ものづくり・夢工房     久保田技術研究所

バイク CB72 CB250 CYB350、yamaha YR2C等、旧車のレストアと、新幹線等のものづくりについて

CB250 CYB350 アルミタンク叩き出し始める 4

2014-12-29 | CB350 CYB350 レーサー

アルミタンク製作編 part4

 左右のタンクパネルが形になってきた。左右細かいところまで同じ形にするのは難しい。

型取りゲージを使ってRの大きさを合わした。ふくらみのある曲線に仕上げたかったので全体を叩いている。

 次は上面と底の部分のパーツを作り溶接する。

タンクキャップがないため木型を作りアルミ鋳造しようと考えている。

先日 熱したアルミを鉄でできた型に流してコマ作りの材料を作ることに成功しました。

ホンダのタンクキャップの資料を探して雄型(木型)を作り、雌型を作り鋳込む計画です。

まだ角の曲がり等調整が必要ですが、何とかできてきました。

 

コメント

よければクリックお願いいたします。


バイク ブログランキングへ