Lilac-Garden

四季の花・写真にのせて

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

京都に行ってきました。

2015年04月09日 | 日本の旅








京都に行ってきました。

清水寺に...って実は行かなかったんですよ(笑)

今回は女子会♪

お目当てはカメラでも、お寺でもなく...

ってちょっと不謹慎でしたかね。。









ランチのお店を探したり

土産物屋をのぞいては キャピキャピ楽しみました♪

カメラマンは今日は人物写真専門です...











彼女たちは友人の子とそのお友だち

後ろ姿なのでちょっと拝借ね...

人物写真も楽しいなあ♪













京都駅から平安神宮まで

往復たっぷり歩いて

バスで日帰り









歩き疲れて お抹茶をいただいたお店と








お土産に買った

ぷるぷる蒟蒻石鹸と安い皿















次はどこを歩きましょうかね。

歩くのが楽しみな京都です。




コメント

[東京駅]

2014年10月27日 | 日本の旅





やっぱり最後は東京駅です。

KITTEの屋上庭園から見た東京駅ってキレイですねー。

昔は古くさいだけで

なーんにもなかったのになーなんて、

ふと思い出したりする

浦島太郎な私。






さてさて、東京の夜をもう少し楽しんだら、

とおーいとこに帰ります!


コメント

未来へかかる橋

2014年06月06日 | 日本の旅




ドッカーンとこれなーんだ?



淡路島と明石市を結ぶ

明石海峡大橋です。

淡路島の最北端から直球ド真ん中!


まだ見ぬ、明日へかかる橋のようだなあと

思ったりして・・・



明石の街は遠い彼方でした。








キラキラと輝く向こう岸とは対照的に

こちら側から見る明石海峡大橋は

ただただ暗く、静かな海に

美しいラインをつなげていました。





よし!ゴソゴソと三脚を取り出して

夜景に挑戦です。

思いっきりシャッタースピードを下げました。

もうISOくんには騙されませんよ。。







シャッタースピードが20秒くらいありましたからね。

途中で船が横切ったのです。

そしたら船のライトがずーっと線になりました。

なんだかよくわかりませんけどね。


夜景もおもしろいなあと思いました。



コメント (2)

奇跡の星の植物館

2014年06月03日 | 日本の旅





淡路島の北端にある

淡路夢舞台「奇跡の星の植物館」に

行ってきました。





流行りのボタニカル・ガーデン

憧れのお庭です。







こんなふうに庭を飾れたらなあ・・

基調は青と白。

カシワバアジサイが
ユニークな穂先を思い思いに泳がせているのが
印象的でした。





しかし温室というのは
光の量がいつも一定で
どうやっても同じような写真にしかなりません。

そんな中でどうやって写真を作るのか
試行錯誤してました。





ふふ、本当はそんなことはどうでもいいんですけどね。。

ついついlilacさんの頭の中は
ファインダーの中身で
いっぱいになってしまうのです。






最後にもう一枚。全景を。
いつも元気の良い花々を選んで
美しいレイアウト

枯れ花の一つも落ちてなくて
美しい植物館でした。


ではまた(*^^)v





コメント

乳頭温泉にて

2013年11月28日 | 日本の旅


今日は朝からかなり冷え込んだ香川県です。冷たい風が強くて、庭の手入れもできません。ちょっと写真整理でもしましょうか。10.26撮影の乳頭温泉です。ひと月以上遅れてしまいましたね(^^ゞ。乳頭温泉も、今ではすっかり白い静けさに埋もれているのでしょうね。



乳頭温泉の入り口付近にある碑「鶴の湯慕情」にはこんな唄が。「田沢なる湖水のほとり 天かける乳頭のふもと 火の山駒の尾根近く 人知れず咲く湯花一輪・・・」雑然とした中にも郷愁を誘う雰囲気がありました。



乳頭温泉、全景はこんな感じです。背景の山は美しい色に染まり・・・茅葺屋根の建物を浮き上がらせています。ススキもまた一役かってくれますね。



木々たちは、冬が来る前に、まるで燃え尽きるかのように美しい色に葉を染めて、その1年を終えていきます。今は静かに雪の中に眠り、また芽吹くその日まで、じっと力を蓄えているのでしょうか。この切ないひと時に感謝したい気持ちでした。



皆さんもご存知でしょうか。乳頭温泉「ランプの宿」シーズンにはなかなか予約が取れないようですが、一度は泊まってみたい宿ですよね。そうしたら・・湯の音をバックに、静かに眺めていたいものだなあと思い描くのでした。


読んでくださってどうもありがとう。 (10.26撮影)




コメント

「白馬八方池」その2

2013年11月18日 | 日本の旅


そして、やっとお目にかかれたのはこの景色。
「白馬八方池」
パンフを見ては憧れていた場所です。
残念ながら、到達した頃には雲が沸き上がってしまいましたが
ここまで来れたのが最高に嬉しかったです。




10月29日撮影です。
この景色も
今は静かに雪に埋もれているのでしょうか。


やがて来るスキーシーズン
リフトにカラフルなウエアの花が咲く
その日まで・・









さあ、帰りの石段の話はさておいて・・
私は高所恐怖症??
初リフト、下を見下ろすと吸い込まれそうなのです。
だから・・
最初は空ばかりを見て凌ぎました。
でもね・・
あれ?カメラを覗いたら怖くありません。不思議~♪

帰ってみると、リフトからの写真が驚くほどいっぱいで
我ながら・・・あっはは(^o^)



更新が遅くなりがちですみません。
いつも見てくださってどうもありがとう。



コメント (2)

雄大な景色はほんわかしてました。「白馬八方池」その1

2013年11月18日 | 日本の旅



こーんなロープウエイや



こーんなリフトを2つ乗り継いで
斜面を少々登っていくと・・・



まず出会えたのは
こーんなにでーっかい風景でした。
紅葉で下の方が赤く染まっています(゜▽゜*)♪



赤い実はナナカマドの実だそうですよ。
雲がうっすらと湧いてきたりして・・・
私にしては少々きつい登りでしたが
雄大な景色に包まれてほんわか。
疲れも吹っ飛びました(*'v')/



それから、こーんな木道をどんどん登って・・



おおおー♪ってね。なんかいい感じでしょ?
行き合う人はみんな声をかけます。
「こんにちはー」「もう少しですよー」「頑張ってくださいねー」
本格的なトレッキングコースは初めてでしたので
優しさが身にしみました。



白馬槍岳です。



そして、ちょっとパノラマ撮影♪



さらに、石段はどんどん険しくなってきて
ああもう限界・・・と思う頃

その2に続く・・・


コメント

天空の山々を仰ぎ見て

2013年11月10日 | 日本の旅




後ろにそびえるのは白馬連峰です。

この場所の、絵のような美しさに見とれて何カットも撮りましたが
夕闇迫る中、バックの山々と手前の木々を立体的に写すのは
なかなかうまくいきませんでした。





翌日、その天空の山々に、もう少し近づきました。
雄大な景色を間近に見れて
言葉もありません。

八方池までの道のりは・・・
また後日にでも





昔から変わらぬ味・・



おぎのや/峠の釜めし

(群馬県 横川サービスエリア)



コメント (2)

鶴ケ城へ

2013年11月05日 | 日本の旅


今回の旅は「東北へ行くぞー」って感じで気合いもたっぷり。
青森の突端まで行こうと計画を練っていましたが
まさかのダブル台風と前線に囲まれて
雨、雨、また雨。

そうなると、あまり山奥には入りたくないもので
うちにしては珍しく都市部へ観光に。

雨の鶴ケ城、風情がありました。







こちらは、鶴ケ城主ゆかりの茶室「麟閣」
門をくぐると、途端に開ける
美しい佇まいに目を奪われました。



今ごろは、もっと紅葉しているのでしょうか。
きっと美しいのでしょうねえ。





偶然にもご縁のあった会津の街でしたが
柔らかな印象で、とても良かったです。









ちなみに・・11月5日 今日はこんな日でした。





コメント

岩手~秋田・もみじ道路にて

2013年11月04日 | 日本の旅


今回の旅は全てマイカーだったので
長い休暇を取って
自由気ままな旅をしてました。





車窓の紅葉をおもいっきり堪能し・・
まあ美しい♪・・と思うと
「ああっ、ちょっと止めてー」と叫ぶのです。
誰が?・・・わたくしが(゜σ ゜)





なので、どこで撮ったものやらというものも多く・・
今日はそんな画像を集めてみました。





わんこそば初挑戦しました。
なんと・・48杯!



いつも見に来てくださってありがとうございます。


コメント