そよ風つうしん

ふと見上げた空や、足元で身近に見つけた、可愛い! あれ? まあきれい!! などなど。あれこれとご紹介しています。

初めて見てくださる方へ

2016年12月31日 | 本の紹介・その他いろいろ
ようこそお越しくださいました!

このブログは、身の回りの自然の中から、その日その時の心に、眼に、印象付けられたものをご紹介したり、私の心に響いた言葉や本などご紹介する、ささやかなブログです。

どうぞよろしくお願いいたします。

写真は、秋の夕空。大夕焼けです。
懐かしい枚方の空・・・


☆左脇のメニューの中に「カテゴリー」というのがありますので、その中からお好きな分野をクリックして、過去記事も含めてお楽しみいただくことも出来ます。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もし文字が小さくて見づらいときは

2016年12月30日 | 本の紹介・その他いろいろ
ブログ画面の左サイドの上から2番目に「文字サイズ変更」という表示項目がありますので、“中”“大”などをクリックしてくださると大きな文字になります。
お手数ですがよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お詫びとお知らせ

2016年09月20日 | 本の紹介・その他いろいろ
いつも見ていただきありがとうございます。

涼しくなって夏の疲れが出たのか、ちょっとばかり体調を崩しています。
なので、しばらくお休みをいただきます。

もうしわけありません



コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

こんなのを見たことありますか?

2016年09月16日 | 3~5月の草木
古いブログ記事を見ていたら、こんなものが目に付きました。
珍しいと思いますので、ご紹介してみます。
ただ、ちょっと季節が違うので、ごめんなさいです。
この写真を写したのは春のことでした。


実際はこんなに大きくはないのですが、お椀の中に小さなタネのようなものが入っています。
おままごとが出来そう!

初めて見たときはとても楽しく思いました。

街暮らしでは、目にされることは少ないと思います。
枚方に住んでいるときは、遺跡の近くだったので茂るに任せた場所もあり、色んな植物に出会えました。
これもその一つです。

名前はヤマネコノメソウ
以前に、ブログに詳しい写真と記事を載せていますので、興味のある方はどうぞご覧ください。
こちらです




にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

夕空のヤマナラシ

2016年09月15日 | 9~11月の草木
私の部屋から見える小さな夕焼け空に、

ヤマナラシの木の先の方だけがシルエットになって見えています。

この木は、ポプラに仲間なので、

姿が好きでいつも愉しんで眺めています。


だいぶん以前に、このヤマナラシという木のことを書いたことがありました。

毎日のように買い物に行くスーパーの前にある中学校の校庭に、高々と伸びて風に吹かれて葉っぱを揺らしていました。

いい感じの木だなあ~と思いつつ、名前が解らずにいましたが、ブログに載せたら
いつもコメントをくださる小坊主さんやかぜくささんから、がヤマナラシという名前を教えて下さいました。
葉柄が長いので風が吹くとサワサワと鳴るので、このような名前がついたということも


山の中で、たくさんの木立が風に吹かれて、葉っぱを鳴らしている様子が目に浮かび、音が聞こえてくるような気がしました・・・


秋になれば紅葉も黄葉もするのですが、夏の終わりごろに生えた葉っぱは、緑色のままなのです。
そしてなかなか散りません。
去年初めて見たその姿に、驚かされました。

プラタナスなども、そんな姿を見ることがありますね。

そんなに長寿の木ではないそうなので、なるべく長く生きていて欲しいなあと
思っています。





にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

不思議な花が

2016年09月13日 | 9~11月の草木
私が住んでいる部屋の下の階にお住まいのご夫婦は、小さな花壇を作っておられます。

その場所は私が雑草の楽園にしようと計画していた場所でした。
なにせ雑草を栽培(?)しようと考えていたくらいですから、普通の方から見ると「荒れ放題に放置されている土地」に見えたのでしょう。

そのご夫婦が引越しされてきて数日後、私が買い物から帰ってくると、ものの見事に耕されていました。すごくショックでした
種を蒔いてあったのが無駄になったので、いささか残念でしたが、時すでに遅しです、、、


それから数ヶ月、次々ときれいなお花が咲くので、まあいいか~と愉しませてもらっていました。
そして先日、一輪咲いていたトルコキキョウを眺めていると「お好きですか? 一輪ですがどうぞ生けてください」と、あっという間もなく切って下さいました。

頂いて帰って花瓶に入れてから気がつきました。
普通に咲いているムラサキの花の隣のツボミが、真っ白なのです。
(ここにUPするはずの写真を、うっかり削除してしまいました。すみません
ちょっと開いてしまってますが、とりあえずこんな感じでした。


そしてすっかり開いたのがこれです。

なんと、うっすらとした青色がついていました。
こんなこともあるのですね。  
ちょっとビックリでした。




にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

昨日の雲模様

2016年09月12日 | 9~11月の空
厳しい暑さをもたらした太平洋高気圧も、さすがに疲れたのか、酷暑の大阪もやっと秋めいて来ました。

きのうも秋らしい雲が姿を見せて、もしかすると、各地で色んな虹色が見られたのではないでしょうか?

上の写真は、鳥さんが立ち上がって首を振っているところを、高速写真にしたような?

上の写真の横の方には、こんな雲も並んでいましたよ。


上空はかなりの強風のようですね。


数日前にはこんな不思議な雲も。

飛行機雲がちぎれて、風に流されたのでしょうか?
飛行機の航路ではない場所なので、ちょっと不思議な感じでした。


この3枚の写真のような雲は、たいていすぐに広がって消えていきますね・・・



にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プチモンの写真の続きです

2016年09月09日 | チリ、プチモン・オクリカンクリ・貝がら
写真では色が解りにくいかもしれませんが、銀色しているのと体形からボラの子供かと思います。

この形ははサバかな?

顔の形と尾びれのところが細くなっているのが特徴です。

そしてこちらはハゼ?


これはとても大きなフグの仲間です。大きくてビックリしました。

生きていたらかわいいでしょうね?

お魚はここまでです。


これはヒラツノモエビで、顔の上についているツノが立派なのでオスでしょう。



これは名前不明ですが、おヒゲがずいぶん長いですね。
よく折れなかったことと驚きました。


これはオマケで入れてくださっていた貝殻ですが、サクラガイの仲間でしょうか?

おとなしめの色ですが、きれいでした。
ありがとうございます!

他にクリイロカメガイもありました。
プチモンにはクリイロカメガイが、とてもよく入っています。

裏側です。

左のは色がうすいので、クリイロではない普通のカメガイかも?


今回はこんなところでした。
またそのうちに購入して見るつもりです。





にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

先日のプチモンたちの拡大写真です

2016年09月07日 | チリ、プチモン・オクリカンクリ・貝がら
ご無沙汰いたしました、、、プライベートなことなんですが、いささかショッキングなニュースに驚かされて、腰を抜かしておりました、、、
長生きすると、色々と歓迎すべからざるニュースもやってきます。
それを、なんとかかわして行くのも、歳の功なんでしょうか?
それはまあ、おいときまして・・・


すっかり遅くなりましたが、先日のプチモンたちの写真です。

今日は、まずは4枚ほどを。

最初のは、いわずと知れたカワハギの仲間です。
頭の上にあるのトゲが、長く延びているのはオスだそうですね?
なかなかカッコイイと思います。


次は、これもおなじみのタツノオトシゴ。

小さい可愛らしい固体です!


これは、いつもとはちょっと様子が違うチョウチョウウオの仲間。

プチモンの中には、時々現れます。
種類がちがうのでしょうか? 背びれがとても立派ですね。


そして、これは

例の、首の付け根に黒い模様があって、上から見ると顔のようになっている種類のエソと、下の小さいのはアイゴだと思います。

顔に見えるのなんてしらないよという方には、この写真を!

ほらね!
初めてこれを発見したときには、大いに笑ったものでした




にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

行き合いの空

2016年08月31日 | 6~8月の空
私が、空の写真の師と仰ぐ、高橋健司さんの『風と光と雲の言葉』という本の雲のページに「行き合いの空」という言葉が載っています。

「季節が夏から秋に移る頃の、暑気と冷気が行き合う空を言う。地上付近はまだ暑さが厳しくて、空には入道雲が湧き上がっているのに、さらに高い空に巻雲を見つけたような時は、秋の忍んできているのが感じられる」とあります。

今日は二百十日、昨日は台風が吹き荒れました。
進路にあたった地方の皆さまには、かける言葉も見当たらないほどの大きな被害をもたらして・・・
年々気象は荒々しくなってくるように感じます。
地球も宇宙も、怒り狂っているのかもしれないですね。


今日の空は静かです。
8月最後の一日、もう秋は来ないかと諦めていましたが、雲も光も雲も、心なしか秋めいて。

ヒマワリも去り行く季節を見送っているようです。




☆『風と光と雲の言葉』は、amazonの中古で、入手できます。





にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加