ものづくり・夢工房     久保田技術研究所

バイク CB72 CB250 CYB350、yamaha YR2C等、旧車のレストアと、新幹線等のものづくりについて

CB72 CB350 CYB350 アルミタンクの製作 RCタンクキャップ編 part13

2016-03-13 | CB350 CYB350 レーサー

タンクキャップ完成!

キャップの蓋部分は真鍮板でシンバル状の形になっていたのでプレス用の金型を製作しました。 

仮に1mm厚の鋼板でプレスした。ばっちり形になった。。

 

 真鍮でやるとしわだらけになりました。叩いて修正        2枚の真鍮板の間にコルクのパッキンがはいります。 

 

 

中心には4mmのエンドミルで左右に広く彫りこんだ。ボルトが抜けないようにする(上からキャップする。)のと、ねじが回らないようにするためです。

パッキンの止めねじは自在に角度が変わり上下にも可動するようにしなければならない。本物のねじのとめ方は見たことがなく想像で自分なりに製作した。 パッキンと蓋との間には内径10mm、長さ15mmの巻きばねを入れています。

 


 

ホームセンターで2mm厚のコルクを購入し形に切って取り付けた。雰囲気が出た。前後、左右、上下にに自在に動くようになり満足のいくものとなった。あと空気取り入れ穴1mm程度を開けて完成です。

 

 

 

 

コメント

CB72 CYB350 アルミタンクの製作 part11 

2016-03-05 | CB350 CYB350 レーサー

久しぶりにCYB350アルミタンクの製作に取り掛かりました。底板を溶接しました。 

人に見せれるもんじゃないですね。 美しいビードを出すのは難しいです。初めての挑戦です。

慣れるしかないと思います。しかし なんとか形になってきました。

タンク前を溶接汚くなってます。磨けば良しとします。下手な溶接です。

汚い溶接部分をハンドグラインダーで削りました。(向かって右側) 意外に奇麗に見えます。

反対側も削りました。

木型と同じ形ができました。今回の形は少し細すぎたように思います。次回はもう少し幅の広いタンクにします。

 

 

フレームにはきっちりおさまりました。 後はコックの取り付け部分を作って形は終わりになります。

この後、真っ赤に塗装し、RSCタンクマーク を貼って完成となります。まだキャップが製作途中になってますが

もうすぐ完成です。

CYB350 アルミタンク 製作途中

コメント

よければクリックお願いいたします。


バイク ブログランキングへ