fwave海ログ

佐渡島ダイビングサービスF.WAVEの海情報

4/12ダイブログ

2021-04-12 17:26:32 | ダイビングログ
今日は「虫崎・兵庫崎」でダイブしました。
(スタッフ・本間が更新)

水面水温:13℃、水底水温:12℃、透明度10m前後でした。

晴天に南風が加わり、気温上がりました。
海は穏やかで、ダイビングには絶好のコンディション!!
水面付近の水温は13℃台になり、透明度も少し良くなってます。

ウネリも収まったため、予想通りのマクロ天国でしたね!
サクラダンゴウオは極小から5mm程の個体まで、成長過程が良くわかる複数の個体が見れました。
ウミウシもハゴロモやサガミコネコ、ヤグルマなど、可愛い種類が多いですね。

魚類も様々で、深場ではホッケ。
浅場ではオニオコゼやクロウシノシタ・ニシキハゼの若魚達と、初夏の魚が見られています。
また、こちらも早いですが、ミガキボラが産卵していました。

浅場の透明度が良くなっているので、白っぽい砂地にキラキラの日差しが綺麗です。
海の季節になりましたね!!

見られた生物⇒

サクラダンゴウオ、ホッケ、クダヤガラ、ガジ、オニオコゼ、イソカサゴ、ヨウジウオ、スズメダイの群、キヌバリ、チャガラ、サビハゼ、ハオコゼ、キツネメバル、メバル、コブダイ、ホシササノハベラ、オハグロベラ、イトベラ、スイ、アイナメ、クジメ、アサヒアナハゼ、キヌカジカ、ニシキハゼの若魚(群)、ヒラメ、マコガレイ、クロウシノシタ、カワハギ、アミメハギ、クサフグ、ヒガンフグ、

アメフラシ、クロヘリアメフラシ、ヒメクロモウミウシ、クロモウミウシ、クロミドリガイ、アズキウミウシ、カラスキセワタ、サラサウミウシ、ハゴロモウミウシ、ヤグルマウミウシ、サガミコネコウミウシ、スギノハウミウシ、ハツユキミノウミウシ、アパタミノウミウシ、コザクラミノウミウシ、アカエラミノウミウシ、エムラミノウミウシ、セトミノウミウシ、サクラミノウミウシ、ハクセンミノウミウシ、ミノウミウシの仲間、

ヒメイカ、マダコ、ミガキボラの産卵、モエビの仲間、オワンクラゲ、ウミサボテン、ウミエラ、ウミイチゴ、イサザアミの群、サザエ、メガイアワビ、マナマコ、ハナギンチャク、モミジガイ、イトマキヒトデ、タコノマクラ、









コメント

4/11ダイブログ

2021-04-11 20:56:55 | ダイビングログ
今日は「小木・琴浦・イワシグリ、幸福地蔵、竜王洞」でダイブしました。
(スタッフ・本間が更新)

水面水温:12℃水底水温:12℃、透明度10m前後でした。

冷たい空気も朝までで、春の晴天&凪になりました。
空気も澄んで青空も綺麗。気持ち良い一日でしたね!

好条件に恵まれたので、1ダイブ目は「イワシグリ」に行けました。
水面付近は流れがありましたが、その潮のお陰で早くも大型マダイやイシダイが回遊。
メバルやスズメダイも中層で群れてましたね。

「幸福地蔵」と「竜王洞」はマクロ天国!!
サクラダンゴウオ、スナビクニン、イワアナコケギンポ、そしてウミウシ類…見てたらキリがない程ウヨウヨいます。
「竜王洞」では、なんと夏の魚「アカオビコテグリ」が海底を這ってました!
越冬したのかもしれませんね。

浅場の海藻帯では、春の日差しの中をメバルの幼魚が群れていました。
穏やかな景色で、癒されました。
春の海はいいですねぇ~!!

見られた生物⇒

サクラダンゴウオ、スナビクニン、アカオビコテグリ、マダイ、イシダイ、スズメダイの群、メジナ、マアジ、キヌバリ、チャガラ、サビハゼ、ハオコゼ、カサゴ、ムラソイ、ヨロイメバル、メバル、コブダイ、ホシササノハベラ、クダヤガラ、スイ、アイナメ、クジメ、フタスジカジカ、アサヒアナハゼ、アナハゼ、イワアナコケギンポ、トビヌメリ、マコガレイ、ババガレイ、カワハギ、アミメハギ、クサフグ、ヒガンフグ、

アメフラシ、クロヘリアメフラシ、ホウズキフシエラガイ、クロモウミウシ、ミドリアマモウミウシ、ヒラミルミドリガイ、アズキウミウシ、クロミドリガイ、アユカワウミコチョウ、オトメウミウシ、ユビウミウシ、キイロイボウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、ジボガウミウシ、サガミコネコウミウシ、エダウミウシ、ハツユキミノウミウシ、セトミノウミウシ、コザクラミノウミウシ、フジエラミノウミウシ、エムラミノウミウシ、アカエラミノウミウシ、サクラミノウミウシ、

ミサキコウイカ、マダコ、サラサエビ、サザエ、ミノヒラムシ、マナマコ、ハナギンチャク、モミジガイ、イトマキヒトデ、タコノマクラ、









コメント

4/10ダイブログ

2021-04-10 20:59:26 | ダイビングログ
今日は「虫崎・兵庫崎」でダイブしました。
(スタッフ・本間が更新)

水面水温:12℃、水底水温:12℃、透明度8m前後でした。

4月には珍しい寒気で朝は冷えましたが、日差しの強い明るい晴天でした。
ウネリは残ってましたが、ダイビングには支障無しです。
ウネリと春濁りで透明度はイマイチですが、水温は少し上昇してました。

ウネリのため、狙いのマクロは少な目でしたね。
でも、赤が綺麗なサクラダンゴウオのチビっ子は見れました。
ウミウシもそれなりに出てるのですが、ユラユラ揺れて撮影には不向きです。

虫崎でもホッケが泳いでましたが、卵塊は確認できず。
コケ虫類に囲まれてる、小さなガジの子供をみつけました!!
クリっとした瞳が可愛いかったですね。
明日は南部の琴浦でダイビングです。

見られた生物⇒

サクラダンゴウオ、ホッケ、クダヤガラ、ガジ、スズメダイの群、キヌバリ、チャガラ、サビハゼ、ハオコゼ、キツネメバル、メバル、コブダイ、オハグロベラ、イトベラ、スイ、アイナメ、クジメ、アサヒアナハゼ、キヌカジカ、ヒラメ、マコガレイ、カワハギ、アミメハギ、クサフグ、ヒガンフグ、

アメフラシ、クロヘリアメフラシ、ヒメクロモウミウシ、コノハミドリガイ、カラスキセワタ、スギノハウミウシ、ハツユキミノウミウシ、アパタミノウミウシ、コザクラミノウミウシ、アカエラミノウミウシ、エムラミノウミウシ、セトミノウミウシ、サクラミノウミウシ、ハクセンミノウミウシ、ミノウミウシの仲間、

ヒメイカ、マダコ、ウミサボテン、ウミエラ、ウミイチゴ、ジュウモンジクラゲ、イサザアミの群、サザエ、メガイアワビ、マナマコ、ハナギンチャク、モミジガイ、イトマキヒトデ、タコノマクラ、





コメント

3/24ダイブログ

2021-03-24 22:49:00 | ダイビングログ
今日は「虫崎・兵庫崎」でダイブしました。
(スタッフ・本間が更新)

水面水温:11℃水底水温:10℃、透明度10~5mでした。

暖かい南風が吹いて、気温上がりましたねぇ。
梅やスイセンの花が咲き、裏山からはウグイスの声。虫たちもモゾモゾ出てきてます。

透明度は先週末と同じで春濁り強いですが、水面付近が少しだけ温まってきました。
水面の風波を除けば、流れも緩く、楽なコンディションです。

深場は魚類が活発です。
大型のキジハタ&アイナメが小魚追ってるし、ヒラメも複数見れました。
キツネメバルも大型の個体が多く、カワハギは今日も群れていましたね。
明るい日差しに誘われたのか、スズメダイの群や大型のメジナ達が中層を泳いでました。

スクーターでの3ダイブでしたから、マクロはちょっとだけ見たのですが…ウミウシはますます充実!!
ハゴロモウミウシやヤグルマウミウシなどの、キレイ&可愛い系が現れました。
ミノウミウシ類は不明な種も出ています。
今後は浅場&砂地にも出てくるので、何処でも楽しめそうです。

海底ばかりではなく、中層では春濁りのチリに混じって、サルパ&クラゲの浮遊系がゴチャゴチャいます!
こちらも観察しだしたらキリがありませんが…見どころいっぱいな春の海は、冷たいけど楽しいですねぇ!!

見られた生物⇒

クダヤガラ、ヤギウオ、キジハタ、ギンポ、ガジ、ダイナンウミヘビ、スズメダイの群、キヌバリ、チャガラ、サビハゼ、ハオコゼ、メジナ、キツネメバル、メバル、コブダイ、オハグロベラ、イトベラ、スイ、アイナメ、アサヒアナハゼ、キヌカジカ、ヒラメ、マコガレイ、カワハギ、アミメハギ、クサフグ、ヒガンフグ、

アメフラシ、クロヘリアメフラシ、ヒメクロモウミウシ、コノハミドリガイ、ハゴロモウミウシ、ヤグルマウミウシ、ハイイロトゲウミウシ、サラサウミウシ、スギノハウミウシ、エダウミウシ、ハツユキミノウミウシ、アパタミノウミウシ、ウスキミノウミウシ、ホシアカリミノウミウシ、コザクラミノウミウシ、アカエラミノウミウシ、エムラミノウミウシ、セトミノウミウシ、サクラミノウミウシ、フジエラミノウミウシ、ミノウミウシの仲間、

ヒメイカ、ミズダコ、マダコ、ウミサボテン、ウミエラ、ウミイチゴ、ジュウモンジクラゲ、イサザアミの群、サザエ、メガイアワビ、くろあわび、マナマコ、ハナギンチャク、スナイソギンチャク、モミジガイ、イトマキヒトデ、タコノマクラ、スカシカシパン、モモイロサルパ、









コメント

3/20ダイブログ

2021-03-21 08:52:05 | ダイビングログ
今日は「小木・琴浦・幸福地蔵、赤灯台、竜王洞」でダイブしました。
(スタッフ・本間が更新)

水面水温:11℃水底水温:10℃、透明度3m前後でした。

午前中を中心に春の晴天で、明るい日差しの一日でした。
東風による小さな波がありましたが、ボートダイブも問題無くできました。

昨日の「虫崎」以上に、春濁り進んでますね!
「地蔵」の海底付近は、薄暗く黄昏ていて、「幻想的」とも言える雰囲気でした。
この透明度だと、さすがに魚群等は見づらいですが、マクロは素晴らしい状態なので、マクロ探しに専念です。

ウミウシは種類&個体数共に最高で、ウミウシ好きダイバーには天国!!
サクラダンゴウオも成長した赤い個体が見られています。
先週末に出ていたアカオビコテグリは、低水温に耐えられず死んでいました。残念です。

栄養分たっぷりの海なので、これから凪いでくると、マクロ生物は最高の状態になりそうです。
水温低いですが、春の幻想的な水中世界をぜひお楽しみください!!

見られた生物⇒

サクラダンゴウオ、マダイ、イシダイ、ホッケ、スズメダイの群、クロダイ、メジナ、キヌバリ、チャガラ、サビハゼ、ハオコゼ、キツネメバル、カサゴ、ムラソイ、ヨロイメバル、メバル、コブダイ、オハグロベラ、クダヤガラ、スイ、アイナメ、フタスジカジカ、アサヒアナハゼ、アナハゼ、シズミイソコケギンポ、イワアナコケギンポ、トビヌメリ、マコガレイ、ヒラメ、カワハギ、アミメハギ、クサフグ、ヒガンフグ、

アメフラシ、クロヘリアメフラシ、ホウズキフシエラガイ、ミドリアマモウミウシ、コノハミドリガイ、アズキウミウシ、オトメミドリガイ、クロミドリガイ、キイロイボウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、サガミコネコウミウシ、フジタウミウシ、エダウミウシ、ハツユキミノウミウシ、セトミノウミウシ、コザクラミノウミウシ、フタスジミノウミウシ、エムラミノウミウシ、アカエラミノウミウシ、

ヒメイカ、ミサキコウイカ、ミズダコ、マダコ、サラサエビ、サザエ、ミノヒラムシ、マナマコ、ハナギンチャク、モミジガイ、イトマキヒトデ、タコノマクラ、ヒメホウキムシ、









コメント