運動個別指導フィットネスアカデミー

運動・スポーツが楽しくできて、上達するためのサポートをします!

空き枠に限りが出てきました!

2020-02-13 09:29:24 | お知らせ
気付けば2月も中旬。
今月は通常月より日数が少ないので、あっという間に過ぎ去ってしまいますね。

まず千葉県東葛地区での運動個別指導、前回もお伝えしましたように、例年より多くのお問い合わせをいただき、3月からの指導開始の案件もいくつか決まっています。
やはり、春の運動会(かけっこ、徒競走、リレー競走)に関するお問い合わせが多いですね。
おかげで、空き枠が少なくなり、指導対応枠も限られてきました。

現状での空き枠は下記の通りです。
・月曜17時半以降(前時間の指導場所:流山市)
・水曜18時半以降(前時間の指導場所:柏市)
・土曜13時半~15時(前時間の指導場所:柏市)
・土曜16時半以降
※時間はあくまでも目安となります。また先着順となります。
 その前の指導場所からの移動によっては、開始時間を少し早めることもできると思います。
 いずれも移動ロスも考慮し(電車やバスで移動)、千葉県東葛地区とさせていただきます。
 また18時以降で屋外での指導の場合、街頭も含めて照明のある場所となります。

また札幌圏においては、4~5月の「運動会かけっこ教室」の展開のみとなる予定です。
詳細は3月中旬以降にお知らせできると思います。

ちなみに、首都圏での「運動会かけっこ教室」の実施予定はなく、すべて個別指導のみでの対応となります。

ご興味があれば、一度お問い合わせを。
運動個別指導フィットネスアカデミー(担当 木戸)
 businessmanagement●view.ocn.ne.jp ※ ●を@に変えてお送りください。
コメント

早くも1月下旬です。

2020-01-23 10:02:59 | 話題
あっという間に1月も下旬になりました。

ちょっと前にお正月だった感じでしたが、慌ただしくしていたので、早く感じるのでしょうね。

最近、未就学児や小学校低学年のお子さんを持つ親御さんからの問い合わせや申し込みが多いですね。

関東はめったに雪も降りませんし、年中運動ができる環境というのもありますが、やはり集団での運動教室に付いていけず、何か他の方法がないか?と探していたら、運動個別指導フィットネスアカデミーにヒットしたパターンが多いみたいです。ありがたいですね!

様子を伺い、話を聞いたり、一緒に運動してみると、そんなに見劣りする訳でもないのです。
平均値を下回ることで、自他ともに付いていけないと悪く判断しちゃうんでしょうね。
もちろん、得意・不得意はあります。
不得意なものは、ほぼ何もできない場合もあります。
ある意味、当たり前です。だって苦手なんだから。
しかしながら、できるものから、あるやり方(ここはノウハウの部分なので極秘!)で誘引することで徐々にコツを掴みだし、少しずつ上達していきます。

その様子をみて、親御さんは喜びます。
その姿をみて、より一層発奮します。

本人に上達している実感があると、自信が出てきて、表情も変わり、取り組む姿勢も変化します。
いわば成功体験により、自信を得て、心身ともに強くなっていくのです。

これが未就学児や低学年期には重要で、運動以外にも良い影響をもたらします。
私たちは運動指導の表層的なものにとどまらず、本質的なものも視野に入れながら指導に携わっています。

ご興味があれば、一度お問い合わせを。
 運動個別指導フィットネスアカデミー(担当 木戸)
  businessmanagement●view.ocn.ne.jp
   ※ ●を@に変えてお送りください。
コメント

2020年元旦

2020-01-01 09:43:45 | 話題
あけましておめでとうございます。
本年も引き続き、よろしくお願いいたします。

今年は東京オリンピック・パラリンピックが話題の中心です。
昨年のラグビーワールドカップに続き、世界的なスポーツイベントが開催されます。
スポーツファンとしては絶対に見逃せないですね。
札幌でも(ひょんなことから?)マラソン競技が開かれることになり、目の前でオリンピック(それも夏季)が見られます。
日頃スポーツにあまり関心がない札幌市民の方々も、その独特な雰囲気だけでも存分に味わってほしいと思っています。

昨年末は、昨日まで運動指導に明け暮れておりました。
運動部所属の学生も多く指導していますが、彼らにとって、自由が利く(部活がない)時間が年末年始くらいしかなかったりしますから、その合間を利用して練習したいという要望に応えると、どうしても年末ギリギリまで指導業務に携わることになりますね。
関東進出後、それが当たり前になりました。
年末年始も切れなく指導に携われるのは大変嬉しいことです。

同様に、年明けの明日(2日)から指導業務が詰まっています。
昨年は元旦から指導でしたが、今年は元旦くらいは休むことにしました。
メリハリも大切ですからね(と自分への言い訳かな?)

このような動き方ができるのも、雪が降り積もる北海道と違い、天候が比較的安定していて、屋外で運動できる環境が首都圏(南関東)にはあるからなんですね。
北海道出身者からすれば、この環境は羨ましいくらいです。
冬でも存分に運動できる環境って、夢のような話ですから。

まずは今日だけしっかり休んで、明日から連続する指導業務に臨みます。

改めまして、本年もご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。
コメント

冬休みが近づいています

2019-12-02 10:42:00 | お知らせ
今日から12月。
あっという間に2019年が過ぎ去っていきそうです。

夏休み明けから指導に携わってきた「持久走」「マラソン大会」の指導が、30日で一段落しました。
11月下旬の関東地方は、天候不順の影響で雨降りが続き、校内マラソン大会が延期になった学校も多かったようです。

そのため、30日(土)は朝8時台から17時過ぎまで、計4本のレッスンがあり、一緒に走りながら本番に備え、最終調整をしました。
持久走・マラソンの場合は、文字通り「持久力=スタミナ」が大きな課題になります。
それには疲れにくい走り方(フォーム)の習得からスタートし、スタミナ強化・スピードアップの取り組みを数カ月かけて仕上げてきます。

今週、実施の学校も結構多いと思いますが、ここ数カ月練習してきたことに自信を持って、今までの自分を超えるべく頑張ってほしいです。

それが終わると、あと3週間ほどで冬休みに入ります。
冬休み期間は通年指導をしている運動部(クラブ)所属の子たちの指導がメインになります。

冬期間(12~2月)は、基礎体力を1~2ランク上げる大きなチャンスです。
競技特性に応じて調整を図っていきますが、やはり基礎となる走り込みが重要なポイントになります。

余談ながら、指導する側も少し疲れがたまっていますので、ここ1週間でしっかり調整して、12月下旬からの指導に備えたいと思います。

また冬休み期間は、日中の対応ができる曜日(日)もあります。

<12月21日~1月中旬の短期指導対応枠>
 ●月曜AM(~11時半):12月23日、30日、1月6日、13日 ⇒12月23日、30日は埋まってしまいました(12月5日13:55加筆)
 ●月曜PM(13~16時):12月23日、30日、1月6日、13日 ⇒12月23日、30日は埋まってしまいました(12月13日7:45加筆)
  ※対象地域:千葉県東葛地域(松戸市、柏市、流山市、野田市、我孫子市、鎌ヶ谷市)
 ◎土曜昼(11時半~13時):12月21日、28日、1月4日、11日 
 ◎土曜PM(14時半~16時半):12月21日、28日、1月4日、18日
  ※対象地域:松戸市、柏市のJR沿線地域のみ

 注:一部の曜日&時間を変更しております(12月13日7:50)

 ⇒いつもお伝えしていますが、能力を高めるためには「一定期間の指導(※)」が必要になります。
  そのためのきっかけに、この冬休み期間を活用していただければと思います。
 (※)最低3カ月(月3回ペース)、できれば半年程度。

<お申し込み・お問い合わせ>
 ① 氏名(保護者氏名も)
 ② 住所(レッスン場所のご希望もあれば)
 ③ 電話番号(携帯電話でも構いません)
 ④ 年齢(学年)、性別
 ⑤ 1対1(マンツーマン指導)or 1対2以上(少人数指導)
 ⑥ ご希望の内容(要望)  例、運動会での徒競走(かけっこ)の順位向上
       
運動個別指導フィットネスアカデミー
  E-mail businessmanagement★view.ocn.ne.jp ※★を@に変えてお送りください
  担当:木戸

お問い合わせ・お申込み、お待ちしております。

通年指導(関東地区)⇒ https://blog.goo.ne.jp/fitnessacademy/e/58cbc7ae257b8f365d7e200ac5ebc0db
 
コメント

今年もあと50日ほどですね。

2019-11-08 19:57:50 | 話題
またもや1か月以上も更新せずにいました。
申し訳ございません。

11月に入り、首都圏も朝晩はめっきり寒くなってきました。
北海道では初雪の便りも聞かれる季節ですね。

今月~来月初旬にかけて、首都圏の多くの小学校では「持久走」「マラソン」の大会が開催されます。
一つの目安として、7分前後の距離を走ることとされています。
学年によって、逆算して距離が設定されているようです。
例えば、小1なら800mとか、小4なら1200mのように。

昨年を上回るお子さんの持久走の指導(夏休み後から2~3カ月)をしてきましたが、そろそろ仕上げの段階です。
10月は生憎雨天になることが多く、予定通りにメニューが消化できなかったお子さんもいましたが、そんな状況でも、ここ数カ月指導してきた走り方を徐々に習得し、長い距離を一定のスピードで走れるようになってきました。
中には、別人と思えるくらい、大きく変貌したお子さんもいました。※長距離走だけでなく短距離走(ダッシュ)も大きくタイムアップしました。

持久走のポイントとしては
①腕の振り方(短距離走とは幾分異なります)
②脚の運び方(膝の使い方、接地の仕方が短距離走とは異なります)
③リラックスして走る(脱力走法)
④スタミナをロスしない走り方(身体を揺さぶらない)
⑤個々の特性に合わせた走り方(長所を生かした走法) が挙げられます。

また各自の課題(例えばスタミナ強化)に対して、自宅でも取り組める「自主練習メニュー」を課し、本番に向けて調整してきました。
何事もそうなんですが、1つ1つの積み重ねはとても重要です。
ただ、何を・どのタイミングでするのが有効かを考え、各自の特性を踏まえアドバイスする必要も出てきます。

当方としては、最善な方法を模索して、出来る限りのサポートをしてきました。
あとは当日、お子さんが日ごろの練習の成果を存分に発揮するだけです。
ご家庭でも、あまりプレッシャーをかけずに、当日(本番)を迎えられるようにサポートしてあげてください!

持久走の指導が12月初旬で一段落すると、冬休み期以降の指導依頼が舞い込んできます。
昨冬の場合は、ある運動部(少年団、サークル)に在籍し「もう1ランク、レベルアップしたい!」という要望が多かったですね。
中には中学生や高校生もおり、春までの3~4か月の指導(ほぼ毎週、週1回60~90分)で飛躍的にレベルアップしました。
指導する側の想定を上回るほどでしたので、ほっと一安心したのと同時に「やればできる」ことを実感してくれたのは嬉しかったですね。
この「無形の自信」はいろんな部分に波及し、メンタル面でも大きく作用します。とりわけ、運動・スポーツのような形のないものは、大きく作用する傾向を持っています。

今冬はどんな感じでしょうか?
今から楽しみですね。
コメント