僕と花子のルンルン生活だヨ!

巨乳 AV おっぱい 女子アナ 画像 オッパイ 18歳未満 女子高生 ラーメン ザーメン ヒヤソーメン アッー! ウホッ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

一橋のプロレス研究会 入ると案外いいことあったりするぞ、その利点を教えてやるぞ、この野郎

2015-05-24 14:59:14 | Weblog
大学のプロレス研究会が廃部危機 ファンの嘆きの声-夕刊アメーバニュース

 まぁ、この通りの話ではあるのですが、一橋大学世界プロレスリング同盟(HWWA)に、一橋生が一人しかいないため、一橋生同士のカードが組めない! これは問題であるっ! ということで期限を区切られて一橋生の部員をあと一人入れるよう、大学当局から指導を受けたという話であります。

 まぁ、ここではHWWA出身者として、いかにこのサークルが優れているかを一橋の学生の皆様にお伝えしましょう。入ることによって、案外楽しい未来があるよ、という話であります。


 そもそも私がプロ研に入ったのは、1995年、大学3年生の春でした。当時、会長はうじきよわし(現・常見陽平)でしたが、彼が様々な場所で書いている通り、私としては「こんなに面白いヤツと友達にならないまま卒業するのはもったいないな」と思ったのでした。

 もちろんプロレスはそれなりに好きではありましたが、自分が「やる」となると別の話なワケですよ。しかしながら、一橋のクソマジメで穏やか過ぎる雰囲気にイマイチ馴染めなかった私としては「変わらなきゃ」とばかりに、「中途入部」をしたわけです。

 元々プロ研は1学年1人~2人程度しか入らない伝統があるため、練習用のマットを運ぶ人員が増えるのはそりゃいいさ、とばかりに当然私も入部を認められました。元々中途入部の伝統があったのですね。しかし、今でも本当に思っているのですが、この時HWWAに入ってつくづく良かった……。そう断言せざるを得ません。

 別に、今の私の編集者・ライターとしての人生が栄えあるものかといえば、まぁ、そこまで大したものではありませんが、間違いなくとんでもなく楽しい人生になっているということは自信を持って言うことができます。その素地を作ってくれた一つがHWWAだと思います。「あぁ、人生ってこんなに自由なんだな」ということを教えてくれたのであります。いくつかの観点から見ていきましょうか。

【希望の就職先の内定を取りやすい】
 就職活動の面接ってものは、いかに面接官から興味を持ってもらうかにかかっております。「ボランティアをしてました」「副部長でした」「バイト先ではサブリーダーでした」みたいなヤツばかりいる中、「プロレスやってました」なんて言ったら面接官、「えっ? もう一回言って?」と興味持ってくれますよ。

 どうせ下品なリングネームつけられるだろうから、リングネーム聞かれたら少し恥ずかしそうに「は、はい、スカトロング山田でした……」なんてうつむきながら言えば相手はクスクス笑ってくれますわ。マスコミ系であれば、この程度のことで落としたりもしないので、とにかくこの稀有な体験を、面接で十分に活かしてください。絶対に差別化できます。


【バカなことを良しとする文化がある】
 基本、学生なんてふざけたいワケですよ。それなのに、キッチリキッチリパワーポイントのフォーマットがどうのこうのとか、そんなのばかりで、あぁ、うぜぇ、なんて思う方もいることでしょう。HWWAはその点があまりにもテキトーで自由に生きられるぞ。

 いや、公務員がキッチリするのはいいけど、お前、まだ学生だろ……、みたいなことを現在付き合っている仲間に対して思っている方は、自由でバカが容認される文化を体験してみてはいかがでしょうか。今、テレビブロスで編集者やってる塚崎君なんて、こいつ、初めての練習の日着ていたTシャツに「RESET」って書いていたもんだからリングネームがRESETになってしまい、未だにブロスの編集部で「RESET君」なんて言われてるぞ。

 で、こいつ、3年生の時かなんかに「バイトさせてくださいよ!」なんて言って、オレの元でライターを週1回やってたんだけど、「後輩にも紹介していいっスか!」みたいで、芋ヅル式に一時期オレのところのライターが学生レスラーだらけになったことがあった。しかもブロスの仕事をさせては「『魁!クロマティ高校』の全コマを数えて、登場回数が多い順に並べた表を作れ!」とかやらせていたわけですよ。あとは「セミの抜け殻でふりかけを作って味をレポートしろ」とか「童貞がラブホテルに入る方法を研究した」とかやるわけよ。

 あとはカブトムシを取りに行かせてその飼育日記をブロスで書かせたりとか、OBにもこんな連中(ってオレのことだな…)が多いから、案外「社会人ってこんな自由でいいんだ」ということを学生時代から学べるぞ。


【マイノリティであることの辛さを知れる】

 練習場は体育会の連中がいる隅っこなワケですよ。オレらが「キエーッ!」とかやって練習してると品行方正なあいつらは、「精神異常者がいるぜ…」とかひそひそとやっては「あいつらに喋りかけないでおこうぜ」となる。新歓の時期にしても、他の部は人数多いものだからお揃いの服を着ては豊富な資金でチヤホヤする。そこを「あぁ、オレらは辛いよ…」となる。

 しかーし! こうしてだなァ! 「人に優しく」というのがどういうことなのかが分かるのであるっ! これが人としてたいへん重要なことであるっ!


【熱烈なる支援者の存在と出会える】
 というわけで、虐げられた面もあるが、こうして日々バカなことをしていると、「あのバカさにホレた」と思ってくれる人が出てくるのである。それぞ年に1度、一橋祭中夜祭のナイター興業に来てくれるお客さんだったりもするし、学内で密かに応援してくれる他の部のバカだったりするのだ。卒業後に「あの時は言い出せなかったけど、オレ、プロ研の試合、全部見てたんだよ」なんて言われると嬉しいぞ。

 で、この「支援者」だが、オレの時なんてひどいぞ。プリントセンターのババアと仲良くなって部員獲得用フリーペーパー・「プロ研スポーツ」用の紙を横流ししてもらっては無料で印刷させてもらったりしてな。あまりに枚数が多いのを不憫に思ってくれたんだろうな。コピー機はさすがに使わせてもらえず「リソグラフ」だかなんだかの簡易印刷機だったが、何かと不憫に思ってくれババアは融通を利かせてくれた。それは職員も同じだ。どう考えてもオレらには優しい人が何人かいた。

 こうして、「人に感謝すること」をお前らは学んでいくのである。

【人から面白がられることの快感を得られる】
 まぁ、今常見もオレも、TBSの橋Pも、SAPIO編集部ののりピーマンも、日テレのチャコも、テレビブロスのRESETも、デイリースポーツのボッキも、毎日放送のラモス(こいつは映画『ガチ☆ボーイ』にも出ている)も、なんだか自分のやったことが多くの人に見てもらえることに快感を覚えちゃったんだろうな。だからこそ、現在はお仕事として、何やらネタ作りに日々いそしみ、世間の皆さまにとってはあまり大事ではないものの、時に暇つぶしとなるコンテンツを作っているのであります。そういったトレーニングはプロレス研究会では確実にできます。

 マーキュリーとか一橋新聞なんて入ってる場合じゃねぇよ、この野郎!


 いつの間にやら「お前」呼ばわりで後輩扱いしているが、オレの文章をここまで読んでHWWAに魅力を感じたのであれば、すぐに現役に連絡しろ。下にURL貼っとくわぃ。


 というわけで、入部希望者はこちらへ!


張本勲さんが醸し出す「ワシらの頃のプロ野球はレベルが高かった」説はホントかよ、と思ったのだった

2015-05-04 10:30:00 | Weblog
『サンデーモーニング』(TBS系)の『週刊御意見番スポーツ』に登場するハリーこと張本勲氏が最近絶好調ですね。ダルビッシュから暗にチクリと言われたり、カズに引退勧告してサッカーファンからブーイングを浴びるわ、錦織圭が試合中にマッサージされたら「またか!」と言ったりする。

それでいて、女子アスリート、高齢者、子供のスポーツについては何があろうとも「あっぱれ!」を入れるこの「ワシの喝・あっぱれ基準はワシの個人的好みだけじゃ」を貫き通すハリーのこの清々しさには「あっぱれ!」をあげたいと思います。

ハリーはMLBのレベルが超絶的に低いと叩き、「こんな凡ミスは日本の選手はやらないよ! 喝だ! 大喝だ!」みたいな話をするのですね。そして、日本野球のレベルの高さをホメて「いいから早く帰ってきなさいよ」と日本人メジャーリーガーに呼びかけ、最終的には自分達がいたころのプロ野球のレベルがいかに高かったかを力説する。

私達視聴者と、その他『サンデーモーニング』のコメンテーター陣は、ジイさんの居酒屋武勇伝をひたすら聞いては苦笑いを浮かべて暖かく見守っているワケですが、ハリーがここまで「日本の野球のレベルは高い」「ワシらの時のレベルは高い」と言える理由について考えてみましょうか。

ハリーの場合は、自分達の時代を全面的にホメてるのではなく、「ワシと他数名がすごかった」と言いたいのではないでしょうか。一応番組で共演する「助っ人」の元選手(立浪とか金本のことね)のことは「すごかった」と言うものの、多分、自分と他数名(王・長嶋・野村・金田など)こそ別格と考えている節があります。同様の傾向が見られるのは金田正一氏ですね。川上哲治氏が亡くなった直後に『サンデーモーニング』に出たら川上さんの追悼よりも「ワシがいかにすごかった」という話をしますし、週刊ポストの取材に対しては「ワシの球は180キロ出ていた」「ワシがMLBに行ったら年俸30億円」なんて言ってるのに近いところがあります。

もちろん、ハリーも金田正一氏も、王貞治氏も、長嶋茂雄氏も、野村克也氏も小山正明氏も、米田哲也氏もスゴい選手だったのは間違いありません。しかし、今の選手と比べてどうか? という話になるとよく分からないんですよね。

オレが最近思い始めたのが、ハリーの時代のプロ野球選手って、2015年のレベルの野球だったらレギュラー取れる選手はあまりいないんじゃねぇか? と思うんですよ。それこそ、巨人・南海・阪急・西鉄ばかりが優勝し、年間30勝しちゃったり、防御率が毎年1点台だったりする投手がいたり、もう無茶苦茶です。日本プロ野球の通算最高記録もその時代に出ている。

本塁打:王貞治 868
安打:張本勲 3085
打点:王貞治 2170
盗塁:福本豊 1065
勝利数:金田正一 400
奪三振:金田正一 4490

このサイト、見てください。まぁ、1950年~1970年代の選手が上位を軒並み独占ですわ。ということは、当時の野球については「レベル自体は低かったが、一部のすごい選手が打ちまくり、投げまくっていた」という事実があり、その結果、「過去補正」がかかり、選手達がOBになった時に絶大なる権力を獲得し今でもエラソーにしている、というものがあるのかもしれません。チームにも2~3人すごい選手がいて、他の選手は平凡な記録を残す、という例がかなり多いんですよ。

つーか、単純に言うと、「もし筒香が1960年代のプロ野球選手だったら年間70本ホームラン打ってるんじゃね?」「もしイチローが1960年代のプロ野球選手だったら600打数300安打の打率5割とかだったんじゃね?」ということです。

私が敬愛してやまない「打順萌えbot」というツイッターIDの紹介する打順と成績を見てみましょうか。

1956年 読売ジャイアンツ
8与那嶺要 .338 13
6広岡達朗 .233 9
9宮本敏雄 .263 19
3川上哲治 .327 5
5岩本堯 .254 8
7加倉井実 .220 9
2藤尾茂 .276 14
4内藤博文 225 5
1-
四番打者の本塁打数が5本です。

1964年 阪神タイガース
6吉田義男 .318 8
4本屋敷錦吾 .221 4
9藤井栄治 .266 9
7山内一弘 .257 31
3遠井吾郎 .282 12
8並木輝男 .230 11
5朝井茂治 .243 11
2辻佳紀 .181 4
1-
「世紀の大トレード」でやってきた山内と歴代最高ショートとも言われる吉田以外、パッとしません。


1970年 東映フライヤーズ
4大下剛史 .301 8
5岩下光一 .254 3
7張本勲 .383 34
3大杉勝男 .339 44
8白仁天 .276 18
9毒島章一 .232 5
2種茂雅之 .205 4
6大橋穣 .183 7
1-

ハリーと大杉が別格過ぎますね……。

1963年 国鉄スワローズ
8丸山完二 .246 3
7高林恒夫 .222 3
5徳武定之 .300 14
6豊田泰光 .292 20
9宮本敏雄 .252 11
3星山晋徳 .228 12
4土屋正孝 .260 9
2根来広光 .229 5
1-

これもなんとも……。

1973年 読売ジャイアンツ
8柴田勲 .277 6
7高田繁 .251 14
3王貞治 .355 51
5長嶋茂雄 .269 20
9末次民夫 .262 13
6黒江透修 .246 8
4土井正三 .262 5
2森昌彦 .220 3
1-

V9最後の年の巨人のオーダーです。王が別格ですね。長嶋はこの次の年で引退。

これが1980年代以降になるとこうなってきている。投手がヘボになったとかそういったツッコミも来そうですが、まぁ、そんなことはないんじゃないの? かつての「絶対的力を持つ三本柱」の時代から「6人で回す表と裏のローテーション」に野球が変わったということだけじゃないでしょうか。あとは外国人選手も増えてきてレベルが上がったのかもしれません。

1983年 西武ライオンズ
4山崎裕之 .287 18
8立花義家 .309 8
5スティーブ .321 17
D田淵幸一 .293 30
7大田卓司 .297 20
9テリー .278 38
3片平晋作 .278 19
2大石友好 .210 4
6石毛宏典 .303 16

2000年 横浜ベイスターズ
6石井琢朗 .302 10
5金城龍彦 .346 3
7鈴木尚典 .297 20
4ローズ .332 21
9中根仁 .325 11
3佐伯貴弘 .259 6
8多村仁 .257 7
2谷繁元信 .251 9
1-

 結局何が言いたいのかと言うと、ハリーが醸し出す「ワシらの時代の野球はすごかった」というのは「全体のレベルが低い中、無駄にチームが多かったため突出した選手の成績が無茶苦茶スゴくなった」ということにも感じられる、ということです。一体なんでオレはこんな「僕のなつやすみのれぽーとだよ」みたいなことを書いているんだ、喝だ! もう一つ、大喝だ!