神宮外苑いちょう並木近く「おおした鍼灸院」のブログです

2004年神宮外苑いちょう並木近くに開院。痛みの無い浅刺接触の経絡鍼灸治療院です。

どこで出産する?

2012年06月28日 | 安産・逆子

昨日の夕焼けはとてもきれいでしたね。

新宿副都心がオレンジに染まっていました。

 

ところで出産をどこで行うか…

 

 

うちは当時住んでいたところに一番近かったという理由だけで4人取り上げてもらいました。他を知らないので迷うことも無かったですし、先生にも助産師さんにもとってもよくしてもらいました。

だけど、最近妊婦さんに話を聞くと、「ちょっと違うなぁ…」なんて思いながら妊娠期を過ごしている方が増えている感じがするので、妊娠する前にどこで産むかちょこっとだけ考えていたほうがいいかもしれません。

 

ということで…

人気の産院は早くに予約をしないと受け入れてくれないところが増えてますね。

自然に出産したいから助産院や自宅出産を選択する人も少なからずおられますし、安心安全を優先したいからNICUが併設されている病院を選ぶ方もおられます。

何を優先するかは人それぞれですよね。

 

それでいいと思います。

 

そんな中で最初から周産期母子医療センターを選択する方も少なくありません。

何があるかわからないのが出産です。我が家の子どもも生まれた時に息してなかった子がいて、NICUが併設された病院でよかったと記憶しています(後で話を聞くと、NICUが無くてもすぐに搬送できる手配ができるので問題なかったとのことですが…)。

 

近隣の周産期母子医療センターですが、それまでも忙しかったのに、それにも増して忙しいようです。

たぶん全国そうなのでしょう…

 

周産期母子医療センターはハイリスクの妊婦さんや近隣の産院で出産が困難になった妊婦さんが搬送されます。

そのためにある病院ですから…

そのような方が優先されるので、普通に経過している妊婦さんのケアは後回しになることが多いです。

 

出産後も母子同室ではなかったり、赤ちゃんもお父さんとおじいちゃんおばあちゃんだけ触ることができて、兄弟ですら赤ちゃんが退院するまで触れることすらできない病院もあります。

当たり前ですよね。ハイリスクの方がいる病院です。感染のこととかを考えると至極当然のことですよね。

 

そう考えると…自然に出産して産後普通に子どもと触れ合いたいと考えていた方にとっては、ちょっと違うかな…。

そのあたりはあらかじめ産院に話を聞いておいたほうがよさそうですね。

 

産院を選ぶって難しいですね。

予定のある方は、産院を早めに考えていたほうがいいですね

 

 

えっ…私が気になる産院??

一つあります。

都内で出産育児一時金内でおさまってなおかつLDRみたいだし…

 

うん…とってもきになる…

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 明日(木)はお休みです | トップ | 7月1日(日)東洋はり医学会... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

安産・逆子」カテゴリの最新記事