arudenteな米

食と映画感想とその他もろもろ個人の趣味と主張のだらだら日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ティム・バートンのコープス・ブライド

2005年10月19日 | 映画
自分はこっちのティム・バートンのほうが好きです。

ティム・バートンのコープス・ブライド(TIM BURTON'S CORPSE BRIDE)
http://wwws.warnerbros.co.jp/corpsebride/

《ストーリー》

とある小さな村。ビクトリアとの結婚を間近に控えた青年ビクターは誓いの言葉が上手く言えず結婚式の練習中に逃げ出してしまった。
逃げこんだ森の中で一人練習するビクター。
地面から生えた棒に結婚指輪をはめ、誓いの言葉を…
ところがそれは人の指の骨で、突然地面から花嫁衣装を着た女性の死体が現われるのだった。
彼女はこの世に未練を残し亡くなった花嫁で、ビクターの言葉を真に受けて、死者の世界から舞い戻ってきてしまったのだった。
そして恐れおののくビクターを強引に死者の世界へと連れ去ってしまうのだったが…。


「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」以来と言ってもいいバートン・パペットワールド。
方向は「ヴィンセント」や「フランケンウィニー」、バートン節絶好調という感じです。
自分は「ジャイアント・ピーチ」が中途半端に人が出ていたり色使いがらしくなくてがっかりしたのですが今回の「コープス・ブライド」は怪奇趣味とか悪ノリの具合が見ていて「 あぁ… ティム・バートンだなぁ」としみじみ感じられました。
ジョニー・ディップ、ティム・バートン、ダニー・エルフマンという組み合わせは自分の中では完璧過ぎて文句が出ません
ダークファンタジー路線のほうがかっちりとした原作付をつくるティム・バートンより生き生きしている気すらします。
時間も70分ちょっとというテンポの良さ。
正直、同じ入場料を払うのが躊躇われる時間なのですがだらだらつまんない映画2時間半みせられるよりははるかに充実すると思います。

以下ネタバレ混じりの感想







この映画の基本ストーリーは非常にわかりやすいので創作童話としては「愛」がなんとなくわかる年齢なら問題無いと思います。

引く愛と受け入れる愛のバランスが軽く切ないので「どーん」とはきませんがじんわりとラストに繋がり良い感じでした。
一応、悪い人はそれ相応に酷い目にあいますし。

死の世界が明るく生の世界が薄暗い夜で構成されている色合いもらしく素晴らしい。

色々なオマージュがありましたが骸骨のミュージカルのピアノ弾きがサングラスっていうのは既にアイコンではあるがレイ・チャールズの事考えると微妙な悪趣味具合です。
どきどきしました。

歌もスキャットはいっていましたが帽子を見てスキャットマン・ジョンもお亡くなりになってかなりたつなぁとか。

上にも書きましたがティム・バートンはかっちりとした原作ありの映画を作ると微妙だと思ってました。
趣味が出すぎて物によっては原作のパロディに見える事があるというか。
原作が民話とか元ネタ程度だと色が大きくなる。
「シザー・ハンズ」「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」「ビックフィッシュ」はしっとりしているし「ビートルジュース」「マーズアタック!」「スリーピーホロウ」のように悪ノリに傾くものもある。
個人的には「スリーピーホロウ」は市川崑監督の横溝映画のパロディだと思ってますし。
山奥の隔離された伝統ある村で隠蔽された歴史にまつわる連続殺人、思いもよらぬ凶器、美女が犯人、その家系による呪われた動機…
イガポットを金田一だと思ってみるとわかりやすい。

どちらもバートンらしいのですが「チャーリーとチョコレート工場」は映画は水準以上なのにバートンっぽさが過剰ではなかった気がします。
「PLANET OF THE APES 猿の惑星」「ジャイアントピーチ」は遠慮しすぎだと思ってます。
「エド・ウッド」は監督本人がエド・ウッド作品よりその生き方が好きなのと「伝記の美化」という事のパロディだと自分は思って楽しみました。

話は大きくそれましたが「コープス・ブライド」はかなり怪奇趣味に溢れる描写が多いですが人形ということと独特のデザインセンスでそれすら愛らしく見える作品です

個人的に気に入ったキャラクターは子供の骸骨二人ですね
花嫁の入場に花をまく姿が可愛すぎます。

しかし… 宣伝コピー酷いですね
「冥土 IN LOVE」に「ホネまで愛して」って本質の説明が何も無さすぎて泣きそうです。

コメント (13)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
« 映画予告編パロディ | トップ | モンブランのようなモノ »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
オマージュ (kossy)
2005-10-23 08:54:42
そっか、レイ・チャールズへのオマージュがあったのですかぁ~気づかなかったです。

ちょっとのめり込みすぎて、オマージュについて考えていなかったところへ『風とともに去りぬ』でハッと気づきました。やはり面白いです・・・ティム・バートン。
オマージュというか (arudenteな米)
2005-10-23 13:03:30
・ kossy 様



あの骸骨の動きや歌を聞いてなぜか最初「ブルースブラザース」を似ていないのに思い出してしまいました。



他にもあの世界観でクリストファー・リーが牧師って凄いギャグですよね。



ラストの蝶が舞うところもハマープロ系の映画のヒトコマのようでした…
パペットに見えない (0120 Blog)
2005-10-28 18:07:37
こんばんは。

コマ撮りみたいに撮影してるなんて、そんな風には見えませんでした。

メイキングシーンが見てみたいです。



スクラップスが死んだふりが出来なかったのが笑えました。
人形 (arudenteな米)
2005-10-28 22:55:40
・0120 Blog 様

人形アニメーションは非常に手間がかかるもので日本でもサンリオ以外だとあまり手を出していないですよね。

最近はCGも進化して非常によく融合していると思います。



スクラップスは「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」のゼロとは違う魅力でよかったと思います。

宣伝コピー (chishi)
2005-10-31 01:14:07
毎度のコトながら

ひどいなぁと私も思いましたよ。

いい作品を仕入れた!売るぞ!っていう意気込みが

無いんだろうなぁなんて、思っちゃいました。



余計なお世話ですが^^;
宣伝 (arudenteな米)
2005-10-31 21:37:04
・chishi 様



宣伝がっかり派がいて良かったです

「いい作品を仕入れた!売るぞ!っていう意気込み」は多分いまの映画界にはないでしょうね。

奇抜だったり観ていないので内容に触れないように作ってるだけでしょう。

これだけ宣伝が頭使わない分野も近年珍しいと思ってます。



文句は言った方がいいですよ。

でないと映画がヒットしたのは純粋に作品の質なのに宣伝も評価あがる仕組みになっちゃいますから。

もっといい加減な宣伝コピーでちゃいます。
冥土 in LOVEって、 (bakabros)
2005-11-03 00:29:33
どこかで聞いたようなと思って考えていたら、「真夜中の弥次さん喜多さん」を連想してしまいました。

うーん、子供向けにしたかったのかな?

私は「シザー・ハンズ」「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」「ビックフィッシュ」、そして「コープス・ブライド」が好きです。またバートンワールドのストップモーションアニメが観たいです!
子供に冥土はチョット… (arudenteな米)
2005-11-03 02:19:16
・ bakabros 様

冥土 in LOVE

確かに「真夜中の弥次さん喜多さん」っぽいかも(笑)

あれのコピーは「お伊勢参りいこうぜベイビー」でしたね。

あっちのほうがドロドロした部分多いのに。



自分はビックフィッシュはバートン臭が薄くてピンとこなかったです。良い映画なんですが好みと若干…

見ました (ningyo)
2005-11-03 10:45:38
私には、ティム・バートンは「悪夢」が基本の監督ですので

この映画は本領発揮で嬉しかったです。

これも優しくて悲しくて切ない悪夢でした。
バートンの (はっち)
2005-11-03 19:05:31
初めは、バートンの怪奇趣味にちょっとついていけなくて、違和感バリバリで映画観てました。だんだんスクリーンに引き込まれて行きましたが~♪

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

36 トラックバック

これで決まり☆ (珈琲時好)
ただいま仕事さぼり中{/face_tehe/}♪ 昨日本棚を整理していて、久し振りにこの本を手にとってしまいました。 『オイスターボーイの憂鬱な死』ティム・バートン かれこれ5年くらい前に買って、家にあるのに今だに心に引っかかる本です。 イラストにストーリーが添えて
コープス・ブライド (日々珍々ブラ々)
ハロウィンに合わせ(?)今週末公開のコープス・ブライド。 現在映画興収ラ
ティム・バートンのコープスブライド (ネタバレ映画館)
 ウンパ・ルンパも参加!?  死者の世界からは、人間の世界を「ランド・オブ・ザ・リビング」と呼ぶ。ティム・バートンもジョージ・A・ロメロが好きなんだろうな~と想像できる設定ですね(ジョニー・デップもロメロ好き)。そして、スクラップスという犬を登場させるとこ
ティム・バートンのコープス・ブライド (It\'s a Wonderful Life)
数日前に「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」(以下\"ナイトメア\") の感想を書いて、公開を楽しみにしてましたが、 期待通りの素晴らしい出来栄えで大満足でした。 ビクター(声:ジョニー・デップ)はお金はあるけど 品格が伴わない家の息子で、お金は無..
コープスブライド (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★   骨まで愛して。
#46:コープス・ブライド(試写) (::あしたはアタシの風が吹く::)
グレー調で描かれる現世とカラフルな色彩で描かれるあの世。 ロシア民謡を元に作られているだけあって、ビクトリア調の舞台でとてもロマンティック・・・・とは少々かけ離れたお化けたちの世界。 ストーリー>>> 19世紀のヨーロッパ。うらぶれた小さな町に、対照的な二組
ティム・バートンのコープスブライド (Diarydiary!)
《ティム・バートンのコープスブライド》 2005年 アメリカ映画 - 原題 -
コープスブライド(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ティム・バートン 【声の出演】ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム・カーター/エミリー・ワトソン/アルバート・フィニー 【公開日】2
ティム・バートンのコープス・ブライド【その2】 (「USAのんびり亭」映画情報)
待ちに待った甲斐がありました。「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」の流れをくんだ
コープスブライド (季節が無い毎日 ~映画の影をめざして~)
公開初日に見てきました、ティム・バートンのコープスブライド。 「ナイトメア~」から10年以上過ぎて、発表されるストップモーション・アニメの最新作。 1、2秒のコマ撮影のために、12時間もの時間が必要とされる作品。 77分の上映時間のために必要な時間を単純計
Corpse Bride(2005,U.K.) (The Final Frontier)
Tim Burton\'s Corpse Bride 恋人のビクトリアと結婚間近のビクターは、間違って別の女性と結婚の誓いをしてしまう。しかもその女性はすでに死んでいて……。  観てきましたよ。この映画のためにTim Burtonのコマ撮りアニメ特集でも組もうかと思ったくらいですよ。Nightmare
「ティム・バートンのコープスブライド」観ました。 (GOODNEWS)
10月22日から公開の「ティム・バートンのコープスブライド」を観てきました。この映画は、ストップモーションアニメと言うもので、静止している人形を1コマ毎に少しずつ動かして撮影し、アニメーションの様に見せると言う技法ですが、登場する人形がとても個性的で可...
おどろおどろしさの中に愛が溢れる◆『ティム・バートンのコープス・ブライド』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
10月25日(火)TOHOシネマズ木曽川にて 19世紀ヨーロッパのとある村。お金はあるが家柄が悪く、上流社会に憧れるヴァン・ドール家の息子、ヴィクター(声・ジョニー・デップ)と、上流階級の出で家柄は立派なものの、お金はとうに底を突いていた落ちぶれた貴族のエヴァー.
『ティム・バートンのコープスブライド』を観ました。 (0120 Blog)
“ティム・バートンの・・・”とか“ジョニー・デップが・・・”とかの要因が余計に鑑賞意欲をかき立てる作品。 あの世界観やキャラクターはバートン独特のものだし、ストーリーも面白い♪ 結婚式の練習で、木の小枝に指輪をはめて誓いをたてたら、それがゾンビ女の薬指.
ティム・バートンのコープスブライド(2回目の鑑賞) (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
鑑賞した日 : 10月27日木曜日 鑑賞した劇場 : 109シネマズ名古屋(19:40~)   素晴らしい!前回の鑑賞で睡魔に襲われた自分が恥ずかしい。物足りなさもあるけど全然OK。自信を持っておススメできる作品です。死者の花嫁エミリーが愛しくてしかたない。彼女の
『ティム・バートンのコープス・ブライド』 ホネまで…。 (キマグレなヒトリゴト)
ストップモーション・アニメとはいかなるものなんだろうか。 ストップモーション・アニメーション(Stop motion animation)とは、静止している物体を1コマ毎に少しずつ動かして撮影し、あたかもそれ自身が動いているかのように見せる映画の撮影技術。アニメーションの一種で.
コープスブライド (ぶっ…ぶろぐだ(゜ロ゜*)モルァ!!)
あらすじ 19世紀ヨーロッパのとある村。 親同士が欲得ずくで決めた結婚に戸惑いながらも初めて出会った瞬間からお互いに惹かれあった富豪の息子ビクターと落ちぶれ貴族の娘ビクトリア。ところが、結婚式の前日。森の中でひとりで式の練習をしていたビクターが、誓いの言
映画のご紹介(70) コープス・ブライド (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(70) コープス・ブライド コープス・ブライドを観た。 人形を1コマ 0.5ミリずつ動かし、デジタルスチルカメラで撮影して製作したという映画。 最近全盛のCGとはひと味違うできばえにな
ティム・バートンのコープスブライド(映画館) (ひるめし。)
CAST:ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム=カーター 他 ■イギリス産 77分 またまたティム・バートンとジョニー・デップの最強タック映画です。 今回はアニメです。CGじゃないです。ストップモーションアニメです。1~2秒動かすのに12時間かかるらしい!? き・・・気が
映画『ティム・バートンのコープスブライド』貴方は何点? (本と映画と音楽と・・・お酒が好き)
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)?      ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                        0点□□□□□□□□□□10点      ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦
映画館「コープスブライド」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
せっかく、吹替えはジョニー・デップ&ヘレナ・ボナム・カーターがやっているっていうのに、地元の映画館では日本語吹替え版しか上映されていませんでしたので、仕方なく日本語で観てきました。 どうしても「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」と比較してしまいます...
『コープス・ブライド』 (・*・ etoile ・*・)
\'05.10.23 KTと『コープス・ブライド』 ホントはKTオススメのジンギスカンを食べに行く予定だったんだけど定休日(涙) 予定繰り上げ。 ティム・バートンのストップモーション・アニメといえば『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』だけどアレは監督はしていない。今回
「ティム・バートンのコープス・ブライド」 (試写会帰りに)
ユナイテッドシネマとしまえんにて「コープス・ブライド」鑑賞。 「チャーリーとチョコレート工場」以上に楽しみにしていた「コープス・ブライド」。 ストーリーも大体わかっているものの、あまりに素晴らしい人形達の演技、演出力、カメラワークに痺れまくり! 「ストップモ
ティム・バートンのコープスブライド 来日記者会見 (ティム バートン JP)
9月に「チャーリーとチョコレート工場」のプロモーションのために、ジョニー・デップ...
ティム・バートンのコープスブライド (2005/アメリカ) (虫干し映画MEMO)
CORPSE BRIDE 監督: ティム・バートン  マイク・ジョンソン 声の出演: ジョニー・デップ    ビクター      ヘレナ・ボナム=カーター    コープス・ブライド      エミリー・ワトソン    ビクトリア      トレイシー・ウルマン      
「ティム・バートンのコープスブライド」 (雑板屋)
素敵な世界観だ!死人の花嫁・・花嫁が死体!この世とあの世の行き来が物凄く愉快で、ブラックな笑いとそのセンスに感動さえしてしまう。 グロテスクな中にも吹き出すような笑いが詰まっているのがやっぱり楽しくて好きだなぁ・・。終始ニヤニヤ度は高かった。 眼孔か.
ティム・バートンのコープスブライド (生きてるだけで儲けもの☆)
? ホネまで愛してくれますか? ? 気の遠くなるような長い時間をかけて撮影するストップモーションアニメ。 ひとつずつの動きを大切に、丁寧に撮り重ねているのがよく分かります。 そんな努力の結晶である作品がこんなにも美しいのは、ある意味、当然か...
ティム・バートンのコープスブライド (future world)
監督、製作がティム・バートン、声の出演がジョニー・デップ、そして「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」が好きとくれば必見の作品でしょう! 舞台となる‘この世とあの世’の描き方も~~薄暗く、どこか抑圧だらけで堅苦しい人間界、それとは対象的にカラフルで伸び.
コープスブライド<ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
ティムバートンのストップモーションアニメ最新作。ナイトメアが大好きでコープスブライドも公開を楽しみに待っていた。子供の頃から ストップモーションアニメが大好き♪何でか分からんけど もの凄く引き寄せられる。ワクワクする。パペットが大好き(^^*) パンフも絵...
「コープス・ブライド」おどろおどろしいおとぎ話 (soramove)
「コープス・ブライド」★★★ ティム・バートン監督、ジョニー・デップ声 なめらかで、スムーズではない ロボット的な動きと 実際の物語の内容とが マッチしている。 死者の世界が描かれているが この乾いた感じは パペットの動きが作り出したもの。 これ...
ティム・バートンの「コープス・ブライド」 (Tak.Arai の 今夜もナローマインド!)
話題のコープスブライドを観ました。 ちょっと、女性視点の作品のためか、よく分からなかったです(汗 ただ、“人形劇” としての作品の完成度は結構凄いんじゃないかと思いました。 いちいちキャラクターが個性的なので、芸術的な観点で楽しむことがで
『ティム・バートンのコープス・ブライド』 (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
『ティム・バートンのコープス・ブライド』公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/corpsebride/米国サイト:http://corpsebridemovie.warnerbros.com/原題:TIM BURTON\'S Corpse Bride製作:2005年イギリス監督:ティム・バートン出演:ジョニー・デップ/ヘレナ・
【劇場映画】 ティム・バートンのコープス・ブライド (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 19世紀のヨーロッパ。小さな村で、ある結婚式が迫っていた。新郎はビクター。成金夫婦の気弱な一人息子だ。新婦のビクトリアは、落ちぶれた貴族の娘。つまり、この結婚は政略結婚。でも若い2人は出会った途端、互いに好意を抱く。が、内気なビクターはリハー
開催決定♪『ティム・バートンのコープスブライド』展 @渋谷 (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
『ティム・バートンのコープスブライド』展 会場             PARCO MUSEUM パルコミュージアム                渋谷パルコ パート3 / 7F期間.
ティム・バートンのコープスブライド (金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等)
★本日の金言豆★ corpse:死体 bride:花嫁 2006年3月3日発売  ティム・バートン監督作品って、見た目ハチャメチャで常識破りなようでいて、実は根本的な部分はきっちり王道をおさえ
ティム・バートンのコープス・ブライド (悠雅的生活)
彼がプロポーズしたのは、思いがけない花嫁・・・