spin-off 80’s

そんな生き方羨ましいと笑われる内容を綴っていきます

九大学研都市駅

2020-10-17 08:50:48 | 間抜けな自分



だからあれほど筑前前原行きは止めとけって言ってるのに…(笑)

 

久々に取引先後輩が東京から来福

「呑みに行きましょう!」のお誘いにルンルン気分で参加する50歳のおっさん

 











20代の後輩に、30歳になったばかりの部下2名と4人で熱く仕事論を語る

こんな時あったよなぁと後輩たちの姿を見聞きして目頭が熱くなった

 



気付けば23時

〆ラーメンを啜らねばと駅最寄りのラーメン屋と駆け込みお腹と心を満たし3人と別れた

 

までの記憶しかなく目覚めた駅は「九大学研都市」

俺ここに来るの何回目だよ?(笑)

 



暫し駅のロータリーで微睡み思案した結果、ウーバータクシーを発注

駅には北口、南口があり「北口」側で発注するもタクシー到着の知らせは「南口」

 

少しイラつきながら「南口」に向かうべく改札を横切ろうとするも自動ドアが開かず「南口」に行けない

おいおいとムカつきながら駅沿いを歩くも「南口」に行ける道は見つけられず壁ばかり…

 

再度ロータリーに戻り逆方向に向かってみると施錠されている通路があった

だめ元で施錠に手をやると簡単に開く!

俺みたいな奴用の通路やなと笑いながら横切ろうと「南口」側に向かうと、こちらにも施錠が…

簡単に開くのだが逆手で開くのは至難の業

ましてや酩酊状態なので腕や手でも痛めたら洒落にならん

あれこれ試す事数分…

 

腕が細くて長いのが幸いしたのか施錠になんとか手が届き解錠

 




無事にタクシーに乗り込んだのが午前1時前

 

当然、翌日10時からの会議は「無」の状態で無参加の如く座っているだけでした(笑)

どんな立派な事言っても駄目な奴は駄目だな…

 

ある意味大好きな「九大学研都市駅」

素面で訪れた事ないから今度の週末でも行ってみようかな(笑)

 

 


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« 50歳の宴 | トップ | Good For Nothing-CHICAGO »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

間抜けな自分」カテゴリの最新記事