太田川漁協日記

漁協での出来事や釣果など日々を綴ります

今年度初めての稚アユ搬入!!

2019年02月21日 | 

水温:10.5度

約28万尾の稚アユたちが、養魚場の池へやって来ました。

とっても元気な稚アユたちです

今から真水に慣らし、どんどん放流に向けて養魚場で大きく育てていきます。

広島市水産振興センターで、昨年の11月中旬に宮崎海産を掛けあわせた種苗を、大事に育てていただきました。今回はまず養魚場の12の池のうち、約0.6gの成長した稚アユを1池約7万尾、4池に搬入しました。

4tトラックと2tトラックに午前午後2回で運びました。

海水を水槽に入れています

今日、養魚場へ連れて帰る稚アユたちです

計量しながら、トラックへ積み込みます!!

養魚場の池へ・・・・・・

まだまだ小さな稚アユですが、放流する頃には、約6gぐらいになります 

 

 

TSSさんが取材に来られました。
午後6時からのローカルニュースで放送されますので、見てね

 


外来魚駆除(津伏)

2019年02月18日 | その他

水温:9.9度

 

2月18日、寒い中、外来魚の駆除を太田川上流の津伏堰で行いました。

先週の金曜日には、刺網の点検を行い、午前9時に、漁協を出発しました。

地元の総代さんのご協力により、舟を使って外来魚を捕獲します!!
外来魚がいるかどうか調査も兼ね、今年は、太田川上流で実施しました。

この寒い時期に行うのは、春先にメスが卵を持つからです。
産卵する前(4月~7月頃)に捕まえます




残念ながら・・・ 太田川上流の津伏橋堰付近の2か所で、午前、午後合わせて3回、建網を行いましたが、外来魚は1匹しか捕獲できませんでした。約15cmのブラックバスです

『1匹しか捕獲できなかったのだから、外来魚はほとんどいない』という事で、良かったのかもしれないです
しかし、大きなニゴイが網に掛かり、大変だったようです
リリースしました。

とっても寒い中、お疲れ様でした

 

ブルーギルやブラックバスなどの外来魚が釣れた場合は、河川生態系保全のため、リリースをしないよう、ご協力おねがいします


🐟 滝山川おさかな意見交換会 🐟

2019年02月14日 | 漁協ニュース

水温:9.4度

2月13日、温井ダム管理所にて『滝山川おさかな意見交換会』が開催され、当漁協の理事5名が参加しました。

温井ダムの所長、国土交通省太田川河川事務所の副所長、中国電力㈱、広島県内水面漁業協同組合連合会専務理事、広島県水産課さんや、太田川上流漁協さんなど約30名の参加者の中、意見交換会が行われました。

渓流魚専門のお二人の先生が、アドバイザーとしてご指導くださいました。

温井ダムの管理状況や降雨・貯水位の状況、滝山川へのフラッシュ放流・置き土の効果などの説明がありました。

温井ダムの役割の一つである河川環境の保全について、質問や意見など問題提起され、活発に討論されました。

広島県水産課よりカワウ対策について、温井ダムにおける駆除・今後の取組みについて説明がありました。

 


広島市水産課

2019年02月05日 | 漁協ニュース

 

広島市の水産課さんが公式ツイッターをはじめたそうです 

海の魚や川の魚、イベントなどの情報もありますので、

ぜひご覧ください 

2月24日は、大人気の『水産まつり』があります~ 

 

   広島市水産課 公式ツイッター  

 

 


新年

2019年01月07日 | 漁協ニュース

水温:9.6度

 

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

今日が仕事初めです
な・ん・と、神棚を今年、新たに設置しました。

伊勢神宮の『皇大神宮』(天照大御神)のお神札です!!

運気
今年はもっと、ステキな予感

 

ちゃんと毎日、水替えを行います