新生フォ~☆シーズン~☆

山を愛し、草・花・生き物を愛し、人を愛し、楽しい年になりますように♪

神社仏閣詣りも書いています。

☆再び白馬岳へ * 栂池登山口から白馬大池まで

2018-08-30 | ♠ 北アルプス周辺(...
 雲表の白馬岳・杓子岳(鑓ヶ岳より) photograph by 菊池哲男 ※白馬大池山荘に貼っていたポスター      2018年8月26日~28日 昨夏(7月中旬)豪雨のため白馬大池で撤退した白馬岳に再び挑みます ホントは、花盛りの初夏の時期が良かったのですが、、、 ここのところ順調に体力・足慣らしも出来上がった勢いで決行しました 私は岳 . . . 本文を読む
コメント

☆箱根仙石原 * 「座りや」

2018-08-24 | ♥ 食もの
   5月初旬、早春の息吹を感じる箱根 記憶に留めておきたい、また行きたいお店があります  箱根・仙石原の交差点近く、十割そば・炭火焼「座りや」 店内は木造造りで個室のような仕切りがあり、、堀炬燵だったかしら?           ↓  当店の店主は、新潟県栃尾の出 . . . 本文を読む
コメント

☆箱根ガラスの森美術館 * 華麗なるバロヴィエール一族展

2018-08-22 | ♥アート
 風にそよぐグラス 1895年 アルティスティ・バロヴィエール工房 ジュゼッペ・バロヴィエール 出典 箱根ガラスの森美術館企画展イベント        約3か月前の「華麗なるバロヴィエール一族展」の画像を確認しながら  保留にしていた記事を投稿致します さる風薫る5月、小雨が降り出した朝車を走らせ「箱根ガラスの森美術館」へ . . . 本文を読む
コメント (2)

☆8月の草花見ぶらりと * 景信山から高尾山口まで

2018-08-20 | ♠ 秩父・奥多摩・高尾・南関...
小仏バス停(振り返って)   8月18日(土)高尾駅北口のバス停では、陣馬山行き、小仏行きと充分間に合う時間に着く 一応目的はあったが、久し振りの歩きやすい好天気に小仏終点まで乗った (上記どちらも臨時便が出ていました)    久し振りの高尾ゆる山歩き、自分流に時間を費やし楽しめる手頃の(十分過ぎる)お山です さて、タイトルの通り、景信山から高尾に向けて . . . 本文を読む
コメント

☆スコピエにて*マザーテレサ記念館から、マケドニア広場へそして、、、

2018-08-17 | ♥バルカン半島
  マザーテレサメモリアル・ハウス(マザーテレサ記念館)       マケドニア広場から南へ歩いて数分、記念館の前にマザーテレサの像があります  スコピエは、ノーベル平和賞を受賞した修道女マザーテレサが生まれた地 2009年、マザーテレサが洗礼を受けたカトリック教会の跡地に建てられました 3階建ての建物には、マザーテレサの子 . . . 本文を読む
コメント

☆国境の湖オフリド、スラヴ世界ではキリスト教文化の中心地だった

2018-08-14 | ♥バルカン半島
ホテルに着く早々、オフリド湖に太陽が沈みかける   アルバニアとの国境付近にあるオフリドの南約7km、湖の東岸エリアに位置するホテルに着きました 外のデッキで撮影し振り向くと湖面側のテラスが赤く染まる瞬間、窓ガラスにも写し出されていた     夕食             TVは人気のツーリングレース   . . . 本文を読む
コメント

☆バルカン半島は? * エルバサンに立ち寄り国境越えマケドニアへ

2018-08-07 | ♥バルカン半島
ガソリンスタンドに馬車    (この頁は文字制限に余裕がありますのでバルカン半島について追記します) 「アルバニア」は、28年前、1990年頃まで鎖国をしていました、また、信じがたいですが 1997年,ネズミ講が大流行し騒乱が発生、国民の3分の1以上が全財産を失い暴動が起き、国家崩壊した事実があります ソース元:外務省アルバニア基礎データ  そして次の訪問 . . . 本文を読む
コメント

☆アルバニア * 世界遺産ベラート「千の窓の町」と「歴史地区」

2018-08-05 | ♥バルカン半島
    バルカン半島旅行から2ヶ月半近く、記憶がだんだん薄れつつある未投稿記事を進めます まず、アルバニアはどこにあるか分かりますか? 私は行き先を決めたもののアルバニア、マケドニア、モンテネグロは「どこどこ」と探しました(*´Д`) ギリシャと国境を接し、アドリア海を挟んだイタリアの対岸と言えば「うんうん」と分かりますよね 28年前くらいまで鎖 . . . 本文を読む
コメント

☆ヒメマツバボタンとアカカタバミ

2018-08-03 | ♥ 草花*植物
  いつごろか陽当たりよい場所に可愛い花が咲いている その場所は我が家の塀壁下で、マツバボタンに似た花だと気が付いていた 見ている時はいつも花は閉じていたし、冬は枯れた状態だったので撮影までに至っていなかった   今日ゴミ出し中、花は開花し株も昨年より大株で見応えがあったので撮影      ヒメマツバボタン スベリヒユ科&nbs . . . 本文を読む
コメント