僕と花子のルンルン生活だヨ!

巨乳 AV おっぱい 女子アナ 画像 オッパイ 18歳未満 女子高生 ラーメン ザーメン ヒヤソーメン アッー! ウホッ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

就職活動では建前を話さなくてはいけないのだろうか… 本音を言ったら落とされるのでは…、と悩む方へ

2014-07-27 18:06:50 | Weblog


すいません、今、SNSで積極的に発信しているのは、自著『夢、死ね! 若者を殺す「自己実現」という嘘』をPRしたいというセコい考えがあるからです。でも、ブログやツイッターを書くにあたっては、手抜きはしません。

先日、学生の就職活動に関し、こんなやり取りをツイッターでしました。

元々、私はこう書きました。

「学生時代は良かった」とか言うヤツは多いが、お前、それ本気かよ。もう一度就活してぇか? あんなクソみたいな嘘つき合い茶番劇なんてしたくねぇし、モテる男しか生きてる価値がねぇ、的雰囲気なんて経験したくねぇよ。おい、学生、就活は人生で最高クラスに下らん行事だぞ。建前だらけだからな

これに対し、こう意見をいただきました。

建前を人に向かって話すことは、私には抵抗があってできません。でも、就職のためにはしないといけないかなとも思いっています。私のような人はどうしたらよいのでしょう、中川先生?


この質問をしてきた方がどういう方かは知りません。でも、悩んでいらっしゃるようにも思われます。そして、就職活動についてはいつか言っておきたいな、という気持ちもありますので、ここで書きますね。昔、テレビブロスで『くたばれ!就職活動』という6ページで4万5000字も書いて「就活、死ね!」「建前ばかり言いやがる企業はうんこ食え!」「学生をいじめるんじゃねぇ!」と主張しました。

そして「これが本当に企業で働く人々が考えていることだ!」と、友人62人に、「我が社で幸せなこと・不幸せなこと」「我が社が欲しい人材・いらない人材」を超本音で書いてもらいました。すると、一切「お客様の笑顔を見るのが幸せ」なんてことは書かれず、「美人が多い」とか「仕事が楽」「給料がいい」みたいなことばかり書くんですよ。あと、欲しい人材についてはソニーの場合は「ソニーが最良の会社だと思わない人」なんて書かれる。

これら、友人が本音で言ってくれた意見の方が、採用HPとかに書かれるキラキラとした建前よりもよっぽど信用ができるわけです。ですから、2003年に作ったこの企画に対しては以下のような評価がされたのですね。

話は変わるが、
先日テレビブロスの特集「くたばれ!就職活動」を読んだ。
以前、私がこの日記の「就職活動を懐疑する」で書こうとしたことの
八割方が、おおかた書かれていた。
これで、とりあえず安心である。




【くたばれ】お前等!テレビブロス買えよ【就活】-2ch



180円の雑誌の6ページの特集だったのですが、当時、学生が色々と感想を述べてくれたり、「下手な就活マニュアル本一冊買うよりもこちらが役に立つ」とか書いてくれたのは本当に嬉しかったです。

で、今回、前述の方が疑問を持っている「建前を人に向かって話すことは、私には抵抗があってできません。でも、就職のためにはしないといけないかなとも思いっています。私のような人はどうしたらよいのでしょう」についてです。

就職活動については、多分、「建前は言わない方がいい」というのが結論だと思っています。というのも、多分、建前で通ることは難しいし(面接官もバカではないので、見抜く)、仮に通ったとしても、思想が合わない会社とは人生が相いれない。あと、所詮会社なんてものは、あなたの人生の全部ではない。

もう一つ、こう考えるべきである。

自分にとって、会社は一つ。だから重要。

でも、会社にとって自分は単なる数千人(数百人・数十人)の駒の一つ。

会社にとって自分なんて替えはいくらでもいる

でも、自分にとってはこの会社が唯一

でも、会社はお前のこと、そこまで思ってないんだぜ

あっ、そっか。じゃあ、すぐに辞めてもいいんだ!


会社が一生をすべて決める、と考えるから、面接段階で建前を言わなくてはいけないのだろうか……といった考えになるのだ。この面接がオレの人生すべてを決める……。なんとかして好かれなくてはいけない……という気持ちが、彼(彼女かもしれないけど)のような発言に結び付くのだ。

それで、オレが強調したいのは、

会社案内とかに書かれている「求める人材」「我が社でのやりがい」は嘘だらけ

ということだ。

人間という生き物は「楽しみたい」「ラクしたい」「モテたい」「たくさんカネ欲しい」「いい女とデートしたい」と考える実に私利私欲にまみれた生き物である。

それなのに、企業が建前上(あくまでも「建前上」だぞ)求める人材は、「滅私奉公」「社会の為に役立つ」「お客様の笑顔が何よりも大事!」「世界を平和にする!」みたいな「個」を潰すくだらなく、うんこ食っておくべきものばかりなのだ。

学生も素直なもんだから、こうした嘘の求人案内に合わせたバカみたいなクソ嘘八百志望動機・自己PRを作っては「私は、社会のために、お客様の笑顔が好きです。バイトをしていた居酒屋で、お客様が笑顔で『御馳走様』と言ってくれた瞬間に幸せを感じ、これをもっと大きなフィールドで達成したいと思い、御社を志望しました」なんて嘘をつくのである。

この「嘘のつきあい」というのが、就職活動の真実である。就活は本当に茶番だらけである。本当に、「悪く思われたくない企業」が本当に求める人材である「ガタガタ言わずに働き、安月給でも文句言わない従順で性格のいいヤツ」を求めているにもかかわらず、学生の側は、建前として紹介された「求められる人材像」に合わせて優秀で無害で聖人君子のような人間を装って面接に臨む。

実にくだらん。くたばれ、就職活動! 死ね!!!!!!! 死ね!


そして、学生のお前らに言いたいのは、これだ。

社会人、たいしたヤツあんまりいねぇよ。馬鹿、案外多いぞ。単に年をくっただけの尊敬にも値しないバカ多いぞ

それでは、ここで私の1996年、日本テレビの1次面接を再現してみよう。このやり取りが、いかに社会人がバカかを示している。日テレは社員AとBがいた。


A:志望動機は?

オレ:コンテンツって売れるんじゃないかと思ってるんです……。

AとB:ハッ?

オレ:えっ?

A:何を言いたいの?

オレ:いや、テレビ局って儲かること重要ですよね。

B:そりゃそうだけど……。

オレ:日テレって歴史が50年くらいあって、これまでに膨大な量のコンテンツがあるわけで、著作権者とか肖像権をクリアすれば、案外濡れ手に粟で儲かるんじゃないかと思ったので……。マーケティングを専攻した私としては、新たに何かを作るのではなく、ちょっとした工夫で収益をあげることが可能なテレビ局で働きたいと思いました。

A:いや、何を言ってるの?

B:全然分からない。

A:番組、作りたくないの?

B:『ブラックバラエティ』みたいなのを作りたいってみんな言ってるよ。

オレ:えっ? 制作希望じゃなくちゃ日テレって受けられないんですか?

A:いや、そうじゃないけど……。

オレ:たとえば、『元気が出るテレビ』とか『電波少年』みたいに、何千万人も観ていた番組をビデオにすれば売れるんじゃないですか? 出演者の許可さえ取れば、一本3000円とかで売れるような気がするのですが……。いや、オレ、儲かることしたいんですよ。

AとB:顔を見合わせる。

A:キミ、面白いね(笑)

B:ウンウン。

オレ:いや、別に僕は面白くありませんが……。

A:この人さぁ、日テレよりも「日本テレビビデオ」向きじゃないの?

B:そうだね。キミさぁ、子会社でビデオとか売ってる日本テレビビデオを受ければ?

オレ:えっ? でも、著作権とか一応握っているのは日テレですよね? なんで子会社なんですか?

A:いや、ウチはビデオとか作らないんで。

B:あと、ウチ、面白い番組作りたい人が欲しいんで。

オレ:ハァ。

A:ありがとうございました。じゃあ、次の方!


就活なんてこんなもんなんです。

ホントにくだらないんです。

でも、人は就職しなくては生活が成り立たない。だから本心を曲げてでも面接官から

好かれようとする

さらには、

高偏差値大学(特に国立)が有利という厳しい現実がある

だからこそ学生は卑屈になる。
これが本当に可哀想な話だ。

だが、まともな面接官は自分の会社をホメてもらいたいワケではない。前述、日テレの面接官みたいにバカばかりではない。きちんと、

・御社の何がすばらしいか
・御社の何が問題か
・自分はそれをこう解決したい
・歯がゆいんだよぉぉぉ!!!
・ガエタァァァァァイ!!! アッー! ウォッッ、ゴノニホンォォォ、ガエタァァァイ!

とアピールして、言いたいことを言うのがいいと思います。

それと
・自分が好きなこと
・どんな人生を達成したいのか

はきちんと伝えましょう。

我が社の問題を解決してくれそうな人材を会社は求めるので、「この学生、ウチに来たら幸せになれるかな」という「マッチング」の部分も考えてくれます。

よって、「会社が好きそうなことに合わせる」は敢えてしないでいいと思います。「ありのままで」でOKよ。

それで内定を取れなかったら………。

フリーになりましょう。

そこで、実力者のコバンザメになり、成り上がりましょう。

ごめん、救いようのない結論だな。申し訳ない。

新刊『夢、死ね!』に入りきらなかった小者サラリーマンの見事な行動「会長エレベーター事件」をどうぞ!

2014-07-23 18:23:11 | Weblog
7月25日に発売される『夢、死ね! 若者を殺す「自己実現」という嘘 (星海社新書)』ですが、基本的には以下を書いています。

・夢よりも目標を持て
・夢は時に人生を狂わせる
・仕事をする最大のモチベーションは「怒られないこと」にある
・社会人にも小者は大勢いて、仕事とは、日々小者どもが怒られないためにセコいことばかりしている
・そんな状況を理解したうえで、どうやって仕事をすべきか?

 オレがこれまでの労働者生活で体験した、人間らしくドロドロした話から、世に流通するキラキラ系の経営者インタビューやら日経ビジネスアソシエ的イケてる有能若手ビジネスマンの話とは180度違う「人間って所詮そんなもんだよな……」的な話が連続します。

 本書では入りきらなかった「会長エレベーター事件」について、拙ブログでご紹介します。これを「あるよな…」「うんうん、わかるよ」と共感頂けた方は是非とも『夢、死ね!』ご購入いただければ幸いです。以下の「会長エレベーター事件」は、とあるメーカーの仕事にオレが博報堂社員としてかかわった時の話です。国際会議の場で、オレのクライアントとの間に「パワーポイント謝罪事件」というのがあったのですが、そのイベント当日の準備で発生した「小者社会人あるある」みたいなお話でございます。皆さん、明日も仕事がんばろー!! 以下、「Y社」がオレのクライアント企業のことである。




 前の項で書いた「パワーポイント謝罪文事件」だが、このイベントでは別の重要な事件も発生していた。それは「チミィ、会長専用エレベーターを用意させなさい! 事件」である。この国際的な会見の準備をするにあたってはY社の人々と事前の打ち合わせを綿密に行っていた。打ち合わせは「運営マニュアル」を見ながら行う。これは当日VIPがどのように動き、どんな段取りで会が進み、控え室はどこにあり、来場者への「お土産」は何にするか……、といったイベント全体のマニュアルであり、これさえ持っておけばスタッフは会場で何をやれば良いかが分かるのだ。

 さて、その日の打ち合わせには前出山本課長を始め、Y社の現場で動く下っ端社員が勢揃いし、博報堂&イベント会社軍団もその場にいた。その時の議題は会場となる高級ホテル内でのY社会長の動きについてだった。

「会長がいらっしゃるのは13時ですね。で、会が始まるのは13時30分ですね。裏口に車をつけて、控え室前まで行く導線はこうなります」と私の上司がY社の人にホテルの図面を見せながら説明をした。そこには「入り口」→「エスカレーター」→「控え室」→「会見会場」の地図が矢印と共に書きこまれ、かなりの親切設計になっていた。

「そして、続いては○○取締役の動きですが……」と上司が説明しようとしたところで、山本課長が遮った。

「あのぉ、会長専用のエレベーターを用意してもらいたいんですが」

「えっ?」

「だから、会長を、一般の方と同じエスカレーターに乗せるわけにはいかないんですよ。この図面を見ると、入り口からエスカレーターの間に、エレベーターがありますよね。これを、会長専用にしていただきたいんです。時間としては会長がいらっしゃるかもしれない12時50分から、13時20分まで。そして、会が終了する15時から15時20分くらいまでですかね」

「それは……、難しいんじゃないですか?」

「いや、ホテルに聞く前にそう結論づけるのは怠慢じゃないですか?」

「はぁ……。分かりました」

 ということで、上司は「おい、中川、お前ホテルに電話して、この時間、会長専用エレベーターにできるか聞いてこい!」と言い、私はホテルに電話をした。すると当然ながら「他のお客様もいらっしゃるのでムリです」と言われた。そこで、そのまま伝えると、山本課長は「業務用エレベーターだったらあるでしょ? そっちも聞いてくださいよ! 本当に気が利かないですねぇ!」と怒った。そして私は慌ててホテルに再度電話をし、「業務用だったらどうっスか!」と聞いたところ「その日は宴会が多数入っておりまして、従業員も頻繁にエレベーターを使うのでムリです」と言われた。「時間限定でなんとか!」と言うも「申し訳ありませんが……」の返事だけである。

 この時、私も怒られたくなかったのである。このまま会議に戻って「業務用もダメでした!」と報告して上司から「このヤロウ、おY社様様の大大大会長様様様のためだったら黒いカラスでも白くするのがお前の仕事だろ、エッ!」と言われるのもイヤだったし、山本課長から「はぁ……、高いカネ払ってイベントの発注をしているのに、この程度のこともできないんですか、はぁ……」と言われるのもイヤだったのだ。そこでホテルの人に「そこをなんとか!」とお願いをすると「お客様、申し訳ございませんが、それだけはお受けしかねます」と返事が来た。「どうやってもムリですか?」と伝えると一瞬間を置いて「はい」と言われた。

 私は暗澹たる気持ちとなり、会議室に戻り、「業務用もダメでした。しかも、時間限定で! と言ってもダメでした! いや、私も色々説明したのに、頭の固い担当者でしてねぇ、いやぁ、Y社様の会長様ってこともちゃんと伝えたんですよ。ネッネッ、私だって最善を尽くしたんですよ!」と伝えた。

 すると山本課長は「そうですか。分かりました」と妙に物分かりが良いので拍子抜けしてしまった。

 一体これは何だったのか? 推測するに、私達が出した運営マニュアルは、最終的には山本課長がY社社内の会議で説明をすることとなる。その際に、同社では神のような扱いを受けている会長に何かがあったらマズい! と考える人がその会議には出席をするのだろう。そこで「オホン、山本君、チミィ、会長専用のエレベーターはあるのかね、ウオッホン! 会長と一般人を同じエレベーターに乗せることなど許されることじゃないからね。もし、暴漢でも出たらチミ達の進退問題にも繋がるよ」などと言われることを山本課長は見越していたのだ。そこで「申し訳ございません。ホテルに確認したところ、一般向けのエレベーターを貸し切りにすることはできない、とのことです」と答えたいのだ。そして、前出のウオッホンのオッサンが「そうかね、山本君、チミィ、だったらホテルには業務用のエレベーターもあるだろう。何せお客様は神様だからね。たかが従業員が使うエレベーターなどさっさと開けさせなさい。で、従業員エレベーターはどうだったの?」と聞くのだ。それに対しても山本課長は「その日は多くの宴会が入っているそうで……、従業員専用エレベーターもムリなのです」と答えたいのだ。

 要するにどいつもこいつも「私は会長のためを思い、ちゃんと事前に手は打ってますよ!」をアピールしたいのである。そして、会議に出ているウオッホンのオッサンも「ガハハ、ワシはちゃんと会長様のことも考えてんだかんな! ワシって気が利く男じゃろ。だから出世させてくんろ」などと思っているのだろう。

 で、ここからが重要なのだが、色々と雑誌の記事などを見ると、Y社の会長は、庶民が同社の商品を買ってくれていることを充分に理解しており、庶民を大事にする人物であることが分かる。結果的に大金持ちになってはいるものの、基本的には「我が社の商品を買ってくださるお客様がいることに感謝しなくては」という考え方を持っている人物である。

 どう考えても「おい、ワシは一般人と一緒のエレベーターなぞ乗りたくないわぃ! てめぇ、ホテルに電話してワシ専用エレベーターを用意するよう伝えろ、エッ!」などと言うようには思えないのだ。

 要するに、下々の小物連中が皆で「先回りした配慮」をしまくっているのである。それが会長の気持ちに従っているかどうかは分からないままに。後の豊臣秀吉こと木下藤吉郎は、寒い日に主人である織田信長の草履を懐に入れて温めていた、というエピソードがある。これは、藤吉郎の「機転が利く」という特徴を端的にあらわすエピソードとして有名だが、私はこの話が気持ち悪くて仕方がない。

 お前はどんだけゴマスリなんだ!!

 信長はこの時の藤吉郎を高く評価した、とされているが、大体よぉ、男が懐に入れて温めていた草履なんて履きたいか? 生暖かくて気持ち悪いよ! Y社の「会長専用エレベーター用意しろ! 事件」はこの藤吉郎のエピソードを彷彿とさせるのだ。この思考停止で「とにかくエラい人が喜ぶかもしれないことをやっておこう」「エラい人が怒るかもしれないことはやらないでおこう」という無駄かもしれぬ気遣いが企業には蔓延している。

 そこから何が生まれるかというと「イノベーション」なんかよりも単なる「先回りしてゴマすりする小物」が続出するだけである。組織なんてそんなもんである。長くいればいるほどそこに毒されていく。

すげー!!!! Wikipediaの項目充実のライターの鈴木將義氏にこれからオレ、注目します!!!!

2014-07-22 16:44:55 | Weblog
本日、AOLニュースで掲載された

今週放送された『サザエさん』の堀川君がヤバすぎると話題に

という記事ですが、「ふんふん」「なるほど、堀川君ってのがいるんだ」と言いながら読んでいたわけですよ。基本的には、テレビで何があったか、そして、それをネット民がどう思ったかという、お手軽記事なわけで、誰でも書けるわけですが、この記事の最後にこうありました。

文・鈴木將義


うひゃっ!!!! こんな記事にも署名するってどーいうこった??? とオレはソッコーこの「鈴木將義」氏を検索したらWikiが充実している。

“日本のマルチメディアクリエイターで、フリーランスライター、プロモーター、通訳、歴史研究家、実業家、デジタルメディア評論家。静岡県下田市生まれ。東京都世田谷区出身。日本学園高等学校卒業。大東文化大学文学部中退、法政大学文学部除籍。株式会社サクラゲート元取締役(現・顧問)、合資会社ブートレッグシステムズ・代表”


そして、この記述がカッコイイ!!!!!

本名非公開

さらに、生年月日も一部しか書いていない。GACKTみたいに「年齢非公表」みたいでかっこいいな!

鈴木 將義(すすき まさよし、5月3日 -


オレのWikipediaの項目と比べ、どんだけこの人、人気者なんだっつーの! すげー! 鈴木氏!!!!

ちなみに鈴木氏のWikipediaの更新履歴を見てみるとこんな感じ。すげー! ここまで熱心に更新してくれる人がいるんだ! どんだけ大物なんですか、あなた! ということで、これからマルチメディアクリエーターの鈴木氏には注目だ! 



(最新 | 前) 2014年7月15日 (火) 17:26‎ Corpsebot (会話 | 投稿記録)‎ m . . (12,726バイト) (+13)‎ . . (disambig) (取り消し)
(最新 | 前) 2013年8月20日 (火) 02:15‎ いいすく (会話 | 投稿記録)‎ . . (12,713バイト) (+19)‎ . . (取り消し)
(最新 | 前) 2013年6月9日 (日) 23:41‎ Dr jimmy (会話 | 投稿記録)‎ m . . (12,694バイト) (-3)‎ . . (→‎来歴・人物) (取り消し)
(最新 | 前) 2013年2月5日 (火) 01:29‎ 221.112.55.243 (会話)‎ . . (12,697バイト) (+19)‎ . . (→‎WEB・ゲーム) (取り消し)
(最新 | 前) 2013年2月5日 (火) 01:27‎ 221.112.55.243 (会話)‎ . . (12,678バイト) (-8)‎ . . (→‎おもな雑誌・ムック本・書籍) (取り消し)
(最新 | 前) 2013年2月5日 (火) 01:25‎ 221.112.55.243 (会話)‎ . . (12,686バイト) (-55)‎ . . (→‎おもな雑誌・ムック本・書籍) (取り消し)
(最新 | 前) 2013年2月5日 (火) 01:16‎ 221.112.55.243 (会話)‎ . . (12,741バイト) (0)‎ . . (→‎来歴・人物) (取り消し)
(最新 | 前) 2013年2月5日 (火) 01:15‎ 221.112.55.243 (会話)‎ . . (12,741バイト) (+197)‎ . . (→‎おもな雑誌・ムック本・書籍) (取り消し)
(最新 | 前) 2012年11月12日 (月) 10:27‎ 180.12.116.82 (会話)‎ . . (12,544バイト) (-1,894)‎ . . (取り消し)
(最新 | 前) 2012年5月3日 (木) 18:15‎ みかづきよぞら (会話 | 投稿記録)‎ . . (14,438バイト) (+1,201)‎ . . (取り消し)
(最新 | 前) 2012年5月3日 (木) 10:07‎ みかづきよぞら (会話 | 投稿記録)‎ m . . (13,237バイト) (0)‎ . . (取り消し)
(最新 | 前) 2012年5月3日 (木) 10:04‎ みかづきよぞら (会話 | 投稿記録)‎ . . (13,237バイト) (+1,109)‎ . . (取り消し)
(最新 | 前) 2012年2月22日 (水) 07:57‎ Tiyoringo (会話 | 投稿記録)‎ m . . (12,128バイト) (+11)‎ . . (取り消し)
(最新 | 前) 2012年2月22日 (水) 07:55‎ Tiyoringo (会話 | 投稿記録)‎ m . . (12,117バイト) (+10)‎ . . (除籍 (学籍), 1990年代 などへリンク修正) (取り消し)
(最新 | 前) 2012年1月21日 (土) 17:33‎ Tribot (会話 | 投稿記録)‎ m . . (12,107バイト) (+25)‎ . . (bot: WP:BOTREQ#「民主党」へのリンク修正依頼 oldid=40896898) (取り消し)
(最新 | 前) 2011年9月2日 (金) 10:33‎ しまあじ (会話 | 投稿記録)‎ . . (12,082バイト) (+124)‎ . . ({{未検証}}はノートで議論するつもりがない場合は使用していけないことになっているので{{存命人物の出典明記}}に交換、日付を変えると今月カテゴリが肥大化するので元タグ日付で) (取り消し)
(最新 | 前) 2011年8月11日 (木) 17:40‎ Lance2001 (会話 | 投稿記録)‎ m . . (11,958バイト) (-116)‎ . . (→‎外部リンク) (取り消し)
(最新 | 前) 2011年6月7日 (火) 00:48‎ Nanamiblue (会話 | 投稿記録)‎ . . (12,074バイト) (+44)‎ . . (リダイレクト回避) (取り消し)
(最新 | 前) 2010年12月1日 (水) 15:42‎ しまあじ (会話 | 投稿記録)‎ . . (12,030バイト) (+36)‎ . . (未検証の年月別整理-タグが貼られた日時:2009年11月5日09:03(UTC)、{{Cleanup}}が貼られたのも同時) (取り消し)
(最新 | 前) 2010年8月21日 (土) 07:38‎ Ik1973 (会話 | 投稿記録)‎ m . . (11,994バイト) (+19)‎ . . (→‎来歴・人物: リンク変更(バンド (音楽)) using AWB) (取り消し)
(最新 | 前) 2010年3月18日 (木) 09:04‎ Asanagi (会話 | 投稿記録)‎ m . . (11,975バイト) (+19)‎ . . (ロボットによる「マスコミ」のリンク先修正) (取り消し)
(最新 | 前) 2010年1月21日 (木) 22:25‎ Nobook (会話 | 投稿記録)‎ . . (11,956バイト) (+37)‎ . . (→‎テレビ番組) (取り消し)
(最新 | 前) 2009年12月18日 (金) 01:11‎ 子パンダ (会話 | 投稿記録)‎ m . . (11,919バイト) (-24)‎ . . (取り消し)
(最新 | 前) 2009年11月13日 (金) 01:49‎ Alexbot (会話 | 投稿記録)‎ m . . (11,943バイト) (+75)‎ . . (ロボットによる: WP:BOTREQによる置き換え作業) (取り消し)
(最新 | 前) 2009年11月5日 (木) 09:03‎ Szk7788 (会話 | 投稿記録)‎ . . (11,868バイト) (+27)‎ . . ({{未検証}}{{Cleanup}}、ソートキー修正。) (取り消し)
(最新 | 前) 2009年11月5日 (木) 02:10‎ 218.43.180.105 (会話)‎ . . (11,841バイト) (+105)‎ . . (取り消し)
(最新 | 前) 2009年11月4日 (水) 19:36‎ BOOTLEG2009 (会話 | 投稿記録)‎ m . . (11,736バイト) (-1,044)‎ . . (取り消し)
(最新 | 前) 2009年11月4日 (水) 19:05‎ BOOTLEG2009 (会話 | 投稿記録)‎ m . . (12,780バイト) (+949)‎ . . (取り消し)
(最新 | 前) 2009年11月4日 (水) 18:50‎ Szk7788 (会話 | 投稿記録)‎ . . (11,831バイト) (+65)‎ . . ({{特筆性}}{{未検証}}{{雑多な内容の箇条書き}}) (取り消し)
(最新 | 前) 2009年11月4日 (水) 18:49‎ BOOTLEG2009 (会話 | 投稿記録)‎ m . . (11,766バイト) (+195)‎ . . (→‎エピソード) (取り消し)
(最新 | 前) 2009年11月4日 (水) 18:44‎ BOOTLEG2009 (会話 | 投稿記録)‎ m . . (11,571バイト) (+630)‎ . . (→‎エピソード) (取り消し)
(最新 | 前) 2009年11月4日 (水) 18:34‎ BOOTLEG2009 (会話 | 投稿記録)‎ m . . (10,941バイト) (+4)‎ . . (→‎エピソード) (取り消し)
(最新 | 前) 2009年11月4日 (水) 18:33‎ BOOTLEG2009 (会話 | 投稿記録)‎ m . . (10,937バイト) (+299)‎ . . (取り消し)
(最新 | 前) 2009年11月4日 (水) 18:19‎ BOOTLEG2009 (会話 | 投稿記録)‎ m . . (10,638バイト) (+551)‎ . . (→‎エピソード) (取り消し)
(最新 | 前) 2009年11月4日 (水) 18:14‎ BOOTLEG2009 (会話 | 投稿記録)‎ m . . (10,087バイト) (+590)‎ . . (→‎エピソード) (取り消し)
(最新 | 前) 2009年11月4日 (水) 18:07‎ BOOTLEG2009 (会話 | 投稿記録)‎ m . . (9,497バイト) (+193)‎ . . (→‎エピソード) (取り消し)
(最新 | 前) 2009年11月4日 (水) 18:02‎ BOOTLEG2009 (会話 | 投稿記録)‎ m . . (9,304バイト) (+1,730)‎ . . (取り消し)
(最新 | 前) 2009年11月4日 (水) 17:42‎ BOOTLEG2009 (会話 | 投稿記録)‎ m . . (7,574バイト) (+197)‎ . . (取り消し)
(最新 | 前) 2009年11月4日 (水) 00:02‎ BOOTLEG2009 (会話 | 投稿記録)‎ m . . (7,377バイト) (-4)‎ . . (取り消し)
(最新 | 前) 2009年11月4日 (水) 00:00‎ BOOTLEG2009 (会話 | 投稿記録)‎ m . . (7,381バイト) (+78)‎ . . (→‎テレビ番組) (取り消し)
(最新 | 前) 2009年11月3日 (火) 23:56‎ BOOTLEG2009 (会話 | 投稿記録)‎ m . . (7,303バイト) (+41)‎ . . (取り消し)
(最新 | 前) 2009年11月3日 (火) 23:54‎ BOOTLEG2009 (会話 | 投稿記録)‎ m . . (7,262バイト) (+85)‎ . . (→‎WEB・ゲーム) (取り消し)
(最新 | 前) 2009年11月3日 (火) 23:51‎ BOOTLEG2009 (会話 | 投稿記録)‎ m . . (7,177バイト) (-6)‎ . . (取り消し)
(最新 | 前) 2009年11月3日 (火) 23:51‎ BOOTLEG2009 (会話 | 投稿記録)‎ m . . (7,183バイト) (+3)‎ . . (取り消し)
(最新 | 前) 2009年11月3日 (火) 23:47‎ BOOTLEG2009 (会話 | 投稿記録)‎ m . . (7,180バイト) (+228)‎ . . (取り消し)
(最新 | 前) 2009年11月3日 (火) 23:12‎ BOOTLEG2009 (会話 | 投稿記録)‎ m . . (6,952バイト) (+308)‎ . . (→‎来歴・人物) (取り消し)
(最新 | 前) 2009年11月3日 (火) 23:05‎ BOOTLEG2009 (会話 | 投稿記録)‎ m . . (6,644バイト) (+60)‎ . . (→‎外部リンク) (取り消し)
(最新 | 前) 2009年11月3日 (火) 22:36‎ BOOTLEG2009 (会話 | 投稿記録)‎ m . . (6,584バイト) (+36)‎ . . (→‎来歴・人物) (取り消し)
(最新 | 前) 2009年11月3日 (火) 22:34‎ BOOTLEG2009 (会話 | 投稿記録)‎ m . . (6,548バイト) (+95)‎ . . (→‎来歴・人物) (取り消し)
(最新 | 前) 2009年11月3日 (火) 22:31‎ BOOTLEG2009 (会話 | 投稿記録)‎ . . (6,453バイト) (+35)‎ . . (→‎来歴・人物) (取り消し)



野口卓也さんの「編集者は意味のないボツを出す」発言から、ネットにおける「余計な一言」について考えたぞ

2014-07-17 11:33:53 | Weblog
BULK HOMMEの野口卓也さんが、意見募集していたので、オレも書いてみますね。

「どう読もうと読者の自由!」ではない気がしてきています。※意見募集

「こんにちは。先日ブログが炎上いたしまして、Twitterをやっているあらゆる作家、マンガ家、編集者の皆さまから総スカンをくらいました。野口と申します。今日も元気です」と野口さんは挨拶を始めました。

そして、こう続けました。

「当該炎上記事では、「みんな、ブロガーの暇な女子大生をちやほやすんなよ!アイツは天狗になったら終わりだ!」という持論を述べたに過ぎないつもりでしたが、炎上材料として反感を買ったのは

>>出版社に勤める編集という仕事の人間は、相手がどんなに大御所でも、必ずまれに「意味もないボツ」を出します。

という、本論にあまり関係ない(と僕は思っている)部分でした。」


また、当該ブログエントリーでは、漫画家福満しげゆき氏の作品がつまらなくなったといい、その理由を「彼が幸せになって凡人になったから」(意訳)と説明していたのですね。

元々「暇な女子大生を甘やかすんじゃねぇよ、このオッサンども!」と言う趣旨だったのに、関係のない方面から攻撃をくらってしまったワケですが、「炎上をしないための文章」ってものはあるわけですよ。

野口さんは

(炎上のポイントは)「本論にあまり関係ない(と僕は思っている)部分でした」と説明しています。

でも、ネットの炎上って本論とはまったく関係のないディテールにこそ火種があるわけですね。私など記事を編集するにあたっては、極力裁判沙汰とかクレームメール殺到という事態を避けたいため(対応がウザく仕事にならないから)、極力炎上は回避しようと考えます。

その時に心がけるのは基本的には「スキを減らす」ということ。そのためにやってるのが以下4点。何しろネットは紙媒体とは異なり、誰が見ているか分からない。

①実名をいちいち出さない

②無駄な比喩表現をしない

③誰かの仕事を否定しない

④断定をしない

の4点です。

そして、何かを否定したいんだったら、ビシッとその主体だけを否定すりゃいいんですよ。

今回の野口さんの場合は、本心は分かりませんが

A)暇な女子大生、調子に乗ってるんじゃねぇよ、オラオラ
B)暇な女子大生をもてはやすお前ら、流行ものだからってそこに乗ってんじゃねぇよ、オラオラ。どうせいつかデートしてぇとか思ってるんだろ、このスケベジジイどもめ


みたいなことだとオレは文脈からは読み解きました。野口さんはこうして勝手な解釈をすることは「読者の自由」ではないと言っておりますので、今後はブログを執筆する際は、意図を全部箇条書きにしていただければ、と思う次第であります。

で、なんで上記①~④が炎上を誘発するか。簡単に説明します。そもそも、人間は自分及び、自分が所属する組織、自分が関係する業界、自分が好きなものが批判をされるとキーッ! と頭に血が上るものです。だからこそ、前田敦子のモノマネをしたキンタロー。と小林礼奈は前田敦子ファンから叩かれるワケですよ。殺害予告まで出てしまう。それでは説明へ。


①実名をいちいち出さない:実名を出すと、エゴサーチをしているであろう本人や、ファンから「失礼です!」「謝罪しなさい!」とクレームをつけられ「一方的被害者」の立場に彼らが進化してしまう。「おめぇのことを特定してねぇだろ。なんだよ、この自意識過剰ボケが」という反論ができなくなるからこそ、実名は出すべきではない。今回の場合は福満氏のこと。別に上記AとBの「暇な女子大生」「暇な女子大生をもてはやす人々」を叩きたいのであれば、この2つの主体だけを叩けばいい。叩くための根拠を強化するためにわざわざ「福満氏」という関係のない人物を出す必要はない。それこそ、余計なところから火の粉が降ってくる。

②無駄な比喩表現をしない:これも①と同様。何かの比喩を使ったら、それに関係している主体からクレームがやってくる。そりゃそうでしょ? たとえば目立たない友達がいて、そいつがもっと目立つようになってほしいという気持ちからこう書いたとしようか。

「田中君は本当に目立たない。まるで刺身についている大根の細切りみたいなもんだ」

 これだっていちいち「大根の細切り」という具体名を出す必要はないんですよ。もしかしたら大根農家とか、スーパーでパックの加工をしている人とか、大根の細切りを作っている人からすりゃ「チッ、大根は重要なんだよ、ボケが」と思うかもしれない。比喩は「分かりやすくしよう」という書き手の親切心から生まれるものではあるものの、大抵の場合ハズしたり、いきなり引き合いに出された主体がむかつく恐れがある。

③誰かの仕事を否定しない:今回の場合は「編集者」が「必ず意味もないボツを出す」と書いたのですが、ツイッター界に何千人もいるであろう編集業界関係者からすれば「おいおいおいおい、そんなことしたら仕事にならねぇよ!」や「おいおいおい、大御所にそんなことやったら降りられちゃうよ」「つーかそんな失礼なことしねぇよ!」と思われたのですね。だからこそ「お前、分かってねぇくせに何言っとるんじゃ、ボケ」と思われた。これは今回の件に限らず、「仕事を否定」ということはタブーなのです。もちろん、いちいち年末に役所が予算を消化するために意味のないムダ工事をやったりすることは否定していいです。

④断定をしない:③の部分で“必ずまれに「意味もないボツ」を出します”という「必ず」の一言が断定口調だったため、反発を買いました。そして、断定をすると、書き手に責任が生じます。「ということもあります」くらいにしとくべきでした。

で、基本的に議論というものは本筋で争うことはなく「あなたは過去にこんな発言をしていた」とか「日本語の誤用がある」や「それはさておき、あなた、ここの部分、女性に対して差別的なニュアンスがありますが」など、絶対に勝てるどうでもいい部分を突くものです。①~④に反することを文章に紛れ込ませておくと、ツッコミポイントが増えてしまうんですよ。

だから叩かれる。

今回野口さんが意見を求めたのは“「どう読もうと読者の自由!」ではない気がしてきています”についてでしたが、オレはこの一連の炎上騒動を見て、そこには何の興味もなく、「ネットにおける迂闊な文章の書き方」というところに一番興味がいってしまったので、こんなブログのエントリー書いちゃいました。

ごめんごめん、「意見募集」と言われていたのに勝手に書いてしまいました。でも、一応私の意見を言っておくと「どう読もうと読者の自由」が正しいと考えております。。

P.S. あのしゃがんで謝罪している風の写真、ステキですよ。「反省してまーす、チッ」って感じで。




ワールドカップ 3位決定戦が意味ないとの意見が多数派なので、だったらそれに代わるアイディアを考えたぞ!

2014-07-14 10:29:10 | Weblog
W杯の3位決定戦は必要? 不必要?-Yahoo!ニュース 意識調査



サッカーW杯、3位決定戦が不要だと考える人は約6割のようですね。

オレもいらんと思う。

理由は、優勝の直前まできた2チームが「3位」という称号を得るためにどんだけ頑張るのか? ということなんですよ。もちろん、2002年のトルコとか、1998年のクロアチア、そして1994年のスウェーデンみたいに、「3位を取ることが重要!」というチームだったらいいのですが、今回はオランダとブラジルですよ。どっちも「3位」なんていらんようなチームですよ。

だったら何がいいか?

私が提唱したいのは「ワールドカップ最弱国決定戦」であるっ!!!!!!!!!

決勝の前に、予選でもっとも勝ち点が少なかった最弱国2国が、最弱にならないよう、雌雄を決するのである!!

今回の場合は、

勝ち点0で、得失点差-8のカメルーンと、勝ち点0、得失点差-7のホンジュラスが戦うのであるっ!!! これは盛り上がるぞ!

おい、FIFA! これが3位決定戦に代わる超絶優秀代替案だ! アイディア料はいらないので、採用しろ、この野郎!


台風接近中! 大変だ! でも、モテないお前らは絶好のチャンスかもしれないぞ! 大雨の夜、渋谷へ行け!

2014-07-07 13:31:59 | Weblog
 7月にしては最強クラスの台風8号が日本列島に接近中というじゃありませんか。全国の皆さん、台風対策はぬかりなく行い、また、台風が直撃した際は「ちょっと田んぼを見てくる」なんてことは絶対にしないようお気をつけ下さい。

 さて、私は先ほど会議に出ていたのですが、会議の席上、34歳・石原真理子似のEカップ美人ギャルが「私は、一生で一回はナンパをしたいんです……」と言いました。

 そこで、私は「この夏はチャンスですよ!」と伝えました。というのも、最近「ゲリラ豪雨」とかいうのが全国でブームじゃないですか。するとね、何があるかっ!

 雨宿り

 であるっ! いままで曇っていただけなのに、突然ポツポツ、と来たなぁ、と思ったらジャジャーーーー! と空の巨人が大量のオシッコをしているかのような大雨が来て、そこで傘を持たぬ人々は屋根があるところに避難するわけですよ。2006年に東京で大停電があったのですが、その時人々は外に出て、「心配ですね」「大丈夫ですね」なんてやって、途端に近所づきあいが生まれたりもしました。

 これと同様に、人というものは、同じような窮地(でもなんとかなることは分かっている)に立たされると、途端に話しやすくなるのであります。ですから、美人ギャルには「よし! アンタは今年の夏、『ゲリラ豪雨ハンター』になり、渋谷や恵比寿に毎日出没し、ゲリラ豪雨が来たら飲食店の軒先とか、飲食店の入っているビルなんかで雨宿りをしなさい!」と伝えました。

 その心は、同様に雨宿りをしている男に対し、声をかけやすい状況にあるからであるっ! 

「すごい雨ですね…」
「ゲリラ豪雨ってやつですね」
「今年は多いですね(笑)」
「そうですね。いやぁ、困りましたねぇ」
「お急ぎなんですか?」
「いや、そんなこともないのですが、TSUTAYAにレンタルDVD返さなくちゃいけないんでね……。まぁ、明日でもいいのですが」
「だったら、どうせここで無為に過ごすより、一緒にこのビルの3階に入ってる『鳥良』行きませんか? 私、手羽先が突然食べたくなったので……」
(男、驚くも「ウヒヒ、案外いい女だな。Eカップはあるゾ」、なんて思う)「えっ? 僕で良ければ…」

「じゃあ行きましょう! 私、『大辛』が食べたいです!」
「はい、行きましょう!」

 という展開が予想されるわけでございます。

 というわけで、今年はゲリラ豪雨をモテない皆様方はナンパにご活用下さい。

 そして、台風直撃の日は、電車が止まったり、傘がぶっ壊れたりすることが予想されますので、同様に飲食店の入ってるビルで雨宿りをする男女が続出するかと思います。しかも、電車はもう終わってたりもする。そういう時に、

「もう電車も来ないし、すごい雨だから手羽先食べませんか?」とこれまたナンパができるのですね。

 私は常に前向きに生きている男であります。よって、ゲリラ豪雨や台風という本来はイヤなものでさえ、こうした発想に切り替えることができるのであります。

 みんなの笑顔に感謝! すべての出会いに感謝! 人間は可能性に満ちている! 人生、前向きに生きてれば必ず認められる! 夢は絶対に叶う! ポジティブに生きましょう!

 そんな私が7月25日に出す本がコレです。是非とも予約くださいませ。


 夢、死ね! 若者を殺す「自己実現」という嘘 (星海社新書)

 
※追記:先程Eカップ美人ギャルより、決意表明のメールが来ました。紹介します。

ありがとうございます!
逆ナンしたいという気持ちはすでに99%で、
あとは1%の勇気だけです。

ゲリラ豪雨ナンパが流行る前に、
(流行ったほうが行きやすいかもしれませんが)
みなさんによい報告ができるといいなと思います!


ツイッターで「日の丸アイコン」つけている皆様 意図とは違う解釈されバカ扱いされてるから気を付けろよ

2014-07-03 17:24:29 | Weblog
ツイッターを見ると、アイコンの右下とかに日の丸のアイコンをつけている方々が時々いますね。

ほとんどは、匿名の方々で、実名・顔出しをしている方々ではないのですが、最近新宿焼身自殺騒動で絶賛炎上中・そしてなぜかネトウヨから絶賛支援を受けている北海道議・小野寺まさる氏みたいに、実名の方にも時々いらっしゃいます。

国を愛することは重要なのですが、ツイッターが始まり、日の丸アイコンが登場してからかなりの時間は経っているのですが、今となっては、日の丸アイコンをつけることは

「自らバカであることを明らかにする」

と思われてしまうんですよ。

理由は、日本人であること以外に一切誇るような実績のない実に惨めな人生を送ってきたネトウヨの皆様方が、日の丸アイコンをつけることに誇りを持ち、そして、生粋の頭の悪さから発するバカな発言をツイッターで巻き散らかすことにより、日の丸アイコン自体がバカの象徴になってしまったのですね。

ネトウヨの皆様方、あなた達は日の丸を汚す反日活動家であると私はここで認定したいと思います。


それでは、日本国籍を持つ以外の何らかの誇れる実績をお前らは作ってくださいませ。あと、日の丸アイコンをつけているまともな方々は、バカ過ぎるネトウヨと同列に扱われるリスクも含め、そのアイコンの使用の有無を吟味すべきではないでしょうか。

私のようなサンタクロースアイコンは、無害ですので、是非ご使用ください。