新生フォ~☆シーズン~☆

山を愛し、草・花・生き物を愛し、人を愛し、楽しい年になりますように♪

神社仏閣詣りも書いています。

☆南仏<カルカッソンヌ>駅周辺街歩き

2017-07-03 | ♥ 海外旅行

 オープンフロント

Hôtel du Soleil Le Terminus (オテル・ドゥ・ソレイユテルミナス) 

 

 

 

 ウエルカムキャンディ☆

 

現地のモーニングショー?

 

 

 それでは、駅に向かって歩いてみます

HOTELから右に進むとミディ運河→駅、前の公園は修復工事でフェンスしていました

 

カルカソンヌ駅へ180m 

➡ Hôtel du Soleil Le Terminusは駅近でお勧めです(゚∀゚)

 

 

 マレンゴ橋(Pont Marengo)

ミディ運河が流れています

高低差をカバーするための閘門(こうもん)を見ることができます

 

 

 

 

 

SNCF カルカッソンヌ駅

 

 

 駅構内

 

駅舎:右側の売店 上の壁画☆

 

 

 

 

 オレンジの線がカルカッソ駅~城壁

 

 

 

駅舎前

 

 

 駅前横断歩道を渡って

 

 

運河川敷に下りました

 

 

 河川に咲いていた花たち

 たくさん見かけたセイヨウマツムシソウ

 

 Plantago maritimaプランタゴ・マリティマ(オオバコ科)

 

 Heracleum sphondyliumヘラクレウム・スフォンディリウム(セリ科 ハナウド属)

 

スカビオサ・ルキダ(セイヨウマツムシソウ) Scabiosa lucida

スイカズラ科マツムシソウ属

 

ゼニアオイ(銭葵:Malva mauritiana L.)アオイ科ゼニアオイ属? 

コモンマロウ(ウスベニアオイ:Malva sylvestris)アオイ科ゼニアオイ属?

原産地はヨーロッパ南部

日本には帰化種として定着しているが現地では草丈

 

 

日陰がなく射し込む暑さ、、

で、河川から上がり道路を渡り、運河岸を歩いてみます

 

 

ボートハウスが数隻滞在

 

 

 「ミディ運河(Canal du Midi)」

ミディ運河は、17世紀にルイ14世が建設を始めた運河です。

トゥールーズからトー湖(ナルボンヌとモンペリエの中間にある地中海に面した湖)までを繋いでいて、総延長240kmにも及びます。

19世紀に鉄道が発達するまでは、主要な輸送ルートでした。

 

 

 

 

 

 

 クルージングチケット売り場

 

★ ★ ★

 

レストランで夕食

トッピング多種の野菜サラダ

 

生タラのクリームチーズ味ポテト添え

 

クリームブリュレ

 

紅茶

 

 

夕食後、 HOTELを左に進み、マーケットへ買い物に出た、が閉まっていた!

 

 

↑ の道を真っすぐ歩くと ↓ の広場に出ます

 

 

 広場の周りのレストランオープンカフェはいつまでも賑やか

観光客か地元の人か分からないが、食事をしながら話が弾んでいます

大抵Pm8:00頃からの食事です

 

 

Pm8:30頃HOTELに戻りました、明るいでしょ(*^-^*) ☆

 

 

 

部屋に戻り、シャワーを浴び再び、、、 

Pm10:30 ホテルから歩いて15分 城壁のライトアップを見学に行く

 

 

オード川にかかる新しい橋(Pont Neuf)から、城壁古い橋(Pont Vieux)を撮影

 

 

 こんな感じで南仏の夏に徐々に慣れ、

夜更かしが当たり前になって帰国後、苦労しています

 

 明日はカルカソンヌ城壁の見学です

 

 

『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ☆南仏西部<ヴィルフランシュ... | トップ | ☆南仏:世界遺産<カルカッソ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

♥ 海外旅行」カテゴリの最新記事