恋愛、失恋で成幸!読むだけで瞑想になる「『無努力変容法則』愛の錬金術」とは!

 REBORN LIFE CARE・国際理学宗教師協会の「愛の錬金術『ダブルマイナス思考』」で恋の苦しみ、失恋も成幸に!

愛は『感染』する相互遭遇、ダブル引き寄せ法則!

2017-01-31 14:58:22 | 恋愛、仕事、精神世界...
質問·引き寄せ法則で、効果が出て恋人ができる人もいますが、私には効果がでません。引き寄せとは結局何ですか?

叡空·愛はともに引き寄せあう相互遭遇。それは一方通行のマインドによる引き寄せ法則とは異なる。

愛は常に感染する、親しい人の感情、能力も同じように。

よい習慣も悪い習慣も人から人へと感染する。

特に人の脳は、好きな人や身近な親しい人と同じ領域の部分が活性化する。ミラーニューロンの力は、愛の力に比例するかのように働く。

ただ「関心が自然に深まる人」、『愛ある人たち』の側にいるだけで、あなたは変容する。

何一つ努力することなく、仕草が、脳力が、そして意識が、愛が転移する。

だから、あなたとともにいる人があなたの人生、成幸であり道となる。

愛が優しさが溢れる人とともにいる時、あなたの愛も深まっている。そこには至福がある。

しかし、貪欲な疑い深い人とともにいるとあなたも貪欲となる。闇があなたの道となる。

どちらも引き寄せの発現。引き寄せとは、類はともを呼ぶ、相互遭遇法則だ。

あなたに愛が溢れている時、あなたと共にいる人もまた愛溢れる人しか存在しない。光のなかに闇が存在できないように。

引き寄せの法則はあなたの『愛の感染力』だ。それは、マインドがイメージする、『意図する幸せや恋人』ではない。

思考イメージによる引き寄せ欲求には限りがない。そして無意識のどこかに比較がある。

愛溢れる人とのハートの出会い、『ともに愛ある相互遭遇』、ダブル引き寄せこそが、あなたの光の道となる。合掌










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恋が愛に変わる瞬間の零マジック!『空変換バランス』とは

2017-01-27 15:24:34 | 恋愛、仕事、精神世界...

 質問・痛みが多いほど人に優しくなれて、成長するとよく言われますが。叡空さんは、どちらかというと快楽や快感の方を重視していませんか?

 叡空・一般的なサイコセラピーでは、人は快楽か痛みによってしか行動しないという。
特に痛みを避けるための行動か、痛みによる気ずきによる行動が成長に繋がると。

 ATBは、痛みや快楽をモチベーション、道具にしたサイコセラピーではない。

 人は恋する時、考えることはない。それは思考や理性を超えて『ただ』起こる。
神聖なハートの声に気がつく生の奇跡だけが、そこに存在する

 
 あなたが恋人に執着して恋に「堕ちる」か、出逢いの感謝で愛に「昇る」のか。いずれにしても、魂から生まれた恋が、「どちらになるのかわからない『瞬間』がある」。「そこ」に意識を集めなさい。  
 
 零ポイント、意識の変わり目を観なさい。幸福と不幸、快楽と苦痛の変換点、瞬間を意識しなさい。それは、意図しない相対瞑想となるから。

 注意深く観ることを続けていると、やがて幸福と不幸、快楽と苦痛、恋愛と愛すべてが、表裏だという、この世界の真理を垣間観るだろう。

 この世で、恋だけが努力なく生じ「瞬間『零の変換点』」となりうる大いなる存在のギフトだ。それは、修行を意識しないワークとなる。

 恋の前では、あらゆるものが無力だ。この地球で最も平等なもの、それは恋の『力』だろう。あなたが何物かに「なろう」とした「時」、恋に「堕ちる」。あなたが、ただ「恋人に祈り、無垢なハートを晒した」時、恋人に大いなる存在を観る。

 あなたは愛に「昇る」。時を超えた『ただ歓び』があるから。そこには、「失恋という「結果は存在しない」」。愛する存在に『ただ出逢えた奇跡への感謝と祈り』だけがあるから。

 恋愛は日常生活で最も神秘で危険な瞑想だ。あなたが神にも悪魔にもなるから。恋は、善悪、二元価値を超えた零。相対瞑想ATBは、恋の『力を空変換バランス』する「無努力変化の『恋愛瞑想』」を在家ワークの要にしている。

 サイコセラピー、自己啓発セミナーに行かなくとも、あなたの愛する人たちが、瞑想であり成幸そのものだから。合掌
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愛は当たり前と感じる出逢いを観ること!

2017-01-25 16:57:48 | 恋愛、仕事、精神世界...
 
 すーちゃん・毎日何となく、営業ノルマと上司の厳しい指導の中
追われるように、歳だけを重ねて慌ただしく過ぎていきます。胸高まる出会いもなく、
こんな人生にいいのか疑問を感じています。

 叡空・人は忙しい日々が続き、心身に疲れが溜まると、感じること、観ることを忘れてしまう。

 それは、ハートから知性にセンター(知性、感性、身体・本能の各中心)が片寄るから。

 古人(いにしえびと)は、農作業など肉体を使うことで頭を空にする時間があった。知性・思考センターへの意識の集中が中和され、バランスした。

 都会の人々、特にビジネスパーソンは常に考え続ける。それは仕事だけでなく、恋愛においても。仕事と同じように、恋にも「リスクを『考えて』しまう」。損得勘定がはたらく。

 感じることを忘れた恋は、翼を失った白鳥と同じだ。翔ぶことを忘れた鳥には空の高さも風のぬくもりも感じられない。

 生に「約束された安定はない」、それに執着すると十全なる生、魂の声を聴く翼を失う。しかし、日常生活のビジネスではリスクを考えた思考も必要となる。不確実性を考慮することがワークだから。

 問題はストレスの蓄積で、鋭敏な感性が鈍ること。全ての存在との出逢いの奇跡を眼逃すことは、『愛が今そこに在る』ことを観えなくするから。だから、ビジネスマインドを他のシーンに引きずらないことだ。

 知性センターに過剰に集まったエネルギーは、体を動かし、身体・本能センター(臍の3センチくらい下)に意識を集中することで中和する。

 知性と感性、身体・本能の各センターにバランスを生じさせ、自力の努力感と問題意識を消すのが、この相対瞑想ATB(アートトータルバランス)だ。

 この時、初めてハートの声を感じる魂の土壌ができる。『今、そこに在る愛』にきっと出逢えるから。合掌


 追伸・相対瞑想の詳しい理論や方法は、ライブドアの『REBRN LIFE CARE・国際理学宗教師協会』のブログを参考にしてください。LFN事務局


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

陽炎の愛を見抜く!「関係こそ私」だと識る『相対瞑想』!!

2017-01-21 20:18:56 | 恋愛、仕事、精神世界...
 すーちゃん

 質問・彼の優しさはわかっているつもりなのに、またこちらから喧嘩してしまいました。

瞑想や座禅をしに寺にも行ってるんですが、全然わかりません。恋愛や仕事に悩む『私』っていったい何なんですかね?

 叡空・あなたは思考で、彼を理解しようと努力している。

 その延長線上で、寺での座禅や瞑想「法」に問題解決の糸口を求めている。
 
 座禅や瞑想は「意図する『行為や方法』ではない。

 あなたは、瞑想「法」は知っているが、瞑想を識らない。

 元来「行為」としての座禅や瞑想「法」が『状態』としての瞑想となるのに、出家修行が前提となっている。 

 それは、瞑想が生じるための脳内変化に一定の時間が必要だからだ。休日や日常のひとこまの瞑想「法」は、マインドフルネスに留まるだろう。

 マインドフルネスとは、単なるリラックス方法であり、決して瞑想とはならない。

 それは、能力開発、リラックスという「目的のために行う行為」だからだ。瞑想とは、方法ではない。入口は方法であっても、やがてはそれを超えた『日常の行為そのものが祈りとなる』
。恋がやがては、愛に昇るように。
 
 祈りすら意識しない『それ』そのものが瞑想。 

 だから日常生活を送るあなたは、いつまでもパートタイムの瞑想家、ストレス解消のリラックスに留まるだろう!
  
 しかし、在家生活を送っているあなたには、当然の結果だから無理な努力は辞めなさい。
 
 日常生活を送っているあなたが、あなた自身である「私を識る瞑想」がある。

 それが、恋愛『相対瞑想』だ。あなたは、『自分であることを、私であることをなぜ感じられるのか?』、恋人と喧嘩しながも、後悔しているのは誰か?

 なぜ、後悔して叡空に尋ねたのか、あなたのハートを意識して声を聴いてごらん。
 
 そこには、愛が在るだろう。あなたのハートにある想いの結晶が観える。

 あなたは彼への愛の想いを感じるために、自分自身で『「私」を観よう』と瞑想方法を行ったが、瞑想は生じなかった。 

 それは、愛と祈りが伴わない瞑想はないからだ。多くの瞑想家は、ゴーダマ仏陀が瞑想以上に大切にした慈悲の祈りを忘れている。

 日常生活においてハートを突き抜く真剣な恋愛は、やがて愛する人への祈りと感謝になる。そして、それこそが『相対瞑想』だ!!

 もしも、あなたの中に祈りが生じないなら、そこには無我になれない目的がある。結果への執着があるだろう。

 恋に堕ちず、愛に昇る時。愛する人に今生で出会えた奇跡に、感謝が生まれ、それは無我の祈りとなる。

 その時、愛する存在から『私など初めからどこにもなかった』、『(相互依存)関係こそ私である」』ことを、恋愛を翼にした愛の錬金術『相対瞑想』で識る。そこには、特別な修行も瞑想方法もいらない。

 ただ真剣にハートの声を聴き、生の奇跡に歓喜し、祈りが生じた時、道は開ける。合掌
   


 

 



 
 

 

 

 

 


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

当たり前?優しさに愛が溢れる奇跡『聖杯内観』!

2017-01-20 23:13:23 | 恋愛、仕事、精神世界...
 すーちゃん
 
 質問・交際している彼は、優しいですが真面目で、どこか物足りなく感じます。このままでいいのでしょうか?なぜ、そう感じるのか、叡空さん教えてください!

 

叡空*人間の生存本能は、常に刺激と変化を求めて、さ迷い続ける性を持っている。

 時に、恋は危険な香りを求めて燃え盛る。身を焦がす危険を省みずに。あたかも電灯を求め光の熱に破滅する蛾のように。

 それは、当たり前を退屈に感じる怠惰な生命本能からだ。

 あなたにとって恋人の優しさは、もはや「当たり前」の日常風景になっている。
二人が出会った時の熱い想いは、色あせた写真に変わった。

 そして、彼は空気そのものになった。在って、居て「当たり前」の存在に。
しかし、あなたは、まだ真理の片面にしか気がついていない。

 あなたにとって空気はあって「当たり前」、失うことは絶対有り得ないという幻想に。
空気があなたの命を支える、愛の奇跡、地球生命のギフトだと。

 本能は常に刺激を求め、ハートは愛に眼を向ける。今のあなたに必要なのは、「当たり前の奇跡」をハートで感じるグレール(聖杯)内観だ。

 日常生活で、幸福な恵みと感じること、周囲の人達に感謝を感じたことに眼を向け、発見しなさい。あなたが、この時代のこの国、この両親のもとに生まれた、偶然の奇跡をハートで感じなさい。

 それが『本当に当たり前な誰にでも起こること』なのか、よく観て、その時の感情と心身の感覚を深く味わうことだ。
 
 生命全体であなたが『当たり前』と感じる出来事や人を観る時、初めて大いなる存在の奇跡をハートで感じる。

 聖杯から溢れる彼の優しさが、『当たり前』ではない奇跡の印だと識るだろう。その時、あなたは「何もない日常の時の流れ」に大いなる存在の愛を感じることになる。合掌



コメント
この記事をはてなブックマークに追加