fwave海ログ

佐渡島ダイビングサービスF.WAVEの海情報

2/18ダイブログ

2024-02-18 19:29:34 | ダイビングログ
今日も(笑)「虫崎・兵庫崎」でスクーターダイブをしました。
(スタッフ・本間が更新)

水面水温:10℃、水底水温:10℃、透明度10m前後でした。

海は穏やか。
気温も15℃を超え、青空が綺麗な晴天の一日です。
水温は10℃台で前回同様でしたが、春濁りが始まったのか白濁りの透明度でした。

水温は年間で最も低い時期ですが、魚群はそれなりに出ていて、クロダイ・メジナが普通に泳いでます。
30mの深場にはネンブツダイがまだ見られていて、これは越冬しそうな感じですねぇ。
アイゴやタカノハダイも見られました。

水温低下と春濁りが揃えば、いよいよウミウシのシーズン。
深場から浅場まで、多様なウミウシが見られました。
今日はスクーターダイブのこともあり、じっくり探すことは叶いませんでしたが、これから初夏まで様々なウミウシが楽しめることでしょう!!

見られた生物⇒

ヨウジウオ、アイゴ、タカノハダイ、ダイナンウミヘビ、ネンブツダイ、メジナの群れ、クロダイ、スズメダイの群れ、キヌバリ、イチモンジハゼ、チャガラの群れ、ニシキハゼ、サビハゼ、イワシ類の群れ、ハオコゼ、キツネメバル、ヨロイメバル、カサゴ、メバル、コブダイ、マダイ、トビヌメリ、アミメハギ、カワハギ、クサフグ、ヒラメ、マコガレイ、コケギンポ

アメフラシ、クロヘリアメフラシ、クロミドリガイ、カノコキセワタ、ミツイラメリウミウシ、マツカサウミウシ、ベルグウミウシ、セスジミノウミウシ、セトミノウミウシ、エムラミノウミウシ、コザクラミノウミウシ、サクラミノウミウシ、アカエラミノウミウシ、ツクモミノウミウシ、

ミサキコウイカ、ヒメイカ、サザエ、メガイアワビ、スカシカシパン、タコノマクラ、ウミサボテン、ムラサキハナギンチャク、ウテナウミシダ、ニッポンウミシダ、アカシマコブウミシダ、シモフリウミシダ、










2/4ダイブログ

2024-02-04 16:31:01 | ダイビングログ
今日は「虫崎・兵庫崎」でスクーターダイブをしました。
(スタッフ・登内が更新)

水面水温:11℃、水底水温:11℃、透明度30m~18mでした。

スクーターダイブ&ビーチダイブ!今日はウミウシ中心のダイビングでした。
曇りと北風で朝はかなり冷え込みましたが、日中は陽射しもあり穏やかなお天気。少し潜ると水中は若干白っぽくなっていましたが、湾内は前のダイブに引き続き透明度も良いので、陽射しが差すと明るく、綺麗です。

深場のポイントでは、サクラミノウミウシ、エムラミノウミウシ、セトミノウミウシが見られました。砂地にもカノコキセワタがいたりと、探すとどんどん出てきます!春濁りが近い雰囲気を感じました。
ネンブツダイや、1匹だけでしたが弱ったゴンズイも。11℃前後ですが南方の魚も必死ですね…。

2ダイブ目は定置網のある方へ行ってみました。網越しで水の流れが弱まるところは小さいプランクトンが大量に湧いており、少し先の岩の根がプランクトン雲で半分位見えなくなるほどでした!周辺にはヒメイカやマコガレイが何匹かいたりと面白い場所になっています。その網の反対側には、エムラミノウミウシの小さい個体や、コノハミドリガイ、ノトアリモウミウシなどが網の周辺の海藻に着いていたりと深場だけでなく、浅い場所でも続々ウミウシが出てきています。水温は冷たいですが、小さい生物を探しているとあっという間に時間が経ってます!

浅場の海藻の少なさはやはり気がかりですね。湾内のコンクリブロックが完全に露出していました。去年の写真があれば違いが良くわかるのですが…また見つけたらインスタなどで載せますね!

見られた生物⇒

ダイナンウミヘビ、ネンブツダイ、メジナの群れ、スズメダイの群れ、キヌバリ、イチモンジハゼ、チャガラの群れ、ニシキハゼ、サビハゼ、イワシ類の群れ、ハオコゼ、キツネメバル、カサゴ、メバル、コブダイ、ホシササノハベラ、マダイ、クロダイ、トビヌメリ、アミメハギ、カワハギ、クサフグ、ヒラメ、マコガレイ、ゴンズイ、コケギンポ

セトミノウミウシ、エムラミノウミウシ、サクラミノウミウシ、カノコキセワタ、コノハミドリガイ、ノトアリモウミウシ

ミサキコウイカ、ヒメイカ、サザエ、メガイアワビ、ウミサボテン、ムラサキハナギンチャク、ウテナウミシダ、ニッポンウミシダ、アカシマコブウミシダ、シモフリウミシダ、


1/30ダイブログ

2024-01-30 21:42:03 | ダイビングログ
今日は「虫崎・兵庫崎」でスクーターダイブをしました。
(スタッフ・本間が更新)

水面水温:11℃、水底水温:11℃、透明度30m~20mでした。

能登半島地震のこともあり、2024年の初ダイブが1/30にズレこむことに。
でも今日は初ダイブには絶好の晴&凪で、1月とは思えない晴天でしたね。

陸の天気以上にビックリしたのは、透明度の良さ。
透き通った青の綺麗なこと!!
水温は11℃台まで低下していて冷たいのですが(1年前の1月末は12℃台)、水中の明るさとキラキラさで冷たさを忘れそう。

水温は真冬なしくなってますが、スズメダイとメジナの群れはいつも通りの多さ。
深場のネンブツダイはしぶとく生きてるし、浅場の砂地ではシロギスも泳いでました。
タカノハダイらしい幼魚やホシササノハベラ等のベラ類も、まだ活発です。

一方、冷たくなってきたので、これから本番のウミウシ類は出てきています。
まだ深場でチラホラくらいですが、春に向けて海況安定してくれば、あちこちで無数に見られるようになるハズです。

ちょっと気になる話。
冬らしい海藻林の発達が、まだ見られません。
ホンダワラ類がぜんぜん伸びてない。アカモク(ナガモ)も疎らです。
特に浅場は酷くて、「磯焼け」の感じになってきてますね。
昨夏の高水温、アイゴ&メジナ等の食害、など、幾つか要因みたいな事を思いついたりしましたが…このまま春になって水温上昇しだしたら「どうなるんだろ?!」てな感じ。
子供の頃からずっと見てきた「虫崎」の海は、豊かな海藻が特徴だったのですが…。
今後の様子を、注意深く見守りたいと思います。

見られた生物⇒

ネンブツダイ、タカノハダイ(幼魚)、メジナの群れ、スズメダイの群れ、キヌバリ、イチモンジハゼ、チャガラの群れ、ニシキハゼ、サビハゼ、イワシ類の群れ、ハオコゼ、キツネメバル、カサゴ、メバル、キジハタ、コブダイ(幼魚も)、ホシササノハベラ、マダイ、クロダイ、トビヌメリ、アミメハギ、カワハギ、クサフグ、ヒラメ、マコガレイ、

ミツイラメリウミウシ、ジボガウミウシ、セトミノウミウシ、エムラミノウミウシ、

ミサキコウイカ、サザエ、メガイアワビ、スカシカシパン、タコノマクラ、ウミエラ、ムラサキハナギンチャク、ウテナウミシダ、ニッポンウミシダ、アカシマコブウミシダ、シモフリウミシダ、







12/12ダイブログ

2023-12-12 14:32:34 | ダイビングログ
「琴浦・白灯台、幸福地蔵」でダイブしました。
(スタッフ・登内が更新)

水面水温:15.6℃、水底水温:15.6℃、透明度17m前後でした。

穏やかな天気が続き、前日までの2日間は久々に水の中でも陽射しが差し込むようなお天気でした。
今日は曇りでしたが、予報より雨もなく、海も凪いでおりボートダイブもできました!
透明度も虫崎含め良くなりました。水温は少し下がってきています。

「竜王洞 白灯台」ではミサキコウイカが10個体程群れていました。また、虫崎では見られなかったのですが、婚姻色で黄色いアイナメが、複数見られるように。卵を守る個体もいました!南方の魚がまだまだいるものの、やっと冬らしさが出てきました。
水温は下がってきていますが、スズメダイやマアジの群れはまだ活発で、中層にたくさんいます。

「幸福地蔵」ではキハッソクの少し大きい個体が見られました。水面近くはメジナの若魚が多かったものの、魚群は少な目でした。アオウミウシやジボガウミウシなどウミウシはまだ多く、小さなヤマドリがいたりとマクロも充実しています。
赤っぽい生き物が偶然目につき、なんだかクリスマスらしい写真になりました。
まだ15℃台なので、初ドライスーツのゲスト様も快適に潜ってくれました♪
去年の年末は、13℃まで下がっていたので、また時化の後は一気に水中が変化しそうです。

見られた生物⇒

キンチャクダイ、マアジ、メジナの群れ、イシダイ、オヤビッチャの群れ、スズメダイの群れ、キヌバリ、イチモンジハゼ、チャガラの群れ、ニシキハゼ、サビハゼ、ハオコゼ、カサゴ、メバル、キツネメバル、キジハタ、マダイ、クロダイ、コブダイの幼魚、コブダイ、オハグロベラ、ホシササノハベラ、キュウセン、ホンベラ、イトベラ、マダイ、クロダイ、イワアナコケギンポ、スイ、アナハゼ、アサヒアナハゼ、トビヌメリ、ヤマドリ、アカオビコテグリ、ヘビギンポ、ヒメギンポ、ニジギンポ、アミメハギ(幼魚)の群れ、カワハギ、マコガレイ、セトウシノシタ

ジボガウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、キイロイボウミウシ、コノハミドリガイ

ミサキコウイカ、アオリイカ、メガイアワビ、サザエ、サラサエビ、ムラサキハナギンチャク、ニッポンウミシダ、アカシマコブウミシダ、シモフリウミシダ


11/14ダイブログ

2023-11-14 14:27:12 | ダイビングログ
今日は「虫崎・兵庫崎 集落前」でビーチダイブをしました。
(スタッフ・登内が更新)

水面水温:19℃、水底水温:18℃、透明度15m~8mでした。

前日の海況より波やうねりが穏やかで、潜りやすい虫崎でした!
晴れ間も何度かありましたが、冷たい雨やあられが時折激しく降る一日。
水中の方が外より過ごしやすかったです笑安全停止中は、水中からあられが水面に打ち付けられる様子を、見ていました…。
深場はまだ白い濁りアリです。浅場は日の光がとても綺麗でした!

1ダイブ目の深場では、キンギョハナダイが相変わらず3匹ほど。白いオニオコゼがしばらく同じところに住み着いています。
浅場に戻ってきたら、終盤でマアジの大群に遭遇!近くにはナンヨウカイワリも群れていましたが、良く見るとそのうちの1匹は同じくらいの大きさのカンパチ。不思議な2ショットになりました。

2ダイブ目は、1本目のマアジの大群をゆっくり撮影しに集落前へ。砂地ではダイナンウミヘビの若魚が増えてきました。日中は黒目が細いですが、ナイトダイブではクリっとした目になります。ジボガウミウシや、ヒロウミウシも見られました!

そしてこの日の3ダイブ目は、ナイトダイブでした。ダイナンウミヘビなど、夜行性の魚がアクティブに体を伸ばし餌を探したり、アミメハギが海藻にしがみつき、眠っていたりと昼との変化が面白いです。ミミイカも多く見られました。虫崎ナイトは、砂地がいいからか稚魚やプランクトンが多く、すぐライトに集まってしまうので、撮影すると大量に映り込みます(^^;小さいマダコがサザエの貝殻の中に住み着いていました。

寒さはあれど、大満足のダイビングとなりました!


見られた生物⇒

キンギョハナダイ、ナンヨウカイワリ、シマアジ、ブリ(イナダ)、クロユリハゼ(ハナハゼかも)の幼魚、ネンブツダイの群れ、マアジの群れ、メジナの群れ、イスズミ、イシダイの群れ、イシガキダイの群れ、オヤビッチャの群れ、スズメダイの群れ、キヌバリ、イチモンジハゼ、チャガラの群れ、ニシキハゼ、サビハゼ、ハオコゼ、オニオコゼ、カサゴ、メバル、キジハタ、コブダイ(幼魚も)、オハグロベラ、ホシササノハベラ、キュウセン、ホンベラ、イトベラ、カミナリベラ、イサキ(若魚)、マダイ、クロダイ、スイ、トビヌメリ、ヘビギンポ、ヒメギンポ、アミメハギ(幼魚)の群れ、カワハギ、ダイナンウミヘビ

ヒロウミウシ、ジボガウミウシ

サザエ、サラサエビ、スナエビ、ミサキコウイカ、マダコ、ミミイカ、ムラサキハナギンチャク、ウテナウミシダ、ニッポンウミシダ、アカシマコブウミシダ、シモフリウミシダ、