よっちんのフォト日記

旅先や日常で感じたことを
写真と文章で綴ってみたい。
そう思ってブログを始めてみました。

目指すのは…元気なジジイ

2018年09月17日 | 日常の風景
I Wanna Be A Cheerful Old Man!

さてさて、今日は九州旅行記を1日お休みさせていただきます。ワタクシ、昨日の9月16日は57歳の誕生日でありました。
六十路も近くなって誕生日というのも恥ずかしいのですが、我が家ではワタクシや家人の誕生日はささやかにお祝いをします。
昨日も家人が腕をふるって、美味しい食事を作ってくれたんですよ


紋クンはキッチンからいい匂いがしてくるので、何かお裾分けでももらえると思っているのでしょうね。
ジッとお声がかかるのを待ちわびているようでした。紋クン、今日の主役はワタクシですよ


どうやら準備が出来たようです。ワタクシ、ワクワクしながらテーブルへと向かいました


どーですか。肉好きのワタクシに「ローストビーフ」が出されました。腿肉なので脂身が少なくヘルシーですな


どーですか。美味しそうな「オードブル」です。こういう料理を見ると、お酒が必要ですよねぇ


意外かもしれませんが大阪府ってブドウの生産が結構盛んで、過去にはブドウの生産量が全国一位だったこともあるんです。
ワタクシが住んでいる市はブドウの生産が盛んで、最近はワインの醸造にも力を入れているんですよ。
普段は1000円に満たないような外国産の安いワインばかり飲んでいるのですが、
この日はちょっと奮発して地元のワインを飲もうと思ったんです。このワインを造っている「河内ワイン」の専務さんと
ちょっと個人的に話をさせていただく機会もあり、この会社のワインに取り組み姿勢にも心惹かれたんですよね


ワタクシは赤ワインだとカベルネ・ソーヴィニョンのワインが好きなのですが、お店の方と話をしていると
同じカベルネ・ソーヴィニョンでも南米だとすごくワインが濃厚な色合いになり、
日本だとチリ産のワインのように濃厚な色にはならないのだそうです。でも、味わいは豊潤で濃厚ですから…と教えていただいたのですが
本当に豊潤で美味しいワインでした。全国の皆さん、大阪にも美味しいワイナリーがあることを知っていてくださいね


どーですか。「鯛とアサリのアクアパッツァ」が出てきました。ワタクシ、鯛をアクアパッツァで食べるのは初めてですが、
これは美味しいですよねぇ。家人に「またアクアパッツァ作ってよ」とお願いしたワタクシでありました


ワタクシが若い頃、57歳の人ってすごく重々しいというか、威厳がたっぷりだった気がします。
それに比べてワタクシは軽いというか、威厳も重厚さも無いように思います。
でも、こうして美味しい料理を食べ、美味しいお酒を飲んでいることは幸せなんでしょうねぇ。
食生活に制限が加えられたら好きなものも食べられないですし、ましてやお酒なんて飲めないですものね


五十路を過ぎて、家人と病気や健康について話をする機会が増えました。
ワタクシの血族は結構若い時に脳梗塞、心筋梗塞、ガンなどに罹患した人が多いんですよ。
自分の努力でどこまでそういう病気への罹患を防げるのかはわかりませんが、その努力は続けて行きたいです


これからも家人と一緒に旅に行き、美味しい食事を楽しみ、一緒に笑って暮らしていきたいなぁと願っています


あっ、もちろん紋クンも一緒に笑って生きていきますよ。紋クン、この日はローストビーフのおこぼれが
最高に美味しかったようです。まあ、普段は粗食しか与えてませんからねぇ

使用したカメラ:FUJIFILM X-Pro2


57歳になって思うことは何かと言うと、恥ずかしいのですが立派なことは思い浮かびません。
ただ思うことは「元気なジジイになりたい」ということなんですよ。
身体はもちろんですが、心も元気なジジイでいたいです。



ブログランキングに登録しています。こちらをクリックしたいただくと嬉しい限りです。
写真日記ランキング
面倒ですが紋をクリックした後は、ブログランキングのページが開くまでお待ちくださいね
コメント (39)

旧友との再会-大阪市阿倍野区:「肉ばんざい」

2018年06月25日 | 日常の風景
“Niku-Banzai”, Abeno Ward, Osaka City

さてさて、先週の土曜日なのですが、ワタクシは久々に大学時代の友人と会う機会がありました。
大学時代に仲が良かった連中は、故郷に帰ったり、就職して東京に行ったり、それぞれがバラバラになったのですが、
今回は大阪に暮らすメンバーがワタクシを含めて三人集まったんです


この日は大阪市阿倍野区の阿部野橋駅からほど近い場所にある「肉ばんざい」というお店に行きました。
最近は肉を食べる機会が減ったので、久々に外食で肉を食べるように思います


まずは生ビールで乾杯です。互いに歳をとったなぁと思うのですが、見た目は五十路後半にしては若い連中です。
三人ともお腹が出ていないことに関しては、ちょっと自慢したいですな


どーですか。まずは「肉ざんまい盛り」が運ばれて来ました。牛、鶏などの五種類の生肉が盛られていました。
おじさん達は五十路後半になろうとも肉食なのです。草食男子にはなりません


この「塩だれキャベツ」がなかなかの味でした。家でも簡単に作れそうなので、真似してみたいです


どーですか。このお店の名物である「肉祭リブ」がでてきました。いやぁ〜、これが抜群に美味かったです。
友人達は「最近、若いときほど食べられんようになったなぁ」「酒の量が減ったわ」と言うのですが、
ワタクシ、食べる量も酒の量も、さほど若い時と変わらないんですよねぇ


背中にバックパックを背負い、夏の、そして真冬の北海道を一緒に旅をしたり、
ザックにテントを詰め込んで北アルプスや南アルプスを一緒に歩いた奴らです。
今は全然違う職種で仕事をしていますが、お酒が進むにつれて会話はどんどん弾みます


お酒のメニューに「メガワインジョッキ」というのがあったので、ワイン好きのワタクシは頼んだのですがこれが大失敗。
ワインに氷を入れるなんてダメでしょ。すぐに飲み干して、その後は普通のグラスワインをいただきました


どーですか。続いては「ランプ肉のステーキ」です。いやぁ、この肉もうまかったです。
最近は牛肉をあまり食べなくなったのですが、やっぱり牛肉は美味いですなぁ


ただ、悲しいかな、会話の話題の中に「定年後をどうすごすか」「人間ドックの結果は」「親の介護は」などという話が
どうしても出てくるんですよねぇ。そればかりは、ワタクシ達の年齢を考えると仕方がないかなぁ


どーですか。ナムル好きのワタクシは「もやしのナムル」をいただきました。ナムルは家でもよく食べるんですよ


どーですか。最後は「出汁巻たまご」をいただきました。この後、ワタクシ達はワタクシ馴染みのバーに行き、
美味しいウイスキーを飲んで、さらに会話を弾ませたのでありました。実に実に、楽しい一夜でありました

阿倍野肉食大衆酒場 肉ばんざい…大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目5あべのルシアスビルB1F

使用したカメラ:FUJIFILM X-Pro2


学生時代に一緒にアホなことをいっぱいしました。文章には書けないような、恥ずかしいことをいっぱいしました。
そんなアホな思い出が、ある意味では学生時代の財産だったような気もします。
またこいつらと、一緒にアホな旅をしてみたいです。そんな友達がいることも財産のように思います。



ブログランキングに登録しています。こちらをクリックしたいただくと嬉しい限りです。
写真日記ランキング
面倒ですが紋をクリックした後は、ブログランキングのページが開くまでお待ちくださいね

コメント (39)

これからも元気でいたいね-大阪府羽曳野市:「中華四川料理 祥園」

2018年02月13日 | 日常の風景
My Wife's Birthday

さてさて、今日はちょっと一日だけポルトガル旅行記をお休みさせていただきますね。
今月の16日はワタクシの家人の誕生日なのですが、16日は平日でワタクシは仕事で帰宅も遅くなりそうなので、
一足早く昨日の夜に家人の誕生日のお祝いをしたんですよ


誕生日のお祝いに、ワタクシ達は自宅から歩いて10分ほどの場所にある
大阪府羽曳野市の「中華四川料理 祥園」というお店に行きました。
以前、このお店に行ったことがあるのですが、すごく美味しかったんですよねぇ

電話で予約をした時に、ご主人から「コースでしたら、ぜひフカヒレの姿煮があるコースをお勧めします。
すごくリーズナブルにフカヒレを食べていただくようにしているので」と言われたので、
ワタクシはフカヒレの姿煮がある6000円のコースをお願いしたんです


ご主人と奥様で切り盛りされているこじんまりしたお店です。
お店の中にはお雛様が飾られていました。もう、そういう時期なんですねぇ


どーですか。まずは「前菜」が運ばれてきました。「ちょっとピリッとしたお味になっています」と、
奥様から説明がありました。四川料理なら辛いのは当然ですよねぇ


この肉厚の鴨肉が実に実に美味しかったのです。ああ、この後何が出てくるか楽しみですわ


どーですか。次は「揚げ物…春巻きとイカのすり身」が運ばれてきました。器も見た目がいいですねぇ


春巻きが美味しいのは言うまでもないのですが、イカのすり身がプリプリで最高に美味かったのです


どーですか。いよいよ本日の真打「フカヒレの姿煮」が運ばれてきました。
ああ、ワタクシはフカヒレの姿煮を食べるのは30年ぶりくらいになるでしょうかねぇ


フカヒレは美味いし、フカヒレにかかっている餡の美味いこと美味いこと。
ワタクシも家人も「美味い美味い」「たまらんたまらん」とアホのような感想ばかり言っていました。
すると奥様が「この餡をご飯にかけて食べたいと言う人が多いのですが、よかったらご飯はどうですか」と
言われるんですよ。もちろんご飯をいただくに決まってますがなぁ


なんと贅沢な「フカヒレ丼」なのでしょうね。あまりの美味さに言葉も途切れてしまうワタクシ達です


どーですか。続いては「エビの赤唐辛子炒め」が出てきました。これもピリ辛で美味しいんですよ。
海老がプリプリして、大のエビ好きな家人は大満足のようでした


どーですか。これは追加で注文した「水餃子」です。ここの水餃子が美味しいんですよ


餃子も美味しいのですが、自家製の辣油がまた球美味しいのです


どーですか。これも追加で「汁無し坦々麺」をいただきました。
麺の上に半熟の目玉焼きが乗っていますが、これをつぶして麺やひき肉とよく絡ませて
食べるのが美味しい食べ方なのだと、奥様にレクチャーしていただきました


「汁無しの方が辛いんですよ。大丈夫ですか」と言われたのですが、辛いものが大好きなワタクシには
ピッタリの辛さでありました。ここのご主人は東京の四川飯店で陳健一氏のもとで修行されたそうです。
ワタクシなどは陳健一氏と聞くと、「料理の鉄人」をすぐに連想してしまいますなぁ


どーですか。デザートは三種類の中からチョイスできるのですが家人は「ゴマ団子」をいただきました。
自家製のゴマ団子は相当美味しかったようです


ワタクシは「アイスクリーム」をいただきました。奥様やご主人と楽しい会話を交わすことも出来、
もちろん料理にも大満足で、素敵な誕生日祝いとなったのでした

中華四川料理 祥園…大阪府羽曳野市羽曳が丘6丁目3-3

使用したカメラ:FUJIFILM X-Pro2


気がつけば二人とも還暦が近づいてくる年齢となりました。
老後をどう過ごしていこうか、それ以上に老後をまともに過ごしていけるのか、そんなことを心配する年齢になりました。
まずは少しでも長く健康でいられるように、食生活に気をつけて、適度な運動を欠かさないようにしたいですね



ブログランキングに登録しています。こちらをクリックしたいただくと嬉しい限りです。
写真日記ランキング
面倒ですが紋をクリックした後は、ブログランキングのページが開くまでお待ちくださいね

コメント (35)

一年を振り返る日…

2017年12月25日 | 日常の風景
Merry Christmas & A Happy New Year

さてさて、昨夜はクリスマスイブ、そして今日はクリスマスですので、皆さんもたとえ仏教徒であろうと、
神道の信者であろうと、それなりに家族や恋人と楽しい時間を過ごしたのではないでしょうか

我が家はここのところずっと、特に外出もすることなく、イブの夜は家で過ごしているのですが、
家人がクリスマスイブに相応しい料理を頑張って工夫してくれているんですよ


夕刻になり、テーブルのセッティングも準備が整ってきたようです。
ワタクシは早く食事が…いや、早くお酒を飲みたくて仕方がありません


この日のメインの一つは「チーズ・フォンデュ」です。
我が家はワタクシも家人もチーズが好きなので、チーズの摂取量はけっこう多いんですよねぇ


今年もこうして家人と一緒に、自宅でクリスマスソングを聴きながら美味しい食事を食べ、
無事に一年を過ごせたことを嬉しく感じます。もちろん順風満帆に一年を過ごしたわけではありませんが、
まずは健康に、大過なく一年を過ごせたことをありがたく思います


チーズとパン…こうなればビールというわけにはいきませぬ。ワインですよねぇ


この日はスパークリングワインでクリスマスディナーをいただきました。
お酒を美味しくいただくことが出来ることも、この年齢になれば感謝しないといけないかなぁと思います


どーですか。もう一つのメインは「チキンロースト」です。ローズマリー、ガーリック、レモン等で
シンプルに味つけをしてくれているのですが、これが実に美味しいんですよ


クリスマスにチキンを食べるのは日本だけの風習です。おそらく七面鳥が日本では入手しにくいのと、
ケンタッキーフライドチキンがCMで宣伝したことが「クリスマス=チキン」という
日本だけの風習を作り上げたのでしょうね。まあ、それはそれでいいのじゃないかという気がします


ワタクシが甘いものが苦手なので、ケーキはこじんまりしたもので楽しみました。
この日一日でどれだけのクリスマスケーキが、どれだけのチキンが日本人の胃袋に消えていったのでしょうね


ワタクシ達の食事中、大好きなジャガイモやパンの匂いがしてくるので、
紋クンは「クーン、クーン」とおねだりをしておりました。
そうそう、昨日紋クンはヘアカットをしたのですが、首の周りにクリスマス仕様の飾りをつけられたことに
紋クンは気がついていないようです。気がつこうものなら、すぐに外そうとしますからね


家人特製の「紋クンのためのクリスマスケーキ」が完成いたしました。
といっても、サツマイモの周りにヨーグルトを塗って、トマトや乳ボーロを載せただけなのですが


ジッと我慢の紋クンです。ワタクシ達はこの健気な姿が、愛おしくいて愛おしくてたまらないのです


「よし!」の声がかかると、紋クンはなんの感慨も無く、あっという間にケーキをたいらげてしまいました。
紋クンはどんな時でも、食欲旺盛なんですよねぇ

使用したカメラ:FUJIFILM X-Pro2


家人と二人で今年一年を振り返ってみると、なんとか大きなトラブルが無く過ごせた一年だったと感じます。
ただ、自分たちにとって身近な人達が死去したり、大きな病気になった一年でもありました。
これらからは今まで以上に健康に留意し、心も身体も元気でありたいものです



ブログランキングに登録しています。こちらをクリックしたいただくと嬉しい限りです。
写真日記ランキング
面倒ですが紋をクリックした後は、ブログランキングのページが開くまでお待ちくださいね
コメント (40)

人生はまだまだこれから…

2017年09月17日 | 日常の風景
56th Birthday

さてさて、ここのところブログではポルトガル旅行記を続けているのですが、
昨日9月16日はワタクシの56回目の誕生日でありまして、
我が家でささやかなお祝いをしたので、今日はその様子をアップさせていただきます。
ポルトガル旅行記は、明日からまた再開しますのでよろしくお願いします


ここ数年、ワタクシの誕生日は外食することなく、我が家でお祝いをしております。
家人が腕を振るってくれるんですよ。ありがたいことだなぁと、感謝の気持ちでいっぱいです。
おおっ、そろそろ準備が整ったようですな。ワタクシ、ウハウハ言いながらテーブルの方に向かいました


どーですか。お酒はポルトガルで大好きになったヴィーニョ・ベルデ(緑のワイン)をフルボトルで。
そして、これもポルトガルから買って帰って来たジンジーニャというサクランボから作ったリキュールです。
まだまだポルトガルの余韻が抜けないワタクシ達なんですよねぇ


ワタクシ、ポルトガルですっかりヴィーニョ・ベルデが大好きになったんですよ。
もっと日本でも普及してほしいなぁと思うんですがねぇ


どーですか。スープは「ビシソワース」ですな。冷たいビシソワースがワタクシは大好きなんですよねえ


どーですか。これは「タコのカルパッチョ」ですね。大阪人だからといって、
タコはたこ焼きばかりで食べるわけではありません。もちろん、月に一度は家でたこ焼きを食べますがね


どーですか。次は「キスのオリーブオイル・ガーリックソテー」が出てまいりました。
オリーブオイルにニンニクってどうしてこんなに合うのでしょうね


気がつけば56歳。還暦までカウントダウンですね。歳月が過ぎるのは早いなぁと思います。
でも、仕事でもやりたいことはいっぱいあるし、ましてやプライベートではやりたいことなんて、
山のようにあるんですよねぇ。老けてなどいられませんわ


どーですか。この日のメインは「牛肉の赤ワイン煮」でありました。なんと豪勢なのでしょう


お箸で食べたのですが、箸で触れば崩れるほど柔らかく煮込んでありました。
こんなに美味しい料理を作ってくれた家人に感謝、感謝の気持ちいっぱいです


紋クンはジッと我慢しながらワタクシ達の食事を眺めておりました。
紋クンは誕生日だとかわかるはずもなく、ただただ大好きなパンの匂いが我慢できないのでしょうね

ワタクシが生まれた昭和36年9月16日は、第二室戸台風が大阪を直撃し、
大きな被害をもたらした日でした。今日は大型台風18号が、日本列島を横断しそうです。
この時期こそ、台風が一番やってくる時期なんでしょうね

使用したカメラ:FUJIFILM X-Pro2


幸いなことに、いまのところは心身ともに健康で、毎日元気に過ごしています。
これからの人生、贅沢などは望むこともありませんが、出来るだけ家人と共に元気で健康でいたいです。
このブログで、誕生日のたびにこうしてお祝いの様子を紹介できれば幸せですね



ブログランキングに登録しています。こちらをクリックしたいただくと嬉しい限りです。
写真日記ランキング
面倒ですが紋をクリックした後は、ブログランキングのページが開くまでお待ちくださいね
コメント (40)