middleageの日記~オーストラリア生活篇~

オーストラリアでの生活。ラストスパートです。

いよいよベスト4へ

2006-06-30 19:13:52 | スポーツ
ベスト8がでそろいましたね。
結局、ヨーロッパ6と南米2の組み合わせ。
ウクライナ以外はどこが優勝してもおかしくない組み合わせ。
そこで予想してみます。
ブラジル対フランスはブラジル。
ジダンには往年の力はない。ブラジル相手には輝けないでしょう。
ドイツ対アルゼンチンはアルゼンチン。
華麗なパスサッカーが中盤を支配して勝つ。
イタリア対ウクライナはイタリア
シェフチェンコをカテナチオで封鎖、後半スーパーサブ フィリッポ・インザーギが抜け出してゴールっ
イングランド対ポルトガルはポルトガル!
デコの欠場は大きいが番狂わせが起きるのはココ。
以上、勝手な予想でした
コメント

シャア専用

2006-06-29 23:45:06 | Something
真っ赤な機体。
通常の3倍のスピードが出せる、エースパイロット専用機。シャア専用ザク
そんな感じがする、私の仕事道具です。

『仕事とは常に二手三手先を読んで行うものだ』などと考えながら使ってます。

気がついたら自分の部下もシン・マツナガ専用機を利用していてびっくりしました。
シャア風に『やるな、ブライト』『やるな、ロンドベル』という感じです。


コメント

やっぱり、NEOはおもしろいわ

2006-06-28 23:15:04 | Something
ワールドカップでお休みしてたサラリーマンネオが昨日久しぶりに放送。
楽しみにしてました。
(さっきみました)

いや~笑った笑った。
大好きな『会社の王国』はなかったけど
スタントマン、サラリーマン語口座、大いなる新人、があったからもうおなかがいっぱいです。
生瀬勝久とマギーのうさんくささがたまらんです。
そして中田有紀さん、素敵っす。
コメント

どうした読売!

2006-06-27 21:32:48 | スポーツ
ワールドカップの陰に隠れて巨人が7連敗らしい。
開幕ダッシュに成功したと思ったら、交流戦でボロボロ…
怪我人続失っていうけどそればかりじゃないでしょ。
ファームで人をそだてなかったこと、有能な選手を放出してきたことがあげられます。
緻密な野球をめざすもボーンヘッド連続じゃ勝てないよ。
大砲野球の大きな不良債権がこんなとこにも現れているんじゃないかと。
巨人が弱いとたたいたときの喜びがないからつまらんっ!
コメント

炙一徹

2006-06-26 20:09:18 | グルメ
あづいーっ
今日はかなりむしてますよ。
梅雨の合間は蒸して困りますよ。
夏バテしないようにウナギを食べました。

有楽町の『炙一徹』です。
ここの坂東太郎はうまいっ。脂ののりがそんじょそこらのウナギと比べちゃいけねぇ。
でてくるのに30分かかるけど、そこはそれ、

うなぎやで はやくしろとは 野暮なこと
中尾彬 風に(笑)

ですよ。是非みなさま、ご賞味あれ。

コメント

決勝トーナメントが始まりましたね

2006-06-26 05:27:12 | スポーツ
日本はグループリーグで破れてしまいましたが
本当のワールドカップがいよいよ始まります。
予選の試合運びでアルゼンチンが優勝候補にあげられてますが、私はイタリアが優勝だと思います。
深い意味はないですけど。
そのイタリアの相手はヒディンク率いるオーストラリア。
前回の日韓大会でヒディンクに破れているイタリアにとってはリベンジのチャンス。
あの大男たちをカンナバーロがどう止めるのか、注目です。

コメント

ミッションインポッシブルⅢ

2006-06-25 17:49:24 | 映画
ミッションインポッシブルⅢ
先々行ANで日劇にみにいきました。



M:I:Ⅱでジョン・ウーに裏切られたので、今回はかなり期待してました。
結果は…待ち望んでいたスパイムービーでした。
2時間があっという間で楽しかったです。
走るトムもシャウトも健在でした(笑)
ありがとうJJエイブラムス
過去と比べても一番スパイ映画っぽいんじゃないでしょうか。

今回テーマは恋愛・師弟愛・友情などの「愛情」を軸にして
ストーリーが進んでいきます。
だからどんなミッションでどんな敵なのかは深く描かれていません。
「ラビットフット」も結局、最後までわからずじまい…
人間ドラマを重視しすぎると細かい部分は浅くなるものです。
これはこれでしゃーないですね。

バチカンまでのチームプレイはかなり興奮しました。
綿密な展開と小道具の使われ方なんか結構面白かったし。
話のスピード感もよくて本当にみるものを楽しませてくれるつくりでした。
ただそれ以降は…普通のアクション映画になっちゃいましたね。  

大きな不満な点が4つあります。
オープニングの入り方がかっこよくない。
あのシーンからテーマ音楽に持っていくのは…

作戦を伝える手法がこれまたいまいち。
これに関しては唯一M:I:Ⅱが勝ってました。

宣伝にあるタイムリミット48時間ーって結局、上海のミッションですよね?
でもあのミッションって内容はかなりはしょりすぎでしょ。

さんざんチーム戦術で難関を乗り越えてきたのに
最後はそりゃねぇよでした。

個人的にはの映画でしたね。
細かいところをもう一度吟味するために多分先行ANも行くと思います(笑)
コメント

MI:Ⅲ 先々行AN

2006-06-24 21:40:18 | 映画

先々行ANで見に行きました。
トム・クルーズファンでおまけにミッションインポッシブルとなれば
興奮しないわけありません。
意気揚々として見に行ったら…


おいおいあんまりいないじゃないのよ。
一年前の「SW EPⅢ」は特別だとしても
これはあまりにも寂しいよ。

わざわざ「のぞみ」まで借りきってPRしたのに…

どうも世間と私に温度差があるようで…
コメント

日本代表に思うこと

2006-06-23 19:09:40 | スポーツ
日本のワールドカップが終わった…終わっちまった…
総得点2 総失点7

これが今の日本代表の力なんだろうな。
素人ながら考えてみました。
4年前に比べて個々のスキルはあがっていると思うが
組織力は落ちてしまったのではないかと?
やはり勝つための戦術やフォーメーションを持った監督ではないと勝てない。
日本人は組織大好きだから。マスコミもまずシステム論から入っているし
(マスコミはその監督の戦術を枕詞に使うことが多いですよね。アイコンタクト、ゾーンプレス、フラットスリーなど)

ただシステムといっても対戦相手によって柔軟に対応できる形が求められると思う。
日本はアジアでは強いので相手は引いてくる。
勝つにはそれを崩していく戦術が
世界だと弱いので守備ありきの戦術が求められる。
だから予選とW杯とで違う監督でもありですよ。あり!
強豪イタリアだってチェコに合わせてフォーメーションを変えてきているし。

なんとなく日本はひとつの戦術にこだわりすぎている感じです。素人目だけど
敗退が決まったことでメディアでは
「ジーコはだめだ」とか『戦犯』探しがはじまりますが
今回の組み合わせが決まった時点で『いけるっ』なんてあおったマスコミは8年前と全く変わってないですね。
まあ、そうでもしないと新聞は売れないだろうけど。

コメント

ベルギービールにハマってます

2006-06-22 22:53:24 | お酒
今夜の晩酌はオルヴァル醸造所のトラストビール。
濃厚な飲み口でほんのりした甘さと苦さが口に広がります。
う~ん、濃ぉいーっ、でもおいしいです。
これからはじまるチェコVSイタリアみたいな感じ。
まさかチェコが予選敗退の危機になるとは…
どっちも好きなだけに…チェコが敗退してしまうのは残念だけど
アズーリに勝ってもらわなければ困るっ!


コメント