園長のつぶやき

こんにちは 長坂保育園の園長です。日々成長する子ども達を見ながら、日頃の思いを綴ります。

ライオンズ杯ベスト8予想反省

2020-10-08 14:37:37 | 日記

10月7日、好天の下、第24回八戸東ライオンズクラブ杯サッカー大会が行われました。今年は新型コロナウイルスのために大きなイベントが軒並み中止になり、唯一予定通りに行われたのがこのライオンズ杯でした。どのチームもこの大会に合わせて調整してきたのが良くわかりました。大会前に行われた「公式練習試合」は大いに盛り上がり、ベスト8を予想するのも大変でした。これまでの勝手な予想は的中率最低でも75%はありましたが、今回は良く言えば「群雄割拠」、悪く言えば「どんぐりの背比べ」、戦力的には似通ったチームが多かったと思います。それにもまして予想を困難にしたのは、予選ブロックが同じチーム同士戦わないという決まりごとがあり、対戦相手によって予想が大きく違うことでした。と、ここまで屁理屈を並べましたが、予想が3つも外れてしまいました。申し訳ありませんでした。Aブロックは根岸保育園、Bブロックは杉のこ保育園、Dブロックは城下保育園、見事に予選を通過しました。本当に見事でした。

予選リーグは上記のように決まり、いよいよ決勝トーナメント及び順位戦が午後から始まりました。昨年はベスト8からPK戦の連続でしたが今年はなんと、ベスト8ではPK戦がなく、準決勝で1試合あっただけでした。このPK戦は迫力がありました。長坂と昨年準優勝のみゆき(五戸から参加)。昨年もベスト8であたりPKで長坂が負けました。試合は一進一退の好ゲーム。試合時間15分はあっという間に終わりPK戦へ。代表3人によるPK戦は選手もドキドキするでしょうが見ている応援団も心臓が痛くなる思いなのです。先行は長坂。1番手は練習で一番確実に決めているY君。安心してみていられると思ったがゴールポストに跳ね返され、ノーゴール。相手チームは確実にゴロで得点。昨年のいや~な雰囲気を思い出しましたが、お口はチャック。2番手は一番強いキックが蹴られるK君。歩調を合わせて見事ゴール。相手はゴールを外し同点。最後は我がチームのキャプテン。小柄ながら鋭いキックを持っている。思いっきり蹴ったボールはゴール上のバーに当たりノーゴール。残すは相手チームの結果次第・・・。固唾をのんで見守っていると相手も緊張したせいか、ゴールを外した。1-1のままサドンデスへ。ここは決まればそれで終わりという過酷な世界。我がチームは順番を変え、さっきゴールを決めたK君。歩幅を小さく取りながら蹴ったボールはキーパーの手をすり抜けゴールポストに突き刺さった。相手も一番強い子が出てきた。我がチームのキーパーS君の心臓の鼓動が聞こえてくるようだ。大応援団もそれまでの声援が嘘のように静まり返ったその瞬間、相手の蹴ったボールはキーパの正面へ・・・。しっかりゴールを止めた瞬間、大きな歓声が・・。大喜びの長坂の子ども達、うなずく相手の子ども達。勝負は非情だ。「一人はみんなのために、みんなは一人のために」頑張った子ども達。私も思わず目頭が熱くなりました。勝利を信じ、一生懸命応援していた子ども達も目が潤んでいました。我がチーム今回の一番の勝負所でした。

 ベスト4は南売市、城下、みゆき、長坂が残りましたが、どこが優勝しても番狂わせという言葉は見つからないくらいいいチーム同士。城下も激戦のDブロックを勝ち上がってきた分勢いがあったが、やはり南売市は強かった。これで南売市と長坂の決勝になった。南売市はデフェンディングチャンピオン。今年も強い。特にサイド攻撃が素晴らしく、我が園は練習試合2戦2敗。これで3回目の戦いで雪辱に燃えていた。絶対勝つぞ~。という声と裏腹に、開始20秒で1点入れられた。予想していたサイド攻撃の一撃を食らってしまったのだ。あそこだけは気をつけろよ・・・と言った矢先の失点だった。まだ時間はある・・・と思っていたがそのまま一進一退の攻防が続き、無情にも試合終了のホイッスルが・・。大喜びする南売市の子ども達と対象に大泣きする長坂の子ども達。結果は残念だったが、自分たちの力を存分に見せてくれた子ども達。その子供たちに惜しみない拍手と声援を送ってくれた保護者の皆様、本当にありがとうございました。あの時の子ども達の涙は、これからの成長に欠かせないものになると思います。準決勝で喜びの涙、決勝で悔しい涙、この涙は子ども達の宝物です。大事に大事に育てていきたいと思います。

 保護者の皆様には新型コロナウイルスの感染症対策で大変ご迷惑をおかけしました。それでもたくさんの皆さんが子ども達の応援に駆けつけてくれ、感謝の気持ちでいっぱいです。そしてこの大会を勇気をもって開催してくれた八戸東ライオンズクラブの皆様には心から感謝申し上げます。皆さんの思いはきっと子供たちに届いています。本当にありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

コメント

金木犀(きんもくせい)

2020-10-06 12:48:05 | 日記

北国八戸では金木犀が育たないといわれていましたが、7年前に園舎を建て替えたとき、造園屋さんにお願いして植樹してもらいました。私が東京の大学に入学して1年目の秋に初めて出会った匂いでした。いい香りは風に乗り、どこからともなく周辺に漂っていました。八戸では嗅いだことがないいい香りの花が黄金色に輝いていました。今でこそ金木犀の香りといえば「トイレの芳香剤」というイメージですが、大都会の片隅に大木となって咲き誇る金木犀の香りは素晴らしいものでした。大学に行く途中にあった金木犀は11月のうす暗くなった街をかぐわしい匂いで包んでいました。その記憶があったので園庭に植えたのですが、なかなかイメージ通りの黄金色にはならず、これまで過ごしてきました。2年目の冬、寒波が襲来したときは常緑樹の葉がすべて凍って落ちてしまい、さすがにダメかなと思いました。しかし、3本植えた金木犀はお互いに励ましあい、3年目には少しだけ咲いてくれました。その後もいつの間にか咲き終わったりしてほとんど気づくことはありませんでした。今日、ウッドデッキから子どもたちの遊ぶ様子を眺めていたら、金木犀のいい香りが漂ってきました。最近は金木犀の樹勢も良くなり、生い茂った葉の中に黄金色の花が沢山咲いていました。金木犀の花は枝から直に咲いています。木の枝にびっしり咲いている状態です。鼻を近づけるまでもなく、かぐわしい香りがあたりに飛び散っていました。八戸では秋に咲く花は限られています。特に樹木に咲く花は百日紅くらいでほとんどありません。これから秋の紅葉が始まります。保育園では金木犀の花見ならぬ「鼻美」ができそうです。金木犀の見ごろはあまり長くは続きません。せいぜい5日から1週間というところでしょうか。明日は八戸東ライオンズ杯サッカー大会が南郷陸上競技場で行われます。金木犀と同じ色の黄金に輝くメダルを目指しています。戦いが済んで落ち着いたら子ども達と金木犀の香りをかぎたいと思います。

コメント

勝手に予想ライオンズ杯2020

2020-09-29 12:57:12 | 日記

約2か月ぶりの登場です。園のホームページを更新するのにやっとこさで、こちらまでなかなか手が回りませんでした。今年は新型コロナウイルスの影響で、大きなイベントがほとんど中止になり、最後の最後に残ったのがこの「八戸東ライオンズ杯サッカー大会」でした。無条件で開催というわけではなく、感染予防の対策をしっかり行い、大会まで八戸市内での感染が拡大しないことが条件でした。残すところあと1週間・・・。神様、お願いします。

 さて、毎年好評?のライオンズ杯勝手にベスト8予想ですが、コロナウイルス感染症拡大の恐れがおるため中止・・・と言いたいところですが、せっかく盛り上がってきたライオンズ杯なのでさらに森賀げたいと思います。9月15日に組み合わせ抽選会が行われ各ブロックの対戦相手が決まりました。そのあとからの練習だったのでいつもの様子とはだいぶ違う感じがします。試合をしてもこの時期の戦力とはだいぶ差があるように感じます。やはり春の大会を経て、悔しい思いをして練習に励む分実力が付くようです。とはいっても我が園だけではないので条件は同じです。さて、今年の組み合わせは比較的平等に別れました。ただ、Dブロックは毎年優勝争いを演じる藤覚・城下・長坂が同じブロックになり人呼んで「死のブロック」と呼ばれています。我が園の担任が抽選会から帰ってくるなり「申し訳ありませんでした」と厳しかった抽選結果を報告していました。くじ運も勝負の内、乗り越えなければ次はありません。それにしても他チームのにんまりした姿が目に浮かぶようです。

Aブロック  (小中野・南売市・白鷗・根岸・むつみ)

 このブロックは最初2チームがすんなり抜けると思いましたが、練習試合を見ているうち白鷗とむつみの状態が良いことに気が付きました。白鷗はここ数年俄然力をつけてきたチームです。浜特有のガッツ魂は今年も健在のようです。むつみは全体として大人しい感じですが、とびぬけた選手はいないもののチームワークを生かしたいいチームでした。この園は仏教系なのに時々「神風」が吹き大会を面白くしてくれます。今年も何か起こりそうな気配がします。根岸は全体的に力不足の感がします。そこで南売市と小中野ですが、南売市は今年も優勝候補の最右翼です。ツートップは連携が取れていて得点力は相当なものがあります。大量得点は相手次第ですが、確実にどのチームと当たっても点を取れるチームだと思います。一方、小中野ですが、28日の練習試合ではワントップの力が他チームから抜きんでていて、「強い」という印象でしたが、今日は精細がなく、一人の力では予選を突破するのは大変なようです。それでもこのブロックは南売市と小中野を押しておきます。ただ、白鷗とむつみも2強に負けなければ予選突破の可能性は高いと思います。

Bブロック  (ひまわり・三条・虹の丘・チェリー・すぎのこ)

 このブロックは予想が大変難しい。練習試合を見ていてもどっちに転ぶかわからないチームが多く、先取点を取ったチームが有利です。ただ得点力はどのチームも高くはなく混戦模様です。あえて言うと三条と虹の丘か。ひまわりも園長の叱咤激励の声が高いが、園長の理想通りには子ども達は動いてくれないようだ。チェリーとすぎのこは比較的おとなしい感じです。ここはある意味Dブロックとは反対の意味で難しいブロックだ。

Cブロック  (みゆき・サンフラワー・小久保・こどもの城・こざくら)

 みゆきは今年もいいチームを作ってきた。昨年準優勝は実力になっているのだと思う。三戸郡から2チーム参加しているが年々実力は縮んでいるように思う。小久保とサンフラワーもいいチームだ。特に昨年悲惨だった小久保は昨年の年中の子ども達が主体のようで、サッカーを良く知っている。ドリブルをする子が数人いて見ごたえがある。サンフラワーも元気が良い。練習試合でも全員が走り回っている感じだ。こざくらは全体に大人しい感じ。キーパーが持ち蹴りすれば形成は一気に好転する可能性あり。あと1週間の練習に期待したい。こどもの城は練習不足か。ここはみゆきと小久保をあげておきたい。

Dブロック  (福聚・藤覚・城下・尻内・長坂)

 人呼んで「死のブロック」。過去の優勝経験チームが5チーム中4チーム。毎年子供たちが違うとはいえ、毎年優勝争いに顔を出しているチームがそろった。最近は群雄割拠の様相だがサッカーにかける情熱は人一倍の3チーム。特に藤覚はどんな年でも大会に標準を合わせてくる。勝ち方を知っているチームは強い。そして城下。ここ数年いつも上位に落ち着いている。今年はずば抜けた選手は見当たらないが、全員野球で攻めてくる。守勢に回るともろい面もあるが今年もいいチームだ。長坂は、ここ数年あまり良い結果を出していない。昨年はベスト8には入ったが7位。春の大会はなんと予選敗退の17位だった。今年にかける意気込みは高いが、自由気ままな子が多いせいか、まとまりがない。それでも練習試合はまあまあの結果が出た。でも予選ブロックではあたらないチームなので予断は許さない。3チームに隠れた感じの尻内と福聚だが試合はやってみなければわからない。が、練習試合の結果を見る限り予選突破は難しいと思う。そこで予選突破は・・・・。藤覚と長坂をあげたい。長坂はお調子者が多い分、ツボにはまると強い。藤覚は例年より小粒だが目標がしっかりしている。目標があるチームは強い。城下もいいチームだ。ああ、悩みは消えない。本番まであと1週間。待ち遠しいような怖いような。

 とりあえずベスト8を予想してみ間結果、次のようになりました。

A ブロック    南売市  小中野

B ブロック    三条   虹の丘

C ブロック    みゆき  小久保

D ブロック    藤覚   長坂

 自信は全くありません。2日間も練習試合を見てしまったので、余計な部分まで考えてしまいます。これまでは過去の実績も踏まえていましたが、今回は純粋に現時点での戦力を比較してみました。相手が変わると先方も変わるので、これがすべてとは言いませんが、何が起こるのかわからないのがこのサッカー大会。突然ダークホースが出現するかもしれません。予想外のチームが大活躍する場面をたくさん見てきました。今回も何が起こるかわかりません。自分のチームを信じ、勝っても負けても子ども達に良い思い出になってほしいと思います。ライオンズの皆様、子ども達に大きな夢と希望を与えてくださり、本当にありがとうございました。

コメント

責任実習

2020-08-05 12:02:25 | 日記

園長です。

 なかなかこちらまで手が回らなくなり、更新が遅くなっています。新型コロナウイルスの影響か、心までコロナウイルスに侵食されたかんじです。「新しい生活様式」も提示されましたが、対応していくのに時間がかかりそうです。まずはうがい・手洗いをしっかり行い、外へ出たときはマスク着用を心掛けたいと思います。

 さてそんな非常事態中ですが、八戸学院短期大学から実習生が来ています。明日で終了ですが、本日は「責任実習」を行いました。責任実習とは一日のすべてを実習生が責任をもって行う実習で、日案の作成はじめ、保育に必要なすべてのことを計画・実行し、反省します。職員はなるべく多くの職員が実習の様子を見て、午後からの反省会でアドバイスをします。2期目実習のハイライトになります。今日は朝から緊張しながらも「今日もよろしくお願いします」と元気なあいさつをして年長の部屋の上がっていきました。我が園では異年齢保育&チーム保育を取り入れているので、クラスごとの活動は限られていますが、責任実習だけは「年齢ごとのクラス」で行っています。年齢にあった課題を行いやすくするためです。午前9時半ころから片付け、体操をし年齢ごとのクラスに分かれ朝の会を行いました。これまでの見る・聞く・たまに読み聞かせとは全く違う責任実習。ただでもなれないのに、入れ代わり立ち代わりで常に7~8人の保育士が見守る中実習は始まりました。いつもより声も低く、緊張しているのが一目瞭然でした。きっと午後からのアドバイスは貴重なものになると思います。誰もが通る道、頑張ってください。昨年採用された職員も一丁前のアドバイスをします。きっと昨年を思い出しているかのように・・・。こうして一人前の保育士になっていくのです。

 我が園では新採用した年に、「公開保育」と称して責任自習と同じようなことを3か月以内に行います。学生と仕事の差を実感してもらうためです。この公開保育は正直、厳しいです。学生には言わないことも言います。一人前の保育士に育ってもらいたいために・・・。この公開保育後、職員は大きく伸びていきます(例外もありますが)。これを機に学生気分から職員への切り替えが行われるのだと思います。仕事への厳しさを実感する機会になります。最近は私を含め、あまり厳しいことは言わなくなりましたが、長坂の伝統と歴史、文化を受け継いでいくにはこの厳しさは必要なものと思います。

 今年はあと2人実習生が来ます。コロナ感染拡大が叫ばれる中、県外からくる実習生は大変なものを背負ってきますが、たかが実習されど実習、現場をしっかり経験して子ども達からも保護者からも、そして同僚からも慕われ、信頼される保育士になってほしいと思います。

 

コメント

蜂の不思議

2020-06-22 14:07:30 | 日記

園長です。

 新緑がまぶしい季節です。北国八戸は新型コロナの影響が少しあったにもかかわらず元気です。夜の街は最近やっと元気を取り戻せそうだとすこしだけ動き出したようです。私は2月ころから全く夜の街へ出ることが無くなりました。禁断症状が出ることもなく、新しい生活様式に突入したようです。でもそろそろ生ビールが恋しくなりました。

 さて、保育園の園庭では、緑が濃くなりました。桜やハナミズキの花はとっくに散ってしまいましたが、ヤマボウシの花が見ごろになっています。保育園には「そよご」という植物を植えています。今、その花が可憐に咲いています。白い小さな花ですが、どういうわけか虫が寄ってきます。ミツバチが来ているうちはまだいいのですが、全長4センチくらいの黒と黄色の縞模様がある「すずめばち」の来訪には閉口します。蝉と見間違うような大きさの蜂が2,3匹連れ立って大型遊具のわきに植えてある「そよご」の花に集まってきます。子ども達の「園長先生、すずめばち」の声に「スズメバチジェット」をわきに抱え、さっそうと子ども達の前でポーズをとる私です。ソヨゴの蜜に酔いしれているスズメバチの背後に回り、シューっと一激をかませ、のたうち回る蜂に「やったー」と勝利宣言。4センチくらいもある大型のスズメバチを6匹は撃退しました。大型のあしながバチもいて、ついでに3匹くらい退治しました。子ども達のリクエストの多い「ミツバチ」は子ども達にミツバチの重要性を教えて、見逃すことを了承してもらいました。この蜂たちは朝、子ども達が園庭に出ると出現し、部屋の中に入るとどこかへ消えてしまいます。お昼寝中に退治しようと待ち構えていましたが一匹も現れませんでした。そして4時過ぎに遅番で子ども達が園庭に出ていくとまたしても「園長先生、スズメバチ」という声が・・・。昔、テレビの番組でスズメバチのことを放送していましたが、子ども達の声や熱に感応しているという話を聞いた子があるような、ないような・・。とにかく我が園の園庭に子ども達がいる間にしかスズメバチが来ないことが分かりました。巣が近くにないようなのでどこかから出張しているようです。子ども達の要請にかっこよく登場する園長ですが、実は蜂が大嫌い。小学校のころミツバチに意地悪をして刺されたのがトラウマで今でもミツバチは得意ではありません。そのため「ミツバチはいい蜂なのでそっとしておきましょう」となるわけです。それにしてもスズメバチジェットの噴射はものすごい威力です。あの凶暴な蜂が一発でダウンしてしまいます。今のところ私しか携行を許していないのですが十分注意したいと思います。花の時期は短いのでもうすぐ来なくなると思います。

コメント