で言う人、自分から廃人と言ってるんだから神様になりなさい。

2012-04-24 19:58:32 | 日記
僕は30代の初めに今の奥さんと結婚したんだけど、
その頃から一部の男の厄介な性格にうんざりしている。

自分が好きになって結婚したんだから、
自分にすれば自慢の奥さんできれいだと思っている。
個人で好みが違うので,あくまでも主観のつもりだが。

僕の奥さんは昔、よく可愛い、きれいと言われたので、
まあ万人から見てもある程度の人にはそう評価されたんだろう。
さらに賢い女性に見えて、年齢もかなり若く見えるタイプだった。
そして、当時有名ではなかったがテレビ、ラジオに出ている
バリバリのアナウンサーだったから、いけてる方だろう。

妻には言った事はないが
30代の頃、同性の男性からはかなりねたみを受けた。

ねたみをもつなど、その人の性格の悪さであるが、
おかげで男同士では解りにくい、
その人の本質と言うか性格みたいなものが見える。

ねたむ男性は必ず、
人気のある女性、きれいな女性と結婚した男に対して
女好きで、女たらしで、女にマメで、女に手が早く…、
女性が男の口車にうまくだまされた結果と
そう言う決めつけをしたがる。

実際に飲み会や集まりで、ねたむ相手に「女好きだから」
「口がうまいから」とやたらその場で、笑いにして言いふらされた。
まあ気にもならなかったし、慣れたというか。
特にその周囲の中に女性が交じっていたり、
それが、お気に入りの女性だったりしたら大変だ。
その女性の前で、何かに、かこつけて「女たらしだ」
「女好きだ」を冗談のころもに付けて言い続ける。

何かをむけば「さすがMさんは脱がすのがうまい」。
女性の話をすると「本当にMさんはエロ好きやな」。
小道具まで使って、その女性の前で落とし続ける。
そして、そう言う行為の後、
思いっきり一人面白がって、大笑している。

これ不思議なほど、このタイプはみんな同じ事をする。
そして、よっぽど溜飲が下がって嬉しいのか大笑いする。
こっちは白けているが一緒に笑うしかない。
他の人もそんなふうに笑っているが白けていると思う。

自分の彼女でもないのに、
女性をとられるとでも思っているのだろうか。

男の卑猥ジョークなら、付き合って混ぜ返すが。
強引に結びつけ、その場の空気に会わないから変なんだけど
ねたみ君、本人には解らずこちらが困っていると解釈して
畳み掛けてくる。こちらはその攻撃に困っているんじゃ無いんだけど
どうでもいいことだけに、ジョークも返せず苦笑いしかない。

もちろん、そんな人以外の方が多いので
気にする事も無いが、僕にすればうんざりだ。


僕はいつも思うが、相手を中傷して落としても
本人の立ち位置は同じだ。
相手の評判を落としても、
言ってる本人の評判が上がる訳ではない。

仮に女性へのアプローチのつもりなら、
自分は上になるようには何も努力せず、
相手を落として、相手より上になったと勘違いして満足するのか。
心の貧しい人としか言いようがない。


30代の頃は、今のようにテレビで何でもかんでも業界の事を
ばらしてしまうような事がなかったので、
あまり知られていない芸能界?のことは皆興味があった。

飲みに誘われるたびに、アナウンサーという妻の事を聞かれる。
妻から聞いた業界のおもしろネタ、一般の人は知らない話などするけれど
僕にとってはおもしろ話や、人の知らない話を単にしてるつもりだが、
聞くだけ聞いて,僕が自慢話をしているととらえて、
突然、自慢するなと言ってみたり、ねたみで不機嫌になる人がいる。
本当に世の中めんどくさい人がいるのだ。

こんな人に限って、本人がプライドに値する者を何ももっていないのに、
気持ちはプライドが高く。いままでこのタイプは100%そういう人だ。

つまり、僕より人間が上か、同じと思っている人には
そんな人間が美人と言われるアナウンサーを妻にして
負けたつもりになって、我慢ならないんだろう。
そんなに、ねたむのであれば聞かなきゃ良いのにと思うんだが。

妻になればアナウンサーだろうが、美人だろうが普通の人になるのだが。


数年前、初めて妻から似た事を言われた。
いろいろなところで美人だと言われ、必ず、意地悪をしてくる女性がいるという。
ひどいのは、二人が恋人同士とかで、妻に対する男性の態度が違うので、
女性が妻に意地悪をするらしい。自分の彼氏を非難すれば良いのに。
仕事が絡むとかなり厄介な事だという。

おそらく、完璧にきれいな女性だとあきらめがつくが、妻だと、
意地悪する女性からすれば、私とかわらないのに周りがちやほやする、
たいした事ないのに、男に取り入るのがうまいだけじゃない、
と思い込む人だろう。妻はどう見ても男に取り入るタイプではないが。

妻は美人とか思われたくないわよ、普通で良いわよ。
純粋に仕事をする女性には煩わしい事のようだ。
化粧してきれいになんかしたくないと言っていたが、
僕にすれば努力して維持して欲しいと言いたかったが。

男にも女にも厄介な人がいる者だ。
特に男性には言いたい。
女好きで、女にマメで、女に手が早くって、
生き物のオスの本質じゃないか。
インドネシアのきれいな鳥のオスが一生懸命メスの前で舞ってる姿見て、
男って可愛いものだと思わんかね。
努力しようとしない方が不健康だろう。

最近、久しくこんなねたみ君に出会わなかったが
たまには発見するんだね。

自分が生物として女性に興味が亡くなったからって、
他人には、まだ女性に興味があるの、と上から目線で軽蔑して、
本人は「そんなもん卒業したよ」なんてバカ言う。
そういう男に限って、ねたみで「エロじじい」なんて
いまさら女性に気に入られたいのか、言いまくりたがる。

自分がオスの機能をなくしてるって言うのは、
もう生物として廃人なんじゃない。
上から目線で人の悪口を言わず、
上から言わしてあげるから、神様のような言動で生きなさい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガンバ大阪、ディフェンスがね。相変わらず。

2012-04-23 20:58:20 | ガンバ大阪・日本代表、がんばれ!
うーん、強いんだか、弱いんだか。

ACLのアウェー、ブニョドコル戦を見ると
そんなに悪くなかったんだが、前半の二川、佐藤あたりの
シュートが入っていれば、明らかに状勢が変わった。

佐藤のペナルティエリアで倒されたのは
明らかにPKだと思うが、前半戦の早い段階で
審判が見逃したような感じだ。

この敗戦は明らかに痛い、もうないだろう。

アジアではWCLマンチェスターU戦の影響で
アジアトップクラスのクラブと思われているので
少なくともACL常勝チームでいて欲しかった。

Jリーグも広島に完敗の様相だけど
前半の良いシュートが入っていればこんなに差の付く
試合ではなかった。

何より今年のガンバは運が無い試合が続いてしまったと思う。
プロの評論家に言わせればこのもうちょっとが
大きな力の差なのかな、とすればまだまだだが。

しかし、昨日の勝利でJリーグは2連勝。
いい状態に戻ってきてくれたと思いたい。

次の試合も勢いづく上で絶対負けるわけにはいかない。
少なくとも、ACL範囲に残らねば。
なかなか、応援に行けないが頑張れよ。

ところで、
もう契約はしないし宇佐美選手の出場はないかと思ったが、
さすがバイエルン。先発で、しかもフル出場で出してくれた。
これまた、あのセンタリングをFWが決めてくれてたらなあ。
アシストが決まっていればねえ。
最後のリベリのセンタリングに飛び込んだの
決まってればね。もうちょっとなのに。


もう、1回先発させてくれたら
今度は絶対ゴールを決めてくれると思う。
優勝決まったんだし、次も出してやってくれ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本の男と言う人種は・・・。

2012-04-23 18:56:20 | 日記
ブログには、なかなか自分の本当のところは書けないないものだ。
書かないと言う事でもある。
また、普段の行動でも自分の立ち居振る舞いにも同じ事が言える。

本当の自分なんて格好の悪いものはない。
ついつい、おじさんギャグだったり、自虐的な言葉で、
自分をごまかして、笑いに変えたりしているものだ。

ウオーキング倶楽部の年配の女性に
僕の職業から受けるイメージも手伝って
「楽に生きてるね」「自由奔放に好きなように生きてきてるんやね」
と何度か言われ。
この前も5人兄弟の4番目と聞くと
やっぱりそれでだと、同じ言葉を繰り返していた。

「奔放」は当てはまらないが
「自由」と言う事には自分でも意識をして、本当は不自由な事でも
「自由」にしている姿に見せようと、意地でも上を向いて
他人に生き方を左右されず,自由に生きていると見せたい。

それは他人に対して、
昔は許せなかった、わがままな人、勝手な人を、
ついその人の背景に、人には言えない状況を
背負って生きているのではないかと思うようになった。

逆に、人と言うのは自分の気持ちを、偽りなく正直に、
正しく素直に出せるものかと考えてしまう。
みんな、人には言えない辛いものを背負っていることに
心が折れていたり、歪んだりしてしまっているんではないか。

乱暴な物言い、無礼な振る舞いをする人にも
そんな心の痛みがそんな行動をとらしているのではないか。
こんな世の中になって、表現の不器用な人や
思いとは逆の行動をとる人が増えているのではないか。

人は見た目、見た感じとは違うものだと最近は
一様に懐深く接するようになったと思っている。

そんな人の痛みを感じ取ろうとする自分が
一番身近な大切な妻の気持ちを読み取る事が出来ない。
妻には自分の気持ちを正直に出してしまう。
ぶつかってしまう。甘えが出るんだろうか。
本当の自分を出してしまって困らせてしまう。
妻だからと正直に出しては良い筈がない、まして我妻には。

介護の疲労、通う疲労、主婦としての疲労、仕事の疲労
肉体の疲労と、精神の疲労でMaxの彼女にぶつかってしまう。

先日もあわや救急車を呼ぶ寸前まで追い込んでしまった。

それでも、気を取りもどして立ち直ったらしい妻は
風が強くて恐いと言いながら伊丹から飛び立っていった。
後は、ただただ妻に対する自分への後悔だけである。

自由奔放な自分だと他人に思わせる意地よりも、
自分だけ楽して勝手だと、
妻が散々不満をぶつけられる夫にならないと。
妻の怒りを苦しみを、吸収する夫にならないと。
男と言うのは役に立たない人種だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今の僕は外人から見ると何歳なのか?

2012-04-21 11:23:52 | 日記
昨日、懐かしい山仲間3人とお酒を飲んでの帰り、
そのうちの1人と地下鉄に乗った。
彼は2つ目の駅で降りてしまったが、
酔いと楽しい会話の余韻で、
何か気持ちが浮き浮きしていた。

吊り革につかまって、下を見ると
外人の30~40代の女性と目が合った。
僕がにっこり微笑むと、その女性も微笑むとともに
身振りと言葉で席を代わりましょうかと言っている。

僕が「ノノノ、ノーサンキュー」と笑いながら言うと
「オッケイ」とうなづいた。
僕は別にどもった訳ではなく、
とんでもないという強調のつもりで「ノノノ」と言っんだが。

僕は昔から、ずっと年齢を若く見られてきたのだけど、
髪が薄くなって、今や完全に逆転し、
老けてみられているのかと思っている。もちろん外人にも。

昔、42歳の頃にロサンゼルスのコンビニらしい店で
ビールを買って、レジに行くと10代ぐらいの金髪女性に
IDカードを見せないと売れないと言われた。
初めは何の事か意味が分からなかったが、僕を10代と見たのだ。
アメリカでは10代にアルコールを売ると店が罰せられる。
まさかこんな娘に、しかも10代に見えるなんてと驚いた。

今の僕はこの外人女性からは老人に見えるのかと考えていた。

たまたま、すぐこの女性の隣の席が空いたので
話しやすくなったのを幸いに、
少し酔いも助けになり話しかけた。

「ハァイ、エクスキューズミー。ユールックミー、アイ、オールドメン?」
「dsk lp%#vv mv&lv? fllvl]」
「ジスシート、イズ、プリオリティーシート(っていうんじゃなかった?)。
ユールックミー、ライカ、オールドメン・・・・」(ひどい?)
「ds# ob& lb.vvp@v]」
まったく、お互いわからなく、困って笑い合った。
本当に知りたい事は聞けなかったけど、
このままで、知らんぷりする訳に行かない。

「フェァリイズ、フローム」
「オーストレリア? オーストレリアイズ、
ビッグアンド、ワンダフ、ネイチュアーカントリー」(ははは)
「ヨアー、スィティ、パース?オー、メルボルン?アンダー・・」
「ヨアトリップイズ、サイトシーン、ビズィネス?」
もうやけくそみたいですが、
娘と2人で2週間、京都、奈良、大阪を観光していると言う。
娘はわからないが、今日は別行動?って言ってるのかな。
オーストラリアの内陸部の大阪よりずっと人口の少ない、
何とかという小さな街から来たらしい。
円高は大変じゃない?と言うのに解ったのか解らないのか、
地下鉄の切符を見せて、とても安いという。
オーストラリアの地下鉄は高いのか。地下鉄あるの?鉄道の事。

やっぱり気になった、私が何歳に見えるか、聞けば良かった。
相手の話す英語を理解しようとしながら、解らないからよけい。
次の質問の英訳を考えているのは容易ではないのだ
さらに単語を、言い回しを思い出さねば、って言うより
知らない,忘れたものは出てこない。
少ない、それも間違ってるかも知れない言葉で
ようやるわ。
ただ今までで、日本で周りに恥ずかしいと思わなかったのは初体験。
たまたま、周りに無関心な人ばかり居たから良かったのかも。

何歳になっても、死ぬ一日前までも
英語が話せるように学びたいと思っている。
気持ちだけはね。頭が役にたたんけど。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

桃旗が神仏に礼をしない訳。1975年、青木湖スキーバス転落事故。

2012-04-20 22:38:22 | 日記
1週間前、京都の祇園で何人もの人を巻き込む
大きな車の暴走事故(事件)が起こった。

いつも思う事だけれども、突発で亡くなられる方と言うのは
本当に良い人、世の中の役に立っている人、
惜しまれる人が多い気がしてならない。

もちろん、日本の精神としても、死者を悪く言う人はいないが、
記事を読むと何の関わりのない私でさえ、
残念であり、惜しくあり、本当に立派な人を亡くしたとしか思えない。

その昔、私が毎年スキーに熱中していた頃
正月に「青木湖バス転落事故」と言うのが起こった。
沢山の人が亡くなった痛ましいものである。

青木湖バス転落事故

事故の様子は今でもこのように知る事が出来るが、
乗客の事は今は記事にもなく、知る事が出来ないようだ。

僕は当時、この事故の記事で乗客の事を知り、すごく心に残った。
内容は忘れてしまったが、たいへん立派な行いの若者達で、
ご褒美のような、生まれて初めてのスキー旅行で、
本当に楽しみにしていた中で、この事故に合ってしまった。
そのときの記事を読んで、当時、僕はこの理不尽さに

「なぜ、神様はこんな立派な若者をこんな運命に導くのか、
他人に感謝されるような事もない僕のようなものや、
もっと悪い、とんでもない若者もいるわけで、
「罰が当たった」という言葉があるなら、
その運命はこの亡くなった若者とは対局にある筈だ。
あまりにも世の中こういう人がこんな目に遭う事が多すぎないか、
仏って、神って何なのだ。」

と、この事故は随分僕に大きな精神的衝撃を与えたものだ。
それから以後、僕はほとんど神仏に礼をもつ事がなくなった。
これだけがその原因になった事ではないが、
歴史の中でももっと多く、苦しみの中ですがる人を見逃してきた事実があり、
この時がその積もり積もったもののきっかけではある。

僕の中で、もちろんスピリチュアルな気持ちが無くなったのではなく、
よけいに何か目に見えない別のものとなり、
(僕の心の中では神様と呼んでいるが、従来の宗教のものではない)
一方で現存の神仏を全く信用しなくなった、この事故はきっかけである。

今までも、通り魔的なものやとばっちりを受けた事故、
その多くが、この立派な人、良い人が選ばれているとしか思えない。

今回でも
暴走車事故、勤務中犠牲の2人を偲ぶ

もしかしたら、今の世界は欲をもった悪邪の世界で、
人々が欲を捨て、良い人に到達し、現世につくした時、
別の世界に導かれるのかも知れない。

金欲、権欲の政治家の長生きするのを見ると納得するような。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

権益、権欲の談合と天下りを繰り返すと日本は3流国に落ちてしまうぞ。

2012-04-17 23:36:54 | 石巻市の藤田利彦さん

        藤田利彦さん最新コメント

藤田利彦さんからコメントを頂いたのですが、
どうもこの国は、国から地方まで、
適材適所と言われる人材が配置できない国に思われてならない。

一番身近な所で「田中防衛大臣」。
これは何でしょう。談合とか天下りの慣習が
適材も適所もなくしているんではないでしょうか。

各機関、各部所にはそれなりにそこで育った人とか、
そこに適した人材がその場には自然と集まっているものではないでしょうか。
だからその部所の人材を下から押し上げれば、適材適所に人が座れると思うのですが。
権益や権欲で人材ではない、無能なただの人が
トップの肝いりでその椅子に座るのではないか。

比べるのはどうかと思うが
韓国では国連事務総長に潘基文(パン・ギムン)さんがなり、
今度、世界銀行総裁にキム・ヨンさんが内定した。
反目する中国ロシアでさえ彼の内定に反対すらしていない。
まさに適材適所に人を配した結果だと思う。

日本はと言えば、わかりやすく言えば、
「今度は君を適当な地位に就けてやるからよろしく頼むで」
と言う事が延々と繰り返され続けているのではないか。

2050年にはGDPで先進国から外れるという。
2030年には国民一人当たりの額で韓国に抜かれると予想されている。

こんな人材が続く日本で良いのか。

簡単に復興できない大震災と皆が危惧して、大声で叫んでいたのも
いつのまにか、こんな金に群がる人材がその地に就いている。

心もめげずに復興に明け暮れ、続けている、藤田さんたち
被災地の方々にとれば、どれほど腹立たしい事か。
訴えてもとどかないのか、欲に溺れて聞く耳を持たないのか。


知らん顔しなければ、1粒のお米も1億2000粒になるんだよ。協力をお願いします。
        石巻市復興を考える市民の会

こんな時はアクセスの少ない自分のブログが情けない思いだ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

箱崎竜平 陶展/田上早百合 遊印展 於:アートサロン空(近鉄学園前)

2012-04-16 18:59:56 | 美術・読書・映画・テレビ
竹の子掘りをした竹林を後に、陶芸の師匠が展覧会をする会場に向った。
今、会社のお休みが日曜日しかないので、
師匠の展覧会に顔を出すのはこの日しかないのです。

学園前駅。近鉄線では数少ない高級住宅街の趣の所です。
神戸や宝塚の雰囲気です。
駅近の住宅街の中に、それこそ品のいい住宅のようなギャラリーです。

師匠が展覧会をする所は本当に雰囲気のいい,センスのある画廊が多いです。


おしゃれなお屋敷風ギャラリー。「空」。
目立たないですが、展覧会のない時は喫茶もされてます。
ギャラリーのスペースでコンサートなども行われています。


 
看板もCoolです。中に入ると左手でいつも色々教室があるようです。
右手に入るとギャラリー。
ガラス越しに、品の良さそうなご夫人が
たくさん見ていらっしゃるのがみえます。


このリュック姿の竹の子掘りの泥だらけの私は場違いのようです。
でも、気にせずじゃましないように…。


おっと、入口に師匠が早速作品の説明をされてる所です。
私に気がついて「よう来たな」という一瞬顔をしました。


きれいなギャラリーで汚いリュックを置く所もない。
目立たないように、じゃましないように。
高そうな服を着た上品なご夫人ばかりです。
師匠、なんで今日はジーパンなん? まあ、問題ないですけど。
色々見学しながら、少し人が去るのを待ちました。




書家の田上早百合さんの作品。磁器との融合が益々素敵になりました。




師匠の磁器の中にも文字を使ったものが多くなり、
田上さんとお互い良い影響をし合っているように思います。
(えらそうに、弟子が言える関係が良いでしょ)



良いテーブルですね。喫茶の時は使われているようで、
師匠の売約済みの坪が、ぽつりと置かれていました。


  
お客さんがかえられたあと、
画廊の方、廊主?(牢屋の主みたいでおかしいな、なんて言うのか)
店主、店長?…と3人で。記念撮影。
ちょうどもっていた、取れ立て竹の子をお二人に差し上げました。
すごく、喜んでいただいてよかった。

赤い服を来た,師匠のお知り合いと3人で永い事なんだかんだと
恋愛異性問題までベラベラと喋ってしまいました。(いつもの事か)
これはギャラリーの方自慢のしだれ桜、満開です。
写真も撮りたくなりますよね。

右の花は果物の「アケビ」の花だそうです。初めて見ます。
こんな可憐な花があんな大きな実に。(画像ではわかりにくいが小さな花です)


そして、師匠と終わって食べに行きましたが、
例によって、男の喋りが2人。2時間以上も喋ってました。
やれやれ。

こういう展覧会見てると、私にもやる気がむらむら。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【トレッキング】山辺の道で竹の子掘り

2012-04-16 01:05:34 | その他
すごく久し振りにトレッキングクラブに参加した。
今日は山登りではなく竹の子掘りだ。会員の子供も参加。

天理の駅を東に、そして山裾に続く山の辺の道に。

山の辺の道は、天理から南に櫻井までの道は何度か歩いた事はあるが。
天理から北に奈良に向う道は歩いた事がない。

天理から歩いて、途中スーパーで材料を仕入れる。
再び歩き始めて、40分程で細い山林の道に入った。
そしてしばらくすると竹林に着いた。

今日の竹の子掘りの竹林農家の方が、既に沢山竹の子を採っていてくれた。
とりあえず、素人がうまくとれずに食料にありつけないのは防げたと言う事。
農家の方に簡単に掘り方を教えてもらう。
その方が掘るのを見ると、わりと簡単だと思ってしまう。

このクラブの方針で料理は男性がする事になっている。
おばあさん(失礼、例えだから)は山に、おじいさんは川に。って感じかな。

女性陣が鍬をもって竹林に、
男性陣は火をおこしたり、材料の下ごしらえにはいる。
あ~、めんどくさいと思ったが、やり始めるとハマってくる。
竹の子の皮を剥いて、外側をナイフで切り落とし、
ホイルに包んで行く。担当はホイル焼きの下ごしらえ。

 

写真を撮ってくれた女性が、
桃旗さん普段料理やってるから上手やね、とのせてくれる。
竹の子をむいたり切ったりするのは初めてだ。
どこまでむいたら良いのか、わかりにくいものだ。


左はリーダーのYさん。今日は料理人だ。


私の座っている後ろが竹林。
画像では傾斜が緩く見えるが、結構きつい。
登り切った向こうに、奈良に向う山の辺の道が通っている。


竹の子入りクリームシチューにみそ汁。
竹の子のホイル焼きやら、ソーセージ、サラミ、お造り。



竹の子ご飯が出来なかったのが想定外で、がっかり。
それがメインのような気がするが。

後で、私も竹の子を掘ってみた。
周りに堅い根が張り巡らされていて、堅くて、堀るのは容易ではない。
ついつい竹の子のすぐ側近くを掘ってしまって、竹の子が傷だらけ。
農家の方がやったように、一方を掘った後、
鍬を差し込んで、グイッとすると、ポコッと、なんて採れない。
もちろん芽が出ていないものなど、見つけられない。
みんな、4、5cm出たものを掘っているのだ。

もう少し要領がわかっていれば、
もっと私も準備しておいしい料理づくりに貢献できたのだが。
まあ,それでもみんな適当に喜んでいる。

私の師匠が今日は展覧会をしているので、ひとり先に失礼する。
あまり食べていないし、ご飯系がなかったのでお腹がすいた。
空腹で天理まで一人で戻るのは長かった。

なにわともあれ楽しい、竹の子堀、初体験でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サクラ満開。

2012-04-13 07:14:48 | 日記

透明感のあるサクラ

月曜から毎日どこからか中之島河川敷を歩いた。
昨日木曜日、大阪城外周南西の最初に満開だったサクラは
葉桜になりつつあった。
サクラ満開の中できれいな緑の葉が鮮やかに見えていた。

サクラの花びらが風に舞う姿は美しい。
毎日のようにサクラのトンネルとサクラの吹雪を味わっている。
おまけで、この数日は帰宅ウオーキングの距離が長い。

今日は初夏の陽気だ。予想通りサクラは日曜日までもたない。


サクラは青い空がに合う

昔も寒さが4月近くまで続いた年に
土曜日にはまだ蕾だったので、満開は日曜日とか
マスコミが言っていた事があったが
平日に何度か雨が降った事もあり、
日曜日には葉桜になっていたという年があった。

その年も寒い春からいきなり夏になったような年で
今年に似ている。
サクラの開花は寒暖の差が激しい程、急速らしい。

もう、春も終わりだ。
今年も厳しい暑さがやってくる。
僕にも厳しい年になる。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大和川付け替え工事。昔の本流がどこにあったか知ってますか。

2012-04-12 00:36:29 | 日記
私は地図を見るのが大好きなのですが
これは先日のウオーキングでリーダーから頂いたもの。
先日は東高野街道の一部を歩いたのですが
驚いたのは、ほぼまっすぐに大阪の東を縦断してるんですね。
地図では四天王寺の上の四角が大阪城ですね。
その西に東西奉行所で区割りされたところが見えます。
中心である大阪城を経由せずに京都から高野にズドンと。



その高野道に向って放射線状に大阪の中心部と
堺の中心部から道が造られています。
これって、今の道路行政に活かしていれば
渋滞の少ない街作りが出来たのではと思うのです

大阪から中高野、下高野。
堺から西高野街道と道が河内長野に収束して、
高野山に向っていたのですね。

この地図は僕が初めて見るもので
見た瞬間すごく驚いた事があります。

大和川の付け替え工事が終わったすぐの頃のものですね。
1704年~数年ごろ? 
と言うのはまだ新開池が残っています。
大和川が付け替えられて新開池が干上がったところを
鴻池が干拓して、今の鴻池新田として残っているのです。
(もちろん、湾岸部分ははっきりしないのか今のものですね)

この地図の今の柏原辺りから2本新開池に向っている川の
西側が本来の大和川の本流でもっと太かったのですね。
付け替えられてだいぶ細っているのです。
もう1本の東側の川が、今の第二寝屋川になったのです。
本流の方は今は細い水路のようになっています。

僕の実家が東大阪に引っ越してきた頃、僕は中学生で、
家の周りの大きなお家の塀に和船の船板が
使われていたところが沢山ありました。

中学生の歴史の教師が昔はこの辺りまで海で
その証拠に塀に船板が使われているところがあるんだ
と言っていましたが、僕はどうも納得がいかなかった。
江戸時代にはこの辺は海じゃなかったんだから、
海だったのはもっともっと昔の筈。
そんな昔の船板が江戸時代を超えて残っている筈がない。
ひとのせいにするようだけど、僕はこの教師の授業が退屈で
おまけにこんなでたらめ言ってたんだから。
良い教師に巡り会ってたら歴史が好きになったのに。

これは大和川の本流が側を通っていたからなんだ。
川船だったんだ。
最近やっと知って、歴史も楽しくなった。
こんな授業があれば良かったのに。

今まで街道をあまり知る事がなかったので
こんな地図と出会えなかったけれど、
色んな事をするとさまざまな知識が増えるものだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加