運動個別指導フィットネスアカデミー

運動・スポーツが楽しくできて、上達するためのサポートをします!
競技者向けにはメンタルサポートも行います。

やたらと怒鳴る...意味あるの?

2022-05-19 09:08:18 | 話題
ちょっと前のこと。

運動指導の仕事があり、都内のある公園へ。
予定より、早く到着したので、近くで練習をしていたサッカークラブの様子を覗いていました。

選手たちは小学生高学年~中学生なのかな?
監督らしき男性の姿も確認できます。
白髪の男性、歳の頃合いとしては還暦前後かな。
その白髪の男性、とにかくよく怒っているのだ!
怒るというより、怒鳴り散らすといった雰囲気。

昔はそんなことは半ば当たり前だったが、現代においては違和感を禁じ得ない。

そんなピリピリした雰囲気を出すものだから、選手たちの動きが萎縮しているように見えた。
監督らしき白髪の男性が選手たちに何を求めているか、知るよしもないが、決定的に何かが物足りないのだろう。
技術的なものか、精神的なものか。
とにかく怒鳴るのが基本姿勢なのかもしれない。

約10分様子を見ていて、選手たちからのびのびした動きはないし、声も出ていない。
そして、技術レベルもさほど高くないように見えた。

とにもかくにも、あれだけ怒鳴られたら、選手たちは動けなくなるよね。
率直にそう感じました。
もう少し、監督やコーチが意図や狙いを説明してあげて、理解させた上で繰り返し練習したら結果は違うのではないか。
そして、コーチ(らしき男性)が監督(らしき男性)に伺いを立てるような姿勢で接していたのも、引っ掛かるんだよなぁ。
そこまで偉い(スゴい)存在なのか?

もしかしたら、強豪チームなのかもしれないし、白髪の男性は名伯楽なのかもしれないけど、あのやり方は「?」だったなぁ。
常に怒鳴ったり、時には愛の鞭として殴ったりして強くなる(競技レベルが上がる)なら、物事は簡単なんだけど、そうはいかないのが世の常である。

昨今、スポーツ指導者の言動が注目され、問題も生じています。
抜本的な見直しをしないと、我が国のスポーツ競技レベルの底上げは厳しいのでなかろうか。

ある種の同業者として、あの姿勢を理解できないのと同時に、こんなのが罷り通る歯がゆさはありましたね。
少なくとも、自分たちのスタンスとしては丁寧な指導をしたいなぁって思いますね。

大きな差に…

2022-04-28 11:10:22 | 話題
コロナ禍も3年目に入り、中高生競技者のモチベーションが上がらない様子がうかがえます。

「試合」や「大会」が普通に行われるのかも定かではなく、現3年生は上級生(先輩たち)が中途半端な形で卒業(引退)していった姿を見てきただけに、そうなるのも無理はないと考えます。

でも、よく考えてみてください。

そのスポーツ(競技)をするのは「大会」や「試合」があるからでしょうか?
「中体連」や「高体連」がないと、それを続ける意義は見いだせないのでしょうか?

確かに、日頃の(練習の)成果を発揮する場として「試合」や「大会」があり、そこへ向けて懸命に準備(練習)するのは何も間違っていません。
でも、私の見解としては、個々の人生を有意義に送るための「手段」として、特定の競技(スポーツ)などをしているのではないでしょうか?
それは「目的」ではなく、あくまでも「通過点」であると思うのです。
平たい言い方をすれば、その人らしく生きるための「ツール」として、そのスポーツや競技があるのではないかと…。
もっといえば、個々の存在を示す「存在証明」に近いのではないかと感じています。

私の感覚では、この2年少々のコロナ禍を経て、モチベーションがあがらない選手たちが7割ほどいると思っています。
反面、どんな状況になろうが、出来うる範囲で実力を積み上げている選手たちもいます。
割合で言えば、2割くらいでしょうか。
それは、受け持っている選手たちの練習(指導)の頻度や取り組み方を見ていれば、わかります。

その2割の選手たちは競技レベルだけじゃなく、人間的にも大きく成長してきています。
甚だ残酷ではありますが、コロナ禍はそれを浮き彫りにさせました。
彼ら、彼女らのいずれもプロなど高いレベルを視野に入れているわけではなく、自己実現のために、そして将来へ向けての無形の財産(自信)を得るために日々頑張っています。
そのモチベーションと付随する取り組みが、大きな差となっているのも確認できています。
時間の経過とともに、どんどん隔たりが大きくなっていると感じます。
将来にも、大きな違いを生み出すでしょう。

スポーツ(競技)を「目的」にするか、「手段」にするのか、各自の考え方次第で、大きな差になるなぁと最近感じているので、あえて書き出してみました。
何かの参考になれば幸いです。

オンライン指導を強化します

2022-04-05 10:00:00 | お知らせ
短い春休みも間もなく終わり、新学期がスタートします。
しかしながら、コロナ第6波はまだ落ち着いておらず、今春も混沌とした中での新年度スタートとなります。

そのため、例年より運動指導のお問い合わせやお申し込みがやや弱い傾向が見られます。
また既存のお客様に関しても、リスクを鑑みて手控えている様子も…。
感染したら大変ですから、それは当たり前ですし、やむを得ないことと思っています。

そこで、感染リスクのないオンラインでの指導をより一層強化しようと考えています。

基本的には、マンツーマン(低学年の場合は親御さんも一緒)としますが、兄弟姉妹やお友達も一緒に受けていただいても構いません。
また内容によっては、大人の皆様でも受講できます。

概要は下記の通りです。
・指導方法
  オンラインでの指導(ZOOMを使います)
・時間
  60分(ご要望に応じて、単発~4回、8回のコースまで対応)
  ※指導者とお客様の双方の都合がつく時間で調整いたします。
・人数
  基本的にマンツーマンとします。
  ※兄弟姉妹、お友達は2名まで。
・主な内容
  ①運動(体育)全般に関するQ&A
   例、運動会のかけっこで速く走る方法(事前に走っている動画を送っていただき、動作の確認&添削する方法も可能です)
  ②競技力向上のための指導
   例、練習・試合のPDCAの確認(目標設定、効果的な練習方法等)
  ③メンタル強化
   例、実力を発揮できるメンタリティーの養成(一定の期間を要しますが、高いレベルでの活躍を目指すなら不可欠です)
  ④親御さんなど大人向け健康指導
   例、じっくり無理のないダイエット(基本的には半年単位で取り組み、理想のカラダを手に入れるためのサポートをします)
・その他
  お客様のご要望に応じて、食事・睡眠・入浴など生活全般に関するマネジメントも承ります(別途費用がかかります)
  今風の言い方をすれば「結果にコミットしたい」のなら、最善の方法だと思っています。
  ライフスタイルや目標、そしてご予算に応じて、カスタマイズ(アレンジ)できます。
  お気軽にご相談ください。
・料金(ZOOM指導のみ)
  60分(単発)2500円
  60分×4回(月2回ペース)9000円
  60分×8回(月2~3回ペース)16000円
  ※消費税込み、事前のお支払い(前金)となります。
   お支払い確認後、ID・パスコードをお知らせします。
・サービス開始
  2022年4月15日(金曜)より。
  ※お問い合わせは、本日(4月5日)より可能です。 
・お問い合わせ
  運動個別指導フィットネスアカデミー(担当:木戸)businessmanagement@view.ocn.ne.jp
  もしくは、本サイトの「お問い合わせ」欄 https://form.os7.biz/f/b75c9054/ よりアクセスをお願いします。

間もなく春休みですね!

2022-03-22 09:19:13 | お知らせ
今日は雨が降っていて、冬のような寒さの関東地方です。
この前の日曜、東京ではサクラの開花が宣言されたんですけどね。

3月も下旬になり、春休みも間近です。
コロナ「第6波」の影響もあり、例年よりはお問い合わせも少ない状況です。
昨日で「まん延防止」も解除となりましたので、少しは動きが出てくるのでしょうか?

春休み&新学期を控えて、運動指導の募集をしております。

「ストアカ」でも募集しています!
かけっこ(短距離走)4回レッスン
 3/27、4/3、4/24、5/8(日曜) 全4回 10~11時、柏市内 
 https://www.street-academy.com/show_attendance?sessiondetailid=4451423
 3/29、4/5、4/26、5/10(火曜) 前半2回 10~11時、後半2回 16~17時、流山市 
 https://www.street-academy.com/show_attendance?sessiondetailid=4421785

どちらのコースもマンツーマン指導です。
5~6月に運動会が予定されている小学生は今から練習すると違いが出ますよ!
またご予約期限(3月23日と25日)が迫っています。
もしご検討の場合は、お早めに。

新学期以降の指導については、4月初旬にお知らせしようと思います。
土日のAMに空きが出そうです。なかなか土日は空きが出ないので、今がチャンスかもしれません。

今春のかけっこ教室(札幌&函館)

2022-02-25 15:10:30 | お知らせ
道内は記録的な大雪で、日常生活にも支障をきたすほど、大変なことになっています。
加えて、コロナ(第6波)もなかなか落ち着かない状況でもあります。

そういう状況ではありますが、今春「札幌」と「函館」で『かけっこ教室』を実施することになりました。
詳細は下記をご覧ください。

<札幌>
新さっぽろデュオカルチャースクール(厚別区)
「かけっこ教室」
対象:小2~4年
日程:4/3・4/17・5/15(いずれも日曜、全3回)13:00~14:00
受講料:5,280円(全3回、税込)
※スポーツ安全保険を「任意」でかけられます。
講師:大畑 湧椰
URL:https://www.arc-city.com/bunka/contents/course/item/p0464.html
TEL:011-890-2427
予約開始:すでに始まっています。

<函館>
函館道新文化センター(函館市)
「小学生のかけっこ教室」
①1~2年生クラス
日程:4/17・4/24・5/8・5/14(全4回)10:00~10:45
※最終回(5/14)のみ土曜です。
受講料:7,920円
会場使用料(5月のみ):800円
※別途、傷害保険料がかかります。
講師:小田 千尋
URL:https://doshin-cc.com/lect/detail/32297
TEL:0138-32-5140
予約開始:3/1(火曜)

②3~4年生クラス
日程:4/17・4/24・5/8・5/14(全4回)11:00~11:45
※最終回(5/14)のみ土曜です。
受講料:7,920円
会場使用料(5月のみ):800円
※別途、傷害保険料がかかります。
講師:小田 千尋
URL:https://doshin-cc.com/lect/detail/32298
TEL:0138-32-5140
予約開始:3/1(火曜)

いずれの教室の詳細はWEBサイト(URL)で確認できます。
多くの皆様のご参加、お待ちしております!!