猫的生活雑貨 けいと屋ニコル

生まれた時から猫と一緒。
ついには仕事も猫まみれ。。。
猫との日々雑感を綴ります。

今日はサンの命日です

2024年05月25日 | 日々雑談
猫好きの私が初めて自分で飼ったのが「サン」という雑種犬で。

言い訳をするわけではないけれど、昭和世代の、ごく普通一般家庭で育った私の「犬の飼い方」は外に繋いで、ご飯と言えばヒトの残飯を鍋に突っ込んでグツグツ煮たもの?という感じでした。

「サン」の名前の由来も、単に彼女が3本足だったから。
どんな経緯か知らないけれど、後ろ足の1本がブラブラした状態(しかも妊娠していた)で動物病院の前に箱詰めで捨てられていて、とりあえず切断手術と堕胎を含む避妊手術をしたものの行き先が無いので結局保健所行き?というので引き取ってからロクでもない飼い方をして10年くらい?

その頃は家の中でニコルとトロロという2匹の猫が大事大事に飼われていて外に繋がれっぱなしのサンは、寂しい思いをしていたに違いない。
命日くらいは、絶対忘れられないように日を選んで逝ってやる、と思ったのか5月24日生まれの私と5月26日生まれの娘の真ん中、5月25日に旅立った。
もちろん、命日を忘れたことはない。

それから5年後、病気で外出がままならなくなった母の慰みになればと娘の友達の家で産まれたばかりの子犬を譲ってもらった。
お父さんがチワワ、お母さんがダックスというその子犬は、3本しか足が無かったサンが頑張って4本足になりました、みたいな感じの短足で、ほんのしばらくの間だったけれど母と過ごしてくれました。

今でも不思議なのは母が遺体となって家に戻ってきて「くちお」と名付けられたその犬を母の顔に近づけた時のこと。
クンクンと母の顔の匂いを嗅いでペロペロと口元を舐めたあと、母が笑顔になったのを見ていたのは私と娘と姉で、3人で顔を見合わせて泣いたものです。

それから14年、私が引き取ったくちおは、室内ではあったもののどうしても猫たちの2の次の扱いで不服だったのでしょうか、なんと2月22日、猫の日に旅立ったのでした。

だけどね、くちお。
仕事柄、私も娘も「猫の日」は忙しいのよ。
いつも過ぎてから「あ! くちおの命日やった~!」という感じ。

だからね、もう一度生まれ変わっておいで。
次は猫に産まれてくる方がいいと思うけど。

そういえばえびすはなんだか足が短いな。
日向で見ると黒猫のくせにあちこち茶色いし。。。ん???

綺麗なお花、ありがとうございました。


ますこの足。


えびすの足。




ホメホメクラブ

2024年05月23日 | 日々雑談
私は5年生まで大阪で育ったのだけれど、
今でもその頃の同級生と色々な形でつながっていて、話す機会も多い。

先日もそのうちの一人が「大阪から別府へ引っ越してのんびり暮らすねん」っていうので
遠くへ引っ越す前に会っておこうと思って大阪まで出掛けた。

もう一人、別の友達の家に集合したのだけれど、その友達が「詩吟」のお師匠さんで。

なんでまた詩吟?って聞いたら小学生の時の音楽の先生が
歌のテストで一人ずつみんなの前で歌った時に
めちゃくちゃホメてくれたのがきっかけだったとか。

そういえば、私の先生は任意で毎日提出していた日記に一言添えて返してくれて
「キミには文才がある」ってホメてくれたなぁ。

残念ながら小説家にはなれていないけれど。

それでも、ホメるって大事たよね。

猫たちにはいつも「世界一かわいい!」とホメちぎり

アゲハの幼虫には「キミたちはきっときれいなチョウチョになれる!」と呪文をかけ

「今日も最高に美味しい!」と娘の料理をホメちぎりつつ、
立ち上る泡を愛でながらシュワシュワをいただく。

今日は木曜、定休日です。
(働いたけど、ねー)



「休み」を知っているのか「まったりしましょうよ~」と誘いに来るますこ。


昨日入荷のメヒコランプ。
実物を手にするまで、こんなに綺麗とは知らなかった~




募金完了

2024年05月20日 | 猫談議
近所に住む競馬好きのおっちゃんが「今週末はオークスやのに仕事で買いに行かれへん」(スマホでチャチャっと買ったりしない、アナログなおっちゃん)と嘆いていたので、気になってふと買ってみた(もちろん、スマホでチャチャっと)…

競馬なんて年に数回、思いつきで買うだけだし、アホみたいに競馬好きだった父親みたいに競馬新聞片手に鉛筆を小耳に挟んでウンウン思考して買うわけもなく…
馬の名前と賞金倍率だけ見て買う。
軍資金、千円。
狙うは「3連単」のみ。
5パターン、200円ずつ賭けたら…当たりました。
夜になって、口座入金のお知らせで16,000円ちょっと???

なので今日、店頭の貯金箱の中にあったお金をまとめたものと通販の際にいただいた寄付金を合わせた金額がキリの良い数字になるように、ちょっとプラスしてうちのえびすを捕獲・保護して下さった「和歌山城下町にゃんこの会」に寄付をしてきました。
今まさに猫界はベビーラッシュ。
行き場のない子猫がたくさん保護されています。
ずっとずっと、大事にしてもらえるお家が見つかりますように。
少しでもお役に立てれば。。。
ご協力くださったみなにゃんには深くお礼を申し上げます。




壁紙をボロボロにしたのは先代ですから…




2024年、芋活スタート

2024年05月16日 | 猫雑貨
今年はうちの檸檬の木もそこそこ大きくなったので、少しくらいアゲハの幼虫に食べられても大丈夫かな~と防虫ネットも掛けずに見守っていたのだけれど。

自然界では卵100個から無事にアゲハになれるのは1羽とか。。。

うちの檸檬にも糸くずみたいなアゲハの幼虫がたくさんいて、鳥の糞に見間違えられるような色から緑色になったら食べる葉の量も半端ないので(うちの檸檬が坊主になる~)取り込んで育てるか…と思っていたけれど。

2センチを超えて、もうすぐ緑色になるかな~って頃にいなくなる。

それくらいの大きさになるとアシナガバチに連れていかれるのか、鳥にたべられるのか…と思っていたら昨日、見てしまった。

あの、ピョンピョン飛ぶハエトリグモが捕食している現場を。。。

うー、うちの芋が食べられてる~
そりゃあハエトリグモだって生きていくためには食べねばならぬ…わかるけど。

これ以上捕食されては…と目につく幼虫を片っ端からプラケースに。
今のところ20くらいかなぁ。

というわけで今年もスタートしました、芋活。
またご近所さんから柚子や檸檬の葉っぱを分けていただかねば。


6月のカタログ別紙のご紹介が抜けていました。
DPA限定商品になります。

先日のカタログを含め、締切は22日となっています。
ご予約お待ちいたしておりますね~



今年の【アパレルフェアー】ノベルティです。
ブルーの、振り向き柄トート。
わちふぃーるどのアパレルを含む5,500円以上のご注文が対象となります。
まっ、うちはいつもゆるゆるですけど~(笑)


ボクも毎朝ゆるゆるのヨガ~




6月のカタログです

2024年05月14日 | 日々雑談
早くも2024年前半期最後になる6月のカタログご案内です。

【2024-6a】
メヒコ(メキシコ)シリーズ

【2024-6b】
靴下、カラフル~
【2024-c】
キャラシリーズ
ダヤン以外は誰が人気なのかな???

【2024-d】
ストームグラス、私は無地の物を使っているのですが日々色々な変化があって楽しめます。
熊野筆のブラシはかわいいけれど、なかなか高価格ですね~
【2024-e】
足袋ソックスはファンの方が多くて…お待ちいただいております。
【2024-6f】
サラサ、売れ筋はやはり黒なので黒だけ2柄出るのですね~

【2024-6g】
Fサイズのアパレルは暗い色ばかりですね~って、大きくてもかわいい色が欲しい、というお声をいただきます。
今回もやはりFサイズは暗めの色が多いですね。
ピンクのFとか、あってもいいのにね~


【2024-6h】
オーバータンクはfサイズで青竹色は明るめ???
傘が吹き飛ばされそうなダヤンはかわいいね~


やっと「あれ食べたい、これ食べたい」という気持ちが復活。
最近のパティスリーkumaさんはケーキ以外にも力を入れていらっしゃる。
オリーブ入りフォカッチャのサンドイッチはサーモンも自家製。
少しパンチに欠けるのでケッパーでも入っていればよかったかな??
うーん、せっかくムリなくダイエットできたのに、すぐ戻りそうだわ。。。

ボクは今日も爪とぎに忙しい。