遺体屋の仕事

日常生活では見ることも聞くこともない「遺体屋の仕事」とは・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

信心の話

2007-10-20 09:26:47 | Weblog
湯灌も納棺もご葬家にお立会いいただく前には、お体の処置をします。
鼻や口から体液など出ないようにふくみ綿
目や口が開いていたら閉じることが出来るように処置します。
病み疲れでやせ細ってしまった故人様は
“口が閉じていても歯だけが露出”
“ボッコリ落ちくぼみギラっと見開いた目”になっていることもあります。
含み綿だけでは目や口が閉じてもちょっと不自然なお顔になることもあり
(特殊メイク…オプションは)自然に出来ちゃうのですが…残念!!
多くのご葬家は「痩せちゃったから仕方がないですよね・・・」と了承して頂けますが
それまでの闘病の記憶がよみがえってきているのがわかるので
『力及ばずスミマセン』と感じます。
ですが、無事にご処置できたのに望まないご葬家もいます。
納棺に同僚と一緒に向かいご葬家に到着。
故人様目が開いていてまるで「ボー」っとこちらをみているような表情。
今、新人さんと一緒に回っていて彼女はなぜか“目に綿を入れる処置好き”なので
しっかり含み綿で閉じてもらいました。
準備が整い、ご葬家参列。
末期のお水をまず息子さんであろう喪主様にとって頂くと喪主様が
「このー目元はあのままじゃダメなんですか?」
「えっ?」喪主様意外ご葬家も全員頭におおきな“えっ?”
「さっきの目が開いていた時のほうが表情があって笑ってるみたいで良かったんだけど」
「えーーそんなの変だよー」「いやだーへんよーー」「えええっ~」と身内から一斉にかかる揶揄の声
こうゆう小さな事の積み重ねは“身内間闘争”の火種になることもあります。
ちょっと変でも誰かを悪者にしてはいけないのです。
「一般的にはご弔問の方も驚かれることもありますので
お目元もご処置でお閉じさせて頂いておりますが
“半眼半口”と申しまして仏様と同じ薄目と薄くお口元開かれているご表情は
ご成仏されている良いお顔とも昔は言われておりました。
お決め頂くのは“ご葬家の皆様で!”お願いいたします」
(以上:緊急時マニュアルより)をそっくりお話
「じゃあー開けてください!!」喪主様はドン引きのご身内を振り返らず決断
同僚が目の含み綿を取り出している最中になぜか「ダダダダっーー」と2階へ駈けて行きすぐに「ダダダダっー」と戻り
喪主様「○○尊も目が開いてますか?」
同僚A「開いてます」
喪主様「あぁじゃあ開けてください」「ああ、よかった。この方がいい」
それから髭剃りも髪をとかすのも率先して行い
綺麗に飾り付けしたはずのお顔周りの綿も“グニィィ”と揉まれクッタリしました。
喪主様以外のご葬家の皆様からは
サムーイようなイターイような空気が放たれていました。

余談ですが
TVで【有名人のお宅訪問】を見ました。
有名人とは鈴木宗雄氏の元秘書・身長2m7cm ムルアカさんです。
ムルアカさんはたしか山梨に近い田舎に住居を構えていて
天井の高さは日本サイズなので窮屈そうでした。
そして客間には小さな仏壇らしきもの
「ムルアカさん仏教徒ですか?」とレポーター
「イイエ、神さまというのは人間が勝手に作り出したものだから何でも良いんです。
 “感謝する”と言うことに意味があるのです」
ムルアカさんエライ!!








遺体処置・エンゼルケア・湯灌サービス
ヒューマンケアでは、最期まで故人の尊厳を守るために死顔を整え、ご本人にもご家族にも、人生の最期にふさわしい最高の「グッドフェイス」でお送りいたします。
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« トコロ違えば…という話 | トップ | 長生きの秘訣の話 »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2007-10-20 12:25:21
たしかに、参列した葬儀で故人の目が開いてたらビックリすると思います。
棺の中の故人=目を閉じている という固定概念が私にはありますので。
でも、考え方は人それぞれなので、送り出す遺族が悔いのない送り出し方ができればそれが一番なんですね。
私ももし今後参列した葬儀で目の開いた故人様と巡り合っても驚かないようにしたいと思います。

Unknown (夕刊)
2007-10-20 17:41:41
目が開いていたら、閉じる前に家族に確認しないんですか?
故人のお体に何かしらの変化を我々が与える行為(髭剃り、化粧、髪のセット、爪切りなどなど、、)をするまえに
確認しますよね?!
ヒゲ剃ったあとに、家族から、はやしていたのにそってしまって!戻してくださいっていわれたらどうするの!
お仕事お疲れ様です。 (のぶ)
2007-10-21 04:32:15
いろんな注文があり大変なお仕事ですね。最近、朝晩は寒くなってきましたね。体に気をつけて下さいね。
久しぶりに拝見しましたが… (ひろみ)
2007-10-25 08:41:14
遺族や個人を馬鹿にするような表現は変わらないのですね

残念です

最近の若い方達は個人主義で周りの気持ち等考えない人が多いですが

これもジェネレーションギャップというや事でしょうか

前任者の茜さんは心の綺麗な方でした

やはり人柄という事でしょうね

 (Unknown)
2007-10-25 21:10:34
確かに茜さんは心のきれいな人でしたね!茜さんの近況を知りたいです。



辞めずに続けてくれてればいいのですが。
Unknown (まる)
2015-08-01 21:45:24
力及ばずスミマセン…って後悔をしているのに下ではちゃっかり宣伝するんですねw

下手な発信ならしないほうがいいですよ

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事