fwave海ログ

佐渡島ダイビングサービスF.WAVEの海情報

11/23ダイブログ

2022-11-23 21:07:11 | ダイビングログ
今日は「琴浦・竜王洞、白灯台」でドライスーツSPのダイブをしました。
(スタッフ・本間が更新)

水面水温:17℃、水底水温:17℃、透明度15m前後でした。

昼前から雨が降り出す、ちょっと暗い感じの天気でした。
水温は17℃台まで下がってドライスーツのシーズン突入、ということで、初ドライのゲスト様とドライスーツSPです。
透明度は相変わらず白っぽい感じで、なかなか抜けてこないですねぇ。

水温低下と言ってもまだ17℃後半なので、季節回遊魚は多く見れます。
カミナリベラ・イトヒキベラ・オキナヒメジは特に多いですね。
アオリイカもスズメダイやマアジを追って、群れで移動してるのが見られました。
ヒラマサなどの大型回遊魚は出てくれませんでしたが、マアジとスズメダイは今日も凄い群!!
あ、すぐに逃げられましたが、大型のアカエイが盛大に砂を巻き上げてるのにも遭遇です!

一方で、水温順調に下がってるので、婚姻色のアイナメが出てきたり、ウミタナゴが浅場で群れだしたり、と、冬の走りみたいな様子も見られました。小魚狙う、マトウダイもいました。
加えて、竜王洞のツルアラメ、新芽が育ってきましたね。
そろそろダンゴウオ(サクラダンゴウオ」も出てきてくれるかもしれません。
次回の「琴浦」では、ダンゴウオナイトにチャレンジしたいと思います!!

見られた生物⇒

アカエイ、ブリ(イナダ)、キジハタ、スズメダイの群、マアジの群、イシダイ、マダイ、クロダイ、マトウダイ、キヌバリ、チャガラの群、イチモンジハゼ、ニシキハゼ、サビハゼ、トラギス、ハオコゼ、メジナ、メバル、ウミタナゴの群れ、アイナメ、コブダイ、キュウセン、ホンベラ、ホシササノハベラ、オハグロベラ、スイ、アナハゼ、アサヒアナハゼ、トビヌメリ、カワハギ、ウマヅラハギ、アミメハギ、
(季節来遊漁)
ソラスズメダイ、オキナヒメジ、カミナリベラ、イトヒキベラ、ホンソメワケベラ、クロユリハゼ、キンチャクダイ、クロサギの幼魚、

コノハミドリガイ、シロウミウシ、アオウミウシ、キイロイボウミウシ、

アオリイカの群れ、ミサキコウイカ、コシマガリモエビ、サザエ、メガイアワビ、ハナギンチャク、タコノマクラ、アカヒトデ、イトマキヒトデ、カタカイメンに共生するシリス、






11/6ダイブログ

2022-11-06 21:48:44 | ダイビングログ
今日は「虫崎・兵庫崎、集落前」でダイブしました。
(スタッフ・本間が更新)

水面水温:19℃、水底水温:19℃、透明度15m前後でした。

ゲスト様方の日程変更やキャンセルのため、午後からスタッフのみで潜ってきました。
時々冷たいにわか雨が降る不安定な天気でしたが、海は小さなウネリのみで、穏やかでした。
水温は19℃台に下がりましたが、冷えた空気の陸から入ると、温かくて気持ち良かったです(笑)。

兵庫崎のリーフは、まだまだ魚群が健在ですね。
スズメダイ・マアジ・メジナ・メバルが乱舞してます。
季節来遊漁も多いですよ。

集落前ではノンビリとマクロ探しをやりました。
ふだんは撮影しないトラギスやシロチョウウグイスガイなど、まだまだ見逃されている生物多いですよね。

気温低下の影響で、水温もじわじわと下がってきました。
海藻の新芽が出てきたし、ウミウシ類がチラホラと。
まぁ明日は「立冬」なんで、当然なのですが
その明日も、虫崎でダイブの予定です!

見られた生物⇒

ブリ(イナダ)、キジハタ、スズメダイの群、マアジの群、イシダイ、マダイ、クロダイ、キヌバリ、チャガラの群、イチモンジハゼ、ニシキハゼ、サビハゼ、トラギス、オニオコゼ、ハオコゼ、メジナの群、メバルの群、キツネメバル、コブダイ、キュウセン、ホンベラ、ホシササノハベラ、オハグロベラ、スイ、アナハゼ、アサヒアナハゼ、トビヌメリ、カワハギ、ウマヅラハギ、アミメハギ、ダイナンウミヘビ、
(季節来遊漁)
イスズミ、イシガキダイ、ソラスズメダイ、オヤビッチャ、オキナヒメジ、カミナリベラ、イトヒキベラ、ホンソメワケベラ、クロユリハゼ、アオハタ、ミノカサゴ、タカノハダイ、イサキ、ヨコスジフエダイ、

アカボシウミウシ、サキシマミノウミウシ、

アオリイカ、マダコ、コシマガリモエビ、イソスジエビ、モエビの仲間、シロチョウウグイスガイ、サザエ、メガイアワビ、クロアワビ、ハナギンチャク、タコノマクラ、アカヒトデ、イトマキヒトデ、








10/30ダイブログ

2022-10-30 18:13:30 | ダイビングログ
今日は「琴浦・イワシグリ、小間~地蔵」でダイブしました。
(スタッフ・本間が更新)

水面水温:20℃、水底水温:20℃、透明度15m前後でした。

10月最後の日曜日、北風を避けられる「琴浦」は、穏やかな晴天のダイビング日和。
波&ウネリ&流れ無く、地形と魚群の両方が堪能できました。

「イワシグリ」は着底後、いつものアカオビコテグリとジョーフィッシュ(アゴアマダイ)が見れました。
でもシャイなジョーさんはあっという間に穴奥で、撮影不可。
その後はスズメダイの大群・マダイ・クロダイ・イシダイ・メジナに囲まれました!
根の下の方では、季節来遊しているホンソメワケベラにクリーニングされる老成したコブダイも!!
根の上では、多数のソラスズメダイとイワアナコケギンポ見ながら、安全停止でしたね。

「小間~地蔵」はマアジの大群と、捕食するカンパチ&イナダ(ブリ)がひっきりなし。
地蔵横の洞窟も、ネンブツダイが多いですねぇ。
オヤビッチャ、キハッソク、コイボウミウシもあちこちで見られました。
浅場の棚は日差しがキラキラと魚群に当たって綺麗。
しばし見とれてしまいました!!

※この秋は「見られた魚」の欄に、「季節来遊漁」の項目を追加しますので、お楽しみください。

見られた生物⇒

ブリ(イナダ)、ジョーフィッシュ(アゴアマダイ)、アカオビコテグリ、キジハタ、スズメダイの群、マアジの群、イシダイ、マダイ、クロダイ、キヌバリ、チャガラの群、ニシキハゼ、サビハゼ、イチモンジハゼ、ハオコゼ、メジナの群、メバルの群、キツネメバル、アライソコケギンポ、ニジギンポ、コブダイ、キュウセン、ホンベラ、ホシササノハベラ、オハグロベラ、スイ、アナハゼ、アサヒアナハゼ、トビヌメリ、ヒラメ、カワハギ、ウマヅラハギ、アミメハギ、
(季節来遊漁)
キハッソク、カンパチ、ソラスズメダイ、カミナリベラ、イトヒキベラ、ホンソメワケベラ、ハナダイの仲間(アカオビハナダイ)、クロユリハゼ、キンチャクダイ、ネンブツダイの群、アオハタ、ヨコスジフエダイ、

キイロイボウミウシ、コイボウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシ、サラサウミウシ、

アオリイカ、サザエ、メガイアワビ、ウミカラマツ、ハナギンチャク、アカヒトデ、タコノマクラ、イトマキヒトデ、テズルモズル、










10/29ダイブログ

2022-10-29 19:16:45 | ダイビングログ
今日は「見立・沈船、北小浦・赤岩、漁礁」でダイブしました。
(スタッフ・本間が更新)

水面水温:20℃、水底水温:20℃、透明度15m前後でした。

久しぶりに北小浦ガイドに行ってきました。
予想外にウネリが入っていましたが、ダイビングには支障なし。
南からの緩やかな流れがありました。

今日の3ダイブのポイントは、この時期魚群が多くてお勧めなのですが、予想通りの凄さでした。
いつものスズメダイやマアジも多いですが、今秋はネンブツダイ・イサキ(若魚)も多いですね。
それにも増して印象的なのは、ハナダイ(アカオビハナダイ?)の多さです。
なんとオスは婚姻色になってメスにアピールするような様子もあって…こんな景色が佐渡の海で見られるとは!!

沈船のコブダイはいつもより少な目でしたが、赤岩では(ボスのヤマトではないですが)オスのコブダイも来てくれました!!

いつもより遅めの感じですが、沈船の海底にはヤツシロガイの卵(ふだんは夏にみられます)が出てました。
流れがあるので赤岩ではウミイチゴが開いてましたし、ミヤコウミウシも見れました。

小魚多いので、ヒラメ・カンパチ・イナダ(ブリ)もあちこち現れて…魚群を見るには最高の状態ですね。
でもハナダイの近くにはキツネメバルが居るのって、やっぱり不思議な感じがします(笑)。

※この秋は「見られた魚」の欄に、「季節来遊漁」の項目を追加しますので、お楽しみください。

見られた生物⇒

ブリ(イナダ)、マハタ、キジハタ、スズメダイの群、マアジの群、イシダイ、マダイ、クロダイ、キヌバリ、チャガラの群、ニシキハゼ、サビハゼ、ハオコゼ、メジナの群、メバルの群、キツネメバル、イソギンポ、コケギンポ、シズミイソコケギンポ、ニジギンポ、コブダイ、キュウセン、ホンベラ、ホシササノハベラ、オハグロベラ、スイ、アナハゼ、アサヒアナハゼ、フタスジカジカ、トビヌメリ、ヒラメ、カワハギ、ウマヅラハギ、アミメハギ、
(季節来遊漁)
カンパチ、ソラスズメダイ、カミナリベラ、イトヒキベラ、ホンソメワケベラ、イラの幼魚(?)、ハナダイの仲間(アカオビハナダイ?)、キンギョハナダイ、クロユリハゼ、シマアジ、キンチャクダイ、ネンブツダイの群、アオハタ、ミノカサゴ、イサキ(若魚)の群、

シロウミウシ、アオウミウシ、サラサウミウシ、ミヤコウミウシ、ジボガウミウシ、

コシマガリモエビ、モエビの仲間、ヤツシロガイの卵、サザエ、ウミイチゴ、ハナギンチャク、タコノマクラ、イトマキヒトデ、テズルモズル、














10/22ダイブログ

2022-10-23 14:13:35 | ダイビングログ
今日は「虫崎・橋掛沖、兵庫崎、ヘビ岩」でダイブしました。
(スタッフ・登内が更新)

水面水温:21℃、水底水温:21℃、透明度13m前後でした。

虫崎ボートダイビングでした!スタッフ登内初・海ログ更新です。
前日からの南風の影響で、朝から暖かい一日でしたが、虫崎は曇り空。
一時は雷の音も聞こえてきましたが、小雨程度でなんとかお天気もってくれました。

水面は風の影響で波が少しありましたが、水中は穏やかにダイビングできました。

久しぶりの橋掛沖です。ここ数日、虫崎は魚群が濃いので橋掛沖の岩の根もスズメダイ、アジ、チャガラ等の小魚から
メジナやイシダイ、イシガキダイの群などが周辺に集まり、さながら楽園状態!^o^/
大型のヒラマサ、ブリは見られませんでしたが、大きいコブダイとその周りにはメスのコブダイが何匹か見られました。

魚群ももちろん、ヘビ岩にはキイロイボウミウシ、兵庫崎にはサラサウミウシとウミウシも楽しめる、
いいとこどりの充実した3本でした。あとは陽光があれば…!とどんどん欲深になりそうです。 (透明度も…)

※この秋は「見られた魚」の欄に、「季節来遊漁」の項目を追加しますので、お楽しみください。

見られた生物⇒

ブリ(イナダ)、カンパチ、マハタ、キジハタ、スズメダイの群、マアジの群、イシダイ、マダイ、クロダイ、キヌバリ、チャガラの群、ニシキハゼ、サビハゼ、ハオコゼ、メジナの群、メバルの群、キツネメバル、コブダイ、キュウセン、ホンベラ、ホシササノハベラ、オハグロベラ、スイ、アナハゼ、アサヒアナハゼ、トビヌメリ、ヒラメ、カワハギ、ウマヅラハギ、アミメハギ、シズミイソコケギンポ、ニジギンポ(抱卵)
(季節来遊漁)
イスズミ、イシガキダイ、ソラスズメダイ、オキナヒメジ、カミナリベラ、イトヒキベラ、ホンソメワケベラ、キンギョハナダイ、クロユリハゼ、シマアジ、キンチャクダイ、ネンブツダイ、アオハタ、ミノカサゴ、イサキ、マツカサウオ

アオリイカ、コシマガリモエビ、モエビの仲間、テングニシ(貝殻)、サザエ、メガイアワビ、クロアワビ、ハナギンチャク、タコノマクラ、スカシカシパン、イトマキヒトデ、アカヒトデ、サラサウミウシ、キイロイボウミウシ