猫好き司会者日記

東京で働く司会者の日記。
12歳の息子、公園猫ロコとの日々の暮らしを綴っています。

お客様

2015-07-31 16:54:00 | Weblog
朝、何気にベランダを見るとかわいいお客様が。




米粒!!

ベランダにまいたらたくさん飛んできてくれるんだろーか。

思っているうちに、飛んで行ってしまいました。

コメント

今週のお花。

2015-07-27 00:12:20 | 今週のお花。
コメント

ブライダルフェア

2015-07-26 23:36:06 | Weblog
今日はホテルオークラ福岡にて、ブライダルフェアの
お手伝いをさせて頂きました。

川崎仁・・・模擬挙式&試食会
福島可南子・・館内アナウンス&ブライダル演出案内
谷口直子・・・館内アナウンス



たくさんのお客様が来館され、この秋、そして来春が
とても楽しみです!

長い一日、お疲れ様でした!
コメント

隅田川花火大会

2015-07-25 00:42:33 | 今日のご披露宴
今日は、渋谷の教会で挙式後のパーティの司会の
ご依頼を頂き、担当させて頂きました。

渋谷の街は浴衣姿の人たちがたくさんで

あー、今夜は花火大会か~・・・

ふと、息子を連れていってみようかと一瞬よぎったのですが

エアコンのきいた部屋でテレビで花火鑑賞にしました(^^;)



た~まや~

東京に来て半年。

渋谷での仕事を終えて、花火を見るこのカンジ。

まさに「た~まや~」な一日でした。
コメント

パン屋さん。

2015-07-24 01:04:02 | Weblog
自転車で近所をプラプラ回っていたら

かわいいパン屋さんを発見。


有名店の本店なんかも近くにあるのですが、ここのパン屋さんは
クリームパンや、アンパン、メロンパンなど、ホッとする感じの
パンが焼かれていました。

いくつか買って帰ってきました。

他にも入ってみたいお店がたくさんあって、すこしづつ
開拓していきたいと思います。

まずはネーミングも衝撃的な「いきなりステーキ」

次はここに是非行ってみたいです
コメント

家庭菜園

2015-07-22 16:20:27 | Weblog
小学校の夏休み。

学校で育てていたプチトマトを持ち帰り、夏休みの間
自宅で観察をするという宿題が出ました。

学校からプランターを持ち帰るのが遅かったせいで、
連日の猛暑の中、すでに葉っぱはぐったり瀕死の状態。

思えば1年生の時は朝顔で、夏休みが終わる頃には見事な
枯れ枝が完成していたっけ…。

でも、今回のプチトマトは、トマトが収穫できるという喜びと感動。

俄然やる気がでています。

息子を差し置き、お水や肥料を与え、毎日の観察を欠かしません。

家庭菜園たのしー。

たくさん収穫できるよう見守ります!
コメント

夏の風物詩

2015-07-17 20:21:03 | Weblog
氷室寒天頂きました。

あんこを出して~、黒蜜をかけて~、
そんな作業も食べる楽しみの一つになります。


夏ですね~




コメント

矢太楼が来る。

2015-07-16 17:20:20 | Weblog
さだまさしのトーク集は私の語学のバイブルなのですが

その中で、「矢太楼が来る」という話があって

さださんのお母様が子供を寝かしつけるために

「寝ないと矢太楼が来るよ」と脅かして、子供たちは得体の知れない
矢太楼に恐怖を感じて慌てて寝たものだと。

大人になってそれは、長崎で有名な旅館の名前だったというオチ
なのですが

ふとそれを

なかなか寝ない我が息子に使ってみました。

「寝ないと矢太楼が来るよ!」

すると、息子の目がランランと輝き、

「え?え?何、それどんな人?どこから来るの?いつ来るの?」

質問攻めにあったあげく、矢太楼に会うために今夜は寝ないと言い出す始末。

昔の子供はもっと素直だった。

私もそうだった。

今の子は、「寝ないとゲーム取り上げるよ」の方がよっぽど
効果的みたい。

それにしても

さださんのトークはホント面白いです。
コメント

今週のお花。

2015-07-15 17:17:24 | 今週のお花。
コメント

締め出し

2015-07-14 16:45:23 | Weblog
車の点検で、2日間愛車を預ける事になりました。

ヤナセ本店。



足がすくみます。

舞い上がっていたせいか、自宅についた時に家の鍵が
ないことに気が付きました。

車と一緒に預けてきてしまいました。

さて、どうしましょう。

取りに帰るものなんだし…息子が返ってくるのはあと2時間後。


よし。

近所をプラプラ散歩しながら、時間をつぶそう。

気付けばお腹もすいてるし。

お洒落なフレンチ・・・イタリアン・・いくつかお店の前を通り過ぎ
入ったのはお蕎麦屋さん。


家に入れなくて悲しい気持ちを一瞬忘れることができました。

しかしその後、オートロックの玄関先で待つこと40分。

キーパーソンの息子がプラプラと帰ってきた時の喜びたるや。
鍵は大事ね。




コメント