きもの和らいふスタッフブログ/札幌を中心に北海道で振袖をレンタル&販売の日々

大正元年創業の老舗呉服店とは思えない(◎_◎;)スタッフのゆるーい日常を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東京炒飯

2013年10月30日 | ぐるめ
弊社若手スタッフが、江別市で振袖イベントを開催している頃、
私は、先週の“ええじゃないか展”の振替休日で、
『中華三昧』の旅に出ておりました。

弊社の某スタッフは、現在イタリアに『パスタ三昧』の旅に出ておりますが。
私は、国内で。
横浜中華街方面へ・・・。

私は、食べることに夢中になってしまうため、
お店の写真や、食べた料理の写真はほとんど(いえ、全く)撮らないです。

また、グルメリポーターのように“△△と▽▽の絶妙なうんぬん・・・”という
感想も述べられません。

美味しかったと思うお店にはまた行くし、
そうでなければ、もう行かないだろうし・・・。
今度は違うメニューにチャレンジするかもしれないし・・・。

今回の旅で、“マジ美味しかった”“また食べに行こう
と思ったのは、
天下の“赤坂離宮”あの“赤坂離宮”プロデュースの「東京炒飯」です。

東京駅の改札の中にあるお店でいただきました。

「極上スープかけ特製チャーハン」¥1,500

待つの、並ぶの、が大嫌いで、普段(札幌)なら、絶対にスルーするのですが、
ここ(東京)は並ぶのが当たり前と、自分を納得させて
行列の最後尾に着きました。
・・・旅も3日目、じゅうぶん“並び慣れ”しておりました。

炒飯と、スープカップと、スープが入ったポットが出てきて
炒飯には味が付いていますので、このまま召し上がっていただいて、
 スープをかけるときは、こちらのカップに炒飯を入れて
 スープを注いで召し上がって下さい。」と説明を受けました。
なんだか、“ひつまぶし”みたいで嬉しいでしょ。

炒飯は金針菜の花入りで、シャクシャクした歯ごたえが
・・・金針菜大好きだし。

スープは薄味で紹興酒の香りが立っています。
そのまま飲んでも、私は好きです

炒飯にスープをかける~より、私は、炒飯をスプーンですくって
カップの中のスープにちょっと浸していただきました。
・・・この食べ方、おすすめします。

次に東京に行くときも、食べたいですっっ

・・・次に『中華三昧』するときは、
キモノで、ちょっと高級なお店もよいかなとも思っていますが。










コメント   この記事についてブログを書く
« ファッションブランド振袖全... | トップ | 旭川イベントご案内 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ぐるめ」カテゴリの最新記事