~irowanami~湘南 寧音の「いろのは、おとのは」

パステルで描く曼荼羅や絵、いろ、おと、なみ。
ねこ、ヨーガ、暮らしのなかの癒やしのことetc.

”change”,”imagine”, mandala work lesson 体験レッスン~

2016-05-19 22:38:52 | 曼荼羅ワーク

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

今日は 【曼荼羅ワーク®体験レッスン】を開催しました。

     

  
    皆さまからの差し入れ♡ 脳を使うと結構消費します、笑
   

 


集まって、いざ、始めると

そこは繋がらないだろう? と、浅いところの意識下で

思いこんでいたことがつながってくることがあります。

   

「 開運 」、「 change 」、

 

「 imagine 」、

 

そして やっぱり

 

「 imagine 」 … 笑。

 

夢がかなったところを想像したとき

そこには

何が聴こえるだろう

何がみえるだろう

何を感じるだろう…。

 

運は  開ける

 

change

変わる、ということへの勇気、覚悟、

手放すことで、受け取るもの、

 

私たちは皆「 つながり 」 のなかで

何かを学んでは 何かをのこしていく

一人にであろうと 多勢にであろうと

速かろうと  時間がかかろうと

 

その学び・変化・ 運を開いて「前へ進むチカラ」は

確かに

わたしたちを次のステップ、前へ前へと導いてくれるのだ。

    

 【 体験レッスン 】での氣づき、今日も深かったです。

ご参加いただき、ありがとうございました

 

5月・6月の曼荼羅ワーク® 各講座開催予定日は こちらをご覧ください。 ⇒  ☆☆☆

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

寧音

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3日間の、表現トレーニング講座。

2016-05-17 20:09:54 | 曼荼羅ワーク

6時間 x 計3日=18時間の

「曼荼羅ワーク®表現トレーニング講座」の、リテイク(=再受講)が終了しました。

すでに修了しているため、今回課題は ないのですが、

初めて学んだときとは、明らかに異なる感覚。

 

新たな氣づき。学び。

 

一期一会の お仲間と一緒に描いて、シェアして、

氣づきを深め合う、お互いの中にある共通の意識や、鏡となる想い。

  

    それぞれ、みんなの曼荼羅アート。
    ※デザインの著作権は、はにやかよ氏にあります。

 

この三日間、楽しかった。
さまざまな学びも深かったなぁ。
自分の人生で起きていることと、すべてがツナガッテくるから不思議…。
いや不思議ではない、それがナチュラルなのだと思う

そして
表現力がいっそうついた…ト、宣言シテオコウ(笑)

 

さらにもっと。いろいろ、描いてみよう

 

出愛に、ありがとうございました
氣づきに、ありがとうございました

 

~irowanami~  寧音開催
  「曼荼羅ワーク®体験レッスン」

  「曼荼羅ワーク®シェアリング会」

  「曼荼羅ワーク®基礎マスター講座」

も、絶賛ゆるゆる募集中です、(*´▽`*)
各講座の説明はこちらをクリックし、ご覧ください    ☆☆☆



まったく描いたことがない人でも描ける、曼荼羅アート。
初めての方も、曼荼羅を描いてみませんか。
所要時間は2時間~です。

そのときどきの出逢いも楽しみなのが、「曼荼羅ワーク®」です。
自分を知らない誰かと一緒になったり、マンツーマンでおこなうことで
知らなかった(氣づかなった)自分の新たな扉が開けてくるかも…。

まずは一歩、踏み出して、体験レッスンにお越しください
また、体験レッスンは何度でも受講可能です。私も、何度も体験で描き、
何度もシェアリング会(シェアリングは今でも)に参加しています。

その時々の自分の人生のタイミング、
その日集まった方々と一緒に描くことでの、
バイブレーションの共鳴による氣づき、
など、何度受けても、楽しい&生きかたそのものに向けてのヒント発見 があります。

 

どうぞお気軽にエントリーくださいませ

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

それぞれの、今日。

2016-05-08 23:16:59 | 日記

こんばんは。
世間では「母の日」の今日(にちようび)

その前日である、5月7日(土)。

一枚の曼荼羅を描いてみました。

        
タイトルは自己を信頼する

先日、曼荼羅ワーク®表現トレーニング(リテイク)二日目が終わりました。

自宅で一人曼荼羅を描こうと思い、目を閉じ、少し静かになった時
トレーニング中に練習した模倣作品のタイトルのひとつ「育む」(はぐくむ)、ということばがふとひらめいたのでした。


そして


描きあがったアートの作品タイトルが ”believe myself”  「自己を信頼する」

 

この曼荼羅を観た、ある方から

『 お母様のエネルギーを感じます。 』

と、今朝、感想をいただきました。

 

母?

… そうか。

「はぐくむ」

「母」

「自己信頼」

さらに「根っこ」などのキーワードが続けて浮かびます。

 

生き別れたあとに数年前、40年ぶりに再会を遂げた母。

その人生にはすでに私の「ない」足跡がしっかりと刻まれていて

余生を私との空白を埋めるための時間に費やすことは

母の状況からは難しい、と当時の私は感じました。
そして
再会を遂げた日が最初で最後と、しました。

 

以来、誕生日や、母の日を過ごすとき、

思い出すには思い出すのですが、

直接想いを伝える手段をもたず、「想い」は思いのまま、自分の独り言として

心の中で「おめでとう」「産んでくれて…ありがとう」

そう唱えています。

 

今朝の36回の太陽礼拝を実践しているとき、

ふと、その思いと、言葉、さらに(今、ここに存在しているだけで感謝。

この地球にワタシを産み送り出してくれてありがとう)

という想いが湧き上がってきたのでした。

 

曼荼羅にあふれた「母」のエネルギー。

 

今日は母の日、でしたね。
それぞれの母の日。

いま、この世にいるひと、
いま、この世にいないひと、
いま、いるかどうか定かでないひと、

人の数だけ、きっとドラマがあり、
いろんな母の日がある。

 

されど私は感じます。
いま、ここ。

在る、ことがすべて。

 

活かされてることに感謝

今、在ること、に感謝して。

おかあさん、産んでくれて、ありがとう。
おかげさまで、わたしは元氣に生きています。

 

ははのひ、の、ひとりごと。でした。

      

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加