きもの和らいふスタッフブログ/札幌を中心に北海道で振袖をレンタル&販売の日々

大正元年創業の老舗呉服店とは思えない(◎_◎;)スタッフのゆるーい日常を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

絽の半衿に簡単染色

2019年06月19日 | はんどめいど

事業部のHです。

今週末は、誕生記念祭

「一の会」(はじめのかいと読みます)

があります。

 

単衣だ...

キモノの世界では、6月は単衣を着ます。

半衿、付けなきゃ...

キモノを着る前に、やらなきゃならないことの一つに

長襦袢に半衿を縫い付ける作業があります。

 

・・・最近はファスナーで付ける半衿があったり、

テープで貼る方法があったり、

簡単になっていますが、

私は縫い付ける派なので、めんどくさい

 

単衣になると、半衿はが一般的ですが、、

最近は、ひんやりビーズの半衿や、

木綿や麻素材のものも使われています。

とりあえず、私は...

(うちの会社は呉服屋さんなので)Kさんに

絽の半衿(売って)ちょーだい

と言ったら、

無い

と即答されてしまいました。

...

 

仕方無いので、自宅の道具箱を漁って

新品の衿裏見ぃーっけ

衿裏なので、半衿の倍の長さがあるから、

切っちゃって、半衿が2枚出来たことになります

 

更に道具箱から

夏をイメージするスタンプと、

布に押せるスタンパーと、布に描ける染色ペンで、

ペタペタはんこ押し...

上からアイロンをかけることで、

インクを定着させることが出来ます

超・簡単夏の染め半衿出来上がりぃー

 

 

 

コメント

新元号「令和」制定記念 一の会

2019年06月14日 | ご案内

事業部のHです。

 

来週、6月21日(金)~24日(月)の4日間、

恒例の一の会(はじめのかい...と読みます

開催致します。

 

コメント

フランスギク

2019年06月13日 | がーでにんぐ

事業部のHです。

本日、午前中は企画会議

営業の人間が出払っていて、事務所は静かです。

平和だ

 

外は(天気予報じゃ何も言って無かったけど)

霧雨が降ってきて、

私の雨乞いの舞の効果かな...

 

ボランティアで遊歩道に花壇を手入れしているのですが、

日照り続きで、お花が干からびていました。

ちょっと潤ってくれると嬉しいです。

 

遊歩道はそれほどでもないですが、

JRの線路の縁に、

フランスギクがたくさん咲いています。

子供の頃はマーガレットだと思っていましたが、

正しくはフランスギクなのだそうです。

綺麗な見た目に反して、臭い花・・・と、覚えていました。

今更、嗅いでみる気も無いですけど。

繁殖力が旺盛で、この時期、札幌市内のそこいらじゅうで見かけます。

花壇にもありますが、

これ以上は増やさないよう、

タネを作らせないよう、

花盛りのうちに全部、刈り取ることにしています。

刈り取る前に、写真をパチリ

 

 

コメント

キショウブ

2019年06月10日 | がーでにんぐ

事業部のHです。

今年の札幌は、雨が極端に少ない気がします。

 

元々、梅雨の無い北海道ですが、

温暖化の影響なのか、

ここ数年、5月半ばに『全国で北海道が一番暑い』と

ニュースになる時期があり、

『リラ冷え』がもはや死語かと思うほど。

 

かと思えば、ここは亜熱帯かと思うような

いきなりスコールのような雨が降ったりしたのに...。

今年は、たまに天気予報にマークが出たと思ったら、

結局、降らず。

 

近所の小学校なんか(午後からも競技があるので)

「午後から雨」の天気予報を信じて

朝は晴れていたのに、

早々に「翌日に順延」したら、

結局、一滴も降らず、めっっちゃだし...

 

そんな中、水辺の植物のハズのキショウブ(黄菖蒲)

鮮やかに咲いています。

 

実は、北海道のブルーリストに載っている

外来生物です。

繁殖力が旺盛で、在来の水辺の植物が負けちゃうそうです。

 

私が花壇の手入れをしている河川敷の遊歩道にも

たくさん生えています。

私が植えたんじゃないです

イネ科の雑草よりマシなので、

自分が管理出来る一定量を残して、

毎年、処分しています。

(今朝、まだ咲いているうちに根こそぎ抜いて廃棄しました。)

それなのに...

今年、川の中にも生えていてビックリしました。

 

 

 

コメント

ポピー

2019年06月07日 | がーでにんぐ

事業部のHです。

ブログのテンプレートをポピーにしてみました。

 

ボランティアで、河川敷の遊歩道に花壇を造っています。

 

ポピーはタネを直蒔きする、比較的育てるのが簡単な花ですが、

河川敷は、雑草のタネも飛んでくるし、

ポピーの種は小さくて、風で思わぬ方向に飛散するし、

これまで上手に咲かせることが出来ませんでした。

 

このオリエンタルポピー

お花ひとつが、私の手より大きいんです

たくさんタネを蒔いたのですが、全然、芽が出ず、

3年くらい続けて、もう諦めた頃に、

いきなり大きくて真っ赤な花が咲いたので、ビックリしました。

それから毎年、この一株だけ、もう4年、咲き続けています。

 

他にも、シャーレーポピーのタネも蒔いています。

タネが小さいので、灰に混ぜて蒔くのですが、

昨年の秋、土の上ではなく、砂利の上に蒔いてみました。

そうしたら、今年初めて、

自分が蒔いた場所からちゃんと芽が出てきました。

虞美人草(ぐびじんそう)ともいいます。

花弁が和紙のように薄く色鮮やかなんです。

これからどんどん咲きます

コメント