新生フォ~☆シーズン~☆


☆山歩き、高山植物、草花、生き物、神社仏閣etc

そして時々、旅や芸術鑑賞や・・日々の暮らし

☆スコピエにて*マザーテレサ記念館から、マケドニア広場へそして、、、

2018-08-17 | ♥バルカン半島
  マザーテレサメモリアル・ハウス(マザーテレサ記念館)       マケドニア広場から南へ歩いて数分、記念館の前にマザーテレサの像があります  スコピエは、ノーベル平和賞を受賞した修道女マザーテレサが生まれた地 2009年、マザーテレサが洗礼を受けたカトリック教会の跡地に建てられました 3階建ての建物には、マザーテレサの子 . . . 本文を読む
コメント

☆国境の湖オフリド、スラヴ世界ではキリスト教文化の中心地だった

2018-08-14 | ♥バルカン半島
ホテルに着く早々、オフリド湖に太陽が沈みかける   アルバニアとの国境付近にあるオフリドの南約7km、湖の東岸エリアに位置するホテルに着きました 外のデッキで撮影し振り向くと湖面側のテラスが赤く染まる瞬間、窓ガラスにも写し出されていた     夕食             TVは人気のツーリングレース   . . . 本文を読む
コメント

☆バルカン半島は? * エルバサンに立ち寄り国境越えマケドニアへ

2018-08-07 | ♥バルカン半島
ガソリンスタンドに馬車    (この頁は文字制限に余裕がありますのでバルカン半島について追記します) 「アルバニア」は、28年前、1990年頃まで鎖国をしていました、また、信じがたいですが 1997年,ネズミ講が大流行し騒乱が発生、国民の3分の1以上が全財産を失い暴動が起き、国家崩壊した事実があります ソース元:外務省アルバニア基礎データ  そして次の訪問 . . . 本文を読む
コメント

☆アルバニア * 世界遺産ベラート「千の窓の町」と「歴史地区」

2018-08-05 | ♥バルカン半島
    バルカン半島旅行から2ヶ月半近く、記憶がだんだん薄れつつある未投稿記事を進めます まず、アルバニアはどこにあるか分かりますか? 私は行き先を決めたもののアルバニア、マケドニア、モンテネグロは「どこどこ」と探しました(*´Д`) ギリシャと国境を接し、アドリア海を挟んだイタリアの対岸と言えば「うんうん」と分かりますよね 28年前くらいまで鎖 . . . 本文を読む
コメント

☆スカンデルベグ広場とティラナ・インターナショナルホテルと花壇の *花

2018-07-10 | ♥バルカン半島
部屋のカーテン開けると スカンデルベグ広場が一望、素晴らしい朝です   BBCの Sally Bundockさん       まもなく挙式(5月19日)のヘンリー・オブ・ウェールズ王子(ハリー王子)の婚約者メーガン・マークルさんの話題        部屋に飾っていた昔 . . . 本文を読む
コメント

☆雨のアルバニアの首都 * ティラナへ

2018-07-07 | ♥バルカン半島
  まだ開発途上にあるアルバニアですが、、、 社会主義時代に鎖国政策をとってきたアルバニアはヨーロッパで最も謎に満ちている ベールに包まれた謎の秘境に魅せられてきましたが、、(◎_◎) 出会った人は、出しゃばらず、かと言って友好的でもあり、治安は悪いとは感じません これから生まれ変わりつつある首都ティラナを、見て歩いて楽しみます       . . . 本文を読む
コメント

☆クルヤ城址 * 麓のオールドバザールにはマザーテレサ似の、、、

2018-07-04 | ♥バルカン半島
  山の麓にある標高約800m、人口約6万人のクルヤの町を一望しながら 石畳が続くオールドバザールを見学し、ぶらぶらお土産探しです   時は5月、アルバニアの草花たち     ヒナゲシ(アマポーラ)ケシ科ケシ属     コシカギク(オロシャギク)?  キク科シカギク属   . . . 本文を読む
コメント

☆アルバニア * クルヤ歴史地区/スカンデルベグ博物館

2018-07-02 | ♥バルカン半島
子供たちの社会科授業でしょうか、一緒に小高い丘を登って、、   2018-06-07  ⇒  ☆ベールに包まれた美しい国*アルバニアへ:途中の草花   ★ ヨーロッパ最後の秘境と謳われ、社会主義時代の90年代まで鎖国政策をとってきたアルバニアに入国して しばらく投稿を中断しましたが再開します     &n . . . 本文を読む
コメント

☆ベールに包まれた美しい国*アルバニアへ:途中の草花

2018-06-07 | ♥バルカン半島
 国境(モンテネグロ/アルバニア)近くのシュコーダル湖    ヨーロッパ最後の秘境と謳われ、社会主義時代の90年代まで鎖国政策をとってきた アルバニアは長い間ベールに包まれてきた その姿は、まさに秘境と呼ぶにふさわしい独特の文化が残るアルバニアにまもなく入国します   アルバニア地図 ⇒ https://yahoo.jp/bVLFd . . . 本文を読む
コメント

☆モンテネグロ:ポドゴリツァのホテルと周辺

2018-06-04 | ♥バルカン半島
  ポドゴリツァ中心部のロータリー   都市の名称となっているポドゴリツァはモンテネグロ語で「ゴリツァのふもと」を意味する ユーゴスラビア連邦時代(1946年から1992年まで)の旧称はティトーグラード(Titograd)と称していた   ゴリツァは「小さな丘」を意味し、イトスギ(糸杉)が覆う市街を見下ろす丘を指す 北西に3km離れた場所には中世 . . . 本文を読む
コメント

☆モンテネグロ:ポドゴリツァ*ハリストス復活大聖堂

2018-06-02 | ♥バルカン半島
   モンテネグロのポドゴリツァにあるハリストス復活大聖堂 (セルビア語: Саборни Храм Христовог Васкрсења (Saborni Hram Hristovog Vaskrsenja))は セルビア正教会のモンテネグロおよび沿岸府主教区の主教座大聖堂 1993年に建築されたポドゴリツァで一番大きな聖堂です  ※「ハリストス」とは「 . . . 本文を読む
コメント

☆2500年の歴史を持つ:アドリア海沿岸のブドヴァ旧市街地

2018-05-29 | ♥バルカン半島
ブドヴァの城塞(Budva Citadel)    コトルからブドヴァまで約20km、城塞に囲まれたブドヴァ旧市街地に来ました                                                                                                                             . . . 本文を読む
コメント

☆世界遺産コトル:聖トリプン大聖堂

2018-05-28 | ♥バルカン半島
  聖トリプン大聖堂はコトルを代表するローマ・カトリックの教会に属します 809年に前身の教会が建てられ、その古い教会の土台上に、1166年に新しい教会が造られたようです 塔は1667年の地震後に加えられたそうですが、それ以外の外観は当初の姿を残しているそうです    入口横でロザリオなど販売しています       . . . 本文を読む
コメント

☆世界遺産「コトル」 石畳の路地と歴史的建造物

2018-05-26 | ♥バルカン半島
 古い地中海域のコトル港の周囲にある印象的な城壁はヴェネツィア共和国によって築城されたもので ヴェネツィアの強い影響が市内の建物には残されています    アドリア海を挟んで、イタリアの対岸に位置するモンテネグロは旧ユーゴの国の一つ  コトル湾の最奥に位置しており世界遺産に登録されているコトルの町は、古くから城塞港湾都市として栄えてきました &nbs . . . 本文を読む
コメント

☆バルカン半島の西側にある小さな独立国。モンテネグロ: スヴェティ・ステファン

2018-05-24 | ♥バルカン半島
  東京(成田)からイスタンブール(時差6時間)、乗り継いでポドゴリツァ(時差1時間) 小雨が降った後らしい天気に到着後、ユネスコ世界遺産コトル(Kotor)に向かう   モンテネグロ 旧ユーゴスラヴィア連邦の一部     モンテネグロの国旗     バルカン半島の南スラヴ系国家。セルビアとの関係が強い。 16世紀 . . . 本文を読む
コメント