2018 スミレ

2018-06-15 10:49:54 | 花・植物

ここ数年、エコさんに案内してもらうスミレ巡りのツアーに参加していた

昨年も参加はしたが、途中で体調不良でリタイア

今年は仕事を辞めたので行く気満々だったが、私の都合で無理ってことに・・・

で、ご近所と奥多摩に出かけたときの写真しかとっていない

ということで変わり映えのない写真をズラ~ッと

まずは家の裏で一番早く咲き始めるコスミレ

これがその春一番のスミレになるが、やせ地なので極小

例年虫食いがあるのだが、今年はきれいに咲いた

 

裏山裾のコスミレ

 

田畑の畔に多いノジスミレ

 

 

 

 

セリバオウレンを見に行った時のアオイスミレ

 

 

鳩ノ巣のキャンプ場で見たアオイスミレとコスミレ

家の周りのコスミレより色が濃い目

 

 

今年一番の大発見!!

家の近所にもアカネスミレが咲いていた

 

 

 

なぜか今年はいい株に巡り合えなかったヒメスミレ

 

いつもの場所にニオイタチツボスミレ

少しずつ株数が増えているようだけど、ブーケにはならない・・・

こちらはいつも行くカタクリの里で

 

カタクリの里にはナガバノスミレサイシンも

 

 

ニョイスミレだけど、紫色が強く出たムラサキコマノツメで良いのかな?

 

普通のニョイスミレ

 

スミレという名のスミレ(毎回書いてるw)

ちょっと色が変わっている?

 

草むらの中の群落

 

 

ポピュラーだけど奥の深いタチツボスミレ

微妙に花弁の形や色が違うので撮り飽きない

 

 

 

 

これもタチツボスミレ

紫条が残っているのでオトメスミレとは呼べないオトメチックスミレ(仮称)

じつは、昨年見つけたのだが、直後に整地されて全滅・・・かと思いきや、整地された場所の片隅に生き残りの株があった

 

地元でも勢力を広めつつあるアメリカスミレサイシン

 

春のシーズンは終わったけれど、返り咲きがあるからまだまだ観察の甲斐がありそう

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018 スミレのアルバム

2018-06-11 10:56:26 | Weblog

2018 スミレのアルバム

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

源氏蛍

2018-06-06 13:13:41 | 

そろそろかな?と行ってみれば真っ盛り・・・

カウントはしなかったが、見た目で昨年よりも多い!!

様子見なのでTG-3しか持っていかなかった

草むらに降りた一頭で証拠写真

ゲンジボタルだね

 

次の日にイチデジに三脚をつけて30秒露光で群舞に挑戦

 

 

 

30秒露光すると夜の雰囲気じゃないのでRAW現像でそれっぽく補正

ピンボケも多数あったが、ニコン純正レンズって置きピンがやりづらい事この上ない

でも、ここ数年では一番の出来だったかな?

画素数が増えてトリミングで仕上げても粗が目立たないのも功を奏しているのは確か

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウマノオバチ(馬の尾蜂)

2018-05-10 19:44:09 | 

いつもの通りカメラを持ってのお散歩

羽虫が糸くずのようなものを持って飛んでいた

???

先日新聞に載っていたウマノオバチ!?

とっさにカメラを構えて何枚か撮った内の一枚にピントが合っていた

 

これじゃ分からんw

トリミングして

 

クッキリとは写っていないが、羽の模様・長い産卵管の特徴から間違いないだろう

それから数日後、またしても飛んでいるところを見かけた

今度はカメラを構える間もなく飛んで行ったので、証拠写真すらないただの目撃談

 

今日は午前中雨降りで、午後から晴れ間も出たところでカメラをもってお散歩

目当てはトウゴクシソバタツナミソウなので、90mmマクロをつけた

お目当ての撮影場所への行き帰りにもそれらしいものが飛んでいないかキョロキョロしていたが、全く気配はなし

家へ帰ってから野菜の様子を見に行くとナスの苗に蜂がとまっている

長~い産卵管?

ウマノオバチ!?

灯台下暗しとはこのこと

3月並みに冷え込んだ気候にナス苗の風除けが助けになったのだろう

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハナネコ女子会?

2018-03-12 17:04:37 | 花・植物

今までは土日の休みだけではなかなか思うように出かけられなかった

一番の花の季節が年度末や年度初めになるとさらに難しい

しかし、退職前の有給休暇の消化ということになって、空模様を見ながら予定が組める

かねてから行ってみたかったセリバオウレンの咲く公園に行けたのもそんなことからである

今回は奥多摩某所のハナネコノメとコチャルメルソウが目的

ハナネコノメは群馬でも見ているが、コチャルメルは見たことないので是非お目にかかりたいと考えていた

sizukuさんが主宰する「ハナネコ女子会」に潜り込めばスケジュールもお任せ、しかもガイド付きでらくちんw

我ながらグッドアイデア!!

てなわけでFacebookで網を張っていたら・・・

今年はいつも参加の女性陣の皆さんが都合がつかないとか

それでもお一方をご案内ということで便乗させていただいた

 

古里の駅十時着でググってみたが、電車では七時前に家を出るよう

車だと八時半でも間に合うので軽トラで出動

鳩ノ巣駅の近くに無料駐車場があるのでそこに停めて古里駅まで戻るという形に

鳩ノ巣駅 上りホーム

 

古里の駅にはsizukuさんが待っていた

ほどなく「ずうた」さんの乗った下り電車も到着

近くで祭り囃子が聞こえるというのでそちらへ寄ってみることに

天神講のお祭りだったようで地区の老若男女がお集まりで甘酒の振る舞いで歓待された

地区の行事などもいろいろ説明していただき、社まで登ってみないかと勧められたが、後の行程もあるので早々にご辞退

一路ハナネコノメの待つ谷へと歩を進める一行であった

途中、咲いたら見事だろうなというような枝垂れ桜なども撮りつつのいつものペースはあい変わらず

 

道端のタチツボスミレ

 

山火事?

いいえ、スギ花粉です

同行のお二人は花粉症なので見たくもないとかw

 

 

 

神社の門が舞台になっている珍しい建物

改修で八千諭吉かかったそうな

(うち八割ほどは補助金が使えたそうだけど、それでも地元負担は半端じゃない)

 

 

この後、近々kanさんが移動カフェを開くというカヌー工房に立ち寄って道草終了w

 

トンビが獲物を狙っている

 

見事にキャッチ?

 

ウォーキングトレイルのコース途中の谷で撮影開始

沢沿いの岩などに張り付いたネコノメソウやコチャルメルにシャッターを切るのだが、途中で曇ってしまい光量不足で手振れが多発

相変わらず歩留まり悪しw

 

 

途中からsizukuさんとは昔なじみの「こいちゃん」が合流

 

 

 

 

 

  

 

も一つのお目当てコチャルメルソウは何株か咲き始めたというところ

まだツボミ・・・

 

どうにか一花咲いているのを見つけた

 

ちょっと眠たげなw

 

何とかきれいに咲いているのを見っけ!!

 

 

 

不思議な形・・・

 

谷から鳩ノ巣側の尾根に登り、先ほどの沢の上流にあるガーデンキャンプ場で昼食をとることに

久々の急坂の上り下りに足が持つかと思ったが、先を行くお方は傘寿に手が届くとか

若いもん(介護保険証をいただいた身だがw)が負けちゃあいられねえと何とかついていったのは内緒の話

キャンプ場の管理人氏は変わり者だという前振りがあったが、sizukuさんやこいちゃんとは旧知の仲とのことで歓待していただいた

 

こいちゃんがアジサイを植樹しているそうだが、見ごろになるまではまだ時間がかかりそう

 

ここでもひとしきり撮影タイム

昔なつかしいsizukuさんのブログで見た光景

 

 

フワフワの柔らかそうな苔

 

ここでもやっぱりスミレ

 

 

 

ここからまた急坂を登って鳩ノ巣側を眼下にした見晴らし台からの眺望

この見晴らし台は、今は閉鎖されたバットレスキャンプ場の管理人のご厚志で作られたものだそうな

 

 

ここから鳩ノ巣駅側へ下山

鳩ノ巣駅手前の雲仙橋から眼下に多摩川

 

同じ位置から鳩ノ巣渓谷にかかる吊り橋を

この吊り橋は時々、刑事ドラマの事件現場として登場するとか

寺島進さんあたりかな?

電車の時間待ちもかねて駅入り口の山鳩というカフェでお茶して解散

古里から鳩ノ巣まで谷あり山ありのトレイルコースをおよそ6時間の行程

まだ膝も足も痛くなって来ないのでちょっと自信がついたw 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加