森のタイニーハウスで暮らす

茨城県山間部のログハウス&避難シェルター

軽MT最強説は本当です(峠限定)

2021-10-25 | マニュアル車に乗る
////////////////////////////////////////////////////////////////////

峠や林道をただただ車の運転だけを目的に走る。
これは俗にいう「走り屋」に類型化されてしまいますが、
単なるスピードが目的ではありません。

ワインディングをドライブすることに主眼があるので、
都市部やサーキットなどの平地には興味がありません。

スポーツ走行といっても求めるのはサーキットのスピード走行
や競争での勝ち負けではありません。

高低差がある起伏に富んだ道を、どれだけスムースにギアチェンジ
しながらハンドリングできるか?

また情報を遮断したサーキットではなく、情報過多の一般道を、
種々予測の連続のなかを走るのが自分の考える「スポーツ走行」です。

ドイツの「ニュルブルクリンク」が理想かもしれません。

◎軽MT最強説は本当だった。

周囲の峠道はドリフト族が走り回った時代の反省から、センターラインに
スピード抑制の「走り屋封じ」が設置されています。

走り屋封じとは、カーブ手前の波々舗装やセンターライン上のポール、
キャッツアイなどの俗称で、カーブで車線遵守や減速をうながし安全運転を
強制する仕組みですが、気持ちよく走るにはものすごく邪魔です。

VWティグアンでは、幅員が狭くセンターラインが気になり楽しく走れませんが、
軽自動車MTのエッセは車幅が狭く、最小回転半径も4.3mでハンドルも
切れ、加えて油圧パワステで操舵フィーリングも問題ありません。

またこういった峠やワインディングはギャップが多く、以前のオペルヴィータ
GSiではサス強化やスタビライザーが邪魔をして、ギャップでは底付ドッカン
が多発。でもエッセは下回りが元々柔らかく、ギャップもソフトに受け止めます。
インチアップとダウンサスは入れていますが、その他の強化は不要かと思います。

いま注目の旧車を買っても以前のように自由に峠を走れるわけでもなく、大型SUVや
フルスペックのスポーツカーも同様でしょう。おまけに道祖神峠はバイク通行禁止に
なっているので、楽しく走っているのは軽MTつまり軽自動車のマニュアルカーだけ
と言っても過言ではありません。

ようするに自宅周りの峠は「軽MT天国」ということになります。
逆にこういった軽MTは都会の渋滞と信号だらけでは辛いだけになります。

実際のところ、夜中に峠を走っていて出会うのはHONDA S660ばかり。
もちろん後ろにつかれたら道を譲っております(^^)/

/////////////////////////////////////////////////////////


エッセのペダル…全交換です

2021-10-23 | マニュアル車に乗る
//////////////////////////////////////////////////////////////

MT車は足元がすごく気になる。
職業がドラマーなので、ペダルのちょっとした動きや距離感、
そしてひねった時の滑り具合で、運転の気持ちよさが半減する。

オリジナルのゴムカバーだとちょっと滑るし、引っ掛かりがない。
ドラムでJojo Mayer (ジョジョ・メイヤー ) ペダルというのがあって
自分も使っていますが、表面は全部ツルツルで鏡面仕上げ。

MT車のブレーキペダルの場合はその摩擦係数で足の置き位置を認識したり
するので、全体にベタで同じフィーリングはまずい気がする。

前車のオペルVITA GSiでもこのタイプに替えていましたが、アルミ
(鉄?色だけアルミ?)に丸ゴムがポツポツ浮き出ているやつが
踏んでいる場所が微妙に分かってとても良い。

ちょっと高い交換部品なんですが、ヤフオクで買って正解。

アクセルペダルはもっと難しい。
エッセのようにワイヤーでつながっている旧式のアクセルはレスポも
良く、ペダルの表面のちょっとした変化でフィーリングが激変する。

市販のH&T用で「左側飛び出し羽」が可変のモノを付けたが失敗。
大きすぎで全体にアールが無いためレスポンスがリニアでない。

写真のはワンオフ手作りのもので、ようするに単なるステンレス板。
これをトンカチでアールを付けて既存のアクセルペダルに装着。
このアールの曲げ具合がとても重要です。

大きさ、アールの具合、左側のオーバーハング部分も適切で、
H&Tも上手にできる。ようはブレーキを踏みながらカカトを捻り上げてH&T
するわけだが、市販のペダルカバーでアルミタイプ(ブレーキ、クラッチ)は、
ひねり回転時に靴底に引っかかるので、H&Tが上手くいかない。

フットレストはどうするのか?
目下思案中です。

//////////////////////////////////////////////////////////////

KFエンジンに「リングイーズプラス」を入れる

2021-10-18 | マニュアル車に乗る
エッセはダイハツのKFエンジン。
自分のは2006年の初期型で、超粗削りの魅力はあるけど
いろいろと初期不良的な問題もあるらしい。

オイル添加剤はあまり興味がありませんが、取り急ぎモノは試し。
ピストンリングの固着防止で、バーダルの「リングイーズプラス」
(RING-EEZE PLUS)を一本入れてみた。

これは……激変ですね。

風呂の行き返りはわざわざ遠回りして道祖神峠(地元ではなぜか「どうろくしん」
と呼んでる)を走ってますが、以前に書いたように3速ではうまくアタックでき
ないので、ハイギアードでギア比が合ってないからと思ってました。

ところがですね……簡単に峠をグイグイ登っちゃうんです。

圧縮がちゃんと出ている感じで、馬力もアップしてます。
道祖神峠はここ15年で100回以上は走っているので、変化はすぐに
わかります。リングイーズ恐るべしでしょう。

まあ峠を登るために(ていうか自宅に帰る林道もまるっきり峠アタック)
エッセをチューニングしていますが、これは正解かもしれません。
こんなにすぐに変化があるのは初めてです。

エッセはなんにも余計なものが付いていない「ただのラーメン、もり蕎麦」
みたいな車なので、ちょっとしたことで変化が感じ取れるようです。

まあ車自体がまだ35千キロくらい、調子が悪くなる気配はありませんが、
この添加剤は明らかに吹け上りが良くなり、トルクも上がります。

東京など平地だと分からないかもしれませんが、峠ばかり走っているので
その費用対効果は十分に感じられます。3000キロくらい走ればかなり
フラッシング効果がでるようなので、今後に期待しています。


////////////////////////////////////////////////////////


電気自動車の時代はもう目の前

2021-09-26 | マニュアル車に乗る
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

※八郷のぶどう直売所の前にいた「e-Apple」ミニミニ電気自動車。
農家のおばちゃんが乗ってきました。

初めて見ましたが、めちゃくちゃ小さくてカワイイ!
100万円くらいで買えるようです。

原付扱いなのでフロントにナンバー無し。
もうこういった電気コミューターの時代になっていることを
とても身近に感じます。

メルセデスが10年以内に電気自動車の「専門メーカー」になります!
と宣言したらしいですが、懐古趣味に浸っている場合ではなさそうです。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ダイハツエッセMTは水色のビーチサンダル

2021-09-20 | マニュアル車に乗る
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ダイハツエッセの内装。
鉄板むき出しはハイゼットで慣れています。
インダストリアルなデザインはダイハツのお得意ワザ?

VWティグアン:お出かけ用の革靴(あるいはドイツ軍の軍靴)
ハイゼットカーゴ:ワークブーツ(丈夫な配達用スニーカー)
エッセ:サンダル(水色のビーチサンダル)

車の内装っていつから「黒がかっこいい」となったのでしょうか?
VWのタイプ1がまだ人気なのは、ポップなボティーカラー&内装だから。
アメリカの70年代カウンターカルチャーやロック世代もビートルが好きでした。

いまのVWはあまりポップでないところがダメなの?
大人になっちゃったフォルクスワーゲン(民衆の車だったのに?)

でもティグアンはサイドからよく見ると「ドイツ軍用車両」のシルエット。
発売初期のモデルだけですが、まるい後姿もVWタイプ1と同じです。
ようするに「ヒトラーデザイン」を踏襲しています。

SUVって最近のフォルムのような言われ方ですが、実は「馬車」の馬を
取っ払うとこの腰高型式になるわけで、運転席の高さもそうでしょう。
メルセデスのゲレンデなんかもその流れそのもの。

エッセの話から逸れてしまいました。
とにかく水色のビーチサンダルはものすごく速く走れます。
だってビーサンは世界で一番軽い履物だから。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

失われた感覚を求めて

2021-09-13 | マニュアル車に乗る
//////////////////////////////////////////////////

訪問者数やPVに関心がないので記事のアップも適当なタイミング。内容も写真も
思いつくままにバラバラでやっていますが、昨日の訪問者は6,000人、PVは9,000近く
になってしまってものすごく驚いています。

無料ブログなので分析ができないんですが、「還暦からのMT車スポーツ走行」
や「MT回帰」などがヒットのキーワードなのでしょうか?

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

さて、今後EV化が進むと「内部で爆発しているエンジン」つまり内燃機関という
概念が終末を迎えることになり、これは大きな変革となります。

自分は音楽家なので「サウンド」というもので飯を食ってきたわけですが、
「爆発音がまったくしない車」というのは想像ができません。

クルマ関連のエントリーで「取り戻す」という自分の目標を挙げてみましたが、
個人の年齢あるいは時代的にもこの1,2年がそれができる最後のチャンスかも。

つまりあと10年ほどで「ガソリンエンジンは製造されなくなる」ということです。

なんでもいい、とにかく充実した手ごたえが欲しい、というシニアの方が
多いのではと感じますが、それは抑圧された若者も同じことでしょう。

人間(漢)はいつも原始的なワイルドさを求めています。


「匂い」「風」「振動」「音」「光」「影」「気分」「雰囲気」

そしてスピードと加速感。

これらのITやテレワーク、そしてEVに無いもの。
それが一番に「取り戻したい」ものかもしれません。

//////////////////////////////////////////////////

軽MT車最強説はどうなのか?

2021-09-11 | マニュアル車に乗る
ここ2年くらいで車がどんどん変わる。

OPEL VITA GSiがエンジントラブル(プーリー崩壊)で廃車になってから
とりあえず乗ったスズキの「スプラッシュ」これは全くNGで困りました。
とにかくハンドルが切れない。最小回転半径が5m以上で都内では乗れませんし、
運転の楽しみは全くありませんでした。

次に買ったのがダイハツの「ハイゼットカーゴ(業務用新車)」
これは走りもランニングコストも最強です。
都内だったらホンダのステップワゴンなんかいらない気がします。

オマケにFR(ミッドシップ?)でハンドルが手のひらで回せる。
車中泊にも最適ですので、非常用のツールをすべて積んであります。
お仕事用の軽バンは山でも都内でも必需品でしょう。

でもやっぱり茨城ではMTだろう~ということでダイハツエッセ(シーブルー)
にターゲットを絞って約1年。ようやく見つけました。

4WD、200HPのVWティグアン、FRのハイゼット、FFでMTのエッセ。
駆動系の違いで3種類手元にありますが、どれも走りは秀逸です。

エッセは車歴の原点にある「HONDA CIVIC RSL」を彷彿とさせるものがあり、
峠や田舎道でのドライビングはゴーカート状態で楽しさ100%です。
でもエッセMT(2006年エコ)は都会で乗る車ではないような…。

※このMT車のエントリーをアップするとアクセスがものすごく多く(千単位)
なるのですが、皆さんも「MT回帰」に興味あり、なのでしょうか?

還暦を超えると、あとどの位楽しく運転できるか?まったくく分からないのが現実。
なので今のうちに欲しい車に乗る、あるいはMTに乗っておかないと後悔するかも。

特にMT車で手ごろなレシプロエンジンNA車は急速に姿を消し始めていますし、
値段も高騰してきていますが、今ならまだ間に合うのではないでしょうか。




MT車のセッティング中

2021-09-04 | マニュアル車に乗る
OPEL VITA GSi の廃車から約1年。
ようやく次の車両を見つけてセッティングしています。
いきなり峠で負荷をかけたらエアコンのコンプがNGに~(+_+)
周辺は山と峠だらけなので、とにかく耐久性が必要。
この車両は3速のギア比が峠アタックには合っていないようです。
しばらくはテスト走行の連続です。

重信と重道

2021-05-25 | 山林の道具と打ち刃物
2本を並べてみました。

こうしてみると刃のフォルムはすごく似ています。
背の先端部分の切り欠きもそっくりです。
作家の個性というより会津打ち刃物の伝統でしょうか。
他の地域にはない微妙な造形です。

昨年の秋口に会津若松へ車中泊&ラーメンツアーに行ったのですが、
こういった打ち刃物を探す旅も良いかもしれません。
コロナ明けにもういちど会津に行ってみたいですね。


重道の切銘と刻印

2021-05-25 | 山林の道具と打ち刃物
『会津手語り』でも紹介されている歴代「重道」の刻印。

この鉈の切銘は何代目のものでしょうか?
本の中でも4世代ある「重道」(同じ刻印)が誰の作なのか?
書体がかなり似ているため判別が難しいとしています。

重道の切銘のアップ写真(鉋=かんな)ばかりを並べて比較
しているページ(P42~43)を見てみるがなかなか判定は
できない。たぶん4代目重道(日下部栄吉)の作かと思う。

この鉈をプロの研ぎ師に出したときに「すごい鉈持ってるね」
と言われて「え?どういうこと」と興味を持ったのが最初。

それから会津鍛冶や重〇をいろいろ調査していたのだが、
この「会津手語り」を見てびっくり。重〇だらけじゃん!

本当にこのムックには頭が下がります。
こういった素晴らしい本が出るということは、やはり会津の
打ち刃物と鍛冶屋にすごく魅力があるということだと思います。