よっちんのフォト日記

旅先や日常で感じたことを
写真と文章で綴ってみたい。
そう思ってブログを始めてみました。

下山後は蕎麦に舌鼓-長野県安曇野市:「そば処 双葉」

2018年09月01日 | 信州(中信)
Soba Noodle restaurant“Futaba”, Azumino City, Nagano Pref.

さてさて、ワタクシ達は常念小屋から一ノ沢の登山道を下山していました


チシマギキョウが朝の日差しに映えます。まだ朝の7時20分ですので、普通の人なら寝ていてもおかしくない時間帯ですね


アザミの花が見えてくると、かなり標高も低くなってきた(と言っても2000m以上ですが)なぁと思います


この花はタカネナデシコですね。高山植物には「タカネ」という言葉がつく花がよくありますが、
これは「高嶺」であって、決して「高値」ではありません


下山路には数多くの赤とんぼがいました。盛夏なのに秋の気配を感じました


登山道脇の沢の幅が広がってきました。もう登山口まではあと少しです


午前10時、一ノ沢登山口に着きました。まずは事故なく、怪我なく下山できたことに感謝です。
この登山口には交通機関はタクシーしか無いので、タクシーに乗って車を停めている駐車場に向かいます。
車中で運転手さんにオススメの蕎麦屋さんの名前を何軒か教えてもらったのですが、
その会話の中で「僕は辛味大根が好きで、信州にきたら辛味大根で蕎麦を食べたいんですよ」と私が言うと、
運転手さんが「辛味大根は南信が本場でねぇ。安曇野ですから山葵が美味しいので、山葵で食べていただきたいです」と
言われました。そーなんですよ。安曇野といえば日本屈指のわさびの産地じゃないですか

ワタクシ達は駐車場から車に乗って日帰り温泉に行き、汗を流した後は蕎麦屋さんに向かいました


ワタクシ達は安曇野市の山側にある「そば処 双葉」というお店に向かいました。
明治38年創業という老舗のお店で、ワタクシ達は11時45分に入店したので店内は空いていましたが、
その後に次々とお客さんが来ましたから、有名なお店なんでしょうね


ワタクシはシンプルな「ざるそば」を食べようと思っていたのですが、メニューの中に「花わさび冷やかけそば」というのが
あったんです。花わさびのお浸しを載せた冷やかけ蕎麦です。これは大阪では食べることができません


わさびのツーンとした辛味が蕎麦に合います。蕎麦も十分に美味しいお蕎麦でした

そば処 双葉…長野県安曇野市穂高有明−361745


ではでは、せっかくですのでちょっと安曇野平を散策するとしましょうか。オジさん達は元気なのです

PS.この日のワタクシ達が歩いたルートはここで見ることが出来るので、参考にしてください。
https://yamap.co.jp/activity/2177473

使用したカメラ:FUJIFILM X-Pro2


安曇野の田園風景には、いつも心を癒される思いがします。
急峻な北アルプスの峰々と、たおやかで豊潤な安曇野の平。
その対比も、北アルプスから安曇野に下山してくるコースをとる時の楽しみの一つかもしれません。



ブログランキングに登録しています。こちらをクリックしたいただくと嬉しい限りです。
写真日記ランキング
面倒ですが紋をクリックした後は、ブログランキングのページが開くまでお待ちくださいね

コメント (38)

高山植物の楽園-長野県安曇野市:常念岳

2018年08月31日 | 信州(中信)
Mt.Jounendake, Azumino City, Nagano Pref.

さてさて、この日(7月27日)は東から西へと異常なルートを辿る台風が信州にも近づきつつありました。
昼前くらいから山の上には影響が出てくるだろうとのことなので、ワタクシ達は早い下山を目指します


いい山行だったなぁ…そう思いながら、ワタクシ達は下山の途につきました。
ワタクシ達は常念小屋から一ノ沢という谷を下って行くルートを通ります


一ノ沢の登山道は高山植物が多く、ついつい写真を撮るので下山するのに時間がかかってしまいます。
この花はミヤマアキノキリンソウだと思います。樹林帯の登山道脇でよく見かける花の一つです


この白い花はゴゼンタチバナですね。清楚で可愛いお花です


一ノ沢登山道では、何度もこういう沢を渡ります。その度に沢の水を掬い、口に含みます。
雪解け水は清冽に冷たく、ミネラル豊富な水はこの上なく美味しいのです。
これぞ「北アルプス天然水」ですな


クルマユリの群落がありました。この花も登山道ではよく見かける花です。
登山者の中には(特に女性の登山者)、驚くほど高山植物に詳しい人がいます。
ワタクシなどは図鑑で調べたり、帰宅してから調べないとわからないような花の名前を
「これは○○」「あの花は××」と、スラスラ言う人には感心するばかりです


高山植物というと小さくて可憐な花が多いのですが、このシシウドは大きな花なんですよ


猛毒のトリカブトも咲いていました。トリカブトの名の由来は、花が古来の衣装である鳥兜・烏帽子に似ているからとも、
鶏の鶏冠(とさか)に似ているからとも言われています


これはハクサンオミナエシでしょうね。黄色い花を見かけると、疲れた身体に元気が湧いてくるような気がします。
さあ、登山口までもう少しです。下山したら美味しい蕎麦を食べに行きたいなぁ

PS.この日のワタクシ達が歩いたルートはここで見ることが出来るので、参考にしてください。
https://yamap.co.jp/activity/2177473

使用したカメラ:FUJIFILM X-Pro2


高山の夏は短く、あっという間に秋がやって来ます。
高山植物は短い夏を精一杯謳歌するかのように、競い合うように美しい花を咲かせます。
その刹那的な美しさに、多くの登山者は心引かれるのでしょうね。



ブログランキングに登録しています。こちらをクリックしたいただくと嬉しい限りです。
写真日記ランキング
面倒ですが紋をクリックした後は、ブログランキングのページが開くまでお待ちくださいね
コメント (34)

荘厳な時間帯-長野県安曇野市:常念小屋

2018年08月30日 | 信州(中信)
Jounen-Koya Cottage, Azumino City, Nagano Pref.

さてさて、長野県安曇野市の常念小屋に宿泊したワタクシ達は、小屋の前で夜明けの光景を見つめていました


7月27日午前4時52分、雲海の彼方からご来光が見え始めました


ご来光とは「高山の上から見る荘厳な日の出」という意味ですので、平地で見る日の出はご来光とは言いません。
もともとは御来迎(ごらいごう)と書いて,山頂近くの雲に自分の影がうつされると,
色の付いた光の輪を背負った仏の像に見えることをいったものが語源だということです


後ろ(西側)に振り返ると、槍ヶ岳の稜線が朝の日差しを浴びて赤く染まり始めていました。
山が朝日に赤く染まることをモルゲンロート(Morgenrot)と言います。ドイツ語で「朝の赤色」という意味ですね


モルゲンロートもそうですが、登山用語にはやたらとドイツ語が多いんですよ。
ザイル、ピッケル、リュックサック、シュラフ(寝袋)、ヒュッテ(山小屋)等々、ドイツ語が登山用語として
日本に根付いたものがたくさんあります。登山というのはかつてエリートのスポーツ、娯楽でした。
日本でも戦前などは、大学や旧制高校の学生達が登山者の主流でした。
おそらくエリートであった彼らが、ドイツ語を好んで使ったために定着したのではないかと思うんですよ


太陽を神格化し、神として崇めるという信仰は古来から世界各地で見られて来ました。
しかし、日本ほど太陽への信仰心が強い国は他に無いのではないでしょうか。
月や星をあしらった国旗は世界中にたくさんありますが、太陽をあしらった国旗というのは
日本以外にはバングラデシュしかワタクシには思い浮かびません。
今でも元日には多くの人が初日の出を拝もうとしますし、伊勢神宮に祀られた天照大神への信仰心も強いです


これはワタクシの勝手な考えですが、農耕民族であるワタクシ達日本人は太陽の動きとともに生活をして来ました。
そして、太陽の豊かな恵みが日本人の食生活を支えてきたが故に、太陽への感謝の思いが強いのではないでしょうか。
そんな日本人のDNAが、今もワタクシ達の身体の中に残っているように思います


ワタクシが小学生だった頃、青春ドラマと呼ばれるドラマが人気でした。
「飛び出せ青春」「われら青春」なんてドラマがありましたが、ドラマのオープニングでは朝日が海から上り、
何かあると生徒達は夕日に向かって走り、夕日に向かって「バカヤロー」と叫ぶのです。
そして彼らが通う高校の名前は「太陽学園」で、主題歌は「太陽がくれた季節」でした


どうもくだらない方に話がそれてしまいました。常念岳の稜線もモルゲンロートに染まってきました。
ではでは、朝食を食べて台風の影響が出てくる前に下山しないとなりませんね

PS.この日のワタクシ達が歩いたルートはここで見ることが出来るので、参考にしてください。
https://yamap.co.jp/activity/2177473

使用したカメラ:FUJIFILM X-Pro2


私は時々、突然頭の中に昔好きだった曲が流れ出し、止まらなくなることがあるんです。
この時、私の頭の中にはずっとビートルズの「Here Comes The Sun」が流れていました。
まあ、状況からすればふさわしい曲ですね。「Mr. Moonlight」が流れなくて良かったです。



ブログランキングに登録しています。こちらをクリックしたいただくと嬉しい限りです。
写真日記ランキング
面倒ですが紋をクリックした後は、ブログランキングのページが開くまでお待ちくださいね

コメント (41)

雲海の美-長野県安曇野市:常念小屋

2018年08月29日 | 信州(中信)
Jounen-Koya Cottage, Azumino City, Nagano Pref.

さてさて、三日間休ませていただいたブログですが、今日からまた再開させていただきますね。
7月27日、ワタクシ達は長野県安曇野市の常念小屋に止まっていたのですが、
朝の3:30に起床、4時には山小屋の前に出て来て三脚を立てました


午前4時15分、東の空が鮮やかに染まり始めます。前日の燕山荘といい、この日の常念小屋といい、
山小屋の前から素晴らしい夜明けの光景を眺めることが出来ました


この日、安曇野平から松本平にかけて、見事な雲海が広がっていました。
まるで綿菓子を敷きつめたかのような美しい雲海の姿に、ワタクシはただただため息をつくのでした


雲海というと秋から冬にかけて見られるものと思っている人も多いのですが、夏場に雲海が発生しやすい条件としては
無風状態の快晴で放射冷却が起こり、前夜の気温と早朝の気温差が大きいことなんですよ。
山間部や盆地は放射冷却が起こりやすいのですが、この日の朝は見事にこの条件が揃いました


快晴に恵まれ、ライチョウに出会い、二日続けて素晴らしい夜明けの光景を楽しむことが出来ました。
ワタクシ、何かを「持っている」のかも知れません


左手に見えるドッシリとした大きな山は浅間山です。信州を代表する火山ですね


ワタクシが初めて本格的な山に登った時、初日は激しい雨でした。ずぶ濡れになりながら、何の展望も無い山道を歩きました。
当時は今のような防水が万全なウエアでは無いので、下着までぐっしょりと濡れていました。
ザックも雨に濡れ、ただただ辛いだけの山行でした。
ワタクシは「もう山なんて登るのはやめよう」と思いながら、テントの中で眠りにつきました


夜のうちに雨が上がり、翌朝、テントから外に出るとそこには見事に赤く染まる東の空が広がり、
そして、ご来光が雲の彼方に見えて来たんですよ。ワタクシは不覚にも涙を流したことを覚えています


あの時、翌日も雨だったら、ご来光を見ることがなかったら、ワタクシは登山をやめていたかもしれません。
あれから38年の歳月が過ぎましたが、登山をやめなくてよかったです

PS.この日のワタクシ達が歩いたルートはここで見ることが出来るので、参考にしてください。
https://yamap.co.jp/activity/2177473

使用したカメラ:FUJIFILM X-Pro2


今回宿泊した燕山荘、常念小屋共に、100円を払えば約1時間、コンセントを使うことが出来ました。
山小屋というのは自家発電で電気を賄っているので、これまでは電気も貴重品だったんですよ。
コンセントが使えるということは、充電器を持っていけばスマホはもちろん、カメラのバッテリーの充電が出来ます。
スマホ利用者が増えたからこそのサービスでしょうが、カメラマンにもありがたいですね。



ブログランキングに登録しています。こちらをクリックしたいただくと嬉しい限りです。
写真日記ランキング
面倒ですが紋をクリックした後は、ブログランキングのページが開くまでお待ちくださいね

コメント (39)

悩んだ末の決断-長野県安曇野市:常念小屋

2018年08月25日 | 信州(中信)
Jounen-Koya Cottage, Azumino City, Nagano Pref.

さてさて、長野県安曇野市、常念岳の鞍部にある常念小屋へとワタクシ達はやって来ました


常念小屋は標高2450mに位置し、開業は1919年という100年の歴史を持つ山小屋です。
収容人数は200人で前日泊まった燕山荘ほどではないですが、結構規模の大きな山小屋です


小屋の中に入り、食堂の向こうにあるテラスに向かいます。もちろん手ブラでテラスに向かうはずがありません


いやぁ、前日に続いてこの日も槍ヶ岳の姿を眺めながらの生ビールです。
生ビールが五臓六腑に染みわたります。ああ、幸せ。最高の生ビールですな


この日、ワタクシ達の寝床は三階というか、屋根裏のような場所でした。
とはいえ、布団一枚を一人で利用できるのですから文句は言えません。
夕食は午後5時からなので、それまでの間一眠りしました


常念小屋の夕食も、十分に美味しい夕食でした。特に生野菜の分量が多いのが嬉しかったです


よっちん氏は缶ビールを片手に満面の笑みです。よっちん氏はキリン派なのですが、贅沢は言えませんね


さて、夕食を食べながらワタクシと相棒の「今では晴れ男さん」は、翌日の行動をどうするか話し合っていました。
というのは、山小屋のテレビで天気予報を見ていると、翌日(7月27日)の昼前頃から
東から西に向かうという変なコースを辿った台風12号の影響が出て来そうだったんですよ


当初、ワタクシ達は翌日は常念小屋から常念岳山頂を往復し、そして常念小屋から一の沢を下山する予定でした。
ところが、常念岳を往復していると台風の雨に遭う可能性が高くなりました。
ワタクシ達は常念岳山頂に行くのを諦め、常念小屋からそのまま一の沢を下山することにしました。
常念岳の山頂に行かないのは残念ですが、台風の雨を避けることを最優先しました


そう決断すると、ワタクシはさらにザックに入れて持って来たワインを飲み、「まあ、明日はゆっくり下山しようや」と
相棒さんに話しかけるのでありました。とはいえ、山小屋の前から夜明けの光景を見たいので、
早朝に起きることには変わりはありません。この日も夜の8時前には布団の中でイビキをかいていたように思います

PS.今夜から南アルプスに向かいます。今回は山小屋で一泊、下山して一泊して帰ってくるつもりです。
ですので、明日26日から28日までブログの方は休ませていただきます。
皆さんのブログには28日に訪問できると思います。
まだまだ残暑が厳しいですが、どうか良い週末をお過ごしくださいね。

PS.この日のワタクシ達が歩いたルートはここで見ることが出来るので、参考にしてください。
https://yamap.co.jp/activity/2176285

使用したカメラ:FUJIFILM X-Pro2


若い頃の私なら、多少台風が近づいて来ようが、まずは山頂を踏みたいので常念岳の山頂に向かったことでしょう。
ただ、今の私は若いときとは違い、体力も脚力も衰えて来ています。
そして、何よりも山登りの最大のルールは「山を汚さない 人に迷惑をかけない 無事に家に帰る」ということを思い出し、
今回の決断を下しました。結果からいえば、正しい選択だったと思っています。



ブログランキングに登録しています。こちらをクリックしたいただくと嬉しい限りです。
写真日記ランキング
面倒ですが紋をクリックした後は、ブログランキングのページが開くまでお待ちくださいね

コメント (70)