福島応援プロジェクト茨城

福島の子ども達の保養のために!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

原子力防災シンポジウム in 東海

2019年11月18日 | 保養
 この度、東海第二原発の再稼働をめぐって「原子力防災について考えるシンポジウム」を開催することになりました。
 主催は「東海第二原発の再稼働を止める会」で、共同代表は村上達也氏と先崎千尋氏です。
 今年、常総生協の脱原発委員会が、東海第二原発の再稼動反対の署名に取り組み、10月、11月と5市1村の首長さんに届け面談しました。 防災担当者も含めて皆さん「広域避難計画が完成しない限り、再稼働を判断することはできない。策定は非常に難しい。」と言うことでした。
再稼働の行く末を握る鍵である広域避難計画をどのように考えるか? は、今もっとも重要な問題です。首長さんや担当者の皆さんの原発避難への認識は、どうも心もとないものと感じました。
福島の原発事故の時に現実の避難の様子はどうだったのか? を正しく知ってもらいたいと考えました。福島県双葉町の元町長井戸川克隆氏に、まずはお話ししていただきます。
2011年3月に起きた福島第一原発事故時の各自治体住民は、国から一片の情報も届かず、何が起きたかも伝えられなかったため、それぞれ様々に右往左往し無用な被曝を強いられました。このときの法律では、電力会社から15条通報が発令された時点の3月11日午後4時半過ぎには、原子力緊急事態宣言が出されて、住民の避難が開始されるべきでした。しかしやみくもに混乱して時間は空費され、早期にとるべき住民保護策は無視されたのです。
 福島第一原発事故の本当の原因と経過も明らかになっていないのにも関わらず、東海第二原発が再稼動されようとしています。
 避難計画の策定が自治体に押し付けられているのは、本来責任を負うべき国や電力会社の不作為というべきで、全く理にかなっていません。
 このような実態のほかに、放射能による影響への知見が隠され、公開されていない現状で、住民が再稼働への正しい判断をできるかどうか、疑問が持たれます。
 驚くべきことに、立地自治体の最高責任者である東海村村長さんが、「原発再稼働はなんの不安もなく安全であって、福島では何1つ問題が起きていない」との意見を雑誌対談で公表する事態が起きたのです。原子力規制委員会が、はっきりと「安全は保証できない」と公言しているのにも関わらず!です。
 私たちは、じっとしていられない思いで、この「原子力防災シンポジウム」の催しを開催します。ぜひ、ご参加くださいますようにお願い申し上げます。原子力防災シンポジウム
12月14日(土)13:30〜16:00

石神コミュニティセンター 2F 東海村石神内宿1609  


原発避難は故郷へ戻ることの出来ない地獄への片道切符です。
私は痛恨の失敗をしました。事故は起きないとの言葉に油断をして事故を防げなかったことは、悔み切れない失敗です。これは大変なことです。首長には法律によって、住民の「生命、身体並びに財産」を災害から守る責任があリます。福島事故を経た今、原発事故が起きることを知らなかったとは言えないので、村民を避難させた瞬間から、「 首長は事故を防がなかった」という責任追及がなされます。 核産業の現場労働者は過酷に切り捨てられますが、住民の被ばく被害も証拠が無いと言われて見捨てられます。
加害者から責任を被せられた私の失敗から学んで下さい。
 皆様には、私達のような辛い思いをしてほしくないのです。
                  双葉町元町長 井戸川 克隆氏

 東海第2原発再稼働に原子力規制委員会の許可がおり、安全対策工事が始まったために大樹が次々切られ、駐車場や道路の工事が進んでいます。東電が日本原電に約2200億円の資金支援を決め、再稼働への具体性が高まっています。
 東海村長山田修氏は「再稼働は容認」との見解を、新潟県刈羽村村長品田氏との対談のなかで明らかにしました。
 過酷事故を想定した、広域避難計画を策定中の東海村です。
 紛争地難民キャンプ以下と言われる日本の避難所待遇は、改善の方向が中々見出せず、人権問題として注視されています。
 3.11で十分な遠方まで住民を避難させた、ただ一人の首長、双葉町元町長 井戸川克隆氏から、「事故時に起きたこと」「私達が知らされていない事実」をお聞きし、原発避難の実態と、私たちがなすべきことを学びあいたいと思います。

プログラム
1.井戸川克隆さん講演
2.みんなでパネルトーク   広域避難計画について
              篠山市防災ハンドブックから学ぶ

主催:東海第2原発の再稼働を止める会
    https://tomerukai.jimdo.com
 問合せ 事務局 披田090-3232-0214

裏面

JCO臨界事故と福島原発事故の2つを経験した東海前村長 村上氏は言っている。「日本には原発をコントロールする能力がない。
思想もない。原発は地域振興にならないことも分かった。安易に入ってくる金は、町や人をだめにしてしまう」と。
山田村長が、再稼働容認発言を公表するとは驚きだ。反対意見も丁寧に聞いて、十分に考えて、その上で判断して欲しい。
         東海第2原発の再稼働を止める会 共同代表
       脱原発をめざす首長会議メンバー  元瓜連町長 先崎千尋氏

福島のある家族は、当時、ガソリンもない中、やっとの思いで土浦のホテルに辿り着いた時、「着ているものを全て脱いで」と汚染物として扱われて落胆し、ふたたび福島に戻りました。
その後つくば市に避難して8年半。今、再度住まいを追われています。それは原発事故を無かったことにして、補償を値切りたい国の姿勢から導かれた結論
としか考えられません。   福島応援プロジェクト茨城  小張佐恵子

井戸川氏が歴史に残すべきと考える
   元双葉町災害対策本部長としての不作為

1.東電の嘘を見抜けなかったこと。
2.発電所の運転を止めなかったこと。
3.東電と事故後の扱いについて契約していなかったこと。
4.事故は起こさないと言う契約を交わさなかったこと。
5.事故が起きた場合の避難場所を決めておかなかったこと。
6.損害賠償は放射性物質が片付くまで続くと言う契約をし なかったこと。
7.放出された放射性物質は東電が全部片付ける契約をしな かったこと。
8.避難したら東電が生活の一切の面倒を見る契約をしな  かったこと。
9.発電所から放射性物質が出たら、町民全部を放射性物質 が届かない場所に、東電が移動させることを契約しなかっ たこと。
10.東電が重要情報を隠して事故が発生させたら街の全部を 移転させる契約をさせなかったこと。
11.発電所が震源で町民が苦しむことがないようにしますと 言う契約をしなかったこと。

原発を止めることが最善の避難対策です!


篠山市の 防災ハンドブック
避難装備  マスクは必携です。
雨カッパ、帽子、手袋、メガネ、ビニール袋、水と食料、傘、。
重要書類、安定ヨウ素剤、線量計も有った方が良いでしょう。
「思いっきり遠くまで、いち早くとっとと逃げるのが基本」

500μSv/h     
1週間100mSvが    
避難開始の基準です。
事故のあと、ハードルは高くなりました。
被ばくなしの避難はできません。

被災地視察の装備です。
避難時も同様ですが冬以外は厳しいです。
複数用意。廃棄の為のビニール袋も必要です。


アンドレアス講演会in東海10月24日

2019年10月20日 | 保養
「アンドレアス シングラー講演会
再生可能エネルギーの未来と課題」

10月24日に東海村で開催いたします。
10:30 〜12:30 
中丸コミュニティセンター会議室

ぜひご参加ください。




「アンドレアス・シングラーさん講演会」in土浦
は台風の直後にも関わらず27人が参加してくださいまして好評のうちに終了しました。
「流暢」というわけにはいきませんが、
日本語でお話しされ誠実な人柄と想いが伝わる良いお話で喜ばれました。

写真展の 会計報告

2019年10月10日 | 保養

写真展の後すぐに次の企画に突入してしまって
会計の報告が遅れました。

収入の部

クラウドファンディング

田中 優美子さん  10000
風見 誠 さん   10000
小笠原 学さん  1000
清水 美智子さん  3000
増山 みゆきさん  1000
  計    25000円
手数料5640円
    差し引き 19360
カンパ

鈴木英敏さん    5,000
大石光伸さん    10,000
立原正一さん     3,000
稲垣芳さん     3,000
茂田さん      3,000
       計        24,000
郵送カンパ

若木京子 5,000
野本美保     3,000
友田シズエ 5,000
     計      13000

会場カンパ箱   80860


合計137210円のカンパを頂きました。

皆様、誠にありがとうございました。

クラウドファンディング返礼品を送ったりの
経費はこれからも出ますが
今のところ、総経費が
185,980円でしたので
50,000円弱が主催団体拠出になりました。

福島の子供達の保養も続けます。
今後もカンパをよろしくお願いします。


2019年10月10日



再生可能エネルギーの未来と課題

2019年09月25日 | 保養
「アンドレアス シングラー講演会
再生可能エネルギーの未来と課題」を開催します。



10月14日午後2時〜つくばイノベーションプラザ大会議室

ドイツの脱原発への道とエネルギーシフトの今
ドイツにおける反原発運動
チェルノブイリがドイツに与えた影響
原発が子供に及ぼしたガンの影響
欧州連合の原発の状況
エネルギーシフトの目的と現在

ドイツ在住のジャーナリスト、アンドレアス・シングラーさんは日本学の学者であり、福島原発事故以降9度も福島に入り被災者や生業訴訟など精力的に取材してこられました。国会前のデモ参加者らを取材し、2018年にドイツ語で「さようなら原発ーフクシマ事故後の日本の抗議活動」を出版。 
 また日独共同会議「フクシマの危険を黙殺させない東京オリンピック・パラリンピックのために」において議論を展開し、今年8月「東京2020とその反対者の論理」をBoD社から出版しました。
お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。

つくばイノベーションプラザ
つくば市吾妻1-10-1 つくばセンタービル 2F
TX(秋葉原〜45分)つくば駅から徒歩5分。ノバホール隣。

資料代500円 日本語でお話しされます。

主催 福島応援プロジェクト茨城 blog.goo.ne.jp/oueniba
後援 常総生活協同組合・東海第2原発の再稼働を止める会・常陸24条の会・菓寮「花小路」

豊田直巳写真展無事終了1

2019年09月24日 | 保養
豊田直巳写真展  『フクシマ~尊厳の記録と記憶』
6日間で600名の来場者を迎えて
無事終了しました。 心より御礼申し上げます。
半数近い方がアンケートに感想など書き込んで下さいました。
「原発事故のことが忘れられがちな昨今
このような催事を開いてくださってありがとう」という
感謝の言葉が多く書き込まれていました。




1階のギャラリー入り口を望むアルカス全体写真です。




最終日は午後4時で終了したあと、常総生協の皆さん
や仲間に協力してもらって6時10分前に片付け終わりました。
陳列のときは、夫が苦労してスポットライトをセットしてくれましたが
作品を丁寧に格納するのに、手いっぱいでした。
代々木のさようなら原発から駆けつけてくださった
生協の伊藤専務さんがタワーに上ってくれて、
外していただけました。本当にありがたかったです。




豊田さんのギャラリートーク

2019年09月16日 | 保養


昨日は東京新聞が豊田直巳さんのギャラリートークについての記事を大きく掲載してくださいました.


豊田さんのお話の重要なところをきちんと書いてくださってます。
「捜索活動をしていた人は原発事故のせいで、生きている人たちを残して逃げなければならなかった。 津波被害 だけでなく、事故の影響で亡くなった人もいた」と話した。
事故が起きても政府が原発の再稼働を目指していることについては「核兵器を」造る技術を失いたくないからではないか」と指摘した。
八年半がたった被災地の現状については、避難指示が解除された地域もあり、風景は徐々に変化しているものの、放射能はまだ残っていると強調。
「この写真展が、見えなくさせられていることを考えたり、感じたりするきっかけになるといい」と語った。



11日から始まった豊田直巳写真展  『フクシマ~尊厳の記録と記憶』は残すところ今日16日 1日となりました。
4時までで撤収片付けとなりますので、お早めにぜひお出かけください。





昨日までの来場者は480人を超えました。
アンケートに感想をかいてくださる方もとても多く、
「福島のことが忘れられがちな昨今、この写真展の企画は、とても必要な得難い企画です」と書いてくださる方が多く、努力が報われて、とてもうれしいです。


クラウドファンディング終了期限が明日までのあと二日間。
https://motion-gallery.net/projects/fukusimaouen

会場に設置したカンパ箱と郵便振替での寄付を合わせると8万円強になりました。まだ必要な経費の半分に到達していません。なにとぞご支援くださいますように、よろしくお願いいたします。

ゆうちょ口座 記号番号 00180-2-466753
加入者名 福島応援プロジェクト


豊田直巳写真展開催

2019年09月12日 | 保養
豊田直巳写真展  『フクシマ~尊厳の記録と記憶』
昨日9月11日(水)から9月16日(月)までの会期で
いよいよ始まりました。

前日の会場設営が、台風の影響を受けて
ギリギリ6時までかかってしまったこともあって
昨日の朝も追加の作業をして
無事にオープンできたことにほっとしています。

9月7日に毎日新聞、常陽リビング、
9月11日東京新聞に写真展の記事が掲載されましたので
昨日の来場者は85名。
ありがたい滑り出しです。
遠くは神奈川県や茨城の県北からなどの来場者があって
写真展を開いた甲斐を感じています。

皆様!ぜひ土浦駅前の市民ギャラリーにおいでください。
10時~18時 最終日は4時までです。
土浦市民ギャラリー  土浦市大和町1‐1 tel029-846-2950      入場無料

豊田直巳さんのギャラリートークは9月14日(土)14時から16時、トークの後はお茶会で交流もいたします。

https://motion-gallery.net/projects/fukusimaouen
クラウドファンディング モーションギャラリー
では1,000円からのご支援をご協力いただけます。
ぜひよろしくお願いいたします。
あと6日間 です。

タイトルは
福島の姿を知って欲しい 。9/11〜16、
豊田直巳写真展『叫びと囁き〜尊厳の記録と記憶』をご支援ください。
 です。  福島応援:fukusimaouen motion gallery

 世の中には見えないもの、
 見えなくさせられているものがあるのでは、
 と、感じていませんか。
 そんなあなたに届けたい、もうひとつの物語。

福島の事故は、大人にとっては風化されていく出来事。
 子どもたちにとっては全く知ることのない出来事です。
   未だに10万人もの人々が、故郷に帰れないで、
    日本各地で散り散りバラバラに暮らしています。
    福島の姿を知って欲しいと心から願い、
豊田さんが、命がけで撮影し続けてこられた記録です。
   ぜひとも足を運んで、ご高覧くださいますよう
                お願い申し上げます。 

主催 福島応援プロジェクト茨城 blog.goo.ne.jp/oueniba
後援
 つくば市・つくば市教育委員会・常総生活協同組合・東海第2原発の再稼働を止める会・STOP東海第2原発首都圏連絡会・産経新聞水戸支局・東京新聞水戸支局・朝日新聞水戸支局・毎日新聞水戸支局・茨城新聞・
協力 
「フクシマの声を全国に、世界に届ける」実行委員会・立正佼成会一食平和基金ふくしま地球市民発伝所・
常陸24条の会・菓寮「花小路」・アトリエ−キューブ
/豊田直巳写真展『フクシマの7年間』全国巡回プロジェクト











 この写真展の運営スタッフやカンパに協力してくださる方を求めています。 ご一緒に活動してお力を貸していただけますようお願い申し上げます。
ゆうちょ口座 記号番号 00180-2-466753
加入者名 福島応援プロジェクト

クラウドファンディングスタートです。

2019年09月03日 | 保養

プロジェクト豊田直巳氏の写真展『叫びと囁き〜フクシマの7年間の記録と記憶』は、
なるべく大勢の皆さんにご覧いただきたいので、入場無料です。
https://motion-gallery.net/projects/fukusimaouen


是非とも成功させたいので、チラシやポスターも気合を入れて制作しております。
それなりの経費が掛かりますので少額寄付を一般から募るクラウドファンディングに挑戦しました。
ご支援していただきたくお願いします。





豊田直巳写真展9/11~開催

2019年08月06日 | 保養

豊田直巳写真展  
『フクシマ~尊厳の記録と記憶』



2019年 9月11日(水)~16日(月)10時~18時 最終日は4時まで
土浦市民ギャラリー  土浦市大和町1‐1 tel029-846-2950   
   入場無料

豊田直巳ギャラリートーク9月14日(土)14時から16時

 世の中には見えないもの、
 見えなくさせられているものがあるのでは、
 と、感じていませんか。
 そんなあなたに届けたい、もうひとつの物語。

福島の事故は、大人にとっては風化されていく出来事。
 子どもたちにとっては全く知ることのない出来事です。
   未だに10万人もの人々が、故郷に帰れないで、
    日本各地で散り散りバラバラに暮らしています。
    福島の姿を知って欲しいと心から願い、
豊田さんが、命がけで撮影し続けてこられた記録です。
   ぜひとも足を運んで、ご高覧くださいますよう
                お願い申し上げます。 

主催 福島応援プロジェクト茨城 blog.goo.ne.jp/oueniba
後援 つくば市・つくば市教育委員会・常総生活協同組合・東海第2原発の
     再稼働を止める会・STOP東海第2原発首都圏連絡会・産経新聞水戸支局・
    東京新聞水戸支局・朝日新聞水戸支局・毎日新聞水戸支局・茨城新聞・
協力 「フクシマの声を全国に、世界に届ける」実行委員会・立正佼成会一食平和基金
    ふくしま地球市民発伝所・常陸24条の会・菓寮「花小路」・アトリエ−キューブ
   豊田直巳写真展『フクシマの7年間』全国巡回プロジェクト

 この写真展の運営スタッフやカンパに協力してくださる方を求めています。
 ご一緒に活動してお力を貸していただけますようお願い申し上げます。
ゆうちょ口座 記号番号 00180-2-466753 加入者名 福島応援プロジェクト
問合せ先  長田090-7845-6599小張090-9108-0464
       披田090-3232-0214 江口 029-852-4336
      黒須 090-6008−9640 塩川 090-4402−8617



裏面

2014年9月26日 川俣町
放射能にふるさとは汚染されても農民は避難先に土地を借り、
耕し、種を、苗を植える。

2015年12月21日 双葉町
小学生だった大沼勇治が考案した「原子力明るい未来のエネルギー」
PR看板を撤去する行政当局。抗議する大沼氏。

2017年8月7日 浪江町
1時帰宅した家の、獣に荒らされた部屋で見つけた旅行土産。
愛国は幸福に至らなかった。

豊田直巳写真絵本「それでも『ふるさと』」
2019年第66回産経児童出版文化賞大賞決定
農山漁村文化協会(農文協)出版

豊田直巳(とよだ なおみ) フォトジャーナリスト。
1956年、静岡県生まれ。日本ビジュアルジャーナリスト協会(JVJA)会員。1983年からパレスチナなど紛争地を取材。2003年、平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞。劣化ウラン弾問題、チェルノブイリの取材経験をもとに、3.11事故の翌日から福島現地に入り、取材活動、発信を継続。
著書『福島「復興」に奪われる村』『 福島を生きる人びと 』(岩波ブックレット)『TSUNAMI3・11』 第三書館、など多数。映像作品『知られざるDU(劣化ウラン)の恐怖』『遺言 原発さえなければ』『奪われた村』など




ゆっくらキャンプ「茨城の夏を楽しもう」

2019年06月29日 | 保養
◆福島応援プロジェクト茨城。
 福島の子ども達に対し保養キャンプの実施など、私たちにできる
支援活動をやっていこうという趣旨で、2011年7月に結成しました。
これまで計10回のプログラムを企画実施し、123名が参加しました。
◆拠点「ともいきの郷」。保養キャンプの拠点を整備しました。
◆2019年の保養キャンプ
7月26日(金)から8月1日(木)までの6泊7日の日程で保養キャンプを実施いたします。
 「ともいきの郷」がある本郷地域は静かな田園地帯です。ハイキングなどの自然体験をして夏休みを楽しんでもらおうと企画しており、今まで以上に健康回復を中心にした保養にしていきたいと考えています。

2019キャンプ
受け入れ人数:子ども12名(原則保護者同伴)
場所:「ともいきの郷」〒300-4102 茨城県土浦市本郷1403-1 

申込みはメール、電話、FAXで

7月26日(金)快療法ワークショップ 
7月27日(土) ハイキング
7月28日(日)快療法ワークショップ
7月29日(月) バーベキュー
7月30日(火) 快療法ワークショップ
7月31日(水) 甲状腺検査 15:00〜
8月 1日(木)

今日本は、場所によって濃い薄いの違いはあっても、放射能を含めた様々な汚染化学物質にまみれています。
「自分が自分の命の主人公になる」という考え方を持たないと生き延びていけないのではないか? と考えています。
この保養では、快療法=温熱療法や操体法・頭蓋仙骨治療法などのワークショップを実施します。
精製した白砂糖や塩は摂らない事にしていますし、腸内環境を整えるために発酵食品や野菜を意識的に食べることに留意していきます。 31日(水) の甲状腺検査を希望される方は、あらかじめお申込み下さい。データはお渡しします。

福島応援プロジェクト茨城
代表 長田満江 〒305-0005つくば市天久保1-10-12-1-401 
TEL/FAX 029(856)2286 携帯090-7845-6599 
osada3220@nifty.com

事務局長 小張佐恵子〒305-0031つくば市吾妻3−13−1柴原ビル花小路TEL/FAX 029(811)6857 携帯 090-9108-0464 saekoobari@gmail.com 
顧問 金子かずお〒305-0042つくば市下広岡450-29  TEL 029-857-1154

子どもたちと一緒に遊んだり、食事作りに協力して下さるボランティア及びカンパを求めています。