シルバーバーチを拠り所にして 【スピリチュアリズム雑感ブログ】

スピリチュアリズムを学んでます。
姉妹ブログ☆スピリチュアリズムで世界征服☆彡がメイン。このブログは心の声かな・・

認知症を防ぐための生活習慣

2018-02-17 23:42:07 | お仕事
40代から始める認知症を防ぐための生活習慣


認知症を防ぐためには

(1)糖類、パン、ジャガイモ、白米、ソフトドリンクなどの単純炭水化物食品を最小限にする(低炭水化物食…要するに糖質制限)
(2)適度な運動(早歩きやもっと激しい運動を週150分以上)
(3)毎日少なくとも12時間は絶食する(夕飯から朝食まで12時間は空ける)

だそうなんだけど、

なんとなくなんだけど、甲田先生の甲田療法と被っているし
多分なんだけど、この記事正しいような気がする。

職場の認知症患者さんなんだけど、元々の生活水準も高いし、知的水準も職業もレベルの高い人ばかり。
彼等をみて「頭を使っていないから認知症になる」という説は間違いだってすぐに分かったわ。

アルツハイマー型認知症に共通していることは 皆 甘い物や白米やパンを食べるの大好き。
特にパン好きは多い。さすがハイカラ神戸!
糖尿病と認知症を併発している人もけっこういる。

やはり、白米とか砂糖とかを食べ過ぎるのは良くないような気がする。









飲み会大好き

2018-02-12 21:46:31 | お仕事
賢明なる人間は魂の窓を開き、人生を生き甲斐あるものにするために勇気づけ指導してくれる莫大な霊の力を認識することになります。あなた方は神の子なのです。その愛と叡智をもって全宇宙を創造した大霊の子供なのです。その大霊とのつながりを強化するのは、あなた方の理解力一つです。『シルバーバーチの霊訓(3)』

介護研修の打ち上げ、楽しかったです。
異なった職種の人もいたり、年齢も様々だけど
とにかく人が好き!という共通点は同じなんです。
いろんな話を聞けて、興味津々。

私は全くアルコールは飲まないんだけど、全然OK!!
酔っ払った人を見るのも楽しい。
和気あいあいの雰囲気も大好き。

何人かは独身だったりバツイチだったりで、恋愛相談に乗るのも好き。

ただなあ・・・・
肉料理しかない中華のフルコースはつらいわ。

お肉を楽しく食べてしまう自分。
享楽的で雑多な雰囲気にのまれて霊性が低くなるの感じます。

ほんとに楽しいけど、私って意志弱々だから、もう飲み会は行かないって決めなきゃ~。

でないと、自己嫌悪でしばらく浮上できなくなりそう。

オーラ談義

2018-02-06 12:55:59 | スピ系
(問い)「その人の適性が霊性にはっきり出ているということでしょうか」

 「そのとおりです。なぜかと言えば、その人のオーラ、色彩、光輝がその人の本性を示しているからです。教える資格もない者が先生ヅラをしてもすぐにバレます。その人には教えられないことが明らかなのですから。ですから、あなたが人類のための仕事に志を抱く霊を呼び寄せようとしても、あなたご自身が霊的成長によって霊を引きつける力を具えていなければ、それは叶えられないということです。お判りになりますか」『シルバーバーチの霊訓(2)』


続 いのちの波動のコメントでオーラの話をされておりますが・・・

私もオーラ もうごめんだな。必要ないから見ない。
てか、不意に目に飛び込んできたもの以外、絶対見たくないな。

良いこと言ってる人なのに、放つオーラはどす黒い好色だったり
ものすごく純白の光を帯びて霊的真理を語った後、急にみすぼらしい色に変容したり。

ああやだやだって思うこといっぱいあり過ぎて、もううんざり・・
人って本性を隠している生き物だと思う次第・・・中途半端に頭隠して尻隠さずなんだけどね。

イエスさまなんか、オーラなんて瞬時に読み取ってただろうな。
それなのにあれだけ愛を持って、「隣人を愛せよ」なんて、全くもって有り得ん。
イエスさまの偉大さに ほんと トホホでございます。

大空さんがテレビで歌う歌手のオーラについて書かれているけど
たしかに芸能人のオーラは大きかったり、役柄に同調したりしてて面白いです。

テレビやネット越しに知らん人を見るくらいが楽しいかなっ、な~んて、私も守護霊さんからお叱り受けるかな。

オーラなんて、たまに人に見て貰うくらいが丁度よい。
ええ。ここは依存で丁度良い!!です。

ずっとサバイバー

2018-01-31 13:12:13 | 課題
「人間の集まるところには必ずトラブルが生じます。一人一人が霊的に異なった段階にありますから、同じ問題を必ずしも同じようには見ていません。それは致し方のないことです。幸いにして自分の方が進化の階梯の高い位置にいる人は、自分より低い位置にいる人に対して同情と、寛容と、理解のある態度で臨むべきです。」
『シルバーバーチ 新たなる啓示』


私の同僚は引き籠もりサバイバー
アングラ期間が長かったおかげで、資格で仕事できるし、身体は夜中鍛えてマラソンおたくになったしで
サバイバーとしてあっぱれお見事。

かくいう私も、摂食障害サバイバーで性格を矯正できたし
憑依サバイバーで、シルバーバーチの霊的真理を掴めたし、サバイバーさせられるのもいいもんですね。

これまでも、痴漢サバイバーだったり、醜形障害サバイバーだったり
そのつど、霊的真理にしがみついて、切り抜けてきたわけですが、

次の課題は、赦しです。

「大嫌い・・・・赦せない・・・・」
自分の心ってほんと狭い。

霊界からのメッセージは
痴漢ですら赦せたのだから、全て赦さなければいけないよ・・・
なんですよね。

霊的真理を知ったのなら、あらゆる人を赦さなきゃ。
狡い人も悪い人も威張った人も冷たい人も、毒親も・・・・

だけど このサバイバーになる自信なんかこれっぽっちもないわ~。

死者は死んでないのに

2018-01-28 00:27:22 | 霊界の住人
 地上を去って霊界へ来る人のほとんどが自分がこれからどうなるのか、自分というのはいったいどのようにできあがっているのか、霊的な実在とはどんなものなのかについて恐ろしいほど無知なのです。『シルバーバーチの霊訓(7)』

92歳の高齢男性のことなんだけど

「死にたくない」って常日ごろから口に出される方だったから、
それは何度も危篤から奇跡的な生還を遂げて。

でも、寿命を前に、ついに力尽きた感じ。
急な体調の悪化であっというまに他界しました。

で、その方の娘さんとか奥様とか、故人を忍んで色々お話下さるんだけど

「死んだらお終いよね~。人間なんて・・・」
「もう、あの人はいなくなっちゃったんだけどね。」

何度も自分に言い聞かせるように繰り返すの。
供養しながらも、供養される人は死とともに消滅したと言うし、矛盾すぎるわ。

最近、その他界した高齢男性が私にメッセージをくれました。

すでに死は受け入れたそうで、迷惑かけた人たち全員に謝りたいそう。
随分威張ってたのかしらん。
でも、そんなことは大したことじゃないそうで、
とにかく、家族に自分がいないと思われることが何よりも苦痛なんだって。
横にいるのに、目の前にいるのに・・・いつも泣かれて存在が消えたように扱われるなんて耐えられないって。

一応、ご家族さんには伝えるよ。
何度も伝え続けるけど、生前のあなたのようにご家族さんも頑迷だとおもうよ。

ほんの僅かなスペースで良いから
人は死んで消滅するのではないかも・・っていうくらいの心の隙間を空けておくべきだ。
死んだら終わりって完璧に思い込まれちゃったら、もはや死後の世界を観るまで崩すことが出来ないもの。
これは死者側からみて、非常に困る・・・・。

セクハラ トラウマ

2018-01-24 00:44:13 | お仕事
牧師 「感心できないことをしがちな強い性癖を先天的にもっている人がいるとは思われませんか。善いことをしやすい人とそうでない人がいます」

「難しい問題です。と申しますのは、各自に自由意志があるからです。誰しも善くないことをすると、内心では善くないことであることに気づいているものです。その道義心をあくまでも無視するか否かは、それまでに身につけた性格によって違ってくることです。罪というものはそれが結果に及ぼす影響の度合に応じて重くもなり軽くもなります」『シルバーバーチの霊訓(5)』


先日、他施設のヘルプ応援に行きました。

そこのフロアは高齢の女性認知症患者ばかりの中に、脳梗塞で立位困難の男性認知症患者が若干1名。
女性ばかりで身体介護は楽そうだなあ、と喜んでいたのも束の間、
その男性は強烈なさわり魔。失語症もあって意思の疎通も難しい方です。

男性は自分の重みで車椅子からずり落ちそうになったので、ベテラン女性職員が介助すると、
チャンスとばかりに間髪入れず 女性職員の肩に腕を回し、髪、お尻、胸などをベタベタ触ります。

見るに見かねて 男性の手を悪さしないようにさりげなく握って防御したら、女性職員から
「あら、別にいいのよ。この人ね、女性に囲まれてたのよずっと。今も女性ばかりだから甘えたちゃんなのよね~」
って涼しい顔で言われました。

うちの職場では、ありえません。
セクハラしようものなら防御したり、薬調整が入ります。
良かった!私は守られてます。

だけど、このことで私は自分のトラウマを直視してしまいました。

私は小学生の時、知らない老人からお尻を触られたことがあります。
中学生の時、知らない中年の男に胸を触られたことがあります。

私が性欲の強い男性が嫌いなのは、そのトラウマのせいなのでしょう。
普通の人にとっては、男がだらしないのは仕方がないわよ、くらいの感覚なのでしょうか。

この経験も私の霊的成長のためには必要です。

今の私は霊的真理を知っているから・・・・・
そういう人も許してあげられるし、哀れだなって同情してあげられます。
だって、霊性の低さ、醜さが透けて見えるもの。

いずれ、その霊性の低さゆえの償いをさせられるってわかっています。

だから、あえてそういう人たちに向き合っているのでしょうね。今。

私は・・・・・

2018-01-21 23:34:56 | 日記
 霊界からの情報をしきりに求めながら、それを同胞のために活用することをまるでしようとしない人に、私は時おりうんざりさせられることがあります。そういう人は霊の述べたことなら何でも〝高等な訓え〟として有難がるのですが、各自が霊性の成長とともに神の摂理の働きをより多く理解していくのですから、訓えそのものに高級も低級もありません。
『シルバーバーチの霊訓(4)』



ぽん師匠ですら自分は低級霊だって言ってたから、
私なんかもっともっと低級霊なのに・・・。

なのに、ハイスペックな~さんを見習ってとか、~さんのようになれって言われてもなあ・・・・
叱咤激励に答えられんわ、苦しいわ。

でも、~さんになれるように最大限のプラス思考で考えてみる。

変な例えでごめんあそばせ なんだけど、

仕事で食事介助すると、左で箸を持つ私に
「ぎっちょ」
って老人方が騒ぎ出すの。

毎度毎度「皆のもの、静まれぃ~」ばかり言って笑いをとるのも面倒だから
右で箸を持ってたら、右利きばりに箸を持てるようになった。

これは社会の多数派に合わせる、という矯正。

左利きが本当の私だから、左ファーストは絶対に捨てないけど、
両利きになった分、少しバージョンアップになったわけだ。

こんな感じで
真似をしたり矯正したらいいの?
どうなの?

たとえ、~さんみたくバージョンアップしても、コアな低級部分は捨てないから!!

デブ職場

2018-01-13 23:26:48 | 依存症
問 「たとえば猿の好物であるナッツが豊富にあれば、それが猿を怠惰にさせるということが考えられませんか」   

「そういうことも考えられますが、ではナッツがなぜ豊富にあったかという点を考えると、そこには宇宙の法則の働きを考慮しなくてはいけません。つまり人間の目には外的な要因のように見えても、霊界から見れば内的な要因が働いているのです。私の言わんとしているのはその点なのです。人間はとかく宇宙の法則を何か生命のない機械的な、融通性のないもののように想像しがちですが、実際は法則と法則との絡まり合いがあり、ある次元の法則が別の次元の法則の支配を受けることもありますし、その根源において完全にして無限なる叡智によって支配監督されているのです。法則にもまず基本の型というものがあって、それにいろいろとバリエーション(変化)が生じます。といっても、その基本の型の外に出ることは絶対に出来ません。どんなに反抗してみたところで、その法のワクはどうしようもなく、結局は順応していくほかはありません。しかし同じ型の中にあって、努力次第でそれを豊かで意義あるものにしていくことも出来るし、窮屈で味気ないものにしてしまうことも出来ます。別の言い方をすれば、その法則に調和した色彩を施すのも、あるいはみっともない色彩を塗りつけてしまうのもあなた次第ということです。いずれにせよ、最後は型に収まります『シルバーバーチの霊訓(5)』


頑張って悪い食べ物は口にしないって努力しているんだけど、どんどん太ってきて、
娘に「ママもんのすごく太ってきたよ。やばくない?!」って言われて落ち込む。

体重計に2度と乗らないって決めたから何キロ増加したかわかんないけど、落ち込む自分に更に落ち込む。
自分的にはよくやってるなって思ってたのに、人の評価ってほんっと低いんだ。

確かに病気になるような食べ物ばかり食べて血を汚すのは、身体に悪いからダメだと思うけど
素直にま~るくなるのも怠惰な猿みたいでやっぱり摂理違反かな。

私の職場はそれはそれは食べ物が豊富な楽しい職場。
裏を返せば 食物依存症の煩悩を100%試される訓練場所・・・・
私、なんでこんな格好悪いお題目でずっとずっと自己修養させられているんだろう。

痩せたら、また太った人や外見の醜い人を見下してしまうような意地悪な自分になるのが正直恐い。
だから太っていると安心する。
だけど、そういう価値観すら全部捨てなきゃ・・。

本当はね。人間は少食でしか健やかになれない。
他の生命を余分に搾取することの表れが必要以上に食べるってこと。
甲田先生の言ってることは正解なの。


私の心の中にある歪んだ眼を霊界の眼に変えてほしい。


実務者研修の実技

2018-01-12 21:14:51 | お仕事
ひゃほ~う!!
実務者研修の実技スクーリングがやっと終了。

実技で使う前開きのジャージを忘れるは、髪の毛束ねるの忘れるわ、えらく減点くらっちゃった。
誰も忘れ物なんてしないから悪目立ちして困った。

でも極めつけのアホさはこれ。
ガムテープに名字を書いて服に貼る「名札」を用意したのはいいが、
前日、服じゃなくレジ袋をシール台紙代わりに貼り付けたのが失敗。
だって、こんなもの付けて電車乗るの恥ずかしいじゃない。
いざ剥がして使う段階で、粘着強すぎてレジ袋ごと破けちゃった。
これは、隣の人からガムテープ恵んでもらえてセーフ。

最終日の実技テストは、頭真っ白で、短下肢装具の装着なんてもろ間違えまくったけど
まあ、「説明と同意」が出来たのが救い。
あっ、最後にカーテン閉めるの忘れたって、今気がついた・・・・

来月から「医療ケア」のスクーリングがあるけど、暫く極楽ムードを味わいたい!

年賀状も成人式も面倒い

2018-01-08 22:49:51 | 日記
あなた方が文明と呼んでいるものが不必要な用事を増やし、それに対応するためにまた新たな慣習的義務を背負い込むという愚を重ねております。肉体にとって無くてはならぬものといえば光と空気と食べものと運動と住居くらいのものです。衣服もそんなにあれこれと必要なものではありません。慣習上、必需品となっているだけです。『シルバーバーチの霊訓(6)』

年賀状、毎年どうお断りするか頭を抱えています。
寒中お見舞いの葉書でお断りしようか、出さないを決めこもうか・・・・

褒められることではありませんが、本当に年賀状が面倒なのです。

死後会いたいわけでもないのに、お互いお義理で書いてるのは丸わかり。
とはいえ礼を欠くのもなんですし、ぐだぐだ愚痴りながらやっと書き上げ、やっとポストに投函しました。


その点、成人式は家族だけのことですから気は楽~。
うちの娘宛てに、この2年間晴れ着のダイレクトメールが山のようでしたが直行ゴミ箱行き。
ゴミ捨て任務も今日でやっと放免されます。
娘にはずっと前から成人式の着物はないよ宣言で了承済み。

成人式のあのド派手さを私は理解できないんです。
二十歳を盛大にお祝いする根拠は何なんでしょうね・・。
着物産業のためなんだろうけど、でも、一生に一度の成人式という言葉も理解できない・・・
こういうイベントごとがある度に、いやというほど世間とのズレを感じます。

ねっ こんな私が社会で皆と仲良く話を合わせてやっていくということは
けっこうなダブルスタンダードが求められます。

今年も大きなイベント終わったし、あとの小モノ行事はササッと上手くやるつもりです。

わかってもらえるだろうか

2018-01-05 16:14:23 | 霊的真理の普及
冷たいことを言うと思わないでください。本当のことを謙虚にそして真剣な気持で申し上げます。死は、死ぬ人自身にとって少しも悲劇ではありません。あとに残された人にとってのみ悲劇なのです。暗黒の世界から光明の世界へと旅立つことは悲しむべきことではありません。
 あなたが嘆き悲しむとき、それは実はわが子を失った自分の身の上を悲しんでいらっしゃるのであり、自由の身となった息子さんのことを悲しんでおられるのではありません。息子さんは地上にいた時よりずっと幸せなのです。もう肉体の病に苦しむことがないのです。刻々と蝕まれていくということもありません。『シルバーバーチの霊訓(7)』


人は産まれた以上必ず死にます。
いつかは 別の波動の世界へ旅立ちます。

死別という永遠の別れなど生命にとって存在しません。
悲しむのは、束の間の離別が辛いから。

それだけのことなんですけど
涙を流すのは仕方が無い。人間ですもの、寂しさを感じるのも仕方が無いですよね。
しかし、本当の死後の様子を知らないことにはどうしようもありません。

去年も、大勢の施設のご老人がご逝去されました。
皆ね、大量の薬を飲んで息をするのも精いっぱいだったの。
だから、やっと苦しみから解放されたね良かったねって私は祝福しています。

一生懸命に生きている人にとって 死は救いでありご褒美以外何物でもありません。

とてもシンプルで当たり前のことでも、
渦中の人にとってわかってもらえるでしょうか・・・・


切れる老人

2018-01-03 20:59:06 | 身近なクレーマー
あなた自身の責任を他人の肩に背負わせる手段はありませんし、他人の責任があなたの肩に背負わされることもあり得ません。各自が各自の人生の重荷を背負わねばなりません。そうあってはじめて正直であり、道徳的であり、倫理的であり、公正であると言えます。それ以外の説はすべて卑劣であり、臆病であり、非道徳的であり、不公平です。摂理は完璧なのです。
『シルバーバーチの霊訓(6)』

キレる老人の記事
記事の抜粋
例えば、お菓子屋さんでカステラを買おうとした高齢者の方が、店員の「おひとつでよろしいでしょうか?」という言葉にひどく怒ったとします。実はこの高齢者の方は、かつては仕事でカステラをこの店で100個近く注文していたのに、いまは1個しか買わないことを寂しく思っている。それで「おひとつ」という言葉に、思わず「貧乏人だと思ったのか!」とキレてしまう。こうした高齢者の方たちの背景にまで思いを巡らす想像力が求められているのです。

最近キレる老人のことがよく話題になっているけど、私はこの手の話にはとことん冷たい。
ああ老害だね 積み上げてきた性格が悪くてお気の毒にな~っ て哀れに思っておわり!

確かに、歳をとって出来ていたことが出来なくなったとか、見捨てられる不安だとか、
社会のスピードに着いていけないとか、色々な要因が重なっているのはわかる。
でも、そんなことを言ったら犯罪者だって生活困窮者だって言い分があるだろが・・・

キレる老人の世代が増えたからって社会に寛容と理解ばかりを求めること自体おかしい。
まっ今更性格を変えるのは無理だから寛容も理解もするけど、だけど悪いのはキレる人だ。
犯罪者や弱者には厳罰とか自己責任ばかりを求めるのに・・・
社会はお金をもっている人にはとことん優しい。

「おーい」「おーい」と些細なことで四六時中叫んでいる老人がいる。
この人は社会的地位の高いお偉いさんだった人。
呼べばお手伝いさんやら奥さんやらが飛んできてくれた環境だそうだけど、
今では排泄も歩行も何もできなくて口だけ元気。

他人の物をそっと捨てたり、夜中に他入居者のドアをノックしたりの意地悪を楽しむ老人。
この人は元看護師さん。
いつも人の目を盗んでこそこそしている。

こんな人が認知症+持病というカテゴリーで括られる。

別にいいんだ。
どうせ死んだらその人に相応しい境遇が待っているから。
病気だって言い張っても通用しない世界に突入するんだから。

要はその人の霊性の問題に帰着するものだと思います。

とーちゃんは見た

2017-12-31 00:23:11 | 死の境界線
 死んで霊界へ来た人は───初期の段階においては───地上にいた時と少しも変わりません。肉体を棄てた───ただそれだけのことです。個性は少しも変わりません。性格はまったくいっしょです。習性も特性も性癖も個性も地上時代そのままです。利己的な人はあい変わらず利己的です。貪欲な人はあい変わらず貪欲です。無知な人はあい変わらず無知のままです。悩みを抱いていた人はあい変わらず悩んでいます。少なくとも霊的覚醒が起きるまではそうです。『シルバーバーチの霊訓(7)』
年末にまた、一人、うちの施設でお年寄りの女性がお亡くなりになったのですが、
前日に、その(寝たきりの)女性らしき人が立っているのを見た人がいるのよね。

うちの施設ではいつもこの手の話は尽きないんだけど、
今回の目撃者は、認知症で脳が2歳児レベルまで低下した「とーちゃん」と呼ばれるご老人。

さすが、とーちゃん 期待を裏切らんわ(ってそう期待もしてないけど・・・)

とーちゃんは、幻視が激しく、いつもトンボとか、いろんな虫が頭の上にいて、
追い払うためによく頭を叩いている。
あと、よく紐を括るポーズもしている。
叩く→紐→叩く→紐の動作が延々続く。
たまに「服をやぶる」とか、手拍子で「鳩ぽっぽのサビを歌う」もある。

そんなとーちゃんが、いきなり夕方に
「女の人がおる」とエレベータの前を指して普通に喋ったので、職員が驚いたのなんのって。
とーちゃんは虫のことしか言わないし、それに、いつも言語不明瞭で何言ってるかさっぱり分からないし。
そこには当然誰もいないので、どんな女性か聞いたら、
「ばあさんや」ってこれまた分かりやすい日本語。

とーちゃんは脳みそは使えないけど、霊で感じたことはちゃんと伝えることが出来るみたい。

危篤の女性だと職員は直感で分かったそう。
瀕死の間際で幽体離脱して彷徨ってたのかも。

別の担当職員に聞いた話では、
女性は死ぬ前日の夕方にはぐったりしていたけど、夜中になぜか不意に枕を投げたそう。
危篤で殆ど死にかけているのにそんな力があったのか、何がしたかったのか不思議・・・だとさ。
死に際でとんでもないものを見たのかしらね。
その後、亡くなられたそうです。

幽界に迷わず行けたらいいなあ・・・・

三宮で出会う

2017-12-26 20:17:12 | ボランティア
 キリスト者をもって任ずる者が、聖職にある者の多くが、その教会の陰で進行している恥ずべき事態に目を瞑っているのをご覧になるからです。その日の糧すら事欠く神の子が大勢いるというのに、神の館のつもりで建立した教会を宝石やステンドグラスで飾り、その大きさを誇っているのを見て一体だれが涼しい顔をしていられましょう。
その人たちの多くは一日の糧も満足に買えないほどのわずかな賃金を得るために一日中働き続け、時には夜ふかしまでして、しかも気の毒にその疲れた身体を横たえるまともな場所もない有様なのです。あなたを非難しているのではありません。私はあなたに大きな愛着を覚えております。お役に立つことならどんなことでもしてあげたいと思っております。が、私は霊界の人間です。そしてあなたのように、社会へ足を踏み入れて間違いを改めていくための一石を投じてくれるような人物とこうして語るチャンスが非常に少ないのです。
『シルバーバーチの霊訓(5)』

そういえば最近の三宮では、ホームレスが随分減ったなあって思っていたんだけど

前に見た人を偶然さんちかで見つけてしまいました。

えらく小綺麗でさっぱりしてた。
しかも随分若返ってる!!ゴダイゴのボーカルの歌い手さんに似たの風貌でロン毛は相変わらずで
作業用っぽいズボンは汚れてはいますが、日雇いの仕事にでもいくような感じ。
目は治ってた!!

良かったなあ。
行政か何かの支援が入ったのかな。

なんか年末に神様から嬉しくなるご褒美を貰いました。

全ての人が、神の子として当たり前の生活ができますように・・・・

姉のこと

2017-12-23 22:42:45 | 日記
 ふたたび霊媒である奥さんが、自分の支配霊も心霊治療を行うことがあると述べ、遠隔治療によって本人の知らないうちに治してあげていることもある事実を取りあげて、こう尋ねた。

 「そういう場合はなぜ治ったかを本人に教えてあげるべきだと思うのです。つまりそれを契機として、自分が神の子であることを知るべきだと考えるのですが、私の考えは正しいでしょうか、それとも多くを望みすぎでしょうか」

 「理屈の上では正しいことです。が、取りあえずあなたの治療行為が成功したことに満足し、そのことを感謝し、同時にその結果としてその人の魂を目覚めさせてあげるところまで行かなかったことを残念に思うに留めておきましょう。大切なのは、まず病気を治してあげることです。その上に魂まで目覚めさせてあげることはなお一層大切なことです。が、一方は成就できても他方は成就できない条件のもとでは、その一方だけでも成就して、あとは〝時〟が解決してくれるのを待ちましょう。魂にその準備ができるまでは、それ以上のものは望めないからです。『シルバーバーチの霊訓(6)』



私の姉はボス弁なんだ。
何人もイソ弁を抱えていて、家族もホッ散らかして仕事して
強烈なエゴとプライドと欲まみれな人だって思っていた。

母が後遺症で手術する時も、何度も医者を執拗に質問攻めにして激怒させていたし、
職業病丸出しという感じで、一緒にいるのも恥ずかしい人だって思ってた。

そんな姉がガンになった。

ここは霊的真理を伝えるチャ~ンス!!と頑張ったけど

「ふーん。でもあたしには(他界した神主の)おじいちゃんがいるから大丈夫!!」
って、何の根拠に祖父が守ってくれると思っているんだろうか。
(てか、おじいちゃんはたぶん今でも低い幽界で祭壇作ってカシコミやってるよ・・・)

発覚後も気にしているのは仕事のことばかり。
イソ弁の雇いすぎで経営が赤字続きで、でも、自分より法曹界やイソ弁のほうが大事なんだ。
ああ、こんな生き方の人もいるんだって思った。

こんな世俗どっぷりの人が霊的真理を受け取るのは極めて難しい。

で、姉のガンの手術。
一応メールして、術後に遠隔ヒーリングした。
私は誰にヒーリングしても全然体調悪くならないのに、はじめて頭痛がした。
身内だから感情が入りすぎたのかなあ・・・・。

翌朝「元気だよ~明後日退院だから保険金も入らんわ」
と呑気な電話がかかってきた。

世界で一番大好きな人だけど、最強に手強い人でもあるのよね、きょうだいって・・・。