新生フォ~☆シーズン~☆


☆国内・外の旅は、いつも草花とワンニャンに囲まれて
芸術・植物・生き物が好き
☆外猫たんこ/みんこさんはサクラ猫

☆台東区谷中 * 朝倉彫塑館

2019-05-12 | ♥アート
  朝倉彫塑館は、彫刻家 朝倉文夫のアトリエと住居だった建物です。 朝倉は東京美術学校を卒業した1907(明治40)年、24歳の時に谷中にアトリエと住居を構えました。   当初は小さなものでしたが、その後、敷地を拡張したり増改築を繰り返したりして建築を楽しみます。   その様はまさに普請道楽といえるでしょう。   現在の建物は1935(昭和1 . . . 本文を読む
コメント

☆国立西洋美術館60周年を記念して * ル・コルビュジエ展

2019-05-08 | ♥アート
    上野公園に来ても最近は寄らなくなった国立西洋美術館 実は20世紀建築の巨匠ル・コルビュジエ(1887-1965年)が設計した建物です 開館当時は大変話題になったと思う国立西洋美術館は  2016年に日本国内では20番目、都内では初となるユネスコ世界文化遺産に登録されました   国立西洋美術館はGWということもあって、国内・外の人達でチケ . . . 本文を読む
コメント

☆若葉爽やか上野公園から谷中へ

2019-05-03 | ♥アート
国立西洋美術館   国立西洋美術館60周年記念 ル・コルビュジエ(後日投稿予定)への帰り、谷中に足を延ばした 爽やかな上野公園は久しぶり、今日は憲法記念日ですね、風に乗って日の丸がはためく                   藝大の「猫展」に立ち寄って &nb . . . 本文を読む
コメント

☆ドキュメンタリー映画 * 人生フルーツ

2019-02-05 | ♥アート
   津端修一さん90歳、英子さん87歳 風と雑木林と建築家の物語         『人生フルーツ』劇場予告編         愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅。 津端家の裏にある高森山は40年前は禿山だった。 再生のため修一さんは「高森山どん . . . 本文を読む
コメント

☆愛のすべて。ジョルジュ・ルオー * 聖書の風景

2018-12-01 | ♥アート
   日本人のルオー愛好家はたくさんいます 学生の頃、20号の油絵だったと思いますが、何重にも重ねたマチエール(画肌)に、吸い込まれるような奥深さ 額縁まで世界を広げた作品に圧倒され、目が離せなかったような感動を覚えたことがあります 今回、 敬虔なキリスト教徒であり、制作した全ての作品に信仰を込めた ルオーの絵画の真髄を取り上げたルオー展、パナソニック汐留ミ . . . 本文を読む
コメント

☆大地の芸術祭 * 越後妻有里山現代美術館「キナーレ」

2018-09-28 | ♥アート
キナーレの中央池に出現する巨大作品 「Palimpsest:空の池」  レアンドロ・エルリッヒ    3年に1度の芸術祭は、新潟県十日町市と津南町からなる越後妻有地域で 「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」 7月29日〜9月17日の期間開催されていました 終了5日前の参加で記事投稿が遅れています、、、(終了しています)   &n . . . 本文を読む
コメント

☆大地の芸術祭 *信濃川の西、越後の山々が見渡せる 川西エリア

2018-09-21 | ♥アート
北越急行 ほくほく線松代駅から十日町駅に移動します   「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」の会場は広範囲です 昨日の「ぴょんぴょんコース」は350km走ったと聞きました 今日は帰りやすい順に希望の場所を設定、十日町駅「大地の芸術祭インフォメーション」で行き方を聞く 「光の館」は坂道がある丘なのでタクシーを利用、帰りは無駄のないバス時間をお聞きし出発! & . . . 本文を読む
コメント

☆大地の芸術祭 *草木の匂い風がよぎる 松代「農舞台」エリア

2018-09-17 | ♥アート
農舞台内の展望台から見ると、詩と風景、彫刻作品が融合した形で現れる           2日目   前夜は松之山温泉「明星」に宿泊、松代駅から離れており、送迎をお願いしました ↓ ロビーに貼っていたポスター、「あっちぇ過ぎー!」だったが、、癖になる名湯 朝食は、おいしいお米に地場の総菜 . . . 本文を読む
コメント

☆大地の芸術祭 * 越後妻有アートトリエンナーレ2018

2018-09-15 | ♥アート
 ほくほく線:松代駅前、草間彌生作品「花咲ける妻有」   「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」とは 「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」は、 過疎高齢化の進む日本有数の豪雪地・越後妻有(新潟県十日町市、津南町)を舞台に、 2000年から3年に1度開催されている世界最大級の国際芸術祭です。 農業を通して大地とかかわってきた「里山」の暮らしが今も豊か . . . 本文を読む
コメント

☆箱根ガラスの森美術館 * 華麗なるバロヴィエール一族展

2018-08-22 | ♥アート
 風にそよぐグラス 1895年 アルティスティ・バロヴィエール工房 ジュゼッペ・バロヴィエール 出典 箱根ガラスの森美術館企画展イベント        約3か月前の「華麗なるバロヴィエール一族展」の画像を確認しながら  保留にしていた記事を投稿致します さる風薫る5月、小雨が降り出した朝車を走らせ「箱根ガラスの森美術館」へ . . . 本文を読む
コメント (2)

☆超高層ビルが立ち並ぶ新宿副都心の美術館「ターナー展」

2018-06-29 | ♥アート
   梅雨明けしたかのような猛暑・熱帯夜続きです 九州北部では大雨に厳重警戒とニュースで知りました(どうぞ何も被害がありませんように)    昨晩のW杯、選手交代と大胆采配そして時間稼ぎのパス回し、、、 最後ではギャラリーもブーイングから苦笑い、私はお互いWin・Win、と思ったの(・。・) (ポーランドは1勝できたし、日本は決勝トーナメント進出 . . . 本文を読む
コメント

☆挿絵原画など見応えある「夢二繚乱」展

2018-06-28 | ♥アート
  チケットを頂いていながら、なかなか行けなくって、、、ようやく  東京ステーションギャラリー「夢二繚乱」展に行って来ました 会期は7月1日まで、なかなかの込みようでしたが、見応えある4章構成になっています   第1章では、夢二の若き日々を検証します 第2章では、出版や印刷・版画などを中心にした夢二の仕事 第3章では、その中でも音楽や楽譜にまつわる仕事を . . . 本文を読む
コメント

☆レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル (森美術館)

2018-03-23 | ♥アート
topフォト展示作品   六本木ヒルズは久し振りです 丁度、少年ジャンプ展が当日始まったようで大変な人込みでした   今日はこちら↓の レアンドロ・エルリッヒ展に       レアンドロ・エルリッヒは、国際的に活躍するアルゼンチン出身の現代アーティストで 日本では金沢21世紀美術館に恒久設置された《スイミング・プー . . . 本文を読む
コメント

☆箱根 彫刻の森美術館 青空に映える野外彫刻

2017-12-18 | ♥アート
「人とペガサス 」 カール・ミレス作      箱根には何度も来ているのだけれど、 彫刻の森美術館に来たのは初めてです 広い敷地に数々の彫刻が展示・設置されて、歩きながら存分にそのスケールを味わい マフラーを首に巻き、コートを着込んで快晴の午前、目に飛び込む作品を順を追って撮影・鑑賞 青空の下、想像以上の充実した日になりました     美術館のご案内 四季折々の雄大な自然が楽しめ . . . 本文を読む
コメント

☆箱根 彫刻の森美術館 鈴木康広+始まりの庭

2017-12-16 | ♥アート
   彫刻の森美術館では、現代の新しい創作表現を紹介するシリーズ第7回として 「鈴木康広 始まりの庭」を開催しています   鈴木康広は、何気ない自然現象を見つめ直し、新たな感覚で翻訳した作品を制作しています 作品の題材は日常の中にあっても、鈴木の視点がそこに加わると当たり前に存在していたものに新たな発見が生じます その驚きが痛快で、思わず微笑んでしまうことでしょう 鈴木の“見立て”を . . . 本文を読む
コメント