■オリジナル読み物は「ISSUE」で、ノンフィクション書籍情報は「BOOK WEB」で、ノンフィクション作家情報は「WHO'S WHO」で
オリジナル読み物満載の現代プレミアブログISSUEページへノンフィクション作品ガイド満載の現代プレミアブログBOOK WEBページへノンフィクション作家の情報満載の現代プレミアブログWHO'S WHOページヘ現代プレミアブログCOMMUNICATIONページヘ現代プレミアブログWORK SHOPページヘ
現代ビジネスOPEN!! どりこの探偵局




「文藝春秋」に今春連載した「ドキュメント・昭和が終わった日」を『昭和の終わりとワンダーランド』と改題して、追加取材及び加筆中である。あらためて「代替わり」が日本人の意識に与えた影響の大きさに驚いている。今秋には刊行予定なので、ぜひお読みいただきたい。

 直近の仕事では、「週刊ポスト」に「足立区・竹ノ塚発ドバイ行き」というレポートを書いた。東京の最貧地区の竹ノ塚と、沸騰都市のドバイを比較しながら、現代の貧困問題を描いたものである。

  また、週刊新潮の虚報問題を「世界」と「文藝春秋」に書く予定なので、こちらもお読みいただきたい。

 佐野眞一

(2009年5月13日記)


Profile
さの しんいち
1947年生まれ。早稲田大学卒業後、勁文社入社。その後、業界紙記者を経てフリーのノンフィクション作家となり、97年、『旅する巨人』(文春文庫)で大宅壮一ノンフィクション賞受賞。『誰も書けなかった石原慎太郎』(講談社文庫)、 『小泉政権 非情の歳月』(文春文庫)など著書多数。09年、 『甘粕正彦 乱心の曠野』(新潮社)で第31回講談社ノンフィクション賞受賞

My Bookmark
外務省:外交史料館 「案外、資料が充実している」
松岡正剛「千夜千冊遊蕩篇」 「本読みにとっては大いに参考になる」




コメント ( 1 ) | Trackback ( 1 )


« 岩瀬達哉のノ... ノンフィクシ... »
 
コメント
 
 
 
ルルのママ (ebihara)
2011-03-27 20:55:49
岡留安則氏のブログを拝見し、ルルのママが生きていた事を知りました。本当に心配していました。ただ大船渡の避難所には「金野英治」の名前が見つかりません。どこに避難しているのでしょうか?? 自分が学生時代にお世話になったものです。お願いします
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
09/05/25の市況 (プラチナヒルズの片隅で (cornerofPlatinumhills))
週刊ポストの今週号に、佐野眞一さんが寄稿した「足立区・竹ノ塚発ドバイ行き」というレポートが載せられていた。8ページか10ページの構成になっていた。足立区といえば、2006年3月に佐野さんが文藝春秋に「ルポ 下層社会-改革に棄てられた家族を見よ」というものを寄稿...