fwave海ログ

佐渡島ダイビングサービスF.WAVEの海情報

7/3ダイブログ

2020-07-03 21:34:32 | ダイビングログ
今日は「虫崎・兵庫崎」でダイブしました。
(スタッフ・本間が更新)

水面水温:22℃水底水温:21℃、透明度15m前後でした。

梅雨らしい天気が続いてましたが、今日は晴れ間も見られました。
両津湾は北東風の小さなウネリが入ってますが、ダイビングには支障ありません。
水面付近はウネリによる白濁りですが、水面以外は先週末並みの透明度です。

海藻帯のクダヤガラ&チャガラの幼魚達は、成長し群も大きくなりましたね。
特にクダヤガラの群は凄い規模です。
透明度が良くなると、この幼魚達の群は更に際立つので、楽しみです!!

海藻林を丁寧に探していたら、10mmにも満たないヒメタツの赤ちゃんを発見!!
可愛い姿に見とれていましたが、あまりの小ささに、無事に成長してくれるか心配になりました。
元気にすくすく育ってほしいものです!!

見られた生物⇒

ヒメタツ(稚魚)、ヨウジウオ、ダイナンウミヘビ、スズメダイの群、マアジの群、クロダイ、メジナの群、マダイ、キヌバリ、リュウグウハゼ、チャガラ(幼魚)の群、クダヤガラ(幼魚)の群、サビハゼ、ハオコゼ、キツネメバル、カサゴ、メバル、シロギス、コブダイ、キュウセン、ホンベラ、ホシササノハベラ、オハグロベラ、キジハタ、アオハタ、マハタ、スイ、アイナメ、アサヒアナハゼ、アナハゼ、セトカジカ、ギンポ、トビヌメリ、メゴチ、マコガレイ、ヒラメ、クロウシノシタ、カワハギ、ウマヅラハギ、アミメハギ、クサフグ、ヒガンフグ、

アメフララシ、クロヘリアメフラシ、シロウミウシ、サラサウミウシ、

ミサキコウイカ、サザエ、マナマコ、ハナギンチャク、モミジガイ、イトマキヒトデ、タコノマクラ、ヒラタブンブク、




コメント

6/21ダイブログ

2020-06-21 22:00:13 | ダイビングログ
今日は「藻浦(二ツ亀)・カブト岩、二ツ亀沖」でダイブしました。
(スタッフ・本間が更新)

水面水温:18℃水底水温:16℃、透明度10m前後でした。

今シーズン初の「藻浦(二ツ亀)」です!
北東風が吹いていて、小さな風波はありましたが、ダイビングには支障なし。
やはり水温は低下していて、期待した透明度ではなく、春のような緑色の水色でした。

「カブト岩」「二ツ亀沖」共に、マダイ・コブダイ・ヒラマサなどの大物は出てくれました。
特にコブダイは老成した大型のオスが、あちこち出ていて、縄張り争いの様子も見られています。
「琴浦」同様、お腹大きなオキタナゴが群れていて、こちらでも出産間近な様子でした。

一週間前に22℃まで上昇した水温が、ガラリと変わってしまいました。
根の上部ではまだワカメもたくさん茂っていて、二ツ亀らしい抜けた透明度の海になるには、もう少し時間が必要のようです。

見られた生物⇒

オキタナゴ(出産前)、ヒラマサ、マダイの群、ブリ(イナダサイズ)、スズメダイの群、イシダイの群、クロダイ、メジナの群、ウミタナゴ、キヌバリ、チャガラ、メバル(幼魚も)、キツネメバル、ハオコゼ、コブダイ、キュウセン、ホンベラ、ホシササノハベラ、オハグロベラ、キジハタ、マハタ、スイ、アイナメ、アサヒアナハゼ、アナハゼ、カワハギ、ウマヅラハギ、

アメフララシ、クロヘリアメフラシ、オトメウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシ、

サラサエビ、サザエ、マナマコ、ミズクラゲ、アカヒトデ、



コメント

6/20ダイブログ

2020-06-20 21:18:47 | ダイビングログ
今日は「琴浦・イワシグリ、幸福地蔵」でダイブしました。
(スタッフ・本間が更新)

水面水温:21℃水底水温:16℃、透明度15m前後でした。

ボートダイブも久しぶりの「琴浦」です。
北西風がそよそよ吹いてましたが、波&流れはほとんど無し。
「琴浦」の沖合もサーモクラインが強く、水面付近と20mほどの水深では5℃も違いました。

この時期狙いのオキタナゴ。臨月の成魚は群れていますが、生まれたての幼魚はまだ出てませんでした。
もうほんの数日で生まれそうなので、来週は幼魚の群が見れるかもしれません。

海底付近ではまだ海藻林が卓越していて、景色は春のままでした。
底潮が冷たいので、ジョーフィッシュなどはもう少し後ですね。

見られた生物⇒

オキタナゴ(出産前)、イワアナコケギンポ、マダイ、ガジ、スズメダイの群、イシダイ、クロダイ、メジナの群、ウミタナゴ、キヌバリ、チャガラ(幼魚)の群、クダヤガラ(幼魚)の群サビハゼ、ハオコゼ、コブダイ、キュウセン、ホンベラ、ホシササノハベラ、オハグロベラ、キジハタ、マハタ、スイ、アイナメ、アサヒアナハゼ、アナハゼ、オビアナハゼ、アヤアナハゼ、トビヌメリ、ヒラメ、カワハギ、ウマヅラハギ、アミメハギ、クサフグ、

アメフララシ、クロヘリアメフラシ、ホウズキフシエラガイ、アズキウミウシ、シロウミウシ、アオウミウシ、サラサウミウシ、ジボガウミウシ、

サラサエビ、ミサキコウイカ、サザエ、マナマコ、ミズクラゲ、ハナギンチャク、アカヒトデ、モミジガイ、イトマキヒトデ、タコノマクラ、



コメント

6/19ダイブログ

2020-06-19 19:05:00 | ダイビングログ
今日は「虫崎・兵庫崎」で水中スクーターSPのダイブをしました。
(スタッフ・本間が更新)

水面水温:21℃水底水温:15℃、透明度15m前後でした。

朝は梅雨らしい曇りで、雨も心配されましたが、昼にかけて雲無しの晴れ。
ほぼ夏の日差しでダイビングできました。

水中スクーターでの2ダイブでしたが、水深10m以深はなんと一昨日より5℃も下がって15℃の冷たさ。
10m付近のサーモクラインはクッキリで、幻想的な景観と言えます。
スクーターでリーフをゆったり流していると、魚達も戸惑ってるのか、いつもと違う変な動き(笑)。
それでも、繁殖行動中のコブダイ・大型のマダイ・ワラサの群が見られました。
チャガラ・クダヤガラの幼魚達は相変わらず大群で、海藻林の上を行ったり来たり。
そんな兵庫崎のリーフをスクーターでゆったり流すのは最高の気分でしたね。

兵庫崎でのスクーターダイブは、透明度が上昇するこれからの時期が最も楽しめます!!
ゲスト1バディ(2名)限定のスペシャルダイブを、一度お試しください!!

見られた生物⇒

マダイ、イシダイ、ブリ(ワラササイズ)、コブダイ(繁殖行動)、アカエイ、マトウダイ、ダイナンウミヘビ、スズメダイの群、クロダイの群、メジナの群、キヌバリ、チャガラ(幼魚)の群、クダヤガラ(幼魚)の群、サビハゼ、オニオコゼ、ハオコゼ、キュウセン、ホンベラ、ホシササノハベラ、オハグロベラ、キジハタ、マハタ、スイ、アイナメ、オビアナハゼ、トビヌメリ、マコガレイ、ヒラメ、クロウシノシタ、カワハギ、ウマヅラハギ、アミメハギ、クサフグ、

アメフララシ、クロヘリアメフラシ、

マダコ、ミサキコウイカ、サザエ、マナマコ、モクズショイ、ハナギンチャク、モミジガイ、イトマキヒトデ、タコノマクラ、ヒラタブンブク、


コメント

6/18ダイブログ

2020-06-18 21:19:20 | ダイビングログ
今日は「琴浦・竜王洞~白灯台」でダイブしました。
(スタッフ・本間が更新)

水面水温:21℃水底水温:19℃、透明度15m前後でした。

約3ヶ月ぶりの琴浦ダイブです。
梅雨らしい蒸し暑さですが、波風は無し。
水温は昨日の虫崎より少し低めですが、浅場は20℃を超えました。
6月半ばの20℃越えは、あまり記憶にありません!(温かくなるの早い!)
防波堤に囲まれた沖堤周りは、潮が複雑に流れてました。

水温は上昇してますが、水底はまだ春の海藻林景色!
チャガラ・クダヤガラ・アナハゼ類・メバル達の幼魚が海藻林に居つく景色は綺麗ですねぇ!!
イシダイやクロダイは産卵期のせいか群れていて、大型の個体も見られました。
マアジの群も現れていて、「ワラサ」サイズのブリに追われる様子が!
大型のマダイやヒラメ、メジナ、アイナメなども賑やかな水中景色が見られましたね。

チラッと探したジョーフィッシュはまだ未確認ですが、アカオビコテグリはもう出てました。
そろそろオキタナゴの出産時期なので、次回はボートダイブでオキタナゴの幼魚達を見たいと思います。

見られた生物⇒

ブリ(ワラササイズ)、マダイ、マトウダイ、アカオビコテグリ、ガジ、スズメダイの群、イシダイの群、クロダイの群、メジナの群、ウミタナゴ、キヌバリ、チャガラ(幼魚)の群、サビハゼ、ハオコゼ、コブダイ、キュウセン、ホンベラ、ホシササノハベラ、オハグロベラ、キジハタ、マハタ、スイ、アイナメ、アサヒアナハゼ、アナハゼ、オビアナハゼ、トビヌメリ、マコガレイ、ヒラメ、カワハギ、ウマヅラハギ、アミメハギ、クサフグ、

アメフララシ、クロヘリアメフラシ、アズキウミウシ、

ミサキコウイカ、サザエ、マナマコ、ミズクラゲ、ハナギンチャク、モミジガイ、イトマキヒトデ、タコノマクラ、




コメント