温故知新 by メゾンゴルフ

ゴルフクラブの歴史と伝統 そして現代技術の融合により
摩訶不思議なゴルフクラブが出来上がりました(^^)v

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

これがゴルフ工房のお仕事 その4

2013-03-26 00:46:33 | グリップ交換

さて シャフト側の下地ができたところで次はテーパー度の調整といきましょう

 

左右の太さ関係の調整です

右手側を太目にすれば かなり寸胴型に仕上がります

逆に左手側を施せば テーパー度はキツクなる

 

グリップはぜひともコレを使いたいんだけど

どうも形状はしっくりこない

そんな場合にはこの片側下巻きは効果があります

 

一般によく用いられているこのグリップ

ツアーベルベットラバー

このグリップは発売されてもう何年になるの?

っていうぐらい息の長い商品で 現在もバリバリで活躍しているグリップですが

このグリップはどちらかというと テーパー度のきついグリップ です

 

ですので 要望としては右手側を少し太く というのが多いです

逆に言うと 調整のしやすいグリップとも言えますが

 

このグリップに限っては

サイズが0.58 0.60 0.62(インチ)と揃っておりますので

ご希望の太さにあわせてチョイスが可能です

シャフトのバット(手元)径は0.60が一般的です

ですので このバット径に0.58を挿せば そのままでも太目に仕上がります

 

このようにサイズが無いものは 全体の下巻量で調整することで太さを調整することになります

 

これで下巻作業は完了です

あとは両面テープを巻いてグリップ挿入ということになるんですが

最後にもうひとつだけ味付けを

 

ウチでは2種類の両面テープを用途に合わせて使い分けています

その違いは やはり太さに関係したもので

テープの厚みがそれぞれ異なるんです

厚手のものと薄手のもの

この厚みを最後の糊代 味付けとして使い分けています

 

さて グリップ交換について どうだったでしょうか?

ゴルフクラブの唯一手にする部分ですのでね

どうぞ大事に考えてみてくださいませ

 

では

 

コメント   この記事についてブログを書く
« これがゴルフ工房のお仕事 ... | トップ | クラブスペック その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

グリップ交換」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事