鍼灸如何に学ぶべきか~科学的鍼灸論の構築のために~

鍼灸の理論と術にかかわる初歩的・基本的な問題を中心に科学的=論理的に唯物論を把持して説(解)いて行きたい、と思います。

玉露を美味しく淹れる術〜技能がものになる過程的構造とは〜

2016-04-03 09:11:46 | 技術論・上達論
 玉露を美味しく淹れるということを技能がものになる過程として捉え・実践することで、そのことによって日本文化のイメージを豊かに創り上げられるのみならず、一般性レベルでの学問体系構築のイメージを、生々しく描くことも可能となっていくのでは!?との思いの中身を説く。 . . . 本文を読む
コメント