かえるところ

田舎のおうちで何をしよう。ひとまず家族でリフォームし、私は野菜を作ってみよう。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

糸車

2006-03-28 22:03:02 | 古民家再生
今日は朝一番に
種まきをしようと
思ってたけど、
糸車に柿渋を塗る任務の
指令を受けた。

以前壊れてる箇所を
直していただいたのだけど、
新しく継ぎ足したところだけ
色が違うので、
柿渋を塗ってごまかそうということらしい。

問題はわっかの部分で、
竹でできているので、
柿渋をはじいてしまう。

塗って乾かして塗って乾かして
一応努力はしてみたのだけど、
これは無理だと
適当に見切りをつけて
畑へ逃げた。

先日倉敷へ行ったときに
お昼ごはんへ立ち寄ったお店では
一枚の天然木をテーブルに、
なんと足は何かの塗料で
深い茶色に着色した太い
竹筒を使ってあった。
あれはどうやって塗ったのかなあ。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 倉敷クイズ | トップ | いちにち »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
糸車 (kei)
2006-03-29 21:26:46
おおっ!

ここで糸車を見るとは。

糸車使うの難しいよね。

のらさんは簡単?かな。

keiさんへ (のら)
2006-03-29 21:32:11
これは数年前に

京都骨董祭で買ったものなのだけど、

壊れてたところを

棉屋さんのご好意で

修繕していただきました。

糸車で糸紡ぎ、私できないのです。

ちょこっとはしたことあるけど、

手でしたほうが早いかな。

慣れの問題だと思うけど。

ちなみに、これは綿紡ぎ用ではなくて

麻か何かだそうです。

コメントを投稿

古民家再生」カテゴリの最新記事