一宮クリスチャン・チャーチ

  絵手紙とみ言葉で綴る信仰雑感

コチョウラン2016

2016年12月31日 | 花さんの絵手紙
小蝶じゃなくて大蝶!
高級感満点の傑作品だ!


葬式にもいっぱいあった。
コチョウランに埋もれて横たわる。
夢ではないぞ! (^_^;)エヘ




花言葉には「幸福が飛んでくる」とあった。
白い蝶は幸せを運んで来るとか・・・
別に縁起を担ぐわけではないが、良いイメージだ!




聖書の言葉
「あなたが私の命令に耳を傾けさえすれば、あなたのしあわせは川のように、あなたの正義は海の波のようになるであろうに。」
    イザヤ書48章18節

幸せが川のようにやって来る。
切れ間がないと言うことか?

幸せの絶頂ではなく生涯が幸せの高嶺だ!
つまり毎日が幸せだと言うこと。m(_ _)m

そんな生涯であったら、嬉しいな!

条件はみ言葉に聞き従うこと・・・・
これが難解だ。(-_-;)

多分、全部従えないので、
ほどほどの幸せで満足しよう!
その方が気楽でいいや!
小蝶に合う幸せ、なんてね。(^―^) ニコリ

2016年最後の日。
明日から2017年。

今日もお元気で!
ではまた。

コメント

プリムラ2016

2016年12月30日 | 花さんの絵手紙
花弁が可愛い♪


色の組み合わせが豊富でエネルギーを感じる。
早くも春到来って感じだな!




花言葉には「無言の愛、青春の始まりと悲しみ」があった。
冬の花。環境に耐えながらも、健気に咲くイメージかな?




聖書の言葉
「あなた方の会った試練はみな人の知らないようなものではありません。神は真実な方ですから、あなた方を耐えることのできないような試練に会わせるようなことはなさいません。むしろ、耐えることができるように、試練とともに脱出の道を備えてくださいます。」
   コリント人への第一の手紙10章13節


普通の試練はみな他の人も経験がある。
しかし、当人にとっては、初めてのことだらけなのだ。
だから、不安もあるし恐ろしくもある。
病気になってしまう人もあるだろう。(-_-;)

ここをどのように理解したらいいのか?
その人に見合った試練と見るか。

多分そうだろう。
そして、ふさわしい助け手を近くに置いてくださる。
これが脱出の道となる。(¬ω¬) ふ~ん

だから、苦しいと感じる時は、周囲をよく観察することだ。
神様の備えが見えてくるだろう。

あなたの足元にはプリムラも咲いている。

神様の備えは絶妙さ。(^―^) ニコリ
 
今日もお元気で!
ではまた。
コメント

スイセン2016

2016年12月29日 | 花さんの絵手紙
可愛い顔してる♪


首長美人?
白、黄色、オレンジ、どれ観ても可愛いな!(*゚ー゚*)ポッ




花言葉には「うぬぼれ、自己愛、エゴイズム」とあった。
イギリスの国花とか。
英国人はナルシストなのか?(-_-;)




日本水仙もあるのだから、ナルシストは嫌だな。
日本水仙の花言葉はたくさんあった。
「思い出、記念、詩人の心、優しい追憶、田園の幸福など。」
やっぱり日本は良い国だ!(^―^) ニコリ

でもちょっとセンチメンタルなイメージだ。

聖書の言葉
「私は栄光輝くあなたの主権と、あなたの奇しいわざに思いを潜めます。」
    詩篇145篇5節


過去を懐かしむのはいいが、過去に捕らわれてはならない。
日々前進あるのみ。

だから、目標を思い巡らすのはいい。
目標は神だ!(*゚ー゚*)ポッ

神の栄光と神のわざ。
世界中で今も神のわざが行われていると信じるが、
聖書の中で思いめぐらすのが一番だ!(¬ω¬) ふ~ん

そうすると自分を忘れ、後悔ではなく希望が湧いてくる。
これが前進へのエネルギー。

来年行ってくださる神の御業が楽しみだ!(^―^) ニコリ

今日もお元気で!
ではまた。
コメント

ギョリュウバイ2016

2016年12月28日 | 花さんの絵手紙
濃いピンクの花びらがステキ♪


蜜がロウのように固まっている。
健康のために有用な花だ。




花言葉には「蜜月、華やいだ生活」とあった。
何やらトロトロなイメージだな!(*゚ー゚*)ポッ




聖書の言葉
「私があなたがたのために、天の窓を開き、あふれるばかりの祝福をあなた方に注ぐかどうかを試してみよ。」
    マラキ書3章10節

感謝を忘れると、それは神に対して盗みになる?
信じないなら試してみよ!
そんなメッセージかな。

神の前に誠実に歩もう。
更に感謝を忘れないことだ。

神はすべてを所有しておられるので、私たちのささやかな献げものなど必要としない。
神は人間に感謝の心を思い出させたいのだ。(¬ω¬) ふ~ん

感謝の心があれば物を無駄にしない。
人々への思いやりも強くなる。
人間社会も住みやすくなるに違いない。

今、住みにくい時代だと思うなら、感謝を忘れているせいだろう。
こちらが感謝を示せば、何か回って来るに違いない。
神はそういう、気のいいお方なのさ。(^―^) ニコリ

今日もお元気で!
ではまた。
コメント

セネシオ2016

2016年12月27日 | 花さんの絵手紙
グラデーションの花姿が美しい!


花数が多く、自分を強く主張している。




花言葉は「常に輝かしく・いつも喜んで」とあった。
確かに輝きのイメージだ!





聖書の言葉
「御子は神の栄光の輝き、また神の本質の完全な現れであり、その力あるみ言葉によって、万物を保っておられます。」
    ヘブル人への手紙1章3節


神の本質とその輝きを見せてくださったイエス様。
神の本質とは、愛。

完全な愛は恵みとなって、赦し、憐れみ、思いやりとなった。
だから、人はイエス様に引き付けられる。(¬ω¬) ふ~ん

時たまイエス様は怒られた。
正義の怒りだ。
それも、人を愛するがゆえに。

人は悔い改める必要がある。

この一年、様々なことがあった。
新しい年を迎える前に、清算しなければならない。

人には隠されている罪がたくさんあるのだから。

主の愛を信じて。(^―^) ニコリ
 
今日もお元気で!
ではまた。

コメント

ポインセチア2016

2016年12月26日 | 花さんの絵手紙
赤い葉がワクワク感を放つ!


クリスマスの花と言われているのは、この赤のせいかな?

花は細かく宝石のようだ。
黄色い蜜腺が、何とも面白い!




花言葉は「聖夜、私の心は燃えている」とあった。
クリスマスにぴったりのイメージだ!




聖書の言葉
「これは私の契約の血です。罪をゆるすために多くの人のために流されるものです。」  
   マタイの福音書26章28節


聖夜と十字架は繋がっている。
十字架のためにイエス・キリストは生れたのだ。(´・△・`)はぁ~

神の「完璧な愛」が実行された。
愛する人間のために、「完全なゆるし」という愛を。

・・・と言うようなメッセージを昨晩のキャンドルサ-ビスでさせていただいた。
ということは、葬儀の方は無事執り行われたということで、気にかけてくださった方々には感謝
申し上げる。

全て神に委ねる。
それが祝福の秘訣。

今日からまた静かな一日が始まる。 (^―^) ニコリ

今日もお元気で!
ではまた。

コメント

カーネーション2016

2016年12月25日 | 花さんの絵手紙
優しい色がすてき!


本日は葬儀で司式がある。
敬愛する教会員が召されたのだ。
朝、「孫が何してるの」と声を掛けて来た。
カーネーションを描いていると返事した。
孫は?の顔をしていた。(^―^) ニコリ

今日はたくさんのカーネーションを祭壇に供えるのだ。
私の静思の時、は絵を描いている時。
不十分な出来栄えだが、十分と思う。




今日はクリスマスだ!
遺族の方々は恐縮していた。
教会でもいろいろなイベントを準備していた時だから・・・
でも、葬式はすべてに優先する。
召された兄弟を元気よく送るのだ。
新しい門出、凱旋だから!(^―^) ニコリ

奉仕してくださる教会員たちも大変だ。
夜のキャンドルサービスも楽しみにしている人たちがいる。

そう言えばクリスマスの日に葬式なんて、
そんなにうまくいくことはそうないと思う。
故人の信仰の勝利だ!
故人を思い出すとき、みなクリスマスを思う。
最高の証じゃないか。
そろそろ時間が無くなって来た。
まだ準備がある。

神様にすべてを委ねて、行動開始!
皆様にありましても、よきクリスマスをお祝いください!(^―^) ニコリ

聖書の言葉
「マリヤは男の子を産みます。その名をイエスとつけなさい。この方こそ、ご自分の民をその罪から救ってくださる方です。」マタイの福音書1章21節

     
今日もお元気で!
ではまた。

コメント

ノースポール2016

2016年12月24日 | 花さんの絵手紙
小気味のいい花びらが好き♪


春菊のような葉に、浮かび上がるお茶目な花姿!




子供は風の子、元気がいい!




花言葉は「誠実、聖潔、冬の足音」とあった。
玉子の輪切りみたいな、素朴な咲き方が面白い!

聖書の言葉
「神が私たちを召されたのは、汚れを行なわせるためではなく、清潔を得させるためです。」
  テサロニケ第一の手紙4章7節

悪に負けてはならない。
環境に逆らってでも、誠実をモットーとすべきなのだ。

神は清潔なお方。
神の子もまたきよさを求める。
御子イエスの血はすべての罪から私たちをきよめてくださるのだから。

ノースポールは健気そのものだ。
その底力を見習いたい。

今日もお元気で!
ではまた。

コメント

リーガース・ベゴニア2016

2016年12月23日 | 花さんの絵手紙
可憐な花びらがすてき♪


可愛い、の一言!




濃緑の葉とのコントラストがいい!
この花は見ていて飽きない。




花言葉には「高貴・片想い・愛の告白・幸福な日々」とあった。
華やかな恋が満開だ! (*゚ー゚*)ポッ


聖書の言葉
「高貴な人は高貴なことを計画し、高貴なことをいつもする。」
    イザヤ書32章8節


「始めチョロチョロ中パッパ、ジュウジュウ吹いたら火を引いて、赤子泣くとも蓋とるな」とはお米の炊き方だが、男女の恋にも当てはまるかな?
「始めウロウロ、中パッパ。ジュウジュウ吹いたら身を引いて、赤子が泣くとも関わるな」なんて。(^_^;)エヘ

今の若い人には分からないだろうな。
昔、かまどでご飯炊いたことあるもん、私。


恋に高貴も下賤もない。
「始めトロトロ、中パッパ。ドロドロしたら身を引いて、泣けどわめけども、近寄らず。」

朝からすみません。
前述のみ言葉は、恋とは関係ありません。

神を恐れ、正義を貫こうとする人のこと。

皆様にありましては、良き恋を!(^―^) ニコリ

今日もお元気で!
ではまた。

コメント

レオノチス2016

2016年12月22日 | 花さんの絵手紙
オレンジの花が可愛い♪


「レオノチス」とは「ライオンの耳」という意味らしいが、
言われなくては想像もつかない。(-_-;)




花言葉は「雄大、特徴」とあった。
特徴的な花姿で、ハーブのお化けのようだ。




聖書の言葉
そこで、王が命令を出すと、ダニエルは連れ出され、獅子の穴に投げ込まれた。」
  ダニエル書6章16節


聖書の中にはかなりどぎついことが記されている。
ダニエルが獅子のオリの中に入れられた。

下手すると食べられちゃう?
下手しなくても、普通は餌になる。

しかし、一晩経ってもライオンは安らかで、ダニエルもピンピンしていた。
普通はペットでない限り、無理だと思うが・・・

これだから聖書は信用できない、と言うか、
神が守ってくれたのだ、ハレルヤ!となるか。
クリスチャンの私も悩む。(-_-;)

しかし、私が信じる神は全能のお方だ。
そうであるなら、何の不思議もない。(*゚ー゚*)ポッ

ダニエルは神に愛されたのだ。
そして、ダニエルも神を愛した。
さらに、ライオンも神に愛された。

愛は麗しい結果を生む。
それが教訓かな。

だから、私も神様を愛する!(^―^) ニコリ

今日もお元気で!
ではまた。
コメント