一宮クリスチャン・チャーチ

  絵手紙とみ言葉で綴る信仰雑感

タカサゴユリ

2018年08月17日 | 花さんの絵手紙



季節外れのユリ。
というか、他のユリが一段落した後おもむろに咲き出す。
清楚で面長。
赤い線が目印だ。




(祝席に男女晴ればれタカサゴユリ)

高砂と言えば披露宴で花婿と花嫁が座る席。
最近は「♪高砂や~、・・・」と、うなる人も居ないが、
てっきり、これは結婚式の歌かと思いきや、能の祝言曲の一つであるという。

ところがこのタカサゴユリは台湾が原産地とのことで、
江戸初期の頃は台湾のことを高砂国と呼んでいたというのだ。

してみると、同じ高砂でも違ったイメージとなる。(-_-;)

その辺は縁起好きの日本人だから・・・
まあ、いいか。

聖書の中にも結婚式がある。
「イエスはこのことを最初のしるしとしてガリラヤのカナで行い、
ご自分の栄光を現わされた。それで、弟子たちはイエスを信じた。」ヨハネ2:11


しるしとは奇跡のことで、イエスが神であることを示されたのだ。
その奇蹟とは水を葡萄酒に変えたというもの。

奇蹟を信じられない人は信じなくていい。
でも、私は信じる。
私たちの信じる神は全能者なのだ。
だから、全能者にできないことはない。(*゚ー゚*)ポッ

イエス様は葡萄酒で祝宴を祝福しただけではない。
ご自身が神であることを証明した。
そのことによって、弟子たちは信じることに確信を得たのだ。

神に祝福される結婚式って素敵だな。
それが普通なんだけど、そうでないのが現代人の迷走だ。

我が家は普通に幸せである。(^―^) ニコリ

では。

コメント

サルスベリ

2018年08月11日 | 花さんの絵手紙


燃えるような咲きぶり!
ピンクも淡い色からラズベリーのような濃いものまでいろいろある。

サルスベリとは奇妙な名前だが覚えやすい。
よく見ると小花の集まりだ。
立秋も過ぎ、ヒグラシも泣き始めた。




(ヒグラシの賛美に笑みしサルスベリ)


被造物が創造者を称えて歌いまくっている。
これが自然の営み。

聖書の言葉
「私は主に歌を歌います。主が私を豊かにあしらわれたゆえ。」詩篇13:6


ダビデも自分の意に沿わない現実を嘆き迷いつつも、
神の最善を祈って賛美した。

全能者にすべてを委ね平安を得る。
これが信仰者の宝なのだ。(^―^) ニコリ


では。

コメント

ツユクサ

2018年08月07日 | 花さんの絵手紙



爽やかな水色。
緑の葉とのコントラストが美しい!

露草の朝露がきらりと光る!
実はあれは露草の涙ではないかと思う。
だって、葉先には不思議な装置があって、夜の内に身に余る水分を外に出すのだそうだ。




(露草の涙輝く朝一番)

面白いのは三種類の雄しべだ。
三段階で虫を捕らえ、花粉を着けて見送るのだという。

それでもだめなら、自家受粉する。(¬ω¬) ふ~ん
そして短い命を断ち、次の花に将来を託す。

子孫を残すために、あの手この手を駆使する花。
たかが露草、されど露草だ、あっぱれ! (*゚ー゚*)ポッ

聖書の出てくるダビデ王。
自らの権勢を維持するために、たくさんの妻を持った。
当然子供も多かった。
これで行く末は安泰かと思われたが、どっこい、そうはいかなかった。

長男アムノンは 弟のアブシャロムによって暗殺された。
おまけに、ダビデ自身もアブシャロムの謀反によって都落ちさせられた。
そして、ダビデも父としての子供たちへの躾を怠った結果だと悔いたのだ。

ダビデは家来たちに願った。
「私に免じて、若者アブシャロムをゆるやかに扱ってくれ。」(第二サムエル記18:5)

しかし、将軍のヨアブはアブシャロムを殺してしまった。
有能なヨアブはダビデにとってアブシャロムは危険だと知っていたのだ。
甘い親、そしてわがままな子。
第三者的に見たらイライラするのも当然だ。(-_-;)

そうこうしているうちに、7番手のソロモンに跡取りが決まってしまった。

「親の心子知らず」ということわざもあるが、親子関係は複雑だ。(^―^) ニコリ


では。

コメント

ランタナ

2018年08月02日 | 花さんの絵手紙



華やかで可愛い!
カラフルな夏の花。
この花が侵略的外来種ワースト100に入っているとか。
まだ、野性化された場面に出くわしたことはないが、
さぞかし、ウキウキ気分になることだろうな。(^_^;)エヘ




(君求む惑わす世界七変化)

和名は「七変化」で100% OK!
分からないのは「厳格」という花言葉。(-_-;)
考えても分からない。
調べても分からない。

そこで勝手に意味づけするとこうなった。
「厳格に管理しないと、世界はランタナに覆われてしまう。」
私的にはOKだけど・・・やっぱりいけないのかなぁ~ m(_ _)m

人間は神様から全被造物の管理を任されたと創世記にある。

「神はまた、彼らを祝福し、このように神は彼らに仰せられた。生めよ。ふえよ。地を満たせ。地を従えよ。海の魚、空の鳥、地を這うすべての生き物を支配せよ。」創世記1:28

それを怠ってきたから、世界が狂ってきた。(¬ω¬) ふ~ん
いや、所詮人間には管理できない。
神の助けと知恵がなければ無理だ!

世界のリーダーが神をないがしろにしているから無理!

私は言う。
ランタナよ!世界を支配せよ!(^―^) ニコリ


では。

コメント

ハツユキソウ

2018年07月31日 | 花さんの絵手紙



嵐が過ぎた!
しかし何かくすぶっているね。
また蒸し暑い日の再来だ。




(嵐耐え涼しき顔の初雪草)

真夏でも初雪草が涼しげで癒される。

白い縁の緑のマントが大き過ぎて、
小花の顔が見えないね。(-_-;)

異常気象で左巻きの台風が左巻きに通り過ぎた。
そして今日もまだ目を回し、ふらふらしてる。

異常が平常になりそうな世の中。
どこへ向かうのだ!地球丸。

「明日のことを誇るな。一日のうちに何が起こるか、あなたは知らないからだ。」箴言27:1

つまり今日を楽しんで生きろ!ということかな。

「災害地の皆様には心から同情し、良き支援が受けられますようお祈りいたします。」

一応、「明日は我が身」と心に留め、
できる限りの備え?・・・無理かなぁ~、
あとは、すべて神にお委ねして、今日を感謝する。


今日は、また孫たちが飛んでくる。
夏休み。
いやはや暑さ倍増の恵みだ!(^―^) ニコリ


では。

コメント

ポーチュラカ

2018年07月25日 | 花さんの絵手紙



夏の花!
猛暑も何のその。
この生命力はうらやましい限り。




(炎天下孫と賑わうポーチュラカ)

ポーチュラカは和名ハナスベリヒユと言う。
スベリヒユと言えば、あの畑の雑草?
そのスベリヒユが成功してポーチュラカになったとか。
どうりで、強いわけだ!

ポーチュラカは「うまく」ないが、スベリヒユは美味しいらしい。
お浸しにでもして、その精力にあやかりたい。(^―^) ニコリ


では。

コメント

オシロイバナ

2018年07月23日 | 花さんの絵手紙



鮮やかな色合いのオシロイバナ♪
陽気な感じで気持ちがいい。



(祝宴の残り香ほのか白粉花)


花びらの部分は花ではなくガクであるという。
ガクだろうが苞だろうが、可愛い花びらに見える。

多分中身よりも着物の方が派手であったなごり?かもしれない。(^_^;)エヘ
そうやって生き延びてきた健気さに賛辞を贈ろう!


白粉は女性の顔料として古くから用いられていた。
ヨーロッパの白人も塗ったようで、人は白い顔に憧れるのだろうか。

聖書にはそういう記事は見当たらないが、化粧についてはエステル記にある。
アハシュエロス王の心を射止めたエステルは十二か月かけて化粧と宮廷教育を受けたという。

「これは、準備の期間が、六か月は没薬の油で、次の六か月は香料と婦人の化粧に必要な品々で化粧することで終わることになっていたからである。」エステル記2:12

凄いことだ!
王の傍らにひと際目立つ王妃を置き、人々の羨望の眼差しを楽しむため?だったのか。

いやはや、もう何を言ってもやっかみになる。



確かに化粧した女性はきれいに見える。
女性にとって化粧は命そのものかも知れない。(^―^) ニコリ


では。

コメント

オモダカ

2018年07月21日 | 花さんの絵手紙



水田の縁に小さな白い花があった。
覗いてみると案の状オモダカだ。

結構な株で、強そうだ!
何といっても葉の格好がいい!
矢じりに似ており、かつては家紋にも採用された。
稲作日本ならではの光景だ。




(オモダカの稲穂を守る矢じりかな)

多分農家の人にとっては迷惑な話だろうが・・・m(_ _)m

昔、ロサンゼルスの米国キャンパス・クルセード事務所を訪ねたことがあった。
この事務所はホテルの一角にあって、後ろにそびえる山はアローヘッドマウンテンと呼ばれていた。山の一部に赤く禿げたところがあって、遠くから見ると矢じりに見えるのだ。
こんな素敵な場所に事務所を持つ宣教団体にあこがれを持ったものだが、この光景にダビデの詩がよみがえってきた。

「主は、矢を放って彼らを散らし、すさまじい稲妻で彼らをかき乱された。」詩篇18:14

私の出身はhi-b.a.(高校生聖書伝道協会)だが、日本人の救霊を願い、もっともっと福音の矢が放たれなければならないと祈らされる。

福音の矢(信仰の証)を沢山準備しよう!(^―^) ニコリ


                       
ではまた。

コメント

落花生

2018年07月18日 | 花さんの絵手紙



黄色小花が可愛い♪
落花生は千葉の特産品。

この花に関心を寄せる人って、あまりいないんだろうな。
でも農家の人にとっては、大事なことなのだ。
だって、花が咲かないことには実が生らないからね。




(花落ちる産声まぢか落花生)


落花生が実るまでの工程は不思議だ。
今まで全然知らなかった!

花が落ちたようで落ちていない。
つまり柄でつながっている。
この柄が伸びて、土に到達し、しかも地中に潜って行く。
そしてそこにサヤができ実が育つのだという。

花観察者としては、この柄(子房柄)が伸びて地中に刺さるのを見たいと思うのだが、
まず無理だろう。畑に座っていたら怪しまれるものね。

気になるので、当分散歩コースをこの畑の横道に決めようっと。(^_^;)エヘ


では。

コメント

アスター

2018年07月16日 | 花さんの絵手紙

切り花として人気のあるアスター。
アスターとは「星」の意味。
確かに上から見たら星々の輝きに見える♪

だが、この花は横から見るのもいい。
和名は「蝦夷菊」「薩摩菊」と言うらしい。





(アスターよ蝦夷から薩摩大人気)

横から見ると、首巻が見える。
寒い地ならではのスタイルだ。

では、暖かい方の薩摩菊はどうか?
南蛮商人が着ていた襞襟(ヒダエリ)の洋服をイメージするが・・・(-_-;)

とにかく面白い!
私としてはこれがアスターの特徴だと思うことにしている。

「わたしのくびきは負いやすく、私の荷は軽い。」マタイ11:30

これはイエス様のお言葉。
誰もが何らかのくびきを負っている。
くびきのない人生なんて、操縦士を離れたドローンのようだ。
ん?
その心は、どこへ飛んで行っちゃうか分からない!(^_^;)エヘ

同じくびきを負うなら、軽い方が良い。
そして負いやすくとは、誰かが言っていたが、心地よいのだそうだ。

首周りの重い人。マッサージでは治らんぞ。
教会の門をたたきなさい!(^―^) ニコリ


では。

コメント