乳がんになってスピリチュアリズムに出会うVol.2

スピリチュアリズムに出会い
生き方が180度かわりました
シルバーバーチの霊訓を人生の指針としています

下肢静脈瘤

2019-01-23 23:52:36 | シルバーバーチの霊訓
人間生活には三つの側面があります。

まず人間は霊であり、次に精神であり、そして肉体です。

人間としての個性を存分に発揮するようになるのは、この三つの面の存在を認識し、うまく調和させるようになった時です。




最近、毎朝、起きて歩くと左足が痛かった。
時間が経つと治るんだけど

乳がん治療をする前から左足に軽い下肢静脈瘤があって、術前の抗がん剤治療(FEC療法)中に炎症反応が起きて、左足が腫れて普通に歩けなかった。

それ以来、浮腫みも元に戻らずで、仕事中や立ちっぱなしの時は、弾性ストッキングを履いてなんとかいけてたのが、最近調子が悪くなってきて、下肢静脈瘤血管内焼灼術を受けることに、

日帰り手術なので、翌日からは普通に日常の生活がおくれる。


朝起きて、痛みがないのが何より助かる。


この病院の先生がまた親切で、丁寧で、誠実で、人のためにをモットーにしておられ、病院内や、他のスタッフの方の対応、雰囲気も良かった。


1人でもそういう方がいるだけで、周りに波及する。


霊的真理を知らずとも、ここにも霊性の高い方がおられた。










コメント

ヘトヘト

2019-01-15 23:15:25 | シルバーバーチの霊訓
あなた方が嫌な体験と思っているものが、最高の薬になっていることがあるのです。

本当の自分を見出すのは日向の生活のなかではなく、嵐のような生活のなかなのです。

雷鳴が鳴り響き、稲光がひらめいているときです。

人間は厳しく磨かれ、清められ、純化されなければなりません。

絶頂もどん底も体験しなければなりません。

地上生活だからこそ体験できるものを、体験しなくてはいけません。

そうした体験によって霊性が強化され、補強され、死の向こうに待ち受ける生活への準備が整うのです。



私の働く介護施設で、大変だった入居者のみつこさんが退所され、少しは楽になるかと思いきや、今度は入居者さん5人、スタッフ2人がインフルエンザに

各部屋に隔離し、食事介助にトイレ誘導と
今まで仕事がこれほど大変だと感じたことがなかっただけに、ここ最近キツかった〜

年々入居者さんの年齢、介護度も上がり、大変さも増してくる。

それ以外でも、感じの悪いスタッフからの露骨な態度を目の当たりにして、ものの見方を変えようと努力するのが精一杯で

夕食時、このスタッフの愚痴を家族に話していたら、娘に「お母さん、私が愚痴ったら、人の悪口はあんまり言わん方がいいとか言うくせに、お母さん普通に言ってるやん」と指摘されてしまった。

ちょっと反省


仕事から帰るとヘトヘトで
ブログを書きながら寝てしまい、気づいたら
文書を消してしまっていたり・・・


ブログ更新が不定期すぎて
すみません





コメント (4)

新年

2019-01-06 10:42:52 | シルバーバーチの霊訓
問題も困難も厄介なことも生じないような人生はありえません。


地上がそういうところだからこそ、あなたもこうして生まれて来ているのです。


大切なのはそれへの対処の仕方です。


内在する神性を呼び覚まして解決策を見出し正しい方向を選択する、

そういう対処の仕方が大切です。


そのことはよくご存知のはずです。


なのにそれが実行できずにいます。


難問や心配事に足を取られて身動きができなくなり、

実在ではないただの影をやたらに大げさなものに考えてしまっています。


物的なものはことごとく霊的実在のおぼろな反影であり、幻にすぎません。



遅くなりましが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。


年末年始と仕事続きで、それ以外も用事もあり
ちょっとオーバーワーク気味でした。

私の働く施設は24時間年中無休
お正月はおせちの準備やら、書き初めをしたり、
業務の忙しさは当たり前なので仕方がないのですが・・

入居者さんのみつこさんの帰宅願望がマックスで、初めて、まともに暴言をくらった。

認知症とはいえ、本気で怒り狂った人を目の当たりにするのは、とても疲れる。

そんなみつこさん、2ヶ月前に、同じフロアの他の入居者さんを突き飛ばし、骨折させてしまい、他に原因もあるんだけど、退所することに。

退所日が、自分の死ぬ日だと思って、「わたしは死ぬので、これもらって下さい」と自分の荷物を渡そうとされ、「まだ、寿命が、来ていないので、死にませんよ」の繰り返しだった。

退所後は、自宅にて息子さんが介護するそうで、みつこさんが、穏やかに暮らせますようにと、願わずにいれない。




それ以外でも

職場の挨拶をしない若いスタッフに、挨拶をしてもガン無視され続け・・

知らんから仕方ないと思うしかない。


毎日、いろいろあります。






コメント (2)

今年一年

2018-12-31 22:07:43 | 地上人類への最高の福音
自分で判断して、これが正しいと思う生き方をすればよいのです。

世間がどう言おうと構うことはありません。

まわりの人が何と言おうと気にすることはありません。

自分で正しいと思うこと― この方が得だとか都合がよいとかではなく、心の奥でこうするのが本当だと確信した道を選んで、突き進むのです。



今年も一年
ブログにご訪問いただき、ありがとうございました。

ツッコミどころが満載ですが、来年もよろしくお願いいたします。





コメント (2)

ダイエット

2018-12-28 22:32:31 | 霊的新時代の到来
私は決して肉体ならびにその必需品を疎かにしてよろしいと言っているのではありません。

肉体は霊の大切な道具ではありませんか。

肉体的本性が要求するものを無視するように、と勧めているのではありません。

一人でも多くの人に、正しい視野をもっていただき、自分自身の本当の姿を見つめるようになっていただきたいのです。

自分というものを肉体だけの存在、あるいは、せいぜい、霊をそなえた肉体だと思い込んでいる人が、まだまだ多すぎます。本当は肉体をそなえた霊的存在なのです。





今年の冬は食欲全開で

気がつけば、体重も増えて、昨年まで、気にならなかったお腹周りが、今年はキツくて仕方がない。

新しいズボンが必要なほど・・・

気にせずに好きなものを食べれば良いと思って、お菓子を食べていたのがいけなかったのか

ストレスのせいか

はたまた
ホルモン療法のノルバデックスが原因か

飲み始めて4年
服薬期間は初めは5年で良いと言われていたのが、10年に延長になった。

以前は服薬さえ拒否っていたが、最近はちゃんと飲んでいる。(たま〜に忘れてしまうが)

私は勝手に、きっと薬のせいだなと
都合良く考えている。

ダイエットも試みている。

楽して痩せようとするのが、そもそもの間違いではあるけれど

1食分をりんごに代えたり

食事のはじめにもずくを食べてみたり

食べる順番を気にしたりもする(はじめに野菜、最後にごはん。)

おやつを食べる時は温かい飲み物と一緒に食べる。(満足感が得られるらしい)

悲しいかな、あまり功を奏していない

いかんいかん
肉主霊従になってしまっている。


食べ物に振り回されず、何を食べるかは、テキトーです。と言える域に達してみたい。


健康のために、愛犬と一緒にジョギング再開しょう。


霊主肉従
頑張らねば!







コメント (4)