★☆ケイジーのダイアリー☆★

ランニングってきついけど、楽しいなぁ~と思う今日この頃です。
ランネタ中心ですけど、読んでくだされ~!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2018 箱根駅伝 東海大学 復路結果

2018-01-03 23:09:39 | 日誌
今日は復路。

1年間の集大成を見納めする時です。1日TV観戦しました。

東海大、今日の5人はよく頑張ってくれました。


6区: 中島



去年経験した6区のため、やってくれると期待していました。

最初から前を追う走りで順位を上げ、最後までペースが落ちずに走り切りました。

驚きの58分台です

区間2位です。

順位は4人抜きの5位でタスキリレー


7区: 国行



去年は3区で区間17位と振るわなかったけど、今回は4年生の意地を見せてくれると期待していました。

二宮辺りで前の4位の法大に接近したので、これは抜けるぞー。

だけどそこから中々差が縮まらずそのまま、5位でタスキリレー。

区間10位でした。


8区: 館澤



去年は5区で区間13位。

だけど今年は、出雲、全日本と好調だったので、順位を上げてくれると期待していました。

前との差を徐々に詰める冷静な走りで、とうとう3位の早大を捕えます。

今まで駅伝以外では、20キロ以上の実績が無いのに、この走りはタダモノではないと感心。

区間2位の走りで、3位でタスキリレー。


9区: 湊谷



後ろの早大、日体大との差を一時は引き離し、そこから一定ペースを保ちます。

鶴見中継所では、早大に接近されるけど、区間5位の走りで、3位でタスキリレー。


10区: 川端

去年は9区で区間5位。

今年も全日本では区間3位と安定した走りだったので、2位の東洋を追ってくれると期待していました。

前半の走りは青学、東洋と変わりないペースだったので良かったけど、後半は波に乗れず。

終盤は疲れ果て、早大と日体大にも抜かれ、5位でゴール。



区間16位まで失速するとは・・・アンカーってラストで抜かれるのはホント悔しい。もっと粘ってほしかった。


今回もやっぱり青学の強さに圧倒されました。

4年生の春日と川端が期待通りの走りが出来ていれば、3位以上は確実だったかな。

来年に向けて、現2年生の主力組が中心になって成長すれば、今度こそ優勝が狙えるチームになると期待します。

頼むよ、東海大
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2018 箱根駅伝 東海大学 往路結果

2018-01-02 21:16:19 | 日誌
今日は、待ちに待った箱根駅伝、往路を応援してきました。

去年に引き続き、JRで最寄駅から小田原駅まで移動。

そこから小田原中継所まで歩いて向いました。


前回は、スマホでラジオ放送を聞きながらの移動でした。

ラジオだと途中経過が把握しづらく、東海大の順位(前回は往路15位)も今一つだったため、結構イライラしてましたね~。


今回は、動画配信のhuluが箱根のTV放送をLIVE配信するのを知り、さっそく登録!

移動中は小田原に到着するまで、ずーっとスマホでTVを見てました。

おかげで2区の途中まで、 東海大の様子を楽しむことが出来て、良かったです。

しかーし、3時間の移動で、LTEで動画接続だと、通信量があっと言う間に3ギガも!

また、電源も、電池切れ寸前!

外では、最初からバッテリーをつないでおかないと、長時間の動画を再生出来ないんですね~



やっと、本題に入ります。


1区: 三上

エントリー変更で、關から三上に変更。

これには驚きました。

エースの關が交代だってーーー!

いくら補欠が充実していると言っても、エースが出られないのは、チームの力が

いやな予感が・・・

前半、順大の栃木の後ろに付いて、2番手で調子良く走っていたけど、
終盤に先頭グループに離され、7位でタスキリレー。


2区: 阪口

前半は、神大の鈴木健吾に付いて、頑張ってたけど、段々と離され、区間7位です。

順位は7位のままタスキリレー。


3区: 鬼塚

關が出られなかった分、相当期待しました。

最近、チームでは、10000mの記録がトップになり、勢いが

東洋の山本や、青学の田村に負けない走りを期待したけど・・・

前との距離が離れている分、ちょっと追うには厳しかったかー

結局、区間3位の走りで、順位は6位に上げ、タスキリレー。




4区: 春日

キャプテンが箱根で走るのって、東海大では、ほんと久し振りのことです。

9月にケガをして、何とか間に合ったようだけど、正直不安でした。

小田原中継所の4キロ程手前で、人垣の中で待っていました。

トップの東洋大の吉川が来ると、沿道の声援がスゴーイ!

飛び跳ねるように行ってしまいました。

2番手、青学大の梶谷は苦しそうだけど、追うのに必死の形相でした。

しばらくすると、7番目に春日が現れ、思わず、「かすがーーー!がんばれーーー!」

っと叫びましたね~

ちょっと疲れた様子で残念だったけど、安定した走りを見られた。

その後、次々と走り去るランナーたちを見て、やっぱり箱根駅伝って素晴らしいな~っと改めて感動しました。

結局、春日は区間12位の走りで、順位は6位のままタスキリレー。


5区: 松尾

前半の入りは良かったみたいだけど、後続の城西大、法大に抜かれ、そこからペースダウン

最後は日体大、順大にも抜かれ、区間12位の走りで、順位は9位でゴール


今回、エースの關が11月に疲労骨折の疑いがあり、しばらく練習が出来なかったみたい。

箱根に間に合えば出すつもりでエントリーしたのかも知れないけどね。

前回の箱根も關は調整不足で失速しているだけに、最初から1区を誰にするか準備する必要があったのでは・・・

2区の阪口は、最近調子が上向きだったけど、レースで20キロ以上の経験が無いだけに、無理があったのでは・・・

重要な5区は、松尾よりも1年生の西田を、早くから山要員として準備させていたはず・・・なぜ松尾だったのか・・・


前回の箱根でも、東海大は、箱根の距離適性が不十分で、ギリギリ10位だったはず。

もう明日の復路しかないけど、少しでも順位を上げて喜ばせてくれよ、東海大
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2017全日本大学駅伝

2017-11-05 17:26:42 | 日誌
今日は全日本大学駅伝、三大駅伝の2戦目です。

一押しの東海大をTVの前で応援しました。

10月の出雲駅伝で優勝してから、東海大は青学大との2強と言われ、どちらが優勝するかドキドキ、ワクワクでしたね~

この駅伝、東海大は前半の4区までに1、2年生をつぎ込み、アンカーの川端が1分以上のリードを保てば、優勝が見えてくると、東海大は予想していたようです。

「打倒、青学!!」を掲げ、終盤で青学大と競ったときは負けない布陣が揃ったかなと。

アンカーまで青学大との一騎打ちを予想していました。


1区 鬼塚

出雲では区間賞を獲ったので、去年の全日本区間10位よりはいい走りを期待しました。

前半は創価大のムイルに離されていても、第二集団の先頭を引っ張り、好調ぶりをアピール。

アップダウンが多い1区。後半はきつくなりこの集団から徐々に置いて行かれることに。

鬼塚らしくない走りになってしまい、9位でリレー。


2区 塩澤

1年生で唯一選ばれ、最近10000mでベストタイムを出す活躍。好調ぶりをアピールしたいところ。

前半は向い風が吹く中、力を使わない走りで、安定しています。

後半から前を追い抜き、区間5位の走りで、5位でリレー。


3区 館澤

去年の全日本区間賞の実績から、今年も3区を予想していました。

前半から突っ込み、トップの東洋大の西山が見える位置まで追っていきます。

ラストは首を左右に振り、苦しくてもスピードを上げ、再び区間賞の走りで、2位でリレー。


4区 關

東海大のエースとして、後半にトップに躍り出る重要な区間です。引き離しを任されたと思います。

出雲では優勝のゴールテープを切っているだけに、關の走りに期待していましたけど・・・

トップの東洋大の山本との差が広がり、3位の青学大との差が縮まり、こんなはずでは・・・。

区間6位の走りで、2位でリレー。


5区 湊谷

最近の札幌マラソンのハーフで優勝し、復活した副キャプテン。

トップの東洋大の中村とは離れていたけど、神奈川大の越川、青学大の下田、湊谷の3人で、第二集団を形成します。

途中で下田が足の豆が潰れたらしく、離れてしまい、越川との争いになります。

この時点で、優勝争いは青学大よりもむしろ神奈川大に変わってしまったようです。

神奈川大はアンカーに鈴木健吾が控えており、予想どおり1分以上の差を付けないと勝ち目がないのかな~と!

この予想が的中するとは・・・

最後は区間賞の越川に引き離されたけど、区間2位の走りで、3位でリレー。


6区 国行

去年の全日本区間2位の走りが出来れば、トップに躍り出ると確信していました。

東洋大は順位を下げ、トップ争いは神奈川大の安田とに絞られ、しばらく並走します。

ペースを落とすことなく安定した走りです。

ラストスパートで安田を引き離し、区間2位の走りで、初めてトップに躍進!


7区 三上

出雲では区間賞だったので、この調子で神奈川大との差を大きく広げてほしかったけどね~
神奈川大の大川も一定の差を保ったまま、中々引き下がりません。

結局神奈川大との差が17秒で、区間2位の走りで、トップでリレー。


アンカー 川端

最近の20キロレースで優勝するなど、調子を上げてきたので、川端なら鈴木健吾に付いていけるのでは・・・と期待していました。

序盤は速いペースで入っていったけど、それ以上に鈴木健吾がハイペースのため、3キロで追いつかれてしまいます。

追い抜かれて直ぐは、後ろに付いていたけど、ペースが速く徐々に引き離されます。

3位の青学大との差もあり、この時点で2位争いに期待を切り替えました。
鈴木健吾は後半もペースが落ちないので、ほんとスゴイですよね。敵ながらあっぱれです。

結局川端は後半もしっかり走り、区間3位の走りで、2位でゴール。


東海大は14年振りの優勝を狙ったけど、残念でした。

鈴木健吾がこんなに強いとは思いませんでした。

やはりエースが活躍するチームは強いですよね。

去年の青学大の一色も、アンカーで逆転して優勝したわけだし、東海大は2大エースの鬼塚と關が活躍しないと、次の箱根も優勝は難しいのかも。

箱根に向けて、各区間とも、ベストコンディションで挑んでほしい。

次こそ喜ばせておくれよ。東海大
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2017出雲駅伝

2017-10-09 16:01:20 | 日誌
いや~久々の投稿です。

ほとんど東海大の駅伝を応援するためのブログになってしまった・・・

いよいよ3大駅伝が開幕!

今日は初戦の出雲駅伝。

一押しの東海大をTVの前で応援しました。

今シーズンは、有力な2年生たちが順調に記録を更新し、5000m13分台が15人とスピード軍団へ成長しました。

今回エントリーした6人の平均タイムでも、青学を上回り東海が最速だったので、ついに東海大の優勝する姿を思い描き、ドキドキ、ワクワクでした。

また、5区間が2年生でタスキリレーするとあって、期待MAX!

今回から東海大のユニフォームが水色から青色に変わり、ワタシとしてはちょっとガッカリ。
このブログでは今まで通り水色のままにさせてもらいます。

パ~ン


1区 阪口

今シーズンはトラックで、どの距離でも順調に記録を出せており、競り合いに強いので、1区には適任だと思いました。

前半から先頭に立ち、集団を引っ張り、調子の良さが見えています。

後半は集団を引き離し、神奈川の山藤をも引き離し、トップでリレー。


2区 館澤

去年に引き続きスピード区間の2区に選ばれました。

前半は神奈川の荻野を引き連れていいペースで走ります。

後半は青学の田村に迫られたけど、区間2位の走りでそのままトップでリレー。


3区 松尾

最近10000mでベストを出し、調子がいいので長い区間に選ばれたと思います。

前半からマイペースで落ち着いた走りを見せるけど、強豪ぞろいの区間なので、後ろから青学下田と東洋山本が追い上げてきます。

ゴール手前で2人に抜かれたけど、何とか粘って、3位でリレー。


4区 鬼塚

2大エースの1人として、後半の引き離しを任されたと思います。

最近のレースは海外からの疲れが残っていたみたいで、本調子でなかっただけに、心配してましたけど。。

前半は前の2人を徐々に追って、中盤で追いつき並走します。

後半は先頭に立つと、引き離しにかかり、トップでリレー。


5区 三上

唯一3年生で選ばれ、去年と同じ4区を任されます。

向い風が強い中、安定した走りで、途中で青学の神林が近づいてきたけど、再び引き離してトップでリレー。


アンカー 關

1500m、5000m、10000mでチームトップの記録を出し、最近は学生界のエースと呼ぶに相応しい活躍です。

序盤は、青学の橋詰との差が徐々に縮まってきたときはどうなるかと思ったけど、3キロ過ぎからは風向きも変わり、ペースを上げます。

気温は31度もあるらしく、これではペースを上げるのは最後まで持つのかと不安でしたけど。。

後半は苦しくなりながらも青学を大きく引き離して、トップのままゴール




東海大はとうとう2007年以来の優勝を勝ち取りましたーーー

初戦の出雲で優勝することが出来、次の全日本に向けて弾みがつきましたよね。

距離が長くなると、正直今の東海大の力では、優勝候補と呼ぶにはまだ不足かな~

これからの時期、箱根に向けてチームの底上げが大切だと思います。

次も喜ばせておくれよ。東海大
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

2017 箱根駅伝 東海大学 復路結果

2017-01-03 15:47:15 | 日誌
復路をTV観戦しました。

東海大、昨日と一転、5人ともよく頑張ってくれました。


6区: 中島

一定ペースで最後まで走り切り、区間8位です。
記録も1時間を切ったから上出来です。

順位は15位でタスキリレー。


7区: 石橋

去年は4区で区間2位だったので、今回も期待していました。



二宮を過ぎた辺りで、サイトでは青学の田村に次ぐ区間2位だったので、これはすごいぞ-と思って見ていたら、
「湘南の暴れん坊が、湘南でまさに暴れています。現在11位!」と石橋が中継された。

よーし、シード獲れるぞー!

トップの田村が途中から失速する中で、石橋が順位をキープした走りで、結局区間賞を獲得

東海大が区間賞を獲ったのは、佐藤悠基以来だからスゴイです

11位でタスキリレー。


8区: 春日

途中から10位の帝京と並走するようになり、前の駒沢までもう少しというところまで追いました。

区間5位の走りで、10位でタスキリレー。


9区: 川端

駒沢に追いつき、しばらくすると日体大まで近づいたので、これは8位までいけるぞーっと思っていました。

去年が良くなかっただけに、区間5位で復活した走りを見せてもらいました。

最後は引き離されて残念。10位でタスキリレー。


10区: 

全日本では本調子で無かったので心配だったけど、途中まで駒沢、日体大を引き連れて8位で走っていたので、このまま頑張ってくれーっと思っていました。



最後は、置いて行かれたけど区間7位の走りで、総合10位。

何とかシードはぎりぎり獲得して、一安心


復路は4位だったので、往路の15位に比べて良く復活したなという印象です。

往路は1年生に賭けた結果、失敗に終わってしまった。

区間配置って勢いだけで決めたわけでは無いと思うけど、もう少しバランス良く配置してほしかったな~。

今回も青学の強さに圧倒されたけど、東海大は特に1年生が距離への適性がまだまだ足りないと感じましたね。

10000mのトラックのスピードだけで上回っても、20キロ以上の走力が無いと上位争いが出来ないですよね。



気が早いけど、、次の箱根では強いチームになって、喜ばせてくれよ、東海大
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

2017 箱根駅伝 東海大学 往路結果

2017-01-02 18:25:36 | 日誌
箱根駅伝、応援に行きました。

今回は、JRの休日お出掛けパスを利用して、最寄り駅から小田原まで移動し、そこから元箱根までバスで行きました。

バスは通常なら50分で着く道程だけど、国道はすでに渋滞中で、1時間半もかかった。

移動中は、スマホで駅伝のラジオ放送を聞きなから、途中経過をサイトで確認していたので、到着したときは、電池切れ寸前!

一喜一憂しながらだったけどね~。

東海大は1区で鬼塚か2位で喜びもつかの間、2区の關が後半離され11位まで後退。

3区の国行、4区の松尾ともに精彩を欠き、14位。



ゴールの4キロ手前で応援です。

5区の館澤なら、絶対躍進してくれるよね~と思いながら、途中の順位を見ると、区間トップではないかー!

これは面白くなってきたぞー!

期待して待っていると青学が来て、それから続々と通過して行くけど、なかなか館澤が来ない…

14番目にやっと現れた時は、かなり苦しそうだった。

思わず、『館澤、頑張れ~』と応援しました。

結局15位で終わったけど、まだシードの可能性は残っているので、明日の復路は頑張ってほしい。

頼むよ、東海大!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 箱根駅伝 東海大学 予想

2016-12-31 11:54:37 | 日誌
いよいよあと2日に迫った箱根駅伝。

本番までの間、どこが優勝するのか、優勝争いをするのは何チームか、予想するのが楽しいですよね~

今回の東海は、ここ数年では一番期待できるチームに仕上がりました。

区間エントリーされた10人中1年生が5人と、新戦力にかける期待が相当あります。

両角監督が言った「伸るか反るか」は、正にこのチームの勢いがどう転ぶかはやってみないと分からないということ。

箱根駅伝って長丁場だし、優勝候補が順調に勝つとは限らない。前回はあまりにも青学が順調で強かったけど・・・

東海は発展途上だけど、やはり2区までにトップ争いをした場合、勢いづいてひょっとしたら、という可能性のある面子が揃いました。

そこで、ワタシの個人的観測がふんだんに注ぎ込まれた予想をしてみたいと思います。



1区: 鬼塚

高校の頃から、1区を任せられるのが多かったし、競り合いに強い。
最近のハーフでは、東海大の新記録を出しており、今一番勢いがある。
東洋の服部、早稲田の高田に付いていって、中継所ではトップ争いをしてほしい。
青学は梶谷を工藤に変え、駒沢は山口を中谷に変えると予想。

予想:4位(青学-東洋-早稲田-東海)


2区: 

11月の全日本ではノロウイルスで出られなかったが、その後順調に回復し、練習が出来ているとのこと。
チームの中では1番安定感とスピードがあり、東海のエースに成長した。
このエース区間には、青学の一色、山梨のニャイロ、日大のワンブイ、駒沢の工藤、順大の塩尻とそうそうたるメンバーが揃いそう。
この中で、どれだけ粘れるのかが楽しみです。

予想:4位(青学-山梨-駒沢-東海)


3区: 国行

前回は6区を走った経験があり、全日本も好調だった。
往路の東海は、1年生以外が国行だけなので、上級生の意地を見せてほしい。
青学の秋山、東洋の口町、駒沢の下、早稲田の平との競り合いになるのでは。

予想:4位(青学-駒沢-早稲田-東海)


4区: 松尾

坂口①を松尾①に変えると予想。
最近のハーフでは、鬼塚に次ぐタイムを出し、上りも得意の様子。
4区は2.4キロ延長された今回、最後の上りで力を発揮してくれるはず。
青学の森田、早稲田の鈴木を追う展開か。

予想:3位(青学-早稲田-東海)


5区: 館澤

毎年、山登りはドラマがあり、力を発揮するのが難しい区間。
出雲、全日本と絶好調だったので、その勢いは山登りでも発揮してくれるはず。
青学の貞永、早稲田の安井、駒沢の大塚との争いか。

予想:3位(早稲田-青学-東海)


6区: 中島

松尾同様に、最近調子を上げたルーキー。
下りのスピードを最後まで活かした走りをしてほしい。
青学の小野田がトップ、早稲田は石田を佐藤に変えると予想。

予想:3位(青学-早稲田-東海)


7区: 石橋

湯澤②を石橋④か、高田①に変えると予想。迷ったが石橋が過去2大会走った経験で出てほしい。
青学は林を鈴木に、早稲田は今井を太田に変えると予想。
前半から前を追う展開か。

予想:3位(青学-早稲田-東海)


8区: 春日

最近やっと復活し、ハーフも去年並みに走れるようになった。
最後まで粘って追う展開か。

予想:3位(青学-早稲田-東海)


9区: 川端

出雲、全日本と精彩を欠いたので、今度こそ本来の走りを見せてほしい。
この区間で早稲田を抜いてほしい。

予想:2位(青学-東海)


10区: 

宮本④を林④に変えると予想。青学は中村を安藤に変えると予想。
林本来の走りが出来ると、必ず青学を抜けると思う。

予想:優勝


箱根駅伝は、10人全てが順調に走れるわけでは無い。

それでもチームが勢いに乗れば、崩れることなく最後まで走れたりするものですよね。

特に1、2区で上位にいることは、チームに勢いを与えるのだと思います。


正に「伸るか反るか」

鬼塚の走りに期待しましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出雲駅伝

2016-10-10 15:46:14 | 日誌
いよいよ3大駅伝が開幕!

今日は初戦の出雲駅伝。

一押しの東海大をTVの前で応援しました。

今シーズンは、有力な新入生たちがこぞって記録更新し、5000m13分台が14人とスピード軍団へ成長しました。

今回エントリーした6人の平均タイムでも20チーム中で東海が最速だったので、久々に東海の優勝する姿を思い描き、ワクワクでした。

また、1区から3区まで勢いのあるルーキー3人でタスキリレーするとあって、期待MAX

パ~ン


1区 鬼塚

1年生ながら高校での駅伝の実績がすばらしく、最後の競り合いが見物です。

前半は集団の前の方にいて、風もあるので周りのペースに合わせて走ります。

後半は日体の小松と並走し、最後はちょっと離されたけど、堂々の2位でリレー。


2区 館澤

これまた期待の1年生。

前半は日体、山梨、東海、青学の4チームでトップ集団を形成。

後半は青学大の田村と館澤の2人でトップ争いをします。

最後は田村に離されたけど、堂々の2位。


3区 

スーパールーキーで、チームで一番絶好調です。

前半は、青学の下田に追いつき並走。



後半は下田を引き離し、単独トップに躍り出た~



このままトップでリレー。

東海がトップで走る姿を見るのは本当に久々で、どうかこのまま最後まで行ってくれ~と思いましたね。


4区 川端

復調してきた3年生です。

前半は抑え気味だったけど、後半は追い風にも助けられ、ペースを上げます。

後ろの青学の茂木に接近されたけど、トップをキープ。


5区 三上

最近自己ベストを大幅に更新した勢いのある2年生です。

途中で青学の安藤に追いつかれるけど、しばらく並走して安定した走りを見せます。

最後は抜きつ抜かれつで、2位でリレー。

アンカー 湊谷

入学時から期待され、長距離に強い2年生。

最初は青学の一色と並走したけど、2キロすぎから離され、その差がどんどん広がっていく。

やはり一色とのレベルの差を感じましたね。

それでも後ろの山梨のニャイロが迫ってきているため、頑張ってほしかった・・・

5キロすぎにとうとうニャイロにも抜かされ、3位に。

後半は苦しい走りになったけど、3位のままゴール。


東海は2007年以来の優勝を狙っていただけに結果はちょっと残念だったけど、次の全日本に向けて手ごたえを得られたと思います。

東海には、青学や山梨のような大エースがいないのが残念だけど、区間が多いほど、全体のレベルアップが優勝に必要になるので、ぜひ今のルーキー達に負けないように頑張ってほしいな。

いい走りを見せてもらい、刺激をもらいました。

11月のフルマラソンに向けて、しっかり練習しないと・・・心に鞭打って頑張るとするかー
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

北海道帰省に向けて

2016-09-19 18:33:55 | 日誌
5年前から、10月末になると北海道に帰省することがお決まりの行事となってました。

それは、帰省を兼ねて地元のマラソン大会に出るためです。

今年もそのつもりでいたけど、10月1日に地元で高校のクラス会をやることが決まり、これに出てマラソンも出ると、2ヶ月連続になるので、さすがにどちらかに絞るしかない、、、

高校の同級生はなかなか会えないので、結局クラス会に出ることにしました。

今回の帰省は、3泊4日で、9月30日に出発します。

初日は同級生と温泉に泊まり、次の日にクラス会に出る計画なので、今から楽しみです♪

それと、地元の父親が、先日膝の手術をしたため、約1ヶ月入院することになりました。

急だったので、手術に立ち合うことが出来なかったけど、帰省の時は見舞いに行けそうです。

見舞いに行くまで2週間もあるので、何かしたいと思い、千羽鶴を作りました。



家内の提案で、友人たちに協力いただき、一週間で仕上たよ~
皆さんに感謝です♪

早速今日、実家に発送しました。

こうして年一回位しか、親に会えないけど、ついでに友達と会うのも楽しみです。

いい行事でしょ!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

太平山のあじさい

2016-06-17 23:18:02 | 日誌
今日は会社の創立記念日で、お休み。

栃木市にある、太平山のあじさい祭りが今日から始まったので、見に行きました。

ここは、8年前にも来ていたのを、自分のブログで知りました。

この頃はまめに更新していたからね~

もう10年続いたブログ。
振り返る日があることを思うと、続けていこうと、改めて思う今日この頃です。(笑)

前置きはさておき、駐車したのは、太平山神社手前の大曲。



駐車場にあったマップです。

ここから、あじさい坂頂上まで移動し、坂の階段を降ります。



坂の両側に、2000本のあじさいが植えられていて、見頃に近い?程に、綺麗に咲いてます。


ブルー系


ピンク系


パープル系


ホワイト系

色とりどりで、楽しめました♪


坂の下まで降りました。

次に、謙信平まで、遊歩道を歩いたけど、途中ぬかるんでいたり、滑りやすかったりで、結構疲れた~

やっと謙信平に着き、あづま家で昼食にします。


味噌おでんを食べ、


卵焼きと焼き鳥の定食を食べ、満足気分に浸りました♪

天気が良くて、謙信平からの眺めも最高だったけど、あじさいは雨に濡れたのを見る方が風情があるかも…

坂の上り降りで、結構疲れたけど、家での夕飯は、あづま家で買ってきた、甘~いだんごで、これまた満足でした!!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加