よっちんのフォト日記

旅先や日常で感じたことを
写真と文章で綴ってみたい。
そう思ってブログを始めてみました。

メキシコ旅行(5)

2011年06月04日 | 海外旅行-メキシコ
さてさて、カンペチェがあるユカタン地方はマヤ文明の発達した地域でもあるので
歴史好きなワタクシは、マヤの遺跡を見に出かけました


カンペチェからバスに乗って訪ねたエズナー遺跡
マヤのピラミッドは王墓ではなく神殿であるのが、エジプトとの大きな違い。
この地にしばし佇みながら、メリダで出会ったマヤの末裔である老人の言葉を思い出しながら
コルテスやピサロには中南米の地がどのように見えていたのだろう…
そんなことを考えていました。


メキシコ最後の朝がやってきました。
朝のカンペチェは歩く人の姿もなく、この上なく美しい


この地で過ごした3日間。たかが3日。されど3日。
カンペチェは私の心の中で、生涯忘れられない地になりました。


いつの日か採訪し、思い出のバーで朝まで飲みたい…
採訪するときには、もっとスペイン語を勉強していこう。
そんな思いにかられます。


歳をとっても、背中にリュックを背負って汗をかいて歩く旅をしていたい。
歳をとっても、人に頼らず自分の意志と責任のもとで旅をしていたい。
歳をとっても、人と出会うことに喜びを感じる旅人でいたい。
そう、いつまでも「旅人」でいることがワタクシの夢であり、生きる糧であるように思います。



人気ブログランキングへ←ランキングに参加しました。
            励みになるので、よかったら「ポチッ」と押してやってください

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

メキシコ旅行(4)

2011年06月03日 | 海外旅行-メキシコ
さてさて、カンペチェの街の散策を楽しむワタクシですが
初めての地に来ると行きたくなる場所があるんですよねぇ。
そーなんです。メリダの時にも書きましたが…市場なんですよ

カンペチェにも>市場(Mercado メルカド)がありまして
ワタクシ、ワクワクしながらメルカドに向かいました


カンペチェは海沿いの街なので、ここのメルカドは魚介類がいっぱいです。
それにしてもこのオッサン、たどたどしいスペイン語で「写真を撮ってもいいですか?」と言った瞬間にこのポーズです。
この陽気さは大阪人のワタクシでも負けますわ


メキシコではどこに行っても鶏(Pollo ポジョ)が美味しかったです。
この写真を撮っていると、「日本人には鶏が珍しいのか?」と言われてしまいました


カンペチェの街に夜が訪れました
おとぎ話の街のようなカンペチェは、夜になると一層ロマンティックな姿になります


大晦日の夜のカンペチェです。
大聖堂では厳かにミサが行われていました

そして、夜といえば…行きたくなる場所があるではあーりませんか

それは酒場、バー、飲み屋ですなぁ


ワタクシが泊まった安宿(一泊約1000円)の向かいにIguana Azur(青いイグアナ)というレストランバーがありました。
ワタクシ、この店に2日続けて訪れまして、すっかりこの店が気に入りました
本当の名前は知りません。ワタクシ、勝手に左の人をJose(ホセ)右の人をPancho(パンチョ)と呼び
彼らはワタクシをJapon(ハポン)と呼んでいました。
ビール、ラム酒、テキーラ…ああ、何と楽しい夜だったことでしょう


Iguana Azurでは日本人が珍しいからでしょう。周囲のお客さんもワタクシとホセ、パンチョの話に割り込んできます。
「日本人はよくビールを飲むんだなぁ」「アミーゴ、オレのラム酒を飲んでくれ」「メキシコのテキーラは最高だ」
こんな調子でワタクシ、けっこうなお酒をいただきました。
呂律の回らないワタクシが「ベサメ・ムーチョ」を適当に歌うと大喝采。
あの夜の思い出は、いつまでも心から消えることはないでしょう。



人気ブログランキングへ←ランキングに参加しました。
            励みになるので、よかったら「ポチッ」と押してやってください


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

メキシコ旅行(3)

2011年06月02日 | 海外旅行-メキシコ
さてさて、メリダの街で2日間を過ごしたワタクシは長距離バスに乗って次なる地を目指しました。
訪れたのは世界遺産にも登録されたカンペチェの街でした。

カンペチェのバスターミナルは中心街から離れた場所にあるためバスを降りたワタクシは、
タクシーに乗ってカンペチェの中心部(Centro セントロ)に向かいました

セントロに着いたとき、ワタクシはタクシーの中で思わず声をあげてしまいました。
こんなに美しい街がホンマにあるの~


メキシコの他の街と同じく、街の真ん中に大聖堂(Cathedoral カテドラル)があるのですが
青空に聳えるカテドラルの美しいこと…


そしてカテドラルを中心にパステルカラーの街並みが広がるのです


淡い赤色、黄色、緑色、青色、茶色…
それらは昔からの色彩です。観光用でもなんでもありません。


街中がすべてパステルカラーに統一され、電柱も電線もなく、その美しさには言葉を失いました


カンペチェはスペイン統治時代、海賊たち(文字通りカリブの海賊 パイレーツ・オブ・カリビアンですな)の襲撃から
街を守るために、街の周囲を城壁で囲んだ要塞都市です。
その城壁と城壁の内部は世界遺産に登録されているのですが、観光地っぽい雰囲気はほとんどなく
パステルカラーの街に人々の暮らしが普通にあるのが素敵でした


メキシコシティから遠く離れたこの街を訪れる日本人は珍しいのでしょう。
(ワタクシも3日間の滞在中、日本人どころか一人の東洋人とも出会いませんでした)
でも、ワタクシはたった一瞬でこの街に恋をしました。
おとぎ話のように美しく、おとぎ話ではなく実在する街…それがカンペチェです。



人気ブログランキングへ←ランキングに参加しました。
            励みになるので、よかったら「ポチッ」と押してやってください
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

メキシコ旅行(2)

2011年06月01日 | 海外旅行-メキシコ
さてさて、メリダの街を散策していたワタクシですが
ワタクシ、旅行に行くと必ず行きたくなる場所があるのです。
(いかがわしい歓楽街や風俗街ではありませぬぞ)
それはどこかと言いますと…
市場なんですよ

市場はその街の生活感を感じることが出来るし、特色ある食材を見ることが出来たり…
なんといっても人々の活気ある姿を見るのは楽しいのです。

というわけで、ワタクシはメリダの市場(Mercado メルカド)に出向きました。


市場の片隅にストリートミュージシャンというのでしょうか。
陽気なオッサン2人組が音楽を奏でていました。
聴衆はワタクシ一人でした


市場で出会ったメリダのお嬢さん3人組です
このあたりはスペイン系の白人、インディオ、メスチソ(白人とインディオの混血)
されにはマヤ人の末裔も数多くおりまして、人種の多様性を感じる地域でありました。


市場の片隅に美味しそうなタコス屋さんがありましたので、そこに立ち寄りました。
クリスマス休暇だからでしょうね。甲斐甲斐しく働くタコス屋の息子さんです
笑顔が可愛く、とにかくよく働く少年でしたよ。


メキシコはスペインに統治された国であり、マヤ帝国やアステカ帝国が滅ぼされると同時に
キリスト教(カトリック)が布教されました。
現在も住民の大半が熱心なカトリック教徒であり、街には必ず大聖堂(Cathedral カテドラル)があるのですね。
メリダのカテドラルはそれはそれは立派なものでした。


カテドラルのファサードが夕陽に照らされ、荘厳な雰囲気を醸し出していました。
ワタクシ、キリスト教徒ではありませんが、この荘厳さには心を打たれます


食堂でマヤの末裔だという老人と仲良くなりました。(この老人は英語が喋れたんです)
「スペインにひどい侵略を受け、祖先が虐殺されたことをどう思いますか」という質問に予想しなかった答えが返ってきたのです。
「あの時代は侵略することが世界のスタンダードだったのだからそれは仕方のないことだ。
歴史を今の価値観で判断することは間違いだよ。
あの時代にマヤ人を虐殺したスペイン人の多くは、それが正義だと信じてやってたのだから」と。
この言葉はワタクシの歴史に対する考え方に大きな影響を与えることになりました。



人気ブログランキングへ←ランキングに参加しました。
            励みになるので、よかったら「ポチッ」と押してやってください

  
コメント (8)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

メキシコ旅行(1)

2011年05月31日 | 海外旅行-メキシコ
さてさて、ワタクシは週末になるとどこかに出かけ
その時に撮った写真をブログにアップするというパターンになっておるのですが
この週末は台風による雨と仕事もありまして
どこにも出かけることが出来ませんでした

そこでワタクシ、以前に行った海外旅行の写真を使ってブログを書くという
非常に姑息と言うか、まあ、ちょっとずるいやり方かもしれませんが
皆さん、お怒りにならずにつき合ってやってくださいませ

ワタクシ、今から6年前の正月をメキシコで過ごしましたが
その時の旅はとても印象に残るものでありました。

ワタクシはベリーズという小国から陸路で国境を越え
バスでメリダ(Merida)という街に到着しました。

ユカタン州の州都でもあるメリダの中心街は、コロニアルな町並みが美しいんです。


街の中央にソカロという広場があり、広場の西に市庁舎がありました。
南国の青空が眩しいです


広場の北側にあるのは州庁舎です。
スペイン統治時代の風情を感じる建物ですねぇ


パステル調の街並みが美しいメリダのセントロ(中心街)。
ワタクシ、ヨーロッパに行ったことがないので、こういう街並みを見るのは初めてでした


日本とは違う色調が新鮮で、街を歩くのが楽しくて仕方がありません
でも、気温は30°近いですから、さすがに暑くて喉も渇いてきました


どーですか、アイスクリーム売りのおじさんです。
昔懐かしいアイスクリーム売りのおじさんに、こんな異国で会うとは思いませんでした

それにしてもこの国の人は陽気です
“Hola! Amigo!”


メキシコは治安の悪い国だとよく言われますが
確かにメキシコシティやアメリカとの国境付近は治安がよくないようです。
でも、ワタクシが訪れたユカタンはのどかな田舎でありまして
人は優しく、陽気で、そして親日家が多くって
一度も不愉快な思いをすることがありませんでした。



人気ブログランキングへ←ランキングに参加しました。
            励みになるので、よかったら「ポチッ」と押してやってください
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加