新生フォ~☆シーズン~☆

山を愛し、草・花・生き物を愛し、人を愛し、楽しい年になりますように♪

神社仏閣詣りも書いています。

☆箱根仙石原 * 「座りや」

2018-08-24 | ♥ 食もの
   5月初旬、早春の息吹を感じる箱根 記憶に留めておきたい、また行きたいお店があります  箱根・仙石原の交差点近く、十割そば・炭火焼「座りや」 店内は木造造りで個室のような仕切りがあり、、堀炬燵だったかしら?           ↓  当店の店主は、新潟県栃尾の出 . . . 本文を読む
コメント

☆六本木で1杯のコーヒー

2018-03-27 | ♥ 食もの
   先の森美術館「  レアンドロ・エルリッヒ展」の帰りに椿屋珈琲店六本木茶寮に寄った 本当は六本木ヒルズ内の世界最大のファストフードチェーンに寄ったのだが、 「これから撮影の予約が入って・・・」と特別ご招待券を頂き・・・残念!   提案で椿屋珈琲店に入る 椿屋珈琲店のコンセプトは 「珈琲マイスターが淹れる本格派のサイフォン珈琲を高級感あるアン . . . 本文を読む
コメント

☆六本木:香妃園の「鶏煮込みそば 」

2018-03-24 | ♥ 食もの
  六本木の香妃園(コウヒエン) 1963年(昭和38年)創業の北京料理の老舗中華料理店 中華料理は最近遠のいていたので、久し振りにランチを頂きました     さて、注文したのは日替わりランチ(夜メニューの約半値)と鶏煮込みそば 付け合わせは日替わり(3品付)   たくさんの日替わりメニューからチョイスしたのは 「酢豚」 & . . . 本文を読む
コメント

☆和菓子 高崎/ 微笑庵 「ちごもち」

2018-03-21 | ♥ 食もの
  先日、仕事で高崎に行ってきたKから和菓子を頂いた それは、微笑庵 「ちごもち」 美術館の帰りで、形はへしゃぎ(*´▽`*)、ウフフだけど、でもとてもうれしい~ 「買う為に仕事の前に並んだ」と言っていたが、、、 ラップを開けるとイチゴの甘酸っぱい匂いがプ~ンと漂い 薄い羽二重餅、白餡の程よい甘さ、そして大粒高糖度の極上品の「やよいひめ」がお口の中で~~ . . . 本文を読む
コメント

☆シンプルな富士吉田市の「吉田のうどん」

2018-02-13 | ♥ 食もの
  山梨県の伝統的な「ほうとう」は知っていたが、「吉田のうどん」は初めてです 富士北麓は、冷涼な気候と溶岩に由来する土壌ゆえに稲作が困難だったため 伝統的に小麦を中心とした粉食料理が日常食とされていました 「吉田」の語源となっている富士吉田市は海抜が650mから900mであり 年間平均気温が11度と冷涼であり火山性の土壌のため稲作に適さなかったため 代わって栽培されていた大麦、小麦を粉 . . . 本文を読む
コメント

☆鎌倉の食パン専門店と力餅屋

2018-02-02 | ♥ 食もの
  鎌倉極楽寺から切り通しを下り、長谷寺に向かう途中、星の井の向かいに パン酵母が焼きあがった香ばしい香りがただよい、食パン屋さんに気が付いた 昭和の家屋風で、確認するにはパンの焼き香りとノレンに印刷された細い字の店名「食パン専門」だけ 今時にしては地味な店構えで、パンの焼き香りがしなけれな素通りするところだった パン好きにはたまらない、そのお店は 「Recette(ルセット)」が運営 . . . 本文を読む
コメント

☆御殿場 とらや工房

2018-01-13 | ♥ 食もの
  伊東の出版健保に一泊し、宇佐美から亀石峠を経由し御殿場に来ました 目的場所は御殿場の「とらや工房」 御殿場は通過点でなかなか近くて遠い場所でした   いつでも行けると思っていて行けなかった富士吉田市周辺までを楽しみます お天気も今のところ良く、富士山のすそ野まで眺望できていますヽ(^o^)丿   ナビを頼りに駐車場に停め、、、      駐車場の対面、横断歩道を渡って . . . 本文を読む
コメント (2)

☆箱根 湯もち本舗 ちもと

2018-01-09 | ♥ 食もの
  箱根路の国道1号線、早川の鉄橋手前のカーブの位置に御菓子司ちもとのお店があります    ちもとは、箱根にのれんを出して60余年 先代より受け継いだ製法をそのままに、変わることのない和菓子づくりをしています 食品添加物など人工的な素材は極力使わず、素材の力だけで完成する和菓子を作っています 和菓子は土と海から採れたものだけでつくられる、いわば野菜のケーキとも言えます 小豆・砂糖・米 . . . 本文を読む
コメント

☆冨貴寄 開運干支缶

2018-01-08 | ♥ 食もの
  冨貴寄 銀座菊廼舎(きくのや) 冨貴寄や季節の生菓子など心安らぐ江戸和菓子 創業明治23年以来、代々を銀座の地で和菓子作りに取り組んでまいりました 「登録商標 冨貴寄」は古来より茶事には欠かせないお菓子として親しまれている「吹きよせ」   郷土菓子の素朴さを損なうことなくかたどり、上品に小型化しました 赤い缶には、新しく砂糖をかけた落花生と黒豆をお入れしたお菓子もおつくりしています . . . 本文を読む
コメント

☆ご一腹に 和菓子をどうぞ!(亀屋良長)

2018-01-07 | ♥ 食もの
   亀屋良長(かめやよしなが)    江戸時代、享和3年(1803年〉に創業 四条堀川、醒ヶ井(さめがい)の地に店をかまえています 京都の名水のひとつ、「醒ヶ井」の水があり、その水を利用した、お菓子づくりがされています 東本願寺、嵐山法輪寺様等の神社、仏閣、茶道、華道の御用達の老舗です     迎春 上生菓子(おめでたい縁起物)    かぶ上用 「頭(かしら)を目指すよう . . . 本文を読む
コメント

☆ご一腹に 和菓子をどうぞ!(森八)

2018-01-06 | ♥ 食もの
迎春の和菓子 森八の生菓子『不老門』 古くより伝わる祝菓子の数々の中でも この不老門は最も典雅にして格式の高いものとされ 古より宮中にて慶事の引出物として用いられたと伝えられております 鶴、亀、松、竹、梅をあらわす五色の餡を一色ずつ重ねて巻き蒸しあげたもので そのめでたきこと限りなく特に御婚礼、御長寿のお祝いの引出物として・・・ 加賀藩御用菓子司 森八栞より   新宿高島屋で大晦日 . . . 本文を読む
コメント

☆丹波栗の渋皮煮・黒大豆枝豆を頂きました

2017-10-28 | ♥ 食もの
   丹波篠山の友人ニコちゃんより、手作りの丹波栗の渋皮煮を送って頂きました お料理上手のニコちゃんは、何を作ってもプロの味 最近私はすっかり手作り物がなくなって、、、 子育て中は、何でも洋・和と楽しんで作っていた(*´▽`*)   渋皮煮作りの工程は和食作りと似て、とても手間と時間がかかります topフォトから、透明感ある出来上がりは、数回 . . . 本文を読む
コメント

☆【会津若松】桐屋・権現亭

2017-10-23 | ♥ 食もの
  伊佐須美神社ご参拝後、14:00頃だったでしょうか お昼ご飯は調べていた蕎麦屋と決めていた 車は駐車場に停め、落ち着いた店内に「ごめんください」   行った先は飯豊権現蕎麦桐屋・権現亭 つなぎ不使用、江戸伝来の正当な一枚「十割蕎麦」は噛むほど旨い とりわけ濃厚な風味や香りを堪能できる蕎麦がある つなぎを使わず蕎麦粉だけで打った十割蕎麦だ(パンフより) &n . . . 本文を読む
コメント (2)

☆鎌倉中央食品市場内のパラダイス アレイ ブレッド カンパニーと季節の和菓子 美鈴

2017-06-15 | ♥ 食もの
  通りかかった道から、鎌倉中央食品市場が見えた☆ この市場はよくTVで紹介されています   中に入ってみます 珍しいお野菜を栽培している農家さんが多いと聞きました 湘南は有名レストランが多く、イタリアン・フレンチ店etcから需要があるのですね     さて奥に隠れ目立たない場所に、人知れた名店があります それは  . . . 本文を読む
コメント (2)

☆ご一腹 和菓子をどうぞ!(甘楽花子)

2017-01-08 | ♥ 食もの
  京菓子「甘楽花子」(かんら はなご)は和菓子職人の店主が営む 店主がお一人で営まれている小さなお店 ふんわりと口の中でとけていくような、餡のおいしさが際だっています。   こちらも前頁の京菓子と同じお取り寄せ。 詳しく書かれたサイト「京の和菓子」  微に入り細を穿つ投稿でリンクさせて頂きました(;´∀`)   包装紙は鳥獣戯画を使用 鳥獣戯画とは、猿・兎・蛙などの動物が擬人 . . . 本文を読む
コメント