恋愛、失恋で成幸!読むだけで瞑想になる「『無努力変容法則』愛の錬金術」とは!

 REBORN LIFE CARE・国際理学宗教師協会の「愛の錬金術『ダブルマイナス思考』」で恋の苦しみ、失恋も成幸に!

『ハートの聲の表明』が愛在る行動の道標となる!目標宣言とは『別次元の道』Da☆Ka☆Ra!

2017-05-31 17:13:07 | 恋愛、仕事、精神世界...
質問・自分の人生の目標を宣言することで、行動が変化して願望が叶うとある新しい心理学のセミナーで言われました。

マスターコースまで通い理論的には、それなりに納得。

願望も目標を立てた範囲では達成し、交際相手も見つかりました。

でも何かしっくりしない、心がときめかない感じです。なぜ何でしょうか。

叡空・あなたは『思考で目標を立て交際相手を「見つけた」』。

目標は達成したがそれが「誰の目標なのか」

今『あなたのハートが戸惑いの聲』を上げている。マインドが造りあげた幻想に。

『魂に煌めきのない恋』は愛に昇れない。異性との出会いは目標になるが、恋とはハプニングだ。

それは思考で予想できない『ハートに基づく』世界だから。

言葉の宣言は思考を強化し、行動を生む『マインドの方法』。「自己」啓発の心理セラピーに属するものだ。

思考の喜びは、ハートを満たす『笑楽の歓び』を産まない。

あなたは踊り、笑いながら目標を宣言したのだろうか。

『 自分の目標』をエゴは「宣言したがる」。それはマインドの行動力を生む源泉に繋がるから。

他人に「『自分の価値』を認めさせたいという思い」が無意識に在るから。

周囲の「深層意識に影響を与え、支配することで自分は満足する」自己承認欲求が。

自分の目標に終わりはない。思考満足はハートを知らず知らずに疲れさせる、無意識の重りとなる。

今のあなたのように。

ハートの聲を聴いた行動は『愛に基づく無我の行為』だ。

人が恋に出逢い、恋人を『愛することに目標はいらない』

目標のある愛は『思考の打算』だから。恋に墜ちて愛に結晶化しない。

人は至福に溢れている時、恋人に『愛を「表明」』する。

それは目標に向かう「宣言の言葉」ではない。

天国も地獄も共に歩む魂の覚悟であり『ハートからの聲』だから。

そこに在るのは、自分の目標ではない『利他の想いに溢れた愛』だ。

『ハートから溢れ出てくる表明の聲』は、目標では見えない道を開く存在への言霊力を産む。

愛在る『利他の想いの表明』は、周囲の人達のハートに響き奇跡を呼び覚ます。

あなたの家族や恋人、友人たちが苦しんでいる時

『あなたは「自分を失っても何が何でも、この人を救いたい」という無我の想い』と出逢った経験があるはずだ。

そして、観ていた周囲の人たちから『思いもよらない智慧』がもたらされることがある。

愛の引き寄せ・セレンビリティは、問題と感じているものを消す『愛の錬金術』となる。

多くの成幸者が体験している臨床・宗教理学のひとつだ。

これは『外部脳・他力本源力』が『集合無意識への愛の共感』に働いたための『贈りもの』。

自分の目標ではない『魂の聲を聴いた、利他への想いの表明』は、マインドの目標を遥かに超える。

周囲の人達が「笑い、踊り、楽しむことを分ち合う」至福の世界がそこには拡がる。

『笑楽への愛のシルクロード』に繋がる道は『常にあなたのハートに在る』から。

『迷わずハートの聲に、ただ耳を傾けなさい』合掌








コメント

『簡単と感じる優しい行為』が愛の入口、『自己変容ワークの盲点』!!

2017-05-29 08:58:53 | 恋愛、仕事、精神世界...
質問・よく「ありがとうございます」とか「感謝します」を
繰り返し一万回以上唱えると運がよくなると言われてますが、私は全然問題解決しません。

せっかくできた彼氏にもふ
られ、アルバイトも突然クビになりました。

10万回以上も感謝の言葉を唱えているのに、運がよくならないのは、なぜですか。

叡空・言葉を唱えることは『自己のハートを開く鍵』となる。

ただ言葉を口先だけで『作業として唱えても響かない』。

あなたも異性が『あなたのことを想い口に出した言葉かどうか』ハートで感じた経験があるだろう。

『ハートに伝わる言葉が「言霊力を持ち」』初めて強い感情を想起する。

その時の「身体感覚」が『潜在意識に伝わる言語』となるから。

ハートに伝わるとは、感謝や愛が深い深層意識と一体だと『知らずに識る』こと。

感謝の言葉を唱えるワークは、
滝に打たれたり、瞑想法を出家して行う「難行苦行ではない」!

マントラ、念仏、祈りのような『「誰でも行える簡単な易行」だから、深い意識理解を要する』のだ。

これは言葉の『ハートに響く力』がポイントとなるから。

『言葉の力で脳を先導』し、深層意識に働きかけ自己変容するワーク。

脳を『純粋な思考の道具』として人は使いこなせない。

それは強い感情を伴う『過去の記憶が条件反射として脳を誤作動』させるからだ。

ハートに響く言葉『言霊力による易道も困難な人に「笑楽道」』は産まれた。

身体は『言葉よりも早く脳を先導する』。

強くネガティブな「思考反射によるマインド」が生じた時、
大部分の人たちは『ありがとうございます』という『感謝の言葉を唱えても消えない』!

だが否定的と感じる感情が生じると同時に「『表情筋を緩めながら笑って』ありがとうございます」と言う。

すると『否定的な感情を浮かべるのが難しくなる』だろう。試してご覧。

意識集中より言葉、言葉よりも身体ワークが強い思考反射パターン『感情反射』に有効だから。

これは、あなたが悲しみの淵に落ちている時
「千の慰めの言葉より『沈黙の抱擁にハートを貫く愛を感じる』」体験で識っているはずだ。

科学でも宗教でもない実践検証による『存在の理学が愛の錬金術』だから。合掌

*『言霊理学』理論の詳細な説明については、叡空さんが7回にわたり最新ライブドアブログで説明しています。
LFN事務局

http://blog.livedoor.jp/ishikikyoiku





コメント

恐れも勇気も『同じ愛の現れ』全く問題はない!!

2017-05-28 09:48:23 | 恋愛、仕事、精神世界...
質問・人とのコミュニケーションすることが苦手でずっと悩んでいます。

人に嫌われて、自分の考えが否定されることを恐れてます。

ネットやメールだと緊張しないで話せるんですが。

先日ネットで知り合いになった同じ趣味の方と会い、お付き合いすることになりました。本当に(^人^)感謝♪です。

相変わらず人を目の前にすると話せません。気心が知れた人には理解されるんですが。

これからの人生で就活を前に、人と関わり生きなければならない社会生活が不安で仕方ありません。どうしたらいいのか教えて下さい。

叡空・あなたを理解してくれる恋人との出逢いが、まさに『あなたの質問、道の答え』となっている。

あなたは生への感謝を忘れない、ピュアハートの持ち主だ。

だから『人を傷つけ自分も傷つくこと』を『必要以上に』恐れている。

人は肉体を持ちこの世に誕生した時点で、『恐れを本能に抱えている』。

そして、自分を守るための攻撃性を「外に向けるタイプと内に向けるタイプ」に大別される。

これが外向性と内向性だ。経済的に貧しい国や環境では「生き残るの潜在本能が強まる」ため外向性が強まる。

人は狩猟的な性格が強まる。
戦後のわが国がそうであったように。

ただ日本は『農耕民族的な集合無意識』が強いため「和の精神、言葉をあまり必要としない以心伝心文化」が最近までは機能していた。

このため話ベタな人達にも寛容な社会だった。また、このための仕事も多かった。

だが21世紀グローバル経済化が進み、欧米のコミュニケーション重視の狩猟文化に社会全体が変化してきた。

このため、従来話ベタの方々に、社会の受け皿となっていた農業や工業が衰退。

急激に サービス業を主体にする産業構造と『会社の家族主義から個人の成果主義』に変化したから。

「生き残りのための狩猟的外向性が薄まる」ことは人間の成長だろう。

しかし、同時に『思考言語を超えた想いを識る』日本的と言われた農耕・家族主義の文化が消えた。

あなたたちは今、大きな歴史的社会変化に遭遇している。

これは「混乱と同時に『意識進化の大きなチャンス』」だ。

『自分が意図しない』社会変化の荒波に遭遇し、『乗りこなせたら』ジャンプできるから。意識変容が『無努力で生じる』から。

荒波を乗りこなすには、『恐れより「創意工夫の勇気」』に意識を向けることだ。

激しい波に乗ることを『創意工夫に意識を向けている「時は楽しめる」』から。

人は『笑楽の創意工夫に在る時に恐れは存在しない』。

不安や恐怖よりも『それを超えた創意工夫に意識が集中する』から。

あなたに『好きな趣味と得意のコミュニケーション手段への
「創意工夫の行動が生じた時」』のことを覚(思い)だしてごらん。

あなたが『意図しない出逢いの奇跡が生まれた』のだ。

あなたは、もう恋愛『愛の錬金術』を識っている。

『恐れが勇気在る創意工夫に変わる瞬間』を。

恐れも勇気も『同じ愛の現れで在る』ことを識った、あなたのハートには『迷いのない自由の翼』が在るから。合掌









コメント

『幸せを「種に」笑楽に気づく』のが愛の錬金術!!

2017-05-26 14:56:43 | 恋愛、仕事、精神世界...
質問・私は奨学金を借りて福祉系の大学に何とか進学できました。

家族は子供の頃は、父親が建築関係の事業をしていたので裕福でした。

でも私が中学生の時に、父親の会社が倒産。両親が離婚して、母親についていきました。

毎日授業とファミレスのアルバイトの繰り返しで疲れています。そんな時、叡空さんのブログを知り生き方の指針にしています。

私は先日まで付き合っていた同級生の人から堅いと言われ、交際は自然消滅しました。

よくわかりませんが、幸せって本当に不幸と背中合わせですね。

これから私が恋人をみつけて、生きがいのある仕事につくにはどうしたらいいでしょうか。

叡空・あなたは若いのに様々な「感情経験」をしている。

自己の意志と行動力もしっかり兼ね備えている。理知的な年齢より成熟した稀有な方のようだ。

幼い男性は支配欲と自己堅持欲を満たしたがるものだ。

恐らくあなたは、「そんな彼には」魅力的に映らなかったのだろう。

全く気にすることはないから、このことは笑い跳ばしなさい(笑)

むしろ男性と自己を識る機会になったのだから。

あなたには「直線的に物事を捉える」思考傾向が観られる。

そのことが、ある人には堅物に、また別の人には誠実に映るだろう。

どちらも『事実だが真実ではない』。なぜなら、どちらも『視点の違いによる見方』だから。

これは恋愛を「失恋と捉えるか新たな出逢いの機会」と捉えるのかと同様。

『現象世界の二元認識マジック』に過ぎない。

あなたは、これからも無理に「世間や他者に迎合することはない」。

処世術や世渡りは、知らず知らず、あなたのハートの煌めきを殺す劇薬に変わるから。

自己の思考傾向、癖を『治そうとする必要は全くない』。

そこに善悪はないが、今多くの日本人は世界から取り残された思考をしている。

他人の眼を気にし過ぎた「農耕社会文化」の結果、
『大いなる存在から分け与えれた魂の個性を眼(見)失っている』。

あなたは『自己を変えることなくハートの愛に意識をシフト』し続けなさい。

一部の他人から見たあなたの欠点を意識するのではなく、『あなたが自己の光(長所)と感じる愛』を拡げることを意識しなさい。

あなたのハートの歓びが他者の喜びとなる行為に眼を向けなさい。これこそが『自他不離の愛』だから。

社会貢献、人に役立つ利他とは『まず自己のハートから湧きあがる歓びが基点』となる。

他者を起点としたもの、他人のための行動は『感謝の代償、無意識の承認を求める「偽り」』となるから。

他者や周囲の要求に合わせる行動は『自分の無意識に必ず怒りの蓄積』を産むもの。

それは『ハートの基点に歓び、笑楽がない』からだ。

多くの人達は苦しみと不幸を避け、楽と幸福に「なる」ことを切望する。

ある意味、肉体存在である人の生存・防衛規制本能だから仕方がない。

だからこそ『幸せ、安心という守護感覚を「種」』、ジャンプ台にして『それを超えた笑楽の道』を歩むことだ。

あなたが今のまま『周囲の声ではない自己のハートの聲を聴き続けたら』
道なき笑楽の道に『これからも出逢う』だろう。

あなたは気づいていないだろうが、既に『愛の錬金術』 が働いているから。

そこには、『ハートに愛が在る行為が在る』から。合掌














コメント

『楽するのではない「楽しむこと」』が『無努力変容「愛の錬金術」』!!

2017-05-25 13:18:10 | 恋愛、仕事、精神世界...
質問・現在大学三年です。漫画を読むことが好きですが、それ以外はできるだけ何もしたくありません。

「努力しないで、楽して恋愛も仕事も上手くいけばいい」と暇があると考えています。

ブログを読んでると結局、努力が必要な感じがしますが?

疲れる努力をしないで、恋愛も就活も成功するにはどうしたらいいですか。教えて下さい。

叡空・「努力している限り」疲れる。(笑)

あなたは漫画を読んでる時、疲れを感じないはずだ。

しかし、「漫画を読むことが苦痛」であり、『意図的』努力を伴う人もいる。

あなたにとって漫画を読むことは『苦痛ではなく楽しみ』のはずだ。

そこには『ハートが歓びを感じる』あなたの居場所、存在の核に繋がる鍵が在る。

苦労を伴うあらゆる行動は努力を必要とする。

歓びを伴う行為も、苦しみを伴う行為も『人それぞれでハートの感覚が異なる』。

ある人にとって歓びを感じる行為が、別の人の眼から観ると『努力と映るように』。

無努力とは、まさに『個々のハートの聲を聴く』こと。『行為と出逢う』感覚だから。

人の目から努力に見えても、『ハートの聲を聴いた行動』は無我夢中のなかに、ただ在る。

だから『努力の実感がなく「笑い楽しんでいる」』創意工夫のなかにいる。

そこには「思考が感じる努力」も「楽」と考える感覚も存在しない。

他者の目や思考では決して判断できない『愛の顕現』だから。

それこそが『誰しもに在るハートの聲を聴いた行為』だ。

それは、恋人との遭遇に似た未知への誘い。道なき道を「『迷いなく、なぜか歩いてしまう』ブレーブハート」の世界。

あなたは『「考えてから」人を好きになったことがある』だろうか。

恋愛は『思考を超えたハートの聲を聴く体験』の宝庫だ。

そこには、マインドや思考が介在できない『愛の絶対領域に繋がる』魂の扉が在る。

恋は『努力してできない』突然、好きになるのはハートの聲を聴いた証だ。

あなたもハートの聲を聴いた経験が在るはずだ。

『好きだと感じるあらゆる存在』のなかにハートに繋がる『無努力変容の鍵』が眠っている。

ただ、あなたがハートの眼を向けていないだけだ。

それは、未知への恐れが闇となり、魂の聲を聴こえなくしているに過ぎない。

あなたが『今日まで生きているのは、そこに愛がいつも在る』から。

父や母、家族、友人から『いつも注がれている愛の光、「優しさを意識して自己のハートに眼を向けなさい」』。

光明ある所に闇は存在できない。愛在るところに迷いはない、ハートの聲に耳を傾けてみなさい。

そこには、『努力でも楽でもない、不安や失敗さえも「笑いに変えて楽しむ」
笑楽の愛』があなたとともに在るだろう。合掌








コメント