ぐるっと野の花ブログ編

自然大好き。写真大好き。ボケ写真満載~(^^)/
香川県の溜め池の鳥たちも楽しんでいます

ヤマジノホトトギス他~

2022年08月15日 | 野草
里山歩きでヤマジノホトトギスが咲いていた

ヤマジノホトトギス ユリ科 葉は緑色地に濃緑色の斑状の模様がある



こんなに咲いて






ヤブムラサキの実はまだ青い シソ科 



こんな虫さん 白い毛が長くて綺麗 名は不明・・・
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ソリハシシギ

2022年08月13日 | シギ・チドリ類・他
河口に寄ってみると
前回と同じくソリハシシギ3羽の姿あり
とりあえずシャッターを押してみた

ソリハシシギ 旅鳥 全長23cm くちばしは長く上に反り、足は黄色 



三羽いました









コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ミヤマウズラ・ソクズ

2022年08月11日 | 野草
ミヤマウズラが咲いている
株は少ないけど
予想通りの開花は嬉しくなります(^^♪

ミヤマウズラ ラン科 名の由来:葉の網目状の白斑をウズラの卵の模様にたとえた
里山の定番の野草



上の株を角度を変えて撮ってみました












ソクズ レンプクソウ科 高さ1~1.5m 河原でも群生を見かけます



黄色は腺体、蜜を溜める場所です 実は9月ごろ赤く熟す



モンクロシャチホコ(蛾)  毒がなく人間には無害  意外な出合でした
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ボタンヅル・など里山の定番

2022年08月10日 | 野草
木本 (もくほん): 地上に出ている茎が二次成長で太り続け長い間存続する植物
草本 (そうほん): 地上に出ているシュートが短期間(一年程度)で枯れてしまう
あるいはそれより長持ちする場合でも太り続けることがない植物

半低木は、生育地の環境により、草本になったり、木本になったりする
茎の根元の部分が木質化し、木と草の中間の性質を持つ植物のこと
環境次第で、草になったり木になったりするらしい・・・
長い間散策して、初めて知りました((+_+))

ボタンヅル キンポウゲ科 つる性 半低木 名の由来:葉がボタンに似ている






イシガキチョウ 2頭に出合う 上手く撮れない・・・



ベニシジミもボタンヅルがお気に入り



センニンソウ キンポウゲ科 常緑つる性半低木



ゴンズイ実 ミツバウツギ科 樹木 
果皮は肉質で厚く赤く熟す  熟すと裂開し光沢のある黒い種子が1〜2個顔を出す



シンテッポウユリでしょうか ユリ科 高さ70~150㎝ 
タカサゴユリとテッポウユリの交配により日本で1951年に作られた園芸種(検索より)



溜め池のハス インド原産



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ヒナノシャクジョウ・ミズタマソウ・マツカゼソウ他~

2022年08月09日 | 野草
昨日のオオヒキヨモギの後
帰ろうかと思ったけど
ヒナノシャクジョウ・・・寄ってみた

ヒナノシャクジョウ ヒナノシャクジョウ科 腐生植物 花の部分は全体で8㎜ほど 
開花の黄色い花は、なかなか見れません















ミズタマソウ アカバナ科 実は直径3〜4mm   カラスビジャク サトイモ科 仏炎苞の長さ5〜6cm



マツカゼソウ ミカン科 高さ50~80cm よく出合いますね
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする